<   2017年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧

2017年08月27日

昨夜は西湖畔の民宿ふじさんに宿泊した。ほかの宿泊者はなく貸し切りであった。

建物は普通の家であったが風呂は大きく快適で有った、食事は家庭料理風で結構美味しかった。

食後のデザートはブドウのサービスが有った。

あさ5時30分に出発して乾徳山登山口を目指した、今日は朝から天気が良い。

登山口駐車場到着すると、第一駐車場はすでに満杯、案内に従って少し上にある

臨時駐車場に車を止める。



民宿ふじさん 5.30 ー 乾徳山駐車場 7.15 ~ 7.35 ー 登山口 8.05 ~ 8.10 ー 乾徳山山頂

12.20 ~ 13.00 ー 高原ヒュッテ 14.45 ~ 14.50 ― 登山口 16.05 ~ 16.10 ー 乾徳山駐車場

16.35 ~ 17.00 ー 温泉 ー 美濃加茂昭和村




第一駐車場はすでに満杯であった。案内の貼り紙を見て登山者臨時駐車場に車を止めた。



d0170615_15385352.jpg



駐車場から登山口目指して林道を登って行く。天気は良く晴れている。



d0170615_15390555.jpg



道路わき民家の庭先に咲く花。



d0170615_15391744.jpg





d0170615_15392567.jpg



林道わきの谷川、水量が多い。



d0170615_15393519.jpg




マスの養殖場などがある。見学しながら登山口を目指す。


d0170615_15394612.jpg



乾徳山登山口近くの標識、この辺りにも小さな駐車場が有った。



d0170615_15395786.jpg



植林された木々の中を登って行く。標識は沢山あり迷うことはない。



d0170615_15400613.jpg



標識をしっかり見て山頂方面に進む。



d0170615_15401760.jpg



登山道わきに鹿が沢山いた、人なれして近くまでやってくる。



d0170615_15402754.jpg



この辺りは気持ちの良い白樺林、登山道もまだなだらか余裕を持って登って行く。



d0170615_15403628.jpg



この辺りはマルバダケブキ群生地。



d0170615_15405507.jpg


マルバダテブキアップ。



d0170615_15410545.jpg




花の名前は?



d0170615_15411350.jpg




月見岩の上、ここらあたりから富士山が良く見えるのだが。

雲が多く出て何も見えない、残念。


d0170615_15412121.jpg



月見岩前、風の便りです。いつもブログ愛読ありがとうございます。

引き続きよろしくお願いいたします。



d0170615_15413010.jpg




月見岩あたりから望む。

d0170615_15414117.jpg



月見岩を見る。



d0170615_15415504.jpg



分岐は標識をよく見て進む。



d0170615_15420540.jpg


狭い岩場を登って行く。



d0170615_15421746.jpg



キツイ岩場が始まってきた。



d0170615_15422641.jpg



今回は安全のためヘルメットを用意した。



d0170615_15423520.jpg



沢山の人がこの髭剃り岩の中に入り楽しんだ。一人しか中に入れないので時間がかかった。



d0170615_15424516.jpg



髭剃り岩の先端から見た風景。



d0170615_15425496.jpg




危険な岩場を進む。


d0170615_15430644.jpg



カミナリ岩を登る。いろいろな岩場があり名前が付けられている。


d0170615_15431737.jpg



岩場は鎖が貼られている。上手く利用して安全に登って行く。



d0170615_15432802.jpg




カミナリ岩の上にいるメンバー、元気いっぱいです。


d0170615_15433647.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-08-31 16:31 | Comments(0)

