日本二百名山 超人気の山 乾徳山 (2,031M) 登頂 編 NO1

2017年08月27日

昨夜は西湖畔の民宿ふじさんに宿泊した。ほかの宿泊者はなく貸し切りであった。

建物は普通の家であったが風呂は大きく快適で有った、食事は家庭料理風で結構美味しかった。

食後のデザートはブドウのサービスが有った。

あさ5時30分に出発して乾徳山登山口を目指した、今日は朝から天気が良い。

登山口駐車場到着すると、第一駐車場はすでに満杯、案内に従って少し上にある

臨時駐車場に車を止める。



民宿ふじさん 5.30 ー 乾徳山駐車場 7.15 ~ 7.35 ー 登山口 8.05 ~ 8.10 ー 乾徳山山頂

12.20 ~ 13.00 ー 高原ヒュッテ 14.45 ~ 14.50 ― 登山口 16.05 ~ 16.10 ー 乾徳山駐車場

16.35 ~ 17.00 ー 温泉 ー 美濃加茂昭和村




第一駐車場はすでに満杯であった。案内の貼り紙を見て登山者臨時駐車場に車を止めた。



d0170615_15385352.jpg



駐車場から登山口目指して林道を登って行く。天気は良く晴れている。



d0170615_15390555.jpg



道路わき民家の庭先に咲く花。



d0170615_15391744.jpg





d0170615_15392567.jpg



林道わきの谷川、水量が多い。



d0170615_15393519.jpg




マスの養殖場などがある。見学しながら登山口を目指す。


d0170615_15394612.jpg



乾徳山登山口近くの標識、この辺りにも小さな駐車場が有った。



d0170615_15395786.jpg



植林された木々の中を登って行く。標識は沢山あり迷うことはない。



d0170615_15400613.jpg



標識をしっかり見て山頂方面に進む。



d0170615_15401760.jpg



登山道わきに鹿が沢山いた、人なれして近くまでやってくる。



d0170615_15402754.jpg



この辺りは気持ちの良い白樺林、登山道もまだなだらか余裕を持って登って行く。



d0170615_15403628.jpg



この辺りはマルバダケブキ群生地。



d0170615_15405507.jpg


マルバダテブキアップ。



d0170615_15410545.jpg




花の名前は?



d0170615_15411350.jpg




月見岩の上、ここらあたりから富士山が良く見えるのだが。

雲が多く出て何も見えない、残念。


d0170615_15412121.jpg



月見岩前、風の便りです。いつもブログ愛読ありがとうございます。

引き続きよろしくお願いいたします。



d0170615_15413010.jpg




月見岩あたりから望む。

d0170615_15414117.jpg



月見岩を見る。



d0170615_15415504.jpg



分岐は標識をよく見て進む。



d0170615_15420540.jpg


狭い岩場を登って行く。



d0170615_15421746.jpg



キツイ岩場が始まってきた。



d0170615_15422641.jpg



今回は安全のためヘルメットを用意した。



d0170615_15423520.jpg



沢山の人がこの髭剃り岩の中に入り楽しんだ。一人しか中に入れないので時間がかかった。



d0170615_15424516.jpg



髭剃り岩の先端から見た風景。



d0170615_15425496.jpg




危険な岩場を進む。


d0170615_15430644.jpg



カミナリ岩を登る。いろいろな岩場があり名前が付けられている。


d0170615_15431737.jpg



岩場は鎖が貼られている。上手く利用して安全に登って行く。



d0170615_15432802.jpg




カミナリ岩の上にいるメンバー、元気いっぱいです。


d0170615_15433647.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-08-31 16:31 | Comments(0)

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山