<   2016年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

2016年01月31日 日曜日

今日はみのハイキングクラブの山行に参加する。総勢28名、7台の車に分乗して出かけた。

アイゼン・ワカン持参の登山予定であったが、雪がほとんどなくワカンは車に置いて出発した。

登山道は最初から急な登り、かなりハードな登山であった。


関市 7.00 ー 大津谷公園登山口 8.40 ~ 9.05 ー 池田山山頂 12.15 ー 13.00 ー

大津谷公園登山口 15.05 ~ 15.35 ー 関市



二班に分かれて山頂を目指す。雪は解けてほとんどない。

d0170615_19563793.jpg



池田山中腹より雪をいただいた綺麗な伊吹山を望む。

d0170615_19565978.jpg



池田山山頂に到着、先に記念写真を写し、展望台の上で少し遅い昼食をとる。

d0170615_19571992.jpg



下山途中、雪の残っている林道を下ってゆく。

d0170615_19573879.jpg



山頂でお会いした、地元大野町からお見えの遠藤さんです。

山登りが大好きな様子、みのハイキングクラブに入って腕を磨いてください。

お待ちしています。

d0170615_19595134.jpg


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
003.gif016.gif024.gif058.gif056.gif
by noboru131215m | 2016-01-31 20:22 | Comments(0)

2016年01月29日 金曜日

01月27日 この冬は近場の山になかなか雪が降らずやきもきしていた。

近場の山に雪がようやく降り雪山を楽しむことが出来た。


高賀山登山口駐車場。

d0170615_2085659.jpg



丸太橋、ちょっと腐りかけている、踏み抜かないように注意して渡る。

d0170615_2091260.jpg



御坂峠まで登ってきた。この辺りから雪の量が多くなってくる。

d0170615_2093671.jpg



積雪はかなり多くなってきたが、良くしまりアイゼンもワカンもなしで登れる。

d0170615_2095859.jpg



山頂に到着したが、雲が多い。

d0170615_20101798.jpg



パノラマ。雲が多く遠くの山々が見えない。

d0170615_20103427.jpg



昼食を食べていたら少し晴れてきた。急いでパチリ。

d0170615_20105420.jpg



下山途中、日が差してきた。パチリ。

d0170615_20111065.jpg



登山道より望む。

d0170615_20112879.jpg



御坂峠まで下山。時間があるので林道に降りて風景を写す。

d0170615_20114738.jpg



林道を東の方向に進んでゆくと、瓢ケ岳の登山口出る。

d0170615_2012780.jpg



林道を西の方向に進むと郡上八幡に出ると聞いている。

d0170615_20122425.jpg



林道より望む。

d0170615_20124120.jpg



林道より望む。

d0170615_2012592.jpg



登山口まで下山してきた。

d0170615_20131769.jpg



帰り道、林道はまだ凍り付いていた。

d0170615_20133314.jpg


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
003.gif016.gif024.gif058.gif056.gif
by noboru131215m | 2016-01-29 20:18 | Comments(0)