2017年08月26日

十二ケ岳山頂で記念撮影、登山口から抜いたり抜かれたりして登ってきたインドネシヤから

研修に来ている若い男性にシャッターを押してもらう。

山頂で少し休憩をして鬼ケ岳山頂を目指してスタートする。少し進んだところで雨がパラパラ

降り出した直ぐ止んだ。

また少しすると今度は本格的な雨?、ザックカバーを取り付けカッパの上だけ着る。

少しすると幸いにも雨は上がった。

登山道は岩場の急な登り下りが続き楽しみながらの登山が続く。





十二ケ岳山頂で少し休憩をして鬼ケ岳を目指して進みだす。



d0170615_09080551.jpg




急な岩場の下り、だんだん慣れてきた。



d0170615_09081526.jpg





この辺りで雨が少し降り出した、ザックカバーなど取り付けて岩場を登って行く。



d0170615_09082477.jpg



急な岩場を登る。幸いにも岩が濡れて滑ることはなかった。



d0170615_09083271.jpg




この山は縦走中左側に富士山がよく見えて素晴らしい景観を楽しむことが出来るが、

今日は雲に覆われて残念ながら何も見えない。下に西湖が見える。



d0170615_09084018.jpg



振り返り今乗り越えてきた山を見る。


d0170615_09084896.jpg




先導はいつも男性の K,T さんにお願いしている。みんなの息遣いを見ながらスピードを調整上手くリードを

してくれている。



d0170615_09085606.jpg




登山道わきの大きな岩の上で記念撮影。
d0170615_09090477.jpg



マルバダケブキ。



d0170615_09091640.jpg



ヤマハハコ。




d0170615_09092453.jpg



鬼ケ岳山頂に到着する。ここから根場民宿村に下山してゆく。




d0170615_09094119.jpg




大きな岩の上に登る。ご機嫌な皆さんです。



d0170615_09093396.jpg



鍵掛峠方面を望む。王冠・五湖山精進湖方面まで縦走する事ができる。



d0170615_09095736.jpg



根場民宿村に向けて下山を開始する。



d0170615_09094992.jpg



長い立派なハシゴが設置されている。



d0170615_09100443.jpg



梯子の登り下りは、ステップのところを持って転落を防ぐ。




d0170615_09101324.jpg



この山は急な登り下りが多く有る、ロープ、鎖が貼ってあり比較的安全に登山することが出来た。



d0170615_09102288.jpg




雪頭ケ岳、この辺りは富士山が綺麗に見える絶好の場所である。



d0170615_09103133.jpg



鬼ケ岳山頂から長い時間歩き全員怪我もなく無事下山してきた。あと10分ほどで根場民宿村に着く。

今夜の宿泊先民宿村の ふじさん 電話をかけてバス亭まだ迎えに来てもらった。

車が文化洞トンネル付近に止めてあり、そこまで民宿の主人の車で送ってもらった、

おおいに助かった。感謝、感謝。



d0170615_09104051.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-08-30 10:07 | Comments(0)

