<   2016年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧



10月21日 赤城山・日光白根山を登り今日が最後の山男体山に登る。

埼玉県川越市の山友K.K君と二荒山神社駐車場で待ち合わせ7時少し過ぎ無事再会した。

神社で入山料500円支払い、登山手続きを済ませ五人で登山を開始した。

天気は快晴、多くの登山者と一緒に登ってゆく。少し登って林道に入ると林道わきの木々が

かなり色付いている、楽しみながら登山口を目指した。


宿泊先 6.00 ー 日光二荒山神社駐車場 7.10 ~ 7.25 ー 登山口 8.30 ~ 8.35 ー 男体山山頂 11.20 ~ 12.40 ー

日光二荒山神社駐車場 15.30 ~ 15.45 ー 湯滝 16.00 ~ 16.30 ー 宿泊先





中禅寺湖の畔にある日光二荒山神社駐車場に車を止める。




d0170615_11432635.jpg




二荒山神社鳥居、付近の木々は色付いていた。




d0170615_11464444.jpg




二荒山神社、入山料500円支払い、登山届を記帳する。




d0170615_11465419.jpg



この立派な登拝門をくぐって登山開始する。




d0170615_11470448.jpg




少し登ったところから中禅寺湖を望む。



d0170615_11471933.jpg



林道を歩く。もう少しで登山口に着く。



d0170615_11472993.jpg




林道を歩きながら上を見る素晴らしい青空と黄葉。




d0170615_11474150.jpg



登山口前、今日の参加者、左から二人目が山友のK.K君。



d0170615_11475321.jpg



登山口から少し登ったところから木々が綺麗に色づいてきた。




d0170615_11480389.jpg




登山道は段差がありよいしょと掛け声をかけながら登ってゆく。




d0170615_11481525.jpg




登山道から中禅寺湖を望む。



d0170615_11482929.jpg




今日のお気に入り写真。



d0170615_11484009.jpg



六合目の標識。上が割れている、山の風雪の厳しさを表している。




d0170615_11490303.jpg




岩場の上で休憩中、ちょっと気取ってパチリ。



d0170615_11491517.jpg




ながーい岩場を懸命に登ってゆく。




d0170615_11492662.jpg



岩場の途中で中禅寺湖の綺麗に見えるところ休憩する登山者たち。





d0170615_11494821.jpg



登山道の途中で土留めの階段が続く、このほかにも土嚢が土留めに使用されているところもあった。




d0170615_11503551.jpg



山頂手前から見る中禅寺湖、湖畔の紅葉がまだあまり色付いていない。もう少し時間がかかりそう。
d0170615_11505230.jpg



山頂手前の溶岩流壁。




d0170615_11510278.jpg



憧れの男体山山頂に到着した。



d0170615_11511374.jpg



ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2016-10-31 20:57 | Comments(0)


今日はみのハイキングクラブの仲間十二人と車三台に分乗してチョット名前の変わった山

オゾウゾ山に登った。

世界遺産白川郷近くの成出ダム事務所まえの登山口から登った。登山道は急な登りが続き、途中から

軽い藪が出てきた。紅葉は良くない、場所によっては春の新緑の中を歩いているような

ところもあった。




道路のふちに車を止めて登山開始する。



d0170615_22014225.jpg



登山道より望む、天気は曇り。



d0170615_22020220.jpg



登山道に季節外れのイワウチハが一輪咲いていた。花も季節がわからず大変だ。



d0170615_22024274.jpg



今日一番の綺麗に紅葉した木。



d0170615_22031575.jpg




登山道より成出ダムを望む。




d0170615_22033867.jpg

ノギク。



d0170615_22040856.jpg



少し色付いた木々の中を進む。



d0170615_22045186.jpg




ブナの大木の横を登ってゆく。




d0170615_22050746.jpg






登山道もなくなり木々をかきわくて進む。帰りのために目印の赤い布を取り付けて進む。




d0170615_22061048.jpg




数少ない紅葉したカエデ。



d0170615_22063741.jpg



オゾウゾ山山頂に到着、狭いところでみんなで昼食を取る。





d0170615_22065068.jpg




今日参加、みのハイキングクラブの山友です。



d0170615_22070339.jpg



下山途中登山道より望む。




d0170615_22073677.jpg




ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

003.gif056.gif016.gif056.gif058.gif056.gif



by noboru131215m | 2016-10-30 23:04 | Comments(0)

