東雨乞岳からイブネ (1,160M) に登る

2017年04月16日

雨乞岳山頂から東雨乞岳山頂に登る、360度の大パノラマ展望を堪能した、次に登る山が

控えているのでゆっくり休んでいられない、記念写真を写してすぐ下山を開始した。

杉峠まで戻り、そこからイブネ山頂を目指して北方面にむかう、イブネは初めて登る山

どんなところか大いに楽しみであった。

杉峠からイブネ山頂までは一時間弱、登り下り繰り返す林の中の登山道にはとこどころ

雪が残り登山道を隠している。

登山道を見失いよう慎重に進むやがて山頂に着く。そこは広くて展望が良いここで昼食を

済ませて次の目的地に向かった。




パノラマ。 東雨乞岳山頂からいま通ってきた雨乞岳方面を望む。



d0170615_10302340.jpg




東雨乞岳山頂から雨乞岳山頂に向かって下山開始した。ザックは雨乞岳山頂においてある。




d0170615_10303582.jpg




雨乞岳山頂から杉峠に向かって下山する。

笹の中を歩くのは山ダニに刺されないように注意が必要である。




d0170615_10304323.jpg





雪を踏みしめながら天空を行く、気分爽快。



d0170615_10305270.jpg




登山道わきに大きな格好の良い岩がある。




d0170615_10310056.jpg




杉峠まで戻ってきた、急な雪渓尻スキーは急すぎて危険。

杉峠には別コース組17名がすでに到着していた。交流をしてまた別のコースを進む。




d0170615_10311071.jpg





Aコース・Bコース総勢34名、にぎやかであった。



d0170615_10311827.jpg





広々とした平坦なところを進む。



d0170615_10312778.jpg




目の前にイブネ山頂方面が見えてきた。



d0170615_10315190.jpg




大きな岩に小さな標識があった。ここは作目峠(さめとうげ)。




d0170615_10320027.jpg




イブネ山頂で記念写真。この広々とした山頂で昼食を取る。

イブネの幕作成者は仲間の Y、Tさん、集合写真が一段と引き立ちます。感謝、感謝。



d0170615_10321177.jpg




イブネにザックを置いて最後の目的地クラシに向かう。





d0170615_10322156.jpg


173.png178.png171.png178.png179.png178.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-04-21 11:38 | Comments(0)

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山