2017年08月19日

最近は天気が不安定で医王山(いおうぜん)登山に出掛けるかさんざん迷う。

思い切って出かけることにする。

医王山の登るのは3回目であるがイオックススキーから林道に入って夕霧峠登山口に

向かう、途中道を間違えて山を半周してしまいとんだ道草をした。

山の場所によっては雨が降ったところもあったが、私たちは幸いにも降られなかった。

今日最大の目的、トンビ岩登頂を目指した。



岐阜 6.00 ー 関IC ー 福光IC ー 夕霧峠駐車場 9.30 ~ 9.45 ー 奥医王山山頂 10.25 ~ 10.35

ー 白禿山頂 11.45 ~ 12.15 ー トンビ岩 14.00 ~ 14.35 ー 夕霧峠駐車場 14.20 ~ 14.45

ー 岐阜



奥医王山山頂。青空が見えるが、北の方角を見ると真っ黒な雨雲がある。



d0170615_06582394.jpg



昨夜の雨で登山道はぬかるんでいたが、ようやくトンビ岩が見えるところまで来た、

トンビ岩のすぐ下は大沼がある、その畔に広場と立派な休憩できる建物がありトイレもある。



d0170615_06590397.jpg




大沼に向かってぬかるみの登山道を下る。ここまでくる間に女性がアブ?に足を刺されはげしい痛みが

あった。また帰り道別の女性が手に、もう一人の女性が顔を刺された。

鈍感な私は途中から膝の上あたりが痛くなってきた、あまり気にしていなかったが、家に帰り

風呂に入って見たらアブ?に刺されていた、痛みがはがしくなってきた。





d0170615_07005843.jpg



白姫滝。水量が多く見ごたえの有った。



d0170615_06594391.jpg



トンビ岩登り口、トンビ岩まで約100Mの急な岩場を登って行く。鎖が張ってある。

所々岩が湿っていて滑りやすかった。




d0170615_06595562.jpg




トンビ岩に登った今日参加の皆さんです。

トンビ岩の後ろは断崖絶壁、非常に危険で注意が必要です。

d0170615_07001589.jpg





ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



# by noboru131215m | 2017-08-20 07:56 | Comments(0)

2017年08月13日

昨夜の五竜山荘は昼間雨が激しく降ったにも関わらず沢山の登山者が宿泊した。

私達は山荘の二階、神戸カタツムリの会の皆さんと同部屋で宿泊した。

五時からの朝食予定であったが、今朝は好天気、山荘の計らいで4時30分からの

朝食が出来た。思ったより早く登山を開始することが出来た。感謝感謝。




五竜山荘 5.20 ー 五竜岳頂上 6.30 ~ 7.15 ー 五竜山荘 8.05 ~ 8.25 ー 遠見尾根分岐 8.30 ー

アルプ平駅 12.25 ー 白馬五竜高山植物園 12.30 ~ 13.20 ー タクシー ー 白馬八方尾根スキー場

13.45 ~ 14.10 ー 岐阜




朝食を済ませて登山開始前雲海の上に顔を出した日の出を見た。5時11分撮影。


d0170615_17331937.jpg




久しぶりの好天気、楽しんで登るぞ。


d0170615_17332997.jpg



五竜岳山頂方面を見る。青空が嬉しい。



d0170615_17333872.jpg



少し登ったところから振り返り五竜山荘方面を見る。



d0170615_17341141.jpg


登山道からどこまでも続く雲海を見る。



d0170615_17342267.jpg



山頂方面を見ながら登って行く。


d0170615_17343119.jpg


中腹で一休みする仲間たち。



d0170615_17344149.jpg



五竜岳中腹から雲海の上に浮かぶ唐松岳方面を望む。



d0170615_17345150.jpg



進むにつれてだんだん岩場が厳しくなってきた。



d0170615_17350786.jpg


雲海の横に鹿島槍ヶ岳が見えてきた。