竜頭の滝・戦場ヶ原見学



10月20日 日光白根山を下山して宿泊先に帰るのはまで時間が早い、竜頭の滝を見学に行くことにした。

ちょうど紅葉の綺麗な時季、沢山の観光客でにぎわっていた。滝の上の駐車場に車を止めて階段を下り滝見学を

楽しんだ。



竜頭の滝は国道120号線沿いにある。駐車場も滝の上と下にあり見学するには便利である。




d0170615_18491653.jpg


竜頭の滝は水量も多く見ごたえがある。



d0170615_18494768.jpg



滝の中央付近、一番幅の広い所。



d0170615_18493779.jpg



竜頭の滝。滝の一番下流二筋にわ別れて落ちている。


d0170615_18495808.jpg



滝の上流から見る。滝の水は中禅寺湖に流れ込んでいる。





d0170615_18503061.jpg



竜頭の滝見学後、戦場ヶ原を少し散策した。




d0170615_18504056.jpg



木道を歩き戦場ヶ原散策を楽しむ。




d0170615_18505478.jpg



竜頭の滝・戦場ヶ原散策。帰り道車から明日登る予定の男体山を望む。



d0170615_18510491.jpg


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




by noboru131215m | 2016-10-29 19:45 | Comments(0)




10月20日 山頂手前までくると霧が晴れて視界は良くなった。山頂は相変わらず風が強く吹いていたが

眺望を楽しみ昼食を済ませ下山を開始する。

下山は登りと反対側の北側の弥陀ケ池方面に下りてゆく、急峻な岩場を下り滑落しないように慎重に進む。

この当たりの紅葉はすでに終わっていた、しかし目の前の景色は良く目を楽しませてくれる。




日光白根山山頂から男体山・中禅寺湖方面を望む。写真撮影に夢中になり強風にあをられて

少し吹き飛ばされてしまった。



d0170615_13174421.jpg



山頂より五色沼方面を望む。



d0170615_13175647.jpg


パノラマ。 山頂より男体山・中禅寺湖後面を望む。



d0170615_13180620.jpg



急峻な岩場を下りだした。別グループの女性が前を下っていた、急な下りのためなかなか降りられず

わがグループの女性がお手伝いして無事下った。




d0170615_13181750.jpg




岩場の間から男体山方面をパチリ。



d0170615_13182906.jpg



360度の大パノラマ何も遮るものなし、天空を満喫する。



d0170615_13184394.jpg



パノラマ。弥陀ケ池方面を望む。



d0170615_13185494.jpg



再び急な岩場を下る。




d0170615_13190486.jpg




岩場は危険であるが、岩場歩きは楽しくもある。



d0170615_13191517.jpg



今下ってきた方向を振り返ってみる。



d0170615_13192840.jpg


岩の湿ったところを下る、滑らないようゆっくと下る。



d0170615_13194139.jpg


岩場を過ぎ今度はザレ場を下る。




d0170615_13195319.jpg



今下ってきた方向を振り返ってみる。



d0170615_13200415.jpg



弥陀ケ池付近まで下ってきた。ここから先は地道の登山道が続く。




d0170615_13204168.jpg




ナナカマドの葉を落ちて赤い実のみ残っている。



d0170615_13205569.jpg




登山道より日光白根山の雄姿を望む。



d0170615_13210735.jpg


二光山神社登山口まで無事下山してきた。




d0170615_13212069.jpg




標高2,000M ロープウエイ山頂駅付近から日光白根山を望む。



d0170615_13213158.jpg


日光白根山登山を終え足湯を楽しむ 風の便り です。いつも風の便りご愛読ありがとうございます、

引き続きよろしくお願いします。



d0170615_13214382.jpg



ゴンドラで下まで降りろ。今日の登山は無事終了した。




d0170615_13215377.jpg




ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
by noboru131215m | 2016-10-28 14:51 | Comments(0)