2016年01月28日 木曜日

今日は山の仲間9人で関市内の超低山に登った。津保川河川敷駐車場に車を止めて

梅竜寺山・一つ山・十六所山などに登った。もう少し多くの山に登る予定であったが

所要で今日参加できなかった人のために次回に残して、今日は三山で終了した。

梅竜寺山 115.3M ・ 一ツ山 96M ・ 十六所山 129M 。



関市津保川河川敷駐車場 8.10 ~ 8.20 ― 梅竜寺山 8.30 ~ 9.00 ― 一つ山 9.15 ~ 9.35 ―

十六所山 10.00 ~ 10.40 ― 関市津保川河川敷駐車場 11.30 ― 解散


河川敷駐車場から上流方面を望む。天気は快晴。

d0170615_16321324.jpg



梅竜寺山登山口。山門を通って登山口に向かう。

d0170615_16325577.jpg



大雲山梅龍寺。関市のこの辺りは立派なお寺が多くある。

d0170615_16331550.jpg



梅竜寺山山頂。地図で場所確認したり、記録をしたりしている。

d0170615_16333623.jpg



山頂より関市街を望む。

d0170615_16335690.jpg



下山途中。槍岩?ちょっと登って見た。

d0170615_16341580.jpg



白山神社に下山。境内から槍岩?を見る。

d0170615_16343177.jpg



白山神社から一つ山に移動中に見た梅の花。

d0170615_16345017.jpg



移動中に瑠璃山東光寺前を通過する。

d0170615_1635719.jpg



東光寺、臨済宗妙心寺派。掲示板に張り紙。

行ずる。 生かされている自分に感謝して

      報恩の行を積みましょう。書かれている。

d0170615_1636113.jpg



ローバイの花が咲いていた。

d0170615_16363553.jpg



d0170615_16435055.jpg



d0170615_1644647.jpg



津保川の畔を歩き次の目的地、十六所山に向かう。

d0170615_1637018.jpg



十六所山登山口前で一休み。

d0170615_16371798.jpg



十六所山山頂に着く。ここでお茶タイム、美味しいケーキなどを食べて下山した。

d0170615_16373377.jpg


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
003.gif016.gif024.gif058.gif056.gif
by noboru131215m | 2016-01-28 16:49 | Comments(2)

2016年01月27日 水曜日

この冬二度目の雪山歩きに出かけた。高賀神社からの林道は雪が一部残っていて凍り

付いていた。スリップしないよう慎重に走り駐車場に着く。

今日の天気予報は晴れであったが、細かい雪が降ってきた。ザックカバを掛け、カッパを

着て登山開始する。

雪の量は山頂付近で、60~70センチくらい。昨年来た時よりだいぶ少ないような気が

する。山頂からは天気が良ければ、伊吹山・白山・御嶽山などなどよく見えるが今日は雲が

多く何も見えない。


自宅 8.30 ― 高賀山駐車場 9.30 ~ 9.45 ― 御坂峠 11.20 ― 高賀山山頂 11.50 ~ 12.40

― 高賀山駐車場 14.00 ~ 14.10 ― 自宅



駐車場から林道を20分ほど登ると登山口がある。

d0170615_193149100.jpg



御坂峠まで登ってきた。

d0170615_1932770.jpg



高賀山山頂。雲が多く何も見えない。

d0170615_1932237.jpg



食事をしていると少し晴れてきた。急いでパチリ。

d0170615_19324816.jpg



先に登頂されていた、岐阜市からお見えの、M,S さんです。

あたたくおいしいコーヒーを頂きました、ありがとうございました。

山の話、地図の話し、いろいろ聞かせていただきありがとうございました。

d0170615_1933421.jpg


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
003.gif016.gif024.gif058.gif056.gif
by noboru131215m | 2016-01-27 19:39 | Comments(0)

