2017年08月27日

乾徳山に登るのは3回目であるが、何回登っても飽きの来ない登りがいのある山である。

中腹から岩場が続き山頂前の鳳岩が最後の仕上げ、この難関を登り切ると360度の

大パノラマが待っている山頂に到着である。

今日は残念ながら雲が多く堪能することが出来なかった。




乾徳山中腹から望む、雲が多くかすんでいる。


d0170615_17185225.jpg




乾徳山中腹から大きな岩がゴロゴロある。前の岩は胎内岩である。



d0170615_17190044.jpg



山頂手前の大きな鳳岩を登る。スタート。



d0170615_17190938.jpg




滑落防止のため必ず鎖に手を掛けておく。
d0170615_17191646.jpg




途中の岩の割れ目で右に登る。
d0170615_17192518.jpg




上に登るまで鎖に手を添えておく。楽しい岩登り、だが危険いっぱいである。



d0170615_17200452.jpg


鳳岩を登るときは一人づつ登る。下の男性は長く待っていてくれた。感謝、感謝。




d0170615_17201341.jpg



乾徳山山頂、かなりの人がいた。狭いのであまり長居はできない。



d0170615_17202109.jpg




乾徳山山頂。


d0170615_17203645.jpg



山頂前に花が咲いていた。


d0170615_17204379.jpg



山頂、看板を持ってどこにお出かけかな。



d0170615_17205330.jpg



山頂より望む。



d0170615_17210003.jpg



山頂風景。今日この時間は若い人が多かった。



d0170615_17210908.jpg



山頂で展望を楽しみ、下山を開始する。帰り道は登りとは別の登山道を下る。



d0170615_17211866.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-09-01 17:54 | Comments(0)

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山