d0170615_17351944.jpg



岩場を必死に登ていたとき、ふと目を上げるとリンドウが岩の間で咲いていた。



d0170615_17353775.jpg


雲海に浮かぶ鹿島槍ヶ岳。



d0170615_17414922.jpg



パノラマ。雲海に浮かぶ北アルプスの山々。



d0170615_17424999.jpg



五竜岳山頂が目の前に迫ってきた。



d0170615_17430415.jpg



山頂手前の岩場を登って行く。



d0170615_17431617.jpg



五竜岳頂上。今日の参加者です。太陽光が強烈まぶしいー。


d0170615_17431994.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



# by noboru131215m | 2017-08-18 19:35 | Comments(0)

2017年08月12日

昨夜は唐松岳頂上山荘でゆっくり過ごした。今朝は残念ながら朝から雨模様ガスも

多くて何も見えない。

朝食を済ませてガスで何も見えない唐松岳に登った、山頂からもガスで何も見えない

記念写真を写してすぐ下山を開始した。

下山して少し休憩、五竜山荘を目指した。登山道は岩場が多くヘルメットかぶっての

登山となった。

雨で岩は濡れていたがあまり滑らなくて安全に歩くことが出来た。



唐松岳頂上山荘 6.45 ー 唐松岳頂上 7.00 ~ 7.10 ー 唐松岳頂上山荘 7.20 ~ 7.40 ー

五竜山荘 10.10 宿泊する




ガスがでて間にも見えない、唐松岳頂上を目指す。


d0170615_17505679.jpg



チングルマ。


d0170615_17510848.jpg



唐松岳山頂。今日の参加者です。


d0170615_17512447.jpg



アキノキリンソウ。



d0170615_17514050.jpg




コマクサ。


d0170615_17520260.jpg



唐松岳頂上山荘から五竜山荘を目指して出発した。



d0170615_17521685.jpg





d0170615_17525024.jpg




d0170615_17530546.jpg



登山道は岩場が多く有り慎重に進んでゆく。


d0170615_17532139.jpg


クサリ場を通過する。



d0170615_17534442.jpg



途中、槍ヶ岳によく似た岩の前でパチリ。


d0170615_17540167.jpg




d0170615_17541576.jpg


足場の悪い岩場を進む。



d0170615_17543082.jpg





d0170615_17544439.jpg


ガスだ何も見えないのでどんどん進んでゆく。



d0170615_17545866.jpg



d0170615_17551122.jpg



d0170615_17554147.jpg


標識はこんな日は安心を与えてくれる。




d0170615_17555541.jpg



登山道はガスで何も見えないので道草が無く、予定より一時間も早く山荘に着いてしまった。

山が好き・酒が好き このTシャツは山荘のスタッフも着用していて大人気であった。




d0170615_17570556.jpg



10時10分に山頂に到着した、14時ころまでに天気が良くなれば五竜岳の登る

予定をしていた。

残念ながら良くなりかけてはまた悪くなる繰り返し今日の登頂はあきらめる。

17時ころからガスも晴れてきた山荘から多くの人が外に出て風景を楽しんだ。


d0170615_17560845.jpg


山荘前から雪渓を眺める。


d0170615_17562363.jpg



明日の天気予報は晴れ、期待して明日の朝を待つことにする。



d0170615_17564192.jpg



山荘前から五竜岳山頂方面を見る。明日は快晴を期待する。