今日は少し遠出をする予定であったが目覚め遅く断念、いつも登る明王山に登ることにした。

迫間駐車場の極楽茶屋で混ぜご飯弁当を買う予定であったが、あいにくお休み弁当なしで

登る羽目になった。

登山道の途中で季節外れのつつじの花が咲いていた。山頂に着くと男性が一人挨拶をして

四方山話に花が咲く。若い女性が二人登ってこられた、ブログの宣伝をして写真を写させてもらった。


自宅 10.10 ー 迫間駐車場 10.25 ~ 10.40 ー 明王山山頂 11.20 ~ 11.35 ー 明王山周回 11.35 ~

13.20 ー 迫間駐車場 13.50 ~ 14.15 ー 自宅





真っ青な空、空気はひんやりとても気持ちの良い日である。

登山道より明王山山頂方面を望む。



d0170615_17332602.jpg



季節外れのつつじの花が咲いていた。最近は花も季節を認識するのが難しいようだ?



d0170615_17333742.jpg



明王山山頂より名古屋のビル群方面を望む。



d0170615_17334739.jpg


山頂でお会いした高尾さん一緒に明王山を周回した。ありがとうございました。

ヘルメット、最新式の折り畳み式、持ち運びに便利。ブログ 高ちゃん日記FC2見せてもらいます。




d0170615_17340599.jpg


岐阜市内からきて登ってこられた、Hさん。Sさんです。昼食後、猿啄城まで行く予定だそうです。

無事行けましたか。



d0170615_17341925.jpg


明王山山頂から猿啄城方面を望む。


d0170615_17342895.jpg



今日は爽やかで素晴らしい天気、珍しく登山者が少ない。




d0170615_17343763.jpg



ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2016-10-27 18:05 | Comments(0)