明王山 (380M) 初登り

2016年01月25日 月曜日

01月24日 今夜から大寒波が来るとの予報。その前にちょっとひと歩きをしようと

明王山に今年初めて出かける。迫間不動駐車場に着くと山の大先輩、Z.Sさん御夫婦に

会う、一緒に登ることにする。

登山道は雪が少し残っているところ、凍結しているところあり危険がいっぱいだった。



自宅 10.30 ― 迫間不動駐車場 10.50 ~ 11.05 ― 明王山山頂 12.05 ~ 12.20 ― 迫間城跡

12.50 ~ 13.20 ― 各務野自然遺産の森 14.30 ~ 14.40 ― 迫間不動駐車場 15.00 ~ 15.15

― 自宅


迫間不動駐車場。車はすくなかった。

d0170615_1031430.jpg



登山口を目指して不動尊の階段を登って行く。

d0170615_10311945.jpg



林道に入る。雪が薄っすら残っていて凍りついている。滑って危険。

d0170615_10314162.jpg



雪が少し残る岩場を登って行く。

d0170615_1031579.jpg



モチの赤い実がいっぱい。

d0170615_10321681.jpg



登山道より明王山山頂方面を望む。

d0170615_10323389.jpg



登山道より伊吹山方面を望む。

d0170615_10325344.jpg



明王山山頂手前の所、凍って滑るなかなか登れない、手すりをつかんでようやく登った。

d0170615_10334146.jpg



明王山山頂。今日は日曜日多くの登山者でにぎわっていた。

d0170615_10335943.jpg



明王山山頂より関市方面を望む。

d0170615_10341653.jpg



山頂でお茶休憩をして次の目的地に向かう。

   雪がバリバリに凍っている、慎重に下る。

d0170615_10343959.jpg



迫間城跡に着く。ここで遅い昼食にする。

d0170615_10345618.jpg



この場所から別の所に登る予定だったが、時間切れで今日は取りやめ

次回登ることにした。

d0170615_10351113.jpg



各務野自然遺産に下山してきた。今日は寒くて家族ずれの姿は見えなかった。

d0170615_10352943.jpg



迫間不動駐車場に戻ってきた。天気は良かったが、寒い一日だった。

d0170615_10354349.jpg


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
003.gif024.gif032.gif058.gif056.gif
by noboru131215m | 2016-01-25 10:42 | Comments(0)

2016年01月24日 日曜日

01月21日 ながらがわふれあいの森駐車場で出発の準備をしていたら、スパッツの

装着に苦労している人が横にみえた。ちょっと僭越ではあったが装着のお手伝いをした。

今日は昨日降った雪が残っているが沢山の人が登山を楽しんでいる。


駐車場には沢山の車。昨日雪降りで登れなくて、その反動かな。

d0170615_18381069.jpg



日陰にはかなりの雪が残っている。

d0170615_18382539.jpg



この方たちは百々ケ峰を守る巡視員の方々です。林道に出るまで一緒に歩いた。

d0170615_18384024.jpg



登山道は北側、凍り付いていた。

d0170615_18385926.jpg



中腹にある展望台まで登ってきた。ここから登山道に入らずに、雪が多く残っている

林道を歩く。

d0170615_18391754.jpg



展望台から西に向かって林道を進む。

d0170615_18393383.jpg



雪の残る林道を楽しみながら歩く。

d0170615_18395185.jpg



林道より望む。

d0170615_1840789.jpg



林道より望む。

d0170615_18402675.jpg



林道にあるこの標識から山頂をめざし登山道に入った。

d0170615_18404277.jpg



百々ケ峰山頂に着く。沢山の登山者でした。

d0170615_18405866.jpg



山頂より関市方面を望む。

d0170615_18411737.jpg



パノラマ。雲が多く御嶽山は見えなかった。

d0170615_1841331.jpg



山頂より望む。山頂で山の仲間、M.Nさんに会い一緒に下山した。

d0170615_1841497.jpg



下山途中、池を見たら多くの鯉が泳いでいた。

d0170615_1842810.jpg



青木の実が綺麗だった。

d0170615_18422319.jpg



薬木の広場で幼稚園児が雪遊びをしていた。

d0170615_18424125.jpg



駐車場に下山してきた。車はだいぶ少なくなっていた。

d0170615_18425720.jpg


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村003.gif


016.gif024.gif058.gif056.gif
by noboru131215m | 2016-01-24 18:48 | Comments(0)

