<   2016年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

今日は午後から家の近くの岐阜権現山に登る。願成寺南側登山口から登り、

尾根に出て焼却場まで下り、岩場を登って帰る予定で出かける。

少し山に登ったところでヘルメットを車に入れたままでザックに入れるのを

忘れてしまったことに気が付いた。やもえず岩登りは中止することにした。


自宅 13.05 ― 願成寺南登山口 13.10 ~ 13.15 ― 岐阜権現山山頂 14.25 ~ 14.30

― 願成寺南登山口 15.30 ~ 15.35 ― 自宅



1 登山道より自宅方面を望む。自宅は山に隠れて見えない。

d0170615_1840329.jpg



2 岐阜権現山中腹より少し北側に入ったところの岩場。北側は危険な岩場のところが多い。

d0170615_18401874.jpg



3 岐阜権現山山頂より金華山・岐阜城・長良川などを望む。

d0170615_18403576.jpg



4 山頂から登山道を少し西に行き、南側に下り岩場に出る。もちつつじの花が一本咲いていた。

d0170615_18405271.jpg



5 岩場の上から岐阜市の焼却場を見る。

d0170615_1841784.jpg


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

003.gif 016.gif 024.gif 058.gif 056.gif


by noboru131215m | 2016-05-31 18:50 | Comments(0)

我が家の狭い庭にガクアジサイがさきだした。もう少しすればてまり型も咲きだす。

アジサイのつぼみ、葉、根などに毒性の成分が含まれているといわれる。

触る分には影響はないが口に入れると、嘔吐・痙攣・呼吸麻痺などおこすと

言われている。


紫陽花 ダンスパーテイ―。

d0170615_11454774.jpg



ガクアジサイ。

d0170615_11455651.jpg



センダイハギ。

d0170615_1146528.jpg


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

056.gif 056.gif 056.gif 056.gif 056.gif
by noboru131215m | 2016-05-30 11:50 | Comments(0)

百々ケ峰 (418M)  登頂 編

05月28日 今日はいつもの登山コースを少し変えて長良川展望コースを登った。

コースは小島山トンネル東入り口手前の北側から登ってゆく。

コースはよく整備されていて歩きやすい、途中長良川・金華山・岐阜城などの眺めがよく

百々ケ峰のいろいろあるコースの中で展望は最高に良いコースであると思う。

今日は登っていると小鳥のさえずりがよく聞こえる。この百々ケ峰は野鳥の宝庫で小鳥を

写すカメラマンをよく見かける。



古津の広い駐車場。先客の車は3台だった。白い野良の子猫がいた。食べていたパンを

投げてやったが逃げて行ってしまった。

d0170615_17102115.jpg



駐車場付近に咲いていた花。名前は?である。

d0170615_17103750.jpg



小島山トンネル手前右側が登山口である。

d0170615_17105570.jpg



ところどころに標識がある。松尾池まで山を越えてゆく、2Kである。

d0170615_17111443.jpg



登山道はところどころ岩場がある。

d0170615_1711296.jpg



右側の岩場を登って、楽しみながら進む。

d0170615_17114891.jpg



きれいに整備されて登山道を登ってゆく。

d0170615_1712521.jpg



途中、展望の良いところにベンチなどがあり休憩しながら展望を楽しむことができる。

d0170615_17122812.jpg



今はオシドリもいなくちょっと寂しい松尾池。

d0170615_1712497.jpg



松尾池から山頂を目指す途中の岩場。

d0170615_1713785.jpg



この岩場は滑りそうでちょっと危険。

d0170615_17132797.jpg



いつも昼食をする中腹から長良川方面を望む。

d0170615_17134638.jpg



スーパーでかってきた今日の弁当。おはぎ、お稲荷さん、巻きずし。370円。

d0170615_1714762.jpg



もちつつじ。

d0170615_17142571.jpg



登山道わきに咲く花。名前は?である。

d0170615_1714436.jpg



百々ケ峰山頂より望む。

d0170615_17145870.jpg



古津駐車場まで下山してきた。駐車場に朝見た白い野良ネコがいた。

今度はビスケットを投げてあげたがやっぱり逃げて行ってしまった。

d0170615_17184999.jpg


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

003.gif 016.gif 024.gif 058.gif 056.gif


by noboru131215m | 2016-05-29 17:08 | Comments(0)

今日はあまり天気は良くなかったが百々ケ峰(どどがみね)に登る。

途中松尾池でカワセミを写すカメラマンと雑談。

今日のような曇った日はカワセミもよく餌をとりに来るのだが。

今日はどうしたことかなかなか来てくれない、待ちぼうけみたいであった。

今日のカメラマンは3人だけだった。



自宅 10.00 ー 古津登山口 10.15 ~ 10.30 ー 長良川展望台 11.30 ー 松尾池

12.00 ~ 12.05 ー 百々ケ峰山頂 13.15 ~ 13.20 ー 古津登山口 14.20 ~ 14.30

ー 自宅


長良川展望台付近から写す。長良川・鵜飼大橋・金華山を望む。

天気が良くなくてかすんでいる。

d0170615_2049839.jpg



もちつつじ。色が鮮やかである。

d0170615_20491710.jpg



名前は?である。

d0170615_20492687.jpg



松尾池から少し百々ケ峰山頂方面に登ったところの岩場。

登っていたらどこからか声をかけられびっくり。このあたりで登山者とすれ違うのはめったにない。

d0170615_20493727.jpg



登山道から少し外れたところの岩場。ちょっと登ってみる、危険なためすぐ引き返した。

d0170615_20494778.jpg



百々ケ峰山頂より金華山方面を望む。

d0170615_20495611.jpg


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

003.gif 016.gif 024.gif 058.gif 056.gif


by noboru131215m | 2016-05-28 21:11 | Comments(0)

