カテゴリ:未分類( 2260 )

2017年10月09日



下山を開始した。目の前の丸山方面を見ながら進む。春先に丸山に登りそこから見る

雪山風景は見ごたえがある。もう一度挑戦してみたい。




d0170615_11291133.jpg



秋はいい、綺麗な木々を見ることが出来る。でも一瞬の輝きである。



d0170615_11292012.jpg



白い木、何の木かな、色付いた木々の中で輝いている。



d0170615_11292753.jpg



山の斜面、斜面が争うように色付いている。



d0170615_11295369.jpg



足元を見れば、何の葉っぱかな、私もみてと色付いている。




d0170615_11300389.jpg



山の中、スマートな白樺林。




d0170615_11301033.jpg



紅葉した木々、しっかり見て、目に焼き付ける。



d0170615_11302049.jpg




色付いた葉、木によって、印象が違う。



d0170615_11302850.jpg


今日の楽しかった登山、まもなく終了。



d0170615_11303664.jpg



登山口手前、いとしろ大杉前、パチリ。

今日の参加者でした。



d0170615_11304339.jpg




173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-10-17 12:47 | Comments(0)

2017年10月11日


川上岳中腹に差し掛かると比較的穏やかな登山道になってきた。

周りの木々に目を転ずると木々が一斉に色付いている、私たちの通過を

待っていてくれて様です。

この紅葉を楽しみながらどんどん山頂を目指して登って行く。

疲れはないが、時間が遅れ気味昼食を取らずに行動色を食べながら進む。




足元は落ち葉が積りふわふわ歩きやすい。



d0170615_09265009.jpg





大きな木がセンスを広げたように伸びている。



d0170615_09265895.jpg



色とりどり、見ごたえがあった。



d0170615_09270619.jpg



日差しが少し出てきた、一段と鮮やかに見える。



d0170615_09271592.jpg




色付いた木々の中の葉が余りついてない木が印象的だった。




d0170615_09272204.jpg



この辺り一帯が最も見ごろであった。



d0170615_09273089.jpg




比較的平坦な登山道を過ぎると、いよいよ山頂を目指して登りが始まった。

この辺りからドウダンが多く色付いていた。




d0170615_09273974.jpg



山肌にドウダンが多く色付いていた。



d0170615_09274844.jpg



登山道わきのドウダン、今が見ごるである。



d0170615_09275691.jpg



山頂手前で引き返す予定していた時間になった。

もう少しで山頂、思い切って登頂をすることにした。



d0170615_09280576.jpg



登山道より東側の山並みを望む。



d0170615_09281416.jpg



登山道より山頂西側の斜面を望む。


d0170615_09282208.jpg



今日参加の皆さんです。




d0170615_09283109.jpg




今日参加の皆さんです。



d0170615_09283891.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-10-16 10:05 | Comments(0)

銚子ケ峰 (1,810.4M) 山頂編

2017年10月09日


別山の見える山に登ると、むかし別山に登った時最初は晴れていたが、

下山を開始したころから天気が怪しくなり、やがて雷が鳴りだし大雨になった。

避難小屋は工事中で避難する場所もなくびくびくしながら下山した思い出がある。

林道まで下山、ここでなぜかここで工事中の人の好意で市之瀬ビジターセンター

まで車で送ってもらった。有り難い思い出もある。





銚子ケ峰山頂から少し一ノ峰方面に行ったところから望む。



d0170615_10252015.jpg



山頂から東方向を望む。



d0170615_10253770.jpg




この場所で360度の大パノラマを満喫しながら昼食をとる。




d0170615_10254579.jpg



別山方面を望む、雲がかかったり、晴れたりしている。



d0170615_10255530.jpg



今日参加の皆さんです。



d0170615_10260361.jpg




山頂近くの斜面の紅葉、鮮やかであった。



d0170615_10261151.jpg



パノラマ。別山方面を望む。




d0170615_10261904.jpg




山頂より別山方面を望む。



d0170615_10262892.jpg




山頂より下の斜面を望む。



d0170615_10263563.jpg



山頂より丸山方面を望む。山頂に登る手前で京都から来た人とすれ違う、

京都清滝付近から神護寺までのトレイルの情報を聞く、11月紅葉の時の

参考にする。




d0170615_10264385.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-10-15 11:11 | Comments(0)