金時山 (1,212.4M) 登頂編

2016年01月23日 土曜日

01月17日 矢倉沢峠うぐいす茶屋から金時山山頂を目指して登りだす。

天気は曇り。時間は13時30分ころ、計画通りの時間ではあるが、天気があまりよくない

少しピッチを上げて登る。

山頂に到着。広場には登山者の姿はない、金時小屋の中には3名の方がコーヒーなどを

飲んでいた。

記念写真を写した後、大きなマサカリがないのに気が付き、金時娘さんにお願いして

小屋に片づけてあったマサカリを借り出してきて個人写真を写した。

山頂からは残念ながら富士山は雲に隠れて見えない。雪がちらちら降り出した、アイゼンは

必要ないと思い車の中に置いてきた。急いで下山を開始した。



矢倉峠から少し登ったところから大涌谷・神山方面を望む。

d0170615_1035159.jpg



山頂まで20分、ガンバレ。

d0170615_10353885.jpg



階段を登って行く。この登山道は何時もぬかるんでいるときが多い。

d0170615_10355799.jpg



強羅方面の景色を楽しみながら登って行く。

d0170615_10361066.jpg



14時25分、山頂に到着した。人影はありません。

d0170615_10362938.jpg



金時山山頂。今日の参加者です。

d0170615_10365052.jpg



山頂から望む。富士山は雲に隠れて見えません。

d0170615_1037624.jpg



金時山山頂全景です。

d0170615_10372163.jpg



パノラマ。強羅方面を望む。

d0170615_10373858.jpg



金時山の案内板。

d0170615_10375563.jpg



金時娘さんの案内板。東京で金時娘のミュウジカルが行われるそうです。

d0170615_10381256.jpg



金時山コース案内図。わかりやすい。

d0170615_10383196.jpg



公時神社まで下山してきた。

d0170615_10384624.jpg



神社境内にマサカリが祭ってあった。

d0170615_1039379.jpg



金時神社駐車場まで戻ってきた。約7時間の縦走だった。

d0170615_10391928.jpg


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
003.gif016.gif024.gif058.gif056.gif
by noboru131215m | 2016-01-23 10:47 | Comments(0)

2016年01月22日 金曜日

01月17日 明神ケ岳宮城野登山口から明神ケ岳山頂に到着、昼食を済ませて

金時山山頂を目指して進む。草原の中に伸びる登山道を歩き、目の前には金時山・

その奥には富士山がでんと控えている。素晴らしい景観を満喫しながらの登山である。



6 明神ケ岳山頂付近から金時山方面を見る。

d0170615_10481515.jpg



7 登山道は地道が続き歩きやすい。

d0170615_10483237.jpg



8 金時山・富士山は雲に隠れたり、また顔を出したりめまぐるしかった。

d0170615_1048538.jpg



9 景色の良いところでパチリ。今日参加の皆さんです。

d0170615_1049731.jpg



10 昼食を済ませたばかり、おなかは満腹。

d0170615_10492790.jpg



11 大涌谷の火口方面を見る。噴煙が立ち上っている。

d0170615_10494716.jpg



12 金時山まで110分。頑張るぞ。

d0170615_1050474.jpg



13 明神カ岳から金時山縦走の目玉か所の一つ。メダケの壁の中を歩く。

d0170615_10502683.jpg



14 登山道より大涌谷方面を望む。

d0170615_10505611.jpg



15 メダケの中から金時山を望む。

d0170615_10511475.jpg



16 メダケの壁は20分ほど歩くと抜け出せる。

d0170615_10513252.jpg



18 メダケのアップ。すごく密集しています。

d0170615_10514863.jpg



19 メダケの壁が低いところから金時山方面を望む。

d0170615_1052995.jpg



20 この辺りまで来ると。メダケと大きな木が混在していた。

d0170615_10522770.jpg



22 金時山山頂まで60分の標識が出てきた。

d0170615_10524721.jpg



23 パノラマ。大涌谷と箱根。

d0170615_1053639.jpg



24 金時山に登る登山道が良く見える。

d0170615_10532553.jpg



25 金時山中腹に位置する、矢倉沢峠うぐいす茶屋。

d0170615_10534383.jpg



26 うぐいす茶屋のご夫婦。ここでおでんとサバの干物を焼いて無料で頂いた。

   なぜ無料? おなかは昼食を済ませたばかりまだ満腹状態だ、

   安倍川もちを購入、みんな無理やり食べる。でもおいしかった。

   ジュースを買ったりして少し散財して心ばかりのお礼の気持ち。

   金時山山頂を目指した。

d0170615_1054373.jpg






ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村003.gif



016.gif024.gif058.gif056.gif
by noboru131215m | 2016-01-22 10:58 | Comments(0)