2017年08月26日

西湖湖畔の文化洞トンネル西側入り口手前を北方面に少し入ったところに無料駐車場がある。

駐車場には先に来た登山者の車が少しあった、この人気の山で土曜日なのに以外に少なく

ちょっと驚いた。

今日は夏休み最後の土曜日、西湖湖畔でキャンプなど楽しむ沢山の人々でにぎわいを見せていた。




西湖湖畔に車を止める、西湖の水量がかなり少なくなっていた。この辺りは雨が余り降らなかった

みたいである。

湖畔には多くの車があり親子ずれの人たちがキャンプなどを楽しんでいた。


d0170615_17221335.jpg



十二ケ岳登山口駐車場。土曜日なのに登山者の車が少なかった。



d0170615_17222316.jpg



登山を開始する。登り切ると毛無山山頂、急登が続きなかなかキツイ。



d0170615_17223133.jpg



登山道には標識があり道迷いの心配はあまりない。



d0170615_17224644.jpg



登山道わきには色々なキノコがあった。



d0170615_17225360.jpg



美味しそうなキノコ。


d0170615_17230230.jpg



毛無山山頂に到着する。



d0170615_17231277.jpg


今日の参加者です。雨の心配も少なくなりほっとする。



d0170615_17232161.jpg



一ケ岳から十二ケ岳の標識がある。尾根を十二登ると十二ケ岳山頂に着く。



d0170615_17233075.jpg



いよいよ厳しい登り下りが出てきた。



d0170615_17234829.jpg



途中で少し休憩をする。ガスが出ていて富士山など全然見えない。残念。




d0170615_17240041.jpg



厳しい崖を登る。



d0170615_17241118.jpg



こんな厳しい崖を何か所か下る。




d0170615_17242983.jpg



今回は安全のためにヘルメットを着用した。



d0170615_17250029.jpg



十二ケ岳最大の見せ場、吊り橋を渡る。渡り切るところの手すりが広くなっている、

手が届かずちょっと怖い。




d0170615_17261526.jpg



吊り橋を上から見る、谷はかなり深い。



d0170615_17262894.jpg



吊り橋を渡り切り崖を登る。



d0170615_17264660.jpg



岩場が続く、鎖を掴んで登る。



d0170615_17265745.jpg



いま通過してきた方向を振り返ってみる。



d0170615_17271619.jpg



十二ケ岳山頂に到着する。天気が良ければ後ろに富士山が見える。



d0170615_17272646.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-08-29 18:35 | Comments(0)

2017年08月26日~27日

登山日の天気が相変わらずはっきりしないが、思い切って出かけることにした。

十二ケ岳(じゅうにがたけ)・乾徳山(けんとくさん)は好きな山で、今回は山仲間の

リクエストで登ることにした。

民宿の主人の話によれば河口湖、西湖辺りは雨が余り降らず水量がかなり少なくなっている

とのことであった。日本列島は雨がふりすぎて困っているところが多いが、このような

地方があるとは意外な感じがした。



美濃加茂市昭和村 4.00 ー 美濃加茂IC ー 甲府南IC ー 十二ケ岳登山口 8.50 ~ 9.05 ー

毛無山山頂 10.50 ~ 11.00 ー 十二ケ岳山頂 13.40 ~ 13.50 ー 根場民宿村下山 17.15 ー

根場民宿村宿泊 ー(翌日、乾徳山登山)




西湖から雲の帽子をかぶった富士山を見る。



d0170615_11433312.jpg




十二ケ岳縦走中。西湖・富士山バックにパチリ。




d0170615_11434217.jpg



崖を下りと吊り橋が出てきた、揺れてちょっと怖い。



d0170615_11435132.jpg



吊り橋を渡ると急な崖の登りが待っていた。



d0170615_11440265.jpg



天気が少し悪くなってきた、ポツポツと雨が降って来たがすぐやんだ。



d0170615_11441047.jpg



27日 早朝に登山口駐車場に到着したがすでに満杯であった。臨時の駐車場に車を止める。

乾徳山登山開始した。



d0170615_11441900.jpg



中腹に差し掛かるとマルバダケブキ群生地があった。



d0170615_11443475.jpg




岩場に差し掛かる前にヘルメットを装着した。



d0170615_11444323.jpg



急な岩場を登って行く。




d0170615_11445139.jpg



髭剃り岩。太い人、細い人頑張ってこの隙間に入ってみる。向こう側は何かいいものが見えるかな?



d0170615_11450041.jpg



鳳岩、ここを登り切ると乾徳山山頂である。



d0170615_11450837.jpg



垂直の岩を懸命に登る。

d0170615_11453438.jpg



今日の参加者全員この鳳岩征服した。
d0170615_11454261.jpg





乾徳山山頂、今日の参加者です。


d0170615_12320673.jpg





173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-08-28 13:55 | Comments(0)

