日本百名山 鳳凰三山(2,840.7M) 鳳凰小屋まで登る

2017年09月10日

登山口がある青木鉱泉までの道路はかなりの悪路であった。舗装のしてあるところは良いが

地道のところはデコボコ、穴を避けながらの走行であった。

登山道は急な登りが続きかなりハード、登山道わきには南精進ケ滝・白糸の滝・五色の滝などがあり

目を楽しませてくれた。





青木鉱泉駐車場。林の中に何か所か駐車場がありかなり多くの車を止めることが出来る。

前の広場は定期バスの停留場・回転場所である。






d0170615_10481271.jpg



青木鉱泉の建物。宿泊、温泉入浴もできる、入浴料 1,000円。



d0170615_10482204.jpg




青木鉱泉前からドンドコ沢コースに入ってゆく。



d0170615_10483160.jpg



山の崩落工事場所。



d0170615_10483956.jpg




仮設の登山道を進む。



d0170615_10484826.jpg



大きな崩落があったか?。



d0170615_10485684.jpg



水のない谷川を渡ってゆく。




d0170615_10490577.jpg



南精進ケ滝。水量も多く見ごたえがある。



d0170615_10491828.jpg




岩場を登って行く。



d0170615_10492871.jpg



サラシナショウマっが見ごろを向かえていた。



d0170615_10493954.jpg



白糸の滝。




d0170615_10494921.jpg




スパート切れた落ちた岩場を進む。



d0170615_10504213.jpg



危険な岩場に差し掛かる。



d0170615_10505030.jpg



アキノキリンソウ。



d0170615_10505905.jpg



標識がところどころに有った。



d0170615_10510698.jpg




今日参加の皆さんです。元気いっぱいです。



d0170615_10511460.jpg



五色滝。このドンドコ沢コースは滝が最大の見どころである。



d0170615_10512417.jpg



地蔵岳のオベリスクが見えてきた。



d0170615_10513422.jpg




アキノキリンソウ。



d0170615_10514383.jpg



谷川を進む、鳳凰小屋はもうすぐ頑張れ。



d0170615_10515333.jpg



先頭を歩きみんなを引っ張ってゆく。



d0170615_10520295.jpg



標識をよく見て進もう。



d0170615_10521109.jpg



左側に鳳凰小屋が見えてきた、約 6時間の登りで有った。

厳しい登山道では有ったが、滝などをじっくり見ながら登ってきた。




d0170615_10521943.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-09-13 11:31 | Comments(0)

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山