2016年01月21日 木曜日

昨日、この冬初めてのまとまった雪が降った。まとまった雪と言っても

10センチから15センチほどである。

近郊の百々ケ峰(どどがみね)に車を走らせ。ながらがわふれあいの森駐車場から

登った。 山の北側で昨日降った雪はまだ残っていた。

雪の比較的多く残っている林道を歩き、今年初めての雪山歩きを楽しんできた。


自宅 10.00 ー ながらがわふれあいの森駐車場 10.30 ~ 10.45 ー 百々ケ峰山頂

12.00 ~ 13.00 ー ながらがわふれあいの森駐車場 13.50 ~ 14.00 ー 自宅



ながらがわふれあいの森駐車場に設置されている案内板。

d0170615_15295083.jpg



駐車場から登山道を少し登ると林道に出る。雪は10センチほど。

d0170615_1530599.jpg



中腹の展望台より舟伏山・日永岳方面を望む

d0170615_15302264.jpg



この林道は山の陰になっていて雪が残っている。雪の感触を楽しみながら登ってゆく。

d0170615_15303973.jpg



百々ケ峰山頂から金華山岐阜城方面を望む。

d0170615_15305587.jpg


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
003.gif016.gif024.gif058.gif056.gif
by noboru131215m | 2016-01-21 15:43 | Comments(0)

2016年01月19日 火曜日

01月17日 山中湖畔の宿泊先から明神ケ岳登山口に向かう。

天気は快晴、早朝出発のため宿泊先の朝食が無い。コンビニに立ち寄り暖かいおでんなどを

購入そこで朝食を済ます。

明神ケ岳登山口から登山開始。車は金時山登山口まで回送しておく。

朝の内は良く晴れていたがだんだん雲が多くなってきた。登山道は標識もたくさんあり

わかりやすい。

明神ケ岳と明星ケ岳の分岐までは、多くの別荘脇を通り登って行く。分岐からは稜線歩き

稜線からは大涌谷の火口からの噴煙がよく見える。


山中湖畔宿 6.30 ー 明神ケ岳登山口 8.50 ー 明神ケ岳・明星ケ岳分岐 10.00 ~ 10.05 ー

明神ケ岳山頂 10.50 ~ 11.00 ー 金時山山頂 14.25 ~ 14.45 ー 金時神社駐車場 15.45

~ 16.00 ー 岐阜県関市



早朝、綺麗にひかる富士山を見る。

d0170615_11215579.jpg



車の助手席から富士山をパチリ。

d0170615_11221527.jpg



明神ケ岳登山口。初めて来るとわかりにくい。

d0170615_1122295.jpg



明神ケ岳の標識。

d0170615_11224571.jpg



明神ケ岳と明星ケ岳の分岐標識。

d0170615_1123250.jpg



パノラマ。 大涌谷・強羅方面を望む。

d0170615_11232012.jpg



神山・大涌谷、中央火口を望む。

d0170615_11233910.jpg



登山道は地道、歩きやすい。

d0170615_1124054.jpg



分岐には標識がありわかりやすい。

d0170615_11241734.jpg


神山・大涌谷方面を望む。

d0170615_11243199.jpg



広々として稜線を進んでゆく。

d0170615_11245287.jpg



明神ケ岳まではもうすぐ。

d0170615_1125978.jpg



明神ケ岳山頂に到着。広々としたところ。

d0170615_11253024.jpg



明神ケ岳山頂より金時山を望む。

d0170615_11254711.jpg



山頂より金時山・富士山を望む。

d0170615_1126373.jpg



山頂。今日の参加者。

d0170615_11262225.jpg



山頂より噴煙を望む。

d0170615_11264046.jpg



少し休憩をして金時山を目指して出発する。

d0170615_11265610.jpg


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
056.gif003.gif016.gif024.gif058.gif
by noboru131215m | 2016-01-19 11:40 | Comments(0)

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山