2017年08月19日

医王山夕霧峠駐車場に到着して登山準備をする。この山の林道は自転車愛好家の練習コースみたいである。

高級な自転車で林道を登って練習している人を何人も見た。自転車の値段を聞いてみたら40万円以上だそうです。

奥医王山に登頂して車で移動堂辻からトンビ岩に向かう予定であったが、このコースは徒渉があり昨夜来の

雨で増水しているのでは?。

このコースは危険とみて避けて別のコースを歩くことにした。みんなアブ?に刺されて痛い思いをした。



173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



夕霧峠に車を止め奥医王山山頂を目指す。



d0170615_16123527.jpg



医王山の案内図、登山道がいっぱいある迷わないように。



d0170615_16124615.jpg




奥医王山山頂に着く。この展望台に登る、遠方はガスでよく見えなかった。



d0170615_16125590.jpg



今日の参加者です。

d0170615_16130549.jpg



こんなところを歩いていた時、痛いー 悲鳴が上がる アブ?に刺される。

ハチ・蚊・毒虫に刺されたら毒を吸い出す器具を取り出し使おうとしたが、

操作方法を忘れてしまっていて上手く使用できなかった。

家に帰って再度使用方法を勉強した。今度はすぐ操作できる?



d0170615_16131407.jpg



トンビ岩を下から見る。鋭くとがっている。



d0170615_16133572.jpg



トンビ岩に向かう標識。



d0170615_16134551.jpg



トンビ岩に登る岩場に来た、岩場は100Mほどある。

今日お楽しみの岩場登りである。



d0170615_16135555.jpg



急な岩場、鎖が張られている。



d0170615_16140452.jpg



急な岩場を登る。



d0170615_16141782.jpg


急な岩場、頑張って登るよー。




d0170615_16142875.jpg


岩場はところどころ濡れていた危険なところもあった。



d0170615_16143878.jpg



トンビ岩に登った今日参加の皆さんです。


d0170615_16144671.jpg



トンビ岩。登るにはかなり怖い所です。



d0170615_16145703.jpg



帰りは普通の下山と違い登りが多かった。ガスも出てきた。




d0170615_16151104.jpg



夕霧峠まで戻ってきた。今日はかなりきつい登山であった。




d0170615_16152186.jpg






by noboru131215m | 2017-08-25 16:46 | Comments(0)

2017年08月06日

08月の初めに花の多い伊吹山に登ってきた。早朝家を出て伊吹山に向かう

途中で伊吹山方面の空が今まで見たことがないような真っ黒な雲に覆われて真っ暗である、

雨がすごく降っているのではないかと思った。

伊吹山に行くのをやめようかと思ったが、今日は一人旅登山口まで行ってダメだったら

引き返せばいいと決め登山口まで行った。

幸い伊吹山付近は雨が降っていなかった。登山口近くの駐車場に車を置き登山を開始した。

天気は良くなり蒸し暑くなってきた、汗をふきふき山頂を目指した。


自宅 5.00 ー 伊吹山登山口 6.30 ~ 6.50 ー 三合目 8.15 ~ 8.25 ー 伊吹山山頂 10.00 ~ 11.30

ー 伊吹山登山口 14.00 ~ 14.15 ー 自宅



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



二合目あたりから一合目付近を望む、あの真っ黒な空が嘘のように晴れ渡っている。



d0170615_19543536.jpg



ヒオウギ?


d0170615_19544498.jpg



コオニユリ



d0170615_19545555.jpg



左側に伊吹山の立派な避難小屋が見える。


d0170615_19550468.jpg



イブキジャコウソウ



d0170615_19551419.jpg




時々ガスが空を覆う。



d0170615_19552275.jpg


伊吹山山頂。



d0170615_19553256.jpg


伊吹山の代表的な花、シモツケソウが鹿の被害にあって花が非常に少なかった。

d0170615_19554198.jpg


メタカラコウ。


d0170615_19555123.jpg



伊吹山の一等三角点の標識。山頂付近は鹿除けの柵が張り巡らされた、

何年かすればシモツケソウの花も前のように多く咲きだすと思う。


d0170615_19560070.jpg


キヌタソウ?