2017年10月11日

県道98号から林道に入る場所が分からない、萩原振興事務所に電話を入れる聞く。

電話をかけている前の橋を渡れば行けるとの返事、立派な道路をどんどん山の上の方に

登って行く。

途中で舗装された広い林道が途切れている、どうも道が違うみたい、県道まで引き返した。

上流方面に少し車を走らせると川上岳登山口の看板がある橋があった。この橋を渡って

どんどん奥に行く。





県道から林道に入る前に地元の人に道を最終確認した、登山口に行くには間違いはないが

すごい悪路注意していきなさいとアドバイスを受ける。

林道はでこぼこ、落石はある、水抜きの深い溝ありで悪戦苦闘して4Kほど進み広い場所に

車を止めて登山口まで歩くことにした。




d0170615_08441520.jpg



車を止めたところから25分ほど歩き広い駐車場まで来た。

この写真の左側に登山口がある。



d0170615_08442383.jpg



登山口から少し登ってくると谷川があった。太い丸太の橋が架けられていた。



d0170615_08443168.jpg




登山道は急な登りが続く、片側が切れ落ちている。



d0170615_08443974.jpg




どんどん登って行くと色付いた木々が出てきた。



d0170615_08444902.jpg




登山口あたりまでは、まだ真っ青で紅葉はダメかな?あきらめていたが。




d0170615_08450046.jpg



登にしたがい登山道わきに色付いた木々が多くなってきた。



d0170615_08450914.jpg




登山開始時間が遅かったので山頂まで行く時間があるか心配である。



d0170615_08451865.jpg



空を見上げろと青い空があった、太陽光が欲しい。



d0170615_08452685.jpg



登山道は地道、歩きやすい。片側が切れ落ちている慎重に進んでゆく。



d0170615_08453402.jpg



色付いた木々を見ながら進む。

昼食の時間だが時間が遅いので行動食を食べながら登って行く。



d0170615_08454374.jpg



林の中を歩く、少し木々が途切れて景色が見えてきた。



d0170615_08455043.jpg



登山道から少し奥の方、木々が色付いていて見ごたえがある。



d0170615_08455816.jpg



今日参加の皆さんです。


d0170615_08462805.jpg



今日参加の皆さんです。



d0170615_08464174.jpg




赤・青・黄色、素晴らしい。



d0170615_08465245.jpg




どんどん登って行く、登山道わきの木々、色付いている。

写真撮影、なかなか前に進まない。



d0170615_08470681.jpg



登頂できるかな、時間が遅い、14時30分、引き返す時間、

頑張って登る。



d0170615_08471596.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-10-14 10:03 | Comments(0)

2017年10月09日

登山口から避難小屋まで歩き少し休憩をとり、山頂を目指して登りだす。

登山道はところどころぬかるみがあり歩きにくい。

登山道わきの木々は色付き眺めながらの走行である、時々立ち止まり写真撮影を

行う。なかなか前に進んでゆかない。




登山道より銚子ケ峰山頂方面を望む。雲が多く日差しがなかなか差してこない。

日差しがさせばシャッタチャンス、パチリ。








d0170615_09314241.jpg




山の斜面の木々は色付き目を楽しませてくれる。



d0170615_09320611.jpg




この辺りは丁度みごろを迎えている。



d0170615_09321733.jpg




色付いた木々の間を足元を気にしながら進んでゆく。



d0170615_09322951.jpg



振り返り丸山方面を望む。



d0170615_09323848.jpg



登山道から目を下に移せば木々が綺麗に色づいている。



d0170615_09324686.jpg



日差しが出てきた、パチリ。


d0170615_09325737.jpg



登山道わきの木々を通り抜けて視界が開けてきた。

前方に母御石が見えてきた。



d0170615_09330733.jpg



急な斜面を登って行く。



d0170615_09331622.jpg




母御石。今日参加の皆さんです。



d0170615_09333510.jpg



母御石。今日参加の皆さんです。




d0170615_09334495.jpg




銚子ケ峰山頂より望む。



d0170615_09335340.jpg



銚子ケ峰山頂より望む。ここを登って行けば別山方面に行ける。

d0170615_09340190.jpg




銚子ケ峰山頂より望む。



d0170615_09341614.jpg



今日の参加者です。

d0170615_09342420.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-10-13 10:13 | Comments(0)

2017年10月11日

川上岳(かおれだけ)は今まで何度か登ったが、今日のコースは初めてであった。

県道から林道に入る道を間違えて登山口に到着するのが一時間ほど遅れてしまった。

それに林道のすごい悪路、時速10K~15K、時間がかかり登山開始が遅れてしまった。



岐阜 6.45 ー 山之口登山口 11.00 ~ 11.20 ー 川上岳山頂 14.40 ~ 15.10 ー 山之口登山口

17.40 ~ 17.55 ー 岐阜




岐阜県萩原町山之口、県道98号から林道に入る。

林道は道幅が狭く穴ぼこあり、落石あり、雨水抜きの深い溝あり、

乗用車で走るのに難航した。




d0170615_08492089.jpg




川上岳中腹まで登ると紅葉した木々が多く出てきた。



d0170615_08493062.jpg




今日参加の皆さんです。


d0170615_08493888.jpg



天気は少し雲が出ていて日差しは少なかった。

この中腹辺りの紅葉は一番の見ごろであった。



d0170615_08494652.jpg




色付いた山の斜面を眺めながら目の前の川上岳山頂を目指した。




d0170615_08495693.jpg



川上岳山頂から360度の大パノラマを満喫した。



d0170615_08500592.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-10-12 09:27 | Comments(0)