d0170615_17572094.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



# by noboru131215m | 2017-08-17 19:44 | Comments(0)

2017年08月11日  山の日

八方池から唐松岳頂上山荘を目指して登って行く。途中丸山ケルン辺りは目の前に二峰・

三峰・不帰嶮などが見えるのであるがガスのためほとんど見えなかった。

唐松岳頂上山荘に到着、すぐ前に聳える唐松岳もガスがかかり全く見えない、時々風で

ガスが流され唐松岳が顔を出す、この時を逃さずパチリ、パチリと写す。

山荘は予約が入れてあり受付で手続きをする、予約するときは個室は満杯であったが

空きが出来たようである、この悪い雨模様の天気でキャンセルが多く出たみたい。

個室の料金は八畳一部屋2万円、五人で割ると一人4千円+宿泊料9千八百円、

かなり高くつくあきらめることにする。

本館と別館があり別館は宿泊料金で止めれるので別館に宿泊した。

部屋は男女別で一区切り5人、この時季比較的ゆったり泊まることが出来た。




八方池あたりで少し休み唐松岳頂上山荘を目指す。



d0170615_18254927.jpg



シャジンが至る所に多く咲いている。


d0170615_18255884.jpg



唐松岳方面を目指す。


d0170615_18260668.jpg



急な登り、この空模様であれば雨の心配はない。



d0170615_18261331.jpg



登山道わきには色々な花が咲いている。全部花の名前がわかるととのしいのだが。


d0170615_18262148.jpg



ガスがかかっている、今日は雨が降らなければ幸いと思わなくては。



d0170615_18262997.jpg



ウツボグサ。



d0170615_18263866.jpg



ガスが少し晴れたところで立ち止まり景色を楽しむ。


d0170615_18264769.jpg



足場の悪い所を登って行く。他の登山者を抜いたり抜かれたりして登って行く。



d0170615_18265524.jpg


お花畑。シモツケソウなどが咲いている。


d0170615_18270521.jpg





d0170615_18271363.jpg



この扇雪渓は多くの登山者が休憩をする。



d0170615_18272282.jpg



扇雪渓、今日の参加者。

d0170615_18273429.jpg




d0170615_18274294.jpg


チングルマ。



d0170615_18275028.jpg



青空が多くなってきたが、山は良く見えない。


d0170615_18275851.jpg



この辺りまで登ってくると大きな木々はほとんどない。
d0170615_18280719.jpg



だいぶ登ってきた、山荘までもう少し頑張ろう。



d0170615_18281605.jpg



ゴゼンタチバナ。


d0170615_18282510.jpg



エゾシオガマ。


d0170615_18283405.jpg



広い谷間のお花を見ながら登る。



d0170615_18284204.jpg



登山道もだんだん厳しくなってきた。またガスが濃くなってきた。



d0170615_18285032.jpg



足元を見ると何らかの花が咲いている、写しながらの登山である。



d0170615_18290661.jpg



ヨツバシオガマ。


d0170615_18291479.jpg



唐松岳頂上山荘に到着した。



d0170615_18292305.jpg



山荘横に五竜岳、唐松岳の方向を示す標識があった。



d0170615_18293059.jpg



ガスが晴れた一瞬、パチリ。明日の朝登頂予定である。



d0170615_18293900.jpg




173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