コクタンの白い花

コクタンの木はなかなか大きくならないが、毎年白い花が咲き目を楽しませてくれる。


にくあつの葉に白い花を咲かせた、コクタンの花。

d0170615_14153790.jpg



アツザクラ。

d0170615_141556100.jpg


ツユクサ。


d0170615_14161139.jpg


サツキ。


d0170615_1416208.jpg


リリカシャワー。


d0170615_14163357.jpg


ドクダミの花とサツキ。

d0170615_141643100.jpg


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

056.gif 056.gif 056.gif 056.gif 056.gif
by noboru131215m | 2016-05-27 14:25 | Comments(0)

八木山 (296M) 登頂する

05月24日 各務野自然遺産の森駐車場、ここを中心に何か所かの登山ルートがある。

自然遺産の森から八木山 ⇒ 愛宕山 ⇒ 苧ヶ瀬池 ⇒ 下道を歩いて自然遺産の森に戻る。

自然遺産の森から迫間城跡 ⇒ 明王山 ⇒ 猿啄城 ⇒ 猿啄城登山口 ⇒ 北尾根 ⇒明王山

⇒ 迫間不動駐車場 ⇒ 林道を歩き自然遺産の森。

自然遺産の森から大岩見晴台 ⇒ 岐阜権現山 ⇒ 各務原権現山 ⇒ 伊吹の滝登山口(帰り

の車を用意しておく)

いずれのコースも日帰り可能。まだ歩いてないコース、一度挑戦してみては。


各務野自然遺産の森駐車場入り口の標識。

d0170615_1654123.jpg



八木山登山口。駐車場から100Mくらいのところにある。

d0170615_1661038.jpg



登山道より望む。富士山に似た格好の良い山が見える。

d0170615_167668.jpg



登山道より明王山方面を望む。

d0170615_1673315.jpg



この岩場を登って進む。

d0170615_1674883.jpg



庭園の中を進んで行くようである。

d0170615_168569.jpg



登山道より八木山山頂方面を望む。

d0170615_1681933.jpg



岩場を下る。足元注意である。

d0170615_168405.jpg



東側の尾根。ちょっと登ってみたいような岩場がある。

d0170615_1685934.jpg



この岩場を登ってゆく。

d0170615_169163.jpg



登山道より岐阜権現山・各務原権現山方面を望む。

d0170615_1693765.jpg



八木山山頂。人気の山でいつも登山者が多いが、今日は時間が遅いので誰もいない。

d0170615_169531.jpg



山頂から少し西側に下っていく。

d0170615_1610111.jpg



東登山道と合流するところで山頂に引き返した。

d0170615_1610294.jpg



八木山山頂より愛宕山方面を望む。

d0170615_16105173.jpg



山頂で少し時間を取り下山を開始した。

d0170615_1611734.jpg



下山途中、愛宕山方面を望む。

d0170615_16112669.jpg



もちつつじが少し咲いていた。

d0170615_16115462.jpg



ネジキの花が咲いていた。

d0170615_1612193.jpg



無事各務野自然遺産の森駐車場に下山してきた。

d0170615_1612373.jpg


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

003.gif 016.gif 024.gif 058.gif 056.gif


by noboru131215m | 2016-05-26 16:21 | Comments(0)

05月24日 今日は午後から八木山に出かける。登山口のある自然遺産の森駐車場には

登山者の車は2台だけ。雨の降る心配はないが雲が多く出ていた。

この八木山も何度も登るが、途中適当な岩場が多く楽しく歩くことができる。時間が遅いの

で途中あった登山者は誰もいなかった。


自宅 12.45 ー 各務野自然遺産の森駐車場 13.00 ~ 13.15 ー 八木山山頂 14.15 ~ 14.35 ー

各務野自然遺産の森駐車場 15.35 ~ 15.50 ー 自宅



登山道より望む。東から西に続く山並みは。専門家の話ではこのあたりの山並みは地球の

しわ、だそうだ。

d0170615_10195023.jpg



庭園を思わせる登山道を行く。

d0170615_10201454.jpg



急な崖を下る。注意しないと足が挟まりそうである。

d0170615_1020404.jpg



登山道より、愛宕山方面を望む。

d0170615_10205579.jpg



八木山山頂、アカドウダンの花が咲きだしていた。

d0170615_10211367.jpg



山頂より木曽川・犬山城方面を望む。

d0170615_10212641.jpg



ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

003.gif003.gif024.gif058.gif056.gif



by noboru131215m | 2016-05-25 10:30 | Comments(0)