10月20日 昨日赤城山登山を終え、昨夜は片品村民宿ふくたけやに宿泊した。

この辺りは国道120号線沿いに民宿・旅館・ペンションなどが沢山ある。

民宿ふくたけやは宿泊料一泊二食4,500円、風呂・洗面所(湯が出る)・トイレ・

など設備が良く、食事も非常に美味しい、部屋はテレビ・こたつなどありおすすめの民宿である。

20日~21日の宿泊先を中禅寺湖付近で探したが紅葉の季節どこも満員、この民宿で三連泊

することになったなった。


宿泊先 6.30 ー 丸沼高原スキー場ロープウエイ 7.50 ~ 8.00 ー 山頂駅 8.15 ー 日光白根山登山口

8.35 ー 日光白根山山頂 10.50 ~ 11.30 ー 阿弥陀ケ池 12.15 ー 日光白根山登山口 13.35 ~ 14.20 ー

丸沼高原スキー場ロープウエイ駅 14.35 ~ 15.00 ー 竜頭の滝見学 15.20 ~ 16.00 ー 戦場ヶ原見学

16.10 ~ 16.30 ー 宿泊先ふくたけや




民宿ふくたけや。今夜の宿泊者は私たちと宮崎市からお見えの登山者一人だった。



d0170615_15533173.jpg


丸沼高原スキー場ロープウエイ駐車場。


d0170615_15534165.jpg


駐車場から近くの山々を望む。


d0170615_15534985.jpg



ロープウエイ乗車券売り場とロープウエイ乗り場。料金は往復2000円、民宿で200円の割引券を

貰い1,800円だった。


d0170615_15535911.jpg


ゴンドラから紅葉した山々を望む。


d0170615_15540942.jpg


ロープウエイの下、楓が綺麗だった。



d0170615_15542135.jpg


山頂駅から登山口に向かう。日光白根山登山マップの標識があった。



d0170615_15543080.jpg



登山口前に二荒山神社、お参りして登山開始する。



d0170615_15544093.jpg


ダテカンバの中を登ってゆく。



d0170615_15545045.jpg


信仰の山、大日如来の説明書きがあった。七色平方面に向かう。


d0170615_15550640.jpg




山が崩れてたあと、急いで通過する。



d0170615_15551812.jpg


地獄ナギ、薙ぎ落ちしたような場所のこと。白根山方面に向かう。


d0170615_15552924.jpg


樹林帯を通過した、霧が出ている展望はどうかな。



d0170615_15553972.jpg

よく晴れている方面もある。


d0170615_15555049.jpg

足元を見るとシャクナゲの小さな木が沢山あった。


d0170615_15560235.jpg

多くの登山者が山頂を目指している。



d0170615_15561556.jpg


この辺りは霧は晴れてきているが強風が吹き荒れている。



d0170615_15562648.jpg


だんだん標高が高くなってくると霧がある、何も見えない。


d0170615_15563670.jpg



パノラマ。山頂方面を望む。いつも私たちが登ってくるとよく晴れてくる。山に感謝。


d0170615_15564731.jpg


山頂から明日登る予定の男体山・中禅寺湖方面が見える、五色沼もすぐ下に見える。



d0170615_15565886.jpg


日光白根山山頂、今日の参加者。



d0170615_15570818.jpg


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
by noboru131215m | 2016-10-26 18:38 | Comments(0)



10月19日 赤城山山頂で記念写真を写すために山頂にいた多くの登山者の一人にシャッタを押してくれるよう

依頼する、もう下山するからと一度は断られる。すぐ何を思ったのかシャッタを押しましょうと言ってくれた。

後で分かったのだが団体さんの引率者で帰り支度をしていたみたいであった。仕事の邪魔をしてしまった。

山頂はガスで景色は何も見えない標識に絶景スポット2分とあった、絶景スポットまで見に行ったが何も見えなくて

すぐ引き返し下山を開始した。




赤城山は標識がしっかりしていてわかりやすい。登ってきた登山道とは別の駒ヶ岳方面に進む。


d0170615_19060034.jpg


赤城山に登るのは3回目、今回は山頂付近の紅葉はほとんど終わり中腹から下が見頃。



d0170615_19061364.jpg


ガスが出て遠方まで見えないのが残念。



d0170615_19062468.jpg



赤城山付近は池が多くありその関係でガスが多く出るのか?