# by noboru131215m | 2017-08-16 19:37 | Comments(0)

2017年08月11日

今日は山の日天気は残念ながら曇りであった、それでも多くの登山者が唐松岳山頂を目指して

登って行く。

登山道わきには色々な花が咲き乱れている、写真を写しながら登る。

八方池付近には観光客と登山者で混雑していた、ここからは天狗ノ頭・白馬鑓ケ岳・杓子岳・

白馬岳・白馬乗鞍岳などなど多くの山がきれいに見えるところであるが、今日はガスがかかり

ほとんど見えない残念である。



岐阜 4.30 ー 美濃加茂IC ー 安曇野IC ー 白馬八方尾根スキー場 10.20 ~ 10.45 ー 八方池山荘登山口

11.00 ~ 11.05 ー 八方池 12.00 ~ 12.10 ー 唐松岳山頂山荘 14.50 宿泊する





白馬八方尾根スキー場リフトアダム乗り場、右側のテントは登山届提出場所。

あらかじめ作成してきた登山届を提出する。


d0170615_12454478.jpg



リフトアダムに乗って山頂駅に向かう。

d0170615_12455219.jpg



リフト乗り場前の広場にシモツケソウが満開であった。



d0170615_12460174.jpg



八方池山荘前から登山開始する。岩を敷詰めた登山道を登って行く。



d0170615_12460919.jpg



d0170615_12461680.jpg



d0170615_12462498.jpg


d0170615_12463375.jpg



クガイソウ。


d0170615_12464226.jpg



ニッコウキスゲ。


d0170615_12465009.jpg




d0170615_12465947.jpg


d0170615_12470659.jpg





d0170615_12471477.jpg




d0170615_12472105.jpg




d0170615_12473127.jpg



d0170615_12473877.jpg




d0170615_12474616.jpg



シモツケソウとシャジン。



d0170615_12475354.jpg



d0170615_12480201.jpg




所々にマツムシソウが咲いていた。


d0170615_12481546.jpg



八方池の上あたりから見える山々の見取り図の看板。


d0170615_12482446.jpg


八方池の上あたりに着く。空はガスがいっぱい周りの山々は良く見えない。



d0170615_12483206.jpg



良く晴れていれば周りの山々が池に写りカメラマン憧れの場所である。


d0170615_12484169.jpg



シャジン。



d0170615_12484992.jpg



イブキボウフウ。




d0170615_12490655.jpg


今日の参加者です。雨の心配はないようです。


d0170615_12491537.jpg




173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



# by noboru131215m | 2017-08-15 15:31 | Comments(0)

カナコユリ咲く

2017年08月15日



狭い庭の真ん中にカナコユリがあでやかに一輪咲いている。



d0170615_09201236.jpg





しだれ梅の下に隠れるようにナツズイセンが可憐な姿を見せている。



d0170615_09202035.jpg




鮮やかな色ではないが玄関前、飛び石の横で咲くノウゼンカズラ。



d0170615_09202917.jpg


178.png178.png178.png178.png178.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
# by noboru131215m | 2017-08-15 09:30 | Comments(0)