我が家の狭い庭に咲く花。ウツギの木を昨年剪定しなかったら、太陽光を

いっぱい受け大きくなってしまった。

今年も白い花をいっぱいつけ目を楽しませてくれている。



二階近くまで大きくなった、ウツギ。今年も花がいっぱい咲いている。

d0170615_9151954.jpg



クレマチス。この花も毎年たくさんの花を咲かせる。

d0170615_9184110.jpg



アスチルベ。背は低いが存在感がある。

d0170615_916036.jpg



サツキの花。

d0170615_916824.jpg


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
056.gif056.gif056.gif056.gif056.gif
by noboru131215m | 2016-05-24 09:26 | Comments(0)

05月22日 長良川河川敷駐車場から岐阜公園金華山登山口に向かう途中、金華山

ロープウエイ宣伝の縫いぐるみリロちゃんに出会う。泣きながら歩いていた小さな子も

泣き止み、リロちゃんに駆け寄り握手をする。たくさんの観光客を引き連れて進んでゆく。

ロープウエイ駅の裏にある三重塔が大掛かりな改修中である。そのあたりで年配の方二人

が手帳片手に何か思案気何をされているかな? たぶん吟行か、ちょっと聞いてみる、

なかなかうまく言葉が出てこなくて困っている。そんな返事でしたが、たぶん謙遜して

おられるのではないかと思った。


長良川河川敷駐車場。この時間片側80台ほど止まっていた。

d0170615_9195776.jpg



長良川。この場所で鵜飼が行われる。

d0170615_9201252.jpg



河原から金華山頂上に聳える岐阜城方面を望む。

d0170615_9203295.jpg



リロちゃんの後を行く観光客。

d0170615_9204778.jpg



めい想の小径と馬の背登山道の分岐。馬の背を登る。

d0170615_921686.jpg



何本もある登山道のうちで、一番険しい登りが続く。

d0170615_9212144.jpg



途中の岩場で男性4人が休憩中、郡上八幡から見えた方々。

子供の時、遠足で登って以来何十年ぶり。昔を思い出し登ったとのことだった。

d0170615_9215294.jpg



金華山山頂より長良橋方面を望む。

d0170615_9221670.jpg



木の隙間から岐阜城を望む。

d0170615_9223439.jpg



山頂から東方面の長良川を望む。

d0170615_9225023.jpg



山頂から長良川球場方面を望む。大きな太鼓の音や掛け声が聞こえる。

サッカーの試合が行われているみたい。

d0170615_923952.jpg



山頂よりよく登る百々ケ峰方面を望む。

d0170615_9232635.jpg



ガマスミの花。

d0170615_9234652.jpg



岐阜公園の菖蒲。

d0170615_924493.jpg




d0170615_9242165.jpg




d0170615_9244120.jpg




公園内の庭園。今日は日曜日たくさんの子供ずれの人が多かった。

d0170615_925010.jpg



この奥はロープウエイ乗り場。

d0170615_9251864.jpg



岐阜公園内の庭園。

d0170615_925334.jpg



公園内でギターを弾きながら歌う人。

d0170615_9255327.jpg



御手洗池の標識。

d0170615_9261112.jpg



御手洗池に落ちる滝。最近右膝が痛くて2~3時間で登れる山で調整中。

完治するまでもう少し時間がかかりそう。

d0170615_926287.jpg


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
003.gif016.gif024.gif058.gif056.gif


by noboru131215m | 2016-05-23 09:38 | Comments(2)

今日は久しぶりに金華山に登った。いつも車を置く長良川河川敷駐車場に駐車する。

この広い駐車場なんだい駐車できるだろうか。登山口に向かう途中台数を数えた。

片側80台 + 下山後、朝空いていた場所に30台、合計 110台位 反対側110台

真ん中の空き地 10台くらい 総計 230台くらい駐車できる。無料で駐車できて

大助かり。



長良川河川敷駐車場 10.10 ~ 10.25 ― 岐阜公園登山口 10.40 ― 金華山山頂 11.25 ~

11.50 ― 岐阜公園 12.50 ~ 13.30 ― 長良川河川敷駐車場 13.45 ~ 14.00



岐阜公園入口のある織田信長の銅像と金華山を望む。

d0170615_18252572.jpg



馬の背登山道の岩場を登ってゆく。

d0170615_18254271.jpg



金華山山頂の岐阜城を見る。天守閣にはたくさんの観光客が登っていた。

d0170615_1826277.jpg



山頂より岐阜市長良方面を望む。

d0170615_18261912.jpg



山頂直下。ふと見上げるとセッコクの花が満開であった。

d0170615_1826423.jpg



下山して、岐阜公園を散策、菖蒲の花が咲いていた。

d0170615_18265992.jpg

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
003.gif016.gif024.gif058.gif056.gif


by noboru131215m | 2016-05-22 18:32 | Comments(0)

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山