2017年10月09日

登山口から15分ほど階段を登って行くと、特別天然記念物石徹白の大杉がある。

登山者はこの杉を眺めてから登山を開始する。

今日は祭日でこの石徹白の大杉を見学に来る登山者以外の方が多く有った。

ただ林道の道幅が狭く登山者の帰りの車と見学者の車がすれ違うのに苦労することがある。




銚子ケ峰石徹白登山口駐車場。立派な駐車場である。



d0170615_20372255.jpg




石徹白の大杉。こちらから見ると木が弱っているように見えるが、

裏側から見るとこの大杉は生き生きとしている、まだまだ大丈夫である。



d0170615_20373129.jpg



石徹白の大杉から急な登山道を登ると少しの間平坦な登山道が出て来る。

ブナの木が多く有る。



d0170615_20374087.jpg



今日の紅葉している木、第一号である。



d0170615_20374777.jpg



カエデの葉が色付いている。



d0170615_20375468.jpg



黄色は黄葉というのかな?



d0170615_20380317.jpg




登山口では快晴であったが雲やガスが出てきた。


d0170615_20381169.jpg



登山道から丸山方面を望む。


d0170615_20382040.jpg



今日の参加者です。



d0170615_20384812.jpg



今日の参加者です。



d0170615_20383818.jpg




立派なナナカマドの木。


d0170615_20390629.jpg




ガスも晴れてきた、銚子ケ峰山頂方面を望む。
d0170615_20391567.jpg



青空も見えてきた、このまま晴れてきてほしい。



d0170615_20392307.jpg




立派な避難小屋に到着した。中には色々な物が備蓄されている。感謝・感謝。



d0170615_20393249.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村





by noboru131215m | 2017-10-10 21:15 | Comments(0)

2017年10月09日

今日は別の山に行く予定であったが、仲間が急な発熱、急遽予定を変更して

銚子ケ峰に登ることにした。

石徹白(いとしろ)登山口に着くとすでに沢山の車が止まっていた。

準備をして、登山届を出し登山開始である。いきなりの急で長い階段息を

弾ませながら登る。

今日、この山の紅葉はどの位進んでいるだろうか気にしながら進んでゆく。



岐阜 5.00 ー 石徹白登山口 7.00 ~ 7.20 ー 避難小屋 9.30 ~ 9.45 ー 銚子ケ峰山頂

11.00 ~ 12.20 ー 石徹白登山口 15.00 ~ 15.30 ー 岐阜





銚子ケ峰避難小屋手前辺りから木々が色付いていた。



d0170615_20403014.jpg



登山道わきのカエデ、ナナカマドなどが色づいている。

今日参加の皆さんです。



d0170615_20404254.jpg



登山道から丸山方面の山々を見る。今日はこの辺りが一番きれいであった。



d0170615_20405485.jpg




色付いた木々の中白い木が印象的だった。



d0170615_20410777.jpg



パノラマ。銚子ケ峰山頂より別山方面を望む。



d0170615_20411954.jpg



銚子ケ峰山頂。今日の参加者です。



d0170615_20412722.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-10-09 21:09 | Comments(0)

2017年10月08日


我が家の庭にも秋が訪れてきました。





ホトトギス


d0170615_09431963.jpg



バラ



d0170615_09433056.jpg




ミツマタの葉 紅葉



d0170615_09433847.jpg



173.png178.png171.png178.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-10-08 09:50 | Comments(0)

2017年10月05日


明王山山頂で360度の大パノラマを楽しみ、次の目的地、猿啄城(さるばみじょう)に向かう。

天気はだんだんと良くなってきた。



d0170615_14201124.jpg



登山道わきの木が沢山の実をつけていた。



d0170615_14202417.jpg




明王山山頂より猿啄城までの登山道はやや下っている、35分ほどで着いた。

ここで極楽茶屋で買ってきた味ご飯弁当を食べた、いつもながらおいしかった。

つぶたっぷり入ったコーンクリームをカップに入れて熱い湯をついで飲んだ、

そして最後はコーヒーを入れて飲んだ、結構豪華な?昼食で有った。



d0170615_14203246.jpg


パノラマ。猿啄城天守閣?より木曾川方面を望む。



d0170615_14204048.jpg




パノラマ。猿啄城天守閣?より関市方面を望む。



d0170615_14204687.jpg



猿啄城天守閣?より木曽川・鳩吹山ほうめんを望む。



d0170615_14205330.jpg




猿啄城天守閣?より鵜沼方面を望む。



d0170615_14210292.jpg




猿啄城から坂祝町登山口に下山してきた。

ここから北尾根を登り明王山山頂ほうめんい行く。



d0170615_14211011.jpg



北尾根登山道より美濃加茂市方面を望む。



d0170615_14211851.jpg




北尾根登山道より今登ってきた猿啄城方面を望む。

今日は迫間不動駐車場から明王山山頂・猿啄城・北尾根とぐるりと一周してきた、

やく3時間35分の登山であった。




d0170615_14212585.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-10-07 14:58 | Comments(0)

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山