2017年08月11日 ~ 13日


8月11日から13日まで唐松岳・五竜岳登山に出掛ける。

最近は天気が悪く今回の登山も出かけるか中止にするか大いに迷う、少々の雨を覚悟で

出かけることにした。

11日 早朝から出かける、八方尾根スキー場リフトに乗り八方山荘まで行き登山開始した。

天気は曇りで幸い雨は降らなかった。

12日 朝から雨、合羽を着て唐松岳山頂を目指した。山頂はガスで何も見えな、記念撮影を

済ませてすぐ下山した。

唐松岳頂上山荘に戻り休憩後五竜山荘に向けて雨の中出発した。登山コースは岩場が多く有り

慎重にすすんだ。

13日は朝から快晴。五竜岳山頂に立ち。鹿島槍ヶ岳などアルプスの山々が良く見えた。




白馬八方尾根スキーリフト駅。登山届を提出してリフトアダムに乗って八方池山荘登山口に向かう。


d0170615_10031819.jpg



ガスが出ている、八方池がかすんで見えてきた。

今日は山の日、多くの登山者で訪れることでしょう。


d0170615_10032905.jpg




登山道わきには色々な花が咲いていて目を楽しませてくれる。



d0170615_10033736.jpg



シモツケソウが多く咲いていた。



d0170615_10035180.jpg



唐松岳頂上山荘前からガスが無くなった瞬間を狙いパチリ。今日登る予定であったが天気が悪いので

明日の朝登頂を目指すことにした。


d0170615_10040590.jpg



12日は雨で唐松岳頂上山荘から五竜山荘まで移動する。一日中雨、山荘で過ごす。

13日早朝、日の出を見る今日は快晴朝食を4時30分に済ませて五竜岳登山開始する。


d0170615_10041816.jpg



五竜山荘前から五竜岳方面を見る。久しぶりの青空を見る。


d0170615_10043668.jpg
五竜岳山頂。今日参加の皆さんです。



d0170615_10044883.jpg



パノラマ。鹿島槍ヶ岳などアルプスの山々を望む



d0170615_10050067.jpg



五竜山荘でわがメンバーと友達になった、横浜からお見えのT.W(右側)さんです。



d0170615_10052954.jpg



五竜山荘でわがメンバーと友達になった、東京からお見えのM.Y(右側)さんです。


d0170615_10054520.jpg



ジャケットを脱ぎ昨夜二人で購入したTシャツを披露する。

山が好き 酒が好き このTシャツは大人気。


d0170615_10055967.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



# by noboru131215m | 2017-08-14 11:31 | Comments(0)

2017年07月25日

南暑寒岳・旭岳・富良野岳・芦別岳と4山登頂して次はアポイ岳登山予定であった。

疲れがたまりアポイ岳登山は中止、観光に切り替えた。

美瑛町にある青い池を見学した。




青い池は広い無料の駐車場がある。この辺りには色々な観光施設がある。


d0170615_21183864.jpg


神秘的な青い池。外国の人も多く見学に来ていた。



d0170615_21182679.jpg


青い池の説明版。


d0170615_21184975.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


# by noboru131215m | 2017-08-10 21:31 | Comments(0)

2017年07月24日




パノラマ。芦別岳山頂より望む。時々ガスが出たりして展望を阻むが、爽やかな風が吹き心地良い。


d0170615_13483962.jpg



山頂の岩場にリンドウが咲いていた。


d0170615_13484748.jpg

山頂より望む。



d0170615_13485611.jpg


山頂で長い時間のんびりと過ごす。今回の登山では各山頂で比較的長い時間過ごすよう心掛けた



d0170615_13490352.jpg




山頂より望む、そろそろ下山の時刻である。
d0170615_13491147.jpg



下山を開始、私たちより先に若い男性が下山を開始した。


d0170615_13491913.jpg




d0170615_13492780.jpg



ヨツバシオガマなどの花が咲いている。

d0170615_13493681.jpg



登山道わきのクルマユリ、気を付けてお帰りと言っているようでした。



d0170615_13494479.jpg


花を楽しみながら下山してゆく。



d0170615_13495118.jpg


アキノキリンソウ。ところどころにブルーベリーの実が食べごろであった。


d0170615_13495978.jpg



下界はかなり暑そうである。



d0170615_13500844.jpg



長い登山道を下ってきた、あともう少しで登山口である。


d0170615_13501603.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



# by noboru131215m | 2017-08-10 14:14 | Comments(0)

2017年07月24日



登山口から長い時間歩きようやく芦別岳山頂が見えてきた。

山頂付近は岩場になっていて登るのに厳しそうである。


d0170615_13143383.jpg


ちょっと変わった花。


d0170615_13144515.jpg



d0170615_13145488.jpg


d0170615_13150472.jpg



振り返ってみると依然としてガスが発生したり、無くなったりしている。



d0170615_13151463.jpg




d0170615_13152162.jpg




d0170615_13153020.jpg




d0170615_13154025.jpg



屛風岩? 方面を望む。


d0170615_13154952.jpg



色々な花が咲いているが名前がわからなくて残念。


d0170615_13155803.jpg





d0170615_13160761.jpg



山頂が近くなってきた。


d0170615_13161703.jpg


フウロウ。


d0170615_13162450.jpg




d0170615_13163280.jpg






d0170615_13164075.jpg


ヤマハハコ。


d0170615_13165640.jpg






d0170615_13170887.jpg

ミヤマリンドウ。



d0170615_13171857.jpg


芦別岳山頂に着いた。


d0170615_13172810.jpg



今日の参加者です。長いコースを無事こなした。


d0170615_13173892.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



# by noboru131215m | 2017-08-09 13:57 | Comments(0)

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山