d0170615_19063382.jpg


今日は登山の初日、かなりきつい登山であったがみんな元気である。



d0170615_19064379.jpg


色鮮やか紅葉で目を楽しませてくれる。



d0170615_19065339.jpg



立派な標識、わかりやすい感謝、感謝。


d0170615_19070467.jpg


少しの間ガスが晴れた、今下ってきた方向をパチリ。



d0170615_19071439.jpg



赤城山の火山活動の説明がなされている。



d0170615_19072453.jpg


駒ヶ岳山頂に着くこの天気何も見えない、残念。



d0170615_19073791.jpg


少し歩くとガスが晴れて大沼が見えた。


d0170615_19074947.jpg


登山道の左からガスが噴き出している。境目を歩くのもなかなか味なものである。



d0170615_19080039.jpg


赤城山の夏はいろいろな花が咲いて見ごたえがありそうである。

蝶なども多くの種類が見られるみたいである。


d0170615_19081278.jpg


稜線歩きが終わり下りに入った。鉄製の階段を下ってゆく。



d0170615_19082459.jpg


今日参加の皆さん、ちょっと振り向いてもらいパチリ。



d0170615_19083790.jpg


登山口近くまで下ってきたところで、またガスが濃くなってきた。



d0170615_19084884.jpg


登り始めた登山口とは別の登山口に無事下山してきた。



d0170615_19090128.jpg


下山して国道を少し歩き赤城神社境内の中を通り駐車場に向かう。



d0170615_19091232.jpg


登山コースの略図が書かれている。登山者にはありがたい標識である。


d0170615_19092364.jpg




大沼にかかる啄木島橋を渡る。ガスが濃くて大沼に架かる橋の向こうにある鳥居は見えない。


d0170615_19093769.jpg


赤城神社駐車場から今夜の宿泊先、片品村の民宿ふくたけやに向かう。

赤城神社から国道を少し車で行ったところ、両脇の紅葉が素晴らしっかった。

車を止め山の中まで入ってゆき写真を写す。



d0170615_19094968.jpg



今年の紅葉は余り期待ができないと思っていたが初日から素晴らしい紅葉を見ることが出来た。

ラッキー、ラッキーである。



d0170615_19100232.jpg



ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
by noboru131215m | 2016-10-25 20:22 | Comments(0)


10月19日 早朝車で出発。富加関インターチエンジから高速に乗り渋川伊香保インターチエンジまで

行く予定でインター入り口まで来た。ところが高速道路の入り口が閉鎖されているではないか係員に聞くと

道路工事のため閉鎖中とのこと出だしが悪いとんだハプニング。美濃インターまで戻り一宮経由で行くことにした。

赤城山登山口がある赤城神社到着が一時間以上遅れてしまった。昼食を済ませて登山開始した。


関市 3.20 ー 美濃IC ー 渋川伊香保IC ー 赤城神社 11.00 ~ 11.40 ー 赤城山山頂 13.00 ~ 13.25 ー

駒ヶ岳山頂 14.05 ~ 14.10 ー 大沼下山 15.00 ー 赤城神社 15.20 ~ 15.35 ー 宿泊先 片品村民宿ふきたけや




渋川伊香保インターチエンジから赤城神社まで来る途中、標高1300Mまでくると山の紅葉が

すごく綺麗であった。この赤城神社周辺もきれいであった。



d0170615_12535077.jpg



赤城神社駐車場から赤城山方面を望む。


d0170615_12540284.jpg



駐車場から駒ヶ岳方面を望む。



d0170615_12542189.jpg



昼食を済ませて登山口を目指して進む。


d0170615_12544509.jpg



駐車場から少し北に進み登山口まで来た。



d0170615_12545703.jpg



赤城山中腹より大沼方面を望む。



d0170615_12550703.jpg


眺めの良いところでパチリ、今日参加の皆さんです。






d0170615_12551935.jpg


登山道からきれいに紅葉した山の斜面を見る。



d0170615_12553082.jpg

足場の悪い岩々な登山道を進んでゆく。



d0170615_12553917.jpg


綺麗な色の木があるとパチリ。



d0170615_12554890.jpg


今まで登った山の紅葉はあまり綺麗ではなかった。今回の登山旅行は期待してなかったが

赤城山付近の美しい紅葉に出会えてラッキーである。



d0170615_12560139.jpg


登山道は岩があり歩きにくいが、岩場歩きは楽しくもある。



d0170615_12561278.jpg


登山道の岩、横を通ってゆく。



d0170615_12562207.jpg

だいぶ登ってきた、景観の良いところを進む。


d0170615_12563436.jpg


笹竹の間を進む。笹竹が多い。



d0170615_12565650.jpg



赤色は良く目立つ。



d0170615_12564586.jpg


この当たりの赤い紅葉は見応えがあった。



d0170615_12570712.jpg


赤城山山頂。今日の参加者。



d0170615_12571730.jpg


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2016-10-24 14:07 | Comments(0)