d0170615_19560990.jpg


カワラナデシコ


d0170615_19561738.jpg


メタカラコウ

d0170615_19562648.jpg



コオニユリ


d0170615_19563426.jpg



キリンソウ


d0170615_19564363.jpg


イブキジャコウソウ


d0170615_19565141.jpg



伊吹山山頂駐車場方面を望む。


d0170615_19565937.jpg




by noboru131215m | 2017-08-24 20:48 | Comments(0)

2017年08月13日

五竜岳山頂から五竜山荘を経由して遠見尾根を下る、白馬五竜高山植物園まで来た

花の時季は少し過ぎていたがそれでもいろいろな花が咲いていた。



173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村



五竜高山植物園に入っていく、シモツケソウ。



d0170615_20154399.jpg




広い高原にいろいろな花が咲いている。


d0170615_20155059.jpg




コマクサが咲いていた。


d0170615_20155834.jpg




ホタルブクロ。



d0170615_20161323.jpg





d0170615_20162294.jpg




d0170615_20163160.jpg




d0170615_20165471.jpg





d0170615_20170251.jpg





d0170615_20170907.jpg






d0170615_20171601.jpg





d0170615_20172603.jpg






d0170615_20173557.jpg






d0170615_20174289.jpg



d0170615_20174955.jpg




植物園を見学、エスカルプラザのなかに有ったムラオ三世を囲んで記念写真。

ムラオ三世は白馬村の公式キャラクターです。





d0170615_20175732.jpg





by noboru131215m | 2017-08-23 20:33 | Comments(0)

2017年08月13日

五竜岳登頂を終え五竜山荘まで下ってきた。少し休憩をして山荘のスタッフ一同に見送らて

遠見尾根を下山開始する。

山荘から白岳を経由下山してゆく、下山が進み標高が低くなってくると一面のガス景色が

全く見えなくなった。

登山道は岩場などがあり濡れていてよく滑る、鎖などしっかり掴んで慎重に下る。




173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




五竜山荘からスタッフ一同に見送らて遠見尾根分岐を目指す。

分岐はまえの白岳中腹である。この辺りは快晴である。



d0170615_06572397.jpg



遠見尾根分岐。展望が非常に良い。



d0170615_06573417.jpg




分岐から振り返り五竜山荘・五竜岳方面を見る。



d0170615_06574329.jpg



ガスがだいぶ上がってきた、五竜岳ももうすぐガスの中か。



d0170615_06575149.jpg



少し時間が過ぎると今度は反対側のガスが出てきた。



d0170615_06575983.jpg



白岳山頂から五竜岳方面を望む。



d0170615_06582941.jpg


下山が進み標高が下がってくるとガスの中、景色は全く見えない足元の花を見ながらの下山である。



d0170615_06584056.jpg




d0170615_06585026.jpg




d0170615_06585874.jpg





d0170615_06590603.jpg





d0170615_06591594.jpg






d0170615_06592861.jpg








d0170615_06593716.jpg





d0170615_06594614.jpg





d0170615_06595315.jpg




d0170615_07000153.jpg



標識は要所要所にある。




d0170615_07001086.jpg




d0170615_07002148.jpg





d0170615_07003728.jpg


標識に従って下山してゆく。


d0170615_07004698.jpg






d0170615_07005559.jpg







d0170615_07012180.jpg



ガスが出ていて何も見えない、残念。


d0170615_07012927.jpg



アルプス平駅近くまで下山してきた。



d0170615_07013989.jpg



アルプス平駅すぐ上にケルンが有った。全員怪我もなく無事下山。



d0170615_07014839.jpg




08月11日 山の日に宿泊した、唐松岳頂上山荘から山の日を記念して頂いたバッチです。感謝感謝。



d0170615_07141867.jpg

by noboru131215m | 2017-08-22 07:48 | Comments(0)

2017年08月13日

五竜岳頂上で展望を楽しんでいると、快晴の頂上に次からつぎえと登山者が登ってくる。

山頂はかなり広いが登山者で満杯、記念写真を写し隅の方により360度の大パノラマを楽しむ。

山頂で展望を十分楽しみ厳しい岩場を注意しながら下った。


173.png169.png171.png169.png171.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村




