金時山山頂を目指す  矢倉沢峠うぐいす茶屋 編

2016年01月22日 金曜日

01月17日 明神ケ岳宮城野登山口から明神ケ岳山頂に到着、昼食を済ませて

金時山山頂を目指して進む。草原の中に伸びる登山道を歩き、目の前には金時山・

その奥には富士山がでんと控えている。素晴らしい景観を満喫しながらの登山である。



6 明神ケ岳山頂付近から金時山方面を見る。

d0170615_10481515.jpg



7 登山道は地道が続き歩きやすい。

d0170615_10483237.jpg



8 金時山・富士山は雲に隠れたり、また顔を出したりめまぐるしかった。

d0170615_1048538.jpg



9 景色の良いところでパチリ。今日参加の皆さんです。

d0170615_1049731.jpg



10 昼食を済ませたばかり、おなかは満腹。

d0170615_10492790.jpg



11 大涌谷の火口方面を見る。噴煙が立ち上っている。

d0170615_10494716.jpg



12 金時山まで110分。頑張るぞ。

d0170615_1050474.jpg



13 明神カ岳から金時山縦走の目玉か所の一つ。メダケの壁の中を歩く。

d0170615_10502683.jpg



14 登山道より大涌谷方面を望む。

d0170615_10505611.jpg



15 メダケの中から金時山を望む。

d0170615_10511475.jpg



16 メダケの壁は20分ほど歩くと抜け出せる。

d0170615_10513252.jpg



18 メダケのアップ。すごく密集しています。

d0170615_10514863.jpg



19 メダケの壁が低いところから金時山方面を望む。

d0170615_1052995.jpg



20 この辺りまで来ると。メダケと大きな木が混在していた。

d0170615_10522770.jpg



22 金時山山頂まで60分の標識が出てきた。

d0170615_10524721.jpg



23 パノラマ。大涌谷と箱根。

d0170615_1053639.jpg



24 金時山に登る登山道が良く見える。

d0170615_10532553.jpg



25 金時山中腹に位置する、矢倉沢峠うぐいす茶屋。

d0170615_10534383.jpg



26 うぐいす茶屋のご夫婦。ここでおでんとサバの干物を焼いて無料で頂いた。

   なぜ無料? おなかは昼食を済ませたばかりまだ満腹状態だ、

   安倍川もちを購入、みんな無理やり食べる。でもおいしかった。

   ジュースを買ったりして少し散財して心ばかりのお礼の気持ち。

   金時山山頂を目指した。

d0170615_1054373.jpg






ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村003.gif



016.gif024.gif058.gif056.gif
by noboru131215m | 2016-01-22 10:58 | Comments(0)

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山