10月19日~22日 群馬県の日本百名山赤城山ほか日光白根山・男体山を登る。

赤城山は登山口のある大沼を中心に紅葉が見頃であった、天気はあまり良くなかったが

中腹から見る大沼は見応えがあった。

二日目の20日は日光白根山の登った。登山口まで登る丸沼高原ロープウエイ付近から

見る紅葉は素晴らしかった。

三日目は男体山に登った。埼玉県から来た山友のK.K君と一緒に楽しく登った。

紅葉は見ごろを迎えており見応えがあった。

最終日は早朝から尾瀬の登山口、鳩待峠までドライブ最高の紅葉を見ることが出来た。

帰りは農産物販売店、道の駅などにより土産購入や食事をして帰った。



赤城山中腹より大沼方面を望む。このあたりは紅葉真っ盛りであった。





d0170615_06375351.jpg


丸沼高原天空の足湯付近から日光白根山を望む。




d0170615_06380614.jpg


足湯を一緒に楽しみ四方山話に花を咲かせた清水さん御夫婦です。ありがとう。



d0170615_06384834.jpg



足湯で四方山話をした仲の良い井沢さん御兄弟です。楽しい時間が過ごせました。ありがとう。



d0170615_06390288.jpg



男体山山頂付近から中禅寺湖・戦場ヶ原方面を望む。

d0170615_07283271.jpg



男体山の中腹付近の紅葉見ごろであった。




d0170615_06393292.jpg



今日の参加者、中央が埼玉川越市から参加した山友のK.K君。スケールの大きな湯滝の前でパチリ。




d0170615_06395247.jpg



片品村から尾瀬入り口鳩待峠道路脇の紅葉、いまが見頃素晴らしかった。




d0170615_06400706.jpg



私が今まで山で見た紅葉の中で最も素晴らしかった。



d0170615_06401882.jpg


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

003.gif056.gif016.gif056.gif058.gif056.gif





by noboru131215m | 2016-10-23 07:44 | Comments(0)


10月16日 天生峠駐車場に車を止めてる、すでに沢山の車があった。

入山料一人500円を支払い登山開始する。

登山道を登ってゆくと柵が設けられていた、鹿・猪・などの侵入を防ぐためか。

登山道の途中に一とう缶が木につるしてありそれをたたいてクマよけの音を出して

進む。木々の紅葉はどうも芳しくない、鮮やかな色が出てない、パトロールの人に

伺うと今年は長雨、高温などで今のところ良くないとのことであった。

中にはまだ青くこれから紅葉するであろう木々が沢山あった、今後を期待したい。

山頂は狭く登山者で満員、先に食事をしていた人が席を譲ってくれた、感謝、感謝。

私たちも食事を済ませすぐ席を譲った。



登山道より高山市方面を望む。



d0170615_17061743.jpg

湿原探索路から望む、




d0170615_17062672.jpg



湿原全体を望む、



d0170615_17063575.jpg



ブナ探索路を登る。



d0170615_17064423.jpg


ブナ探索路の途中に水芭蕉群生地がある、いまは水芭蕉は咲いていないが見学することにした。



d0170615_17065313.jpg


水芭蕉群生地、この湿原に花の時期に来れば咲き乱れる水芭蕉を見ることが出来る。



d0170615_17070338.jpg


カエデの葉の間からきれいに澄んだ青空が見える。



d0170615_17071130.jpg


カエデとブナの紅葉。



d0170615_17072272.jpg



尾根まで登ってきた。素晴らしい青空。



d0170615_17074315.jpg


山頂近くの登山道より望む。



d0170615_17081888.jpg


山頂より望む。槍ヶ岳・穂高連峰・御嶽山などが良く見えた。



d0170615_17082973.jpg


山頂から見た雲。



d0170615_17085475.jpg


山頂から見た紅葉。


d0170615_17090495.jpg


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

003.gif056.gif016.gif056.gif058.gif056.gif





by noboru131215m | 2016-10-18 18:42 | Comments(0)

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山