五竜岳頂上より鹿島槍ヶ岳方面を望む。



d0170615_08255142.jpg




頂上より望む。雲海はあるが真っ青な空最高の眺めである。



d0170615_08260299.jpg



山頂より唐松岳方面を望む。



d0170615_08261287.jpg




山頂より下山方向を望む。


d0170615_08262066.jpg



山頂より少し下ったところでパチリ。今日の参加者です。



d0170615_08263125.jpg


下山中、時々ガスが山一面を覆うがすぐ晴れ、展望を楽しむことが出来た。



d0170615_08264172.jpg




下山中多くの登山者とすれ違ったりして、順番待ちして下山してゆく。



d0170615_08265178.jpg



五竜岳中腹から唐松岳方面を望む。



d0170615_08270100.jpg



五竜岳中腹から振り返り山頂方面を望む。



d0170615_08271347.jpg



この雲海が時々山頂を目指して登ってくる。しかしすぐ晴れて絶景を見せてくれる。



d0170615_08272381.jpg



この大きなおむすび山?の左側を通過して下山してゆく。



d0170615_08273198.jpg



五竜山荘近くまで下ってくると登山道わきに花が少し咲いていた。



d0170615_08274535.jpg




d0170615_08275307.jpg


五竜山荘が近くなってきた。山荘からすぐ裏の山、遠見尾根を通って下山予定である。



d0170615_08280176.jpg




五竜山荘に下山、少し休憩をして山荘の従業員に見送られて白馬五竜に向かう。



d0170615_08281913.jpg






by noboru131215m | 2017-08-21 09:18 | Comments(0)

2017年08月19日

最近は天気が不安定で医王山(いおうぜん)登山に出掛けるかさんざん迷う。

思い切って出かけることにする。

医王山の登るのは3回目であるがイオックススキーから林道に入って夕霧峠登山口に

向かう、途中道を間違えて山を半周してしまいとんだ道草をした。

山の場所によっては雨が降ったところもあったが、私たちは幸いにも降られなかった。

今日最大の目的、トンビ岩登頂を目指した。



岐阜 6.00 ー 関IC ー 福光IC ー 夕霧峠駐車場 9.30 ~ 9.45 ー 奥医王山山頂 10.25 ~ 10.35

ー 白禿山頂 11.45 ~ 12.15 ー トンビ岩 14.00 ~ 14.35 ー 夕霧峠駐車場 14.20 ~ 14.45

ー 岐阜



奥医王山山頂。青空が見えるが、北の方角を見ると真っ黒な雨雲がある。



d0170615_06582394.jpg



昨夜の雨で登山道はぬかるんでいたが、ようやくトンビ岩が見えるところまで来た、

トンビ岩のすぐ下は大沼がある、その畔に広場と立派な休憩できる建物がありトイレもある。



d0170615_06590397.jpg




大沼に向かってぬかるみの登山道を下る。ここまでくる間に女性がアブ?に足を刺されはげしい痛みが

あった。また帰り道別の女性が手に、もう一人の女性が顔を刺された。

鈍感な私は途中から膝の上あたりが痛くなってきた、あまり気にしていなかったが、家に帰り

風呂に入って見たらアブ?に刺されていた、痛みがはがしくなってきた。





d0170615_07005843.jpg



白姫滝。水量が多く見ごたえの有った。



d0170615_06594391.jpg



トンビ岩登り口、トンビ岩まで約100Mの急な岩場を登って行く。鎖が張ってある。

所々岩が湿っていて滑りやすかった。




d0170615_06595562.jpg




トンビ岩に登った今日参加の皆さんです。

トンビ岩の後ろは断崖絶壁、非常に危険で注意が必要です。

d0170615_07001589.jpg





ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-08-20 07:56 | Comments(0)

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山