2018年01月14日


登山口駐車場。

今日は長良川展望台コースを歩きたかったが、こことは別の駐車場が工事のため

閉鎖されていた。

やもなくこの駐車場に車を止めて芝広場を経由するコースを歩くことにした。

国道から林道に入りこの駐車場まではいてくる、林道はところどころ穴が開いていた。

林道途中のところで側溝の工事が行われていた、舗装工事も行われるのかな?。




d0170615_10065672.jpg




東屋。

登山口から少し登ると立派な東屋がある、いつもここで一休みする。






d0170615_10070304.jpg






芝広場。

芝広場と言っても今は芝はない、ここからの展望は良かったが最近は木々が

大きくなり展望を阻害している。





d0170615_10071177.jpg




岐阜城。

尾根から金華山・岐阜城方面を望む。






d0170615_10071833.jpg




恵那山。

尾根から雪の恵那山方面を望む。






d0170615_10072670.jpg




千鳥橋。

尾根終点から長良川に架かる千鳥橋方面を望む。




d0170615_10073778.jpg




御嶽山。

雪を頂いた御嶽山を望む。





d0170615_10074537.jpg





林道の雪。

芝広派から尾根を通り林道に出た、日陰には雪が少し積もっていた。






d0170615_10075843.jpg





オシドリ。

松尾池のオシドリ、優雅に泳いでいた。





d0170615_10080615.jpg




カモ。

松尾池のカモ。この時間オシドリは一羽しかいなかったが、カモは多くいた。






d0170615_10081308.jpg




岩場を登る。

松尾池から少し登って行くと岩場がある、ここを楽しみながら登って行く。






d0170615_10082032.jpg




パノラマ。

百々ケ峰山頂から御嶽山方面をパチリ。





d0170615_10082740.jpg





鵜飼大橋。

山頂から長良川に架かる鵜飼大橋を望む。






d0170615_10083454.jpg




御岳山。

御岳山アップでパチリ。






d0170615_10084119.jpg




林道の雪。

山頂から雪が薄っすらあった登山道を滑らないように降りてきた。

日陰の林道には雪が1センチほど積もっていた。






d0170615_10084832.jpg




駐車場。

駐車場まで下山してきた。現在15時、最近は午後になると天気が悪くなるが

今日は珍しくまだ快晴だった。







d0170615_10085516.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2018-01-17 10:49 | Comments(0)

2018年01月14日


金華山・岐阜城。

今年初めての百々ケ峰に登った。

先日、雪が少し降って登山道に雪が残っているかな、

軽アイゼンを持参して登る。

日影部分の登山道には雪がほんの少しだけ残っていたがアイゼンを

装着するほどではなった。

この素晴らしい青空の下、金華山・岐阜城方面を望む。


自宅 9.45 ー 登山口 10.10 ~ 10.25 ー 芝広場 10.55 ー 松尾池 12.00 ~ 12.30

ー 百々ケ峰山頂 13.40 ~ 13.50 ー 登山口 14.55 ~ 15.10 ー 自宅




d0170615_13372200.jpg





御嶽山・乗鞍岳。

登山道に少し残る雪を気にしながら、樹間から御嶽山・乗鞍岳を望む。

御嶽山の噴煙は全く見えなかった。







d0170615_13373150.jpg




長良川・千鳥橋。

芝広場から長良川方面に尾根を進んでゆく、尾根のおわり辺りから見る

この景色が最高に気にいっている。





d0170615_13373927.jpg




オシドリ。

今日の登山の最大の目的は松尾池のオシドリを見ることであった。

オシドリは一羽のみであった。山の中に散歩中だったかな。






d0170615_13374891.jpg




崖っぷち。

松尾池西側から山頂目指して登る途中に急な岩場がある。






d0170615_13380446.jpg





百々ケ峰山頂。

山頂から金華山・岐阜城方面を見る。

山頂の登山者は7人であった。

1月15日から山頂から下る登山道の階段修理工事が

行われるみたいである。





d0170615_13381112.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2018-01-15 14:22 | Comments(0)

2018年01月11日



高賀山山頂。

山頂で樹氷を眺めながら昼食を取る。

今日は弁当を作って持ってきた。

お決まりの熱々のコンスープを飲む。

食事が終わったら、インスタントぜんざいを飲んだ。





d0170615_20523034.jpg




蕪山。

時々登る蕪山方面を見る。





d0170615_20524133.jpg



樹氷。

山頂直下の樹氷を見る。






d0170615_20524791.jpg






パノラマ。

遥か彼方に伊勢湾が見えた。





d0170615_20525425.jpg




アップ。

山頂直下の樹氷を見る。





d0170615_20530091.jpg




下山。

山頂で食事も済ませ、天気は雲が多くちょっと残念であったが

樹氷に満足して下山を開始した。

他の登山者は一人もなかった。





d0170615_20530726.jpg




午後。

午後になっても樹氷が木の枝から落ちることはなかった。








d0170615_20531413.jpg





瓢ケ岳。

東側によく登る瓢ケ岳を見ながら下山してゆく。





d0170615_20532168.jpg




トンネル。

樹氷のとんねるを楽しみながら下山してゆく。







d0170615_20533526.jpg





樹氷。

今日はこの山で樹氷が見られるとは思ってもみなかった。

たまにはこのようないいことがある。ラッキーであった。






d0170615_20534250.jpg





駐車場。

予定の時間に下山してきた。

あさコンビニで買っておいたイチゴ大福を食べた。

腹ごしらえをして自宅に向けて車を走らせた。







d0170615_20534981.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2018-01-13 21:31 | Comments(0)

2018年01月11日


高賀山登山口。

登山口から見た山々は昨夜降った雪が山肌を綺麗に白く染めている。

登山口には雪はほとんどない。

ワカン・アイゼンを持ってきたが積雪はあまり多くないと思いアイゼンのみ

持参して登山を開始した。






d0170615_18413664.jpg




東屋。

林道を少し登ると立派な東屋がある。

この辺りから霧氷があった。




d0170615_18414372.jpg





岩の登山道。

登山道は急な登りが続く。

足元は岩場、雪が少しあり歩きにくい。






d0170615_18415070.jpg





青空。

上を見ると雲の切れ目から青空が見ていた。





d0170615_18415753.jpg




輝く山肌。

時々差し込む太陽光を受けて山肌が光り輝いている。






d0170615_18420403.jpg




御坂峠。

御坂峠まで登ってきた。

北方面は雲が厚くて展望がきかない。






d0170615_18421256.jpg





樹氷。

尾根歩き木々には樹氷がびっしり。

思わぬプレゼントに足取りも軽くなった。







d0170615_18421986.jpg




足跡 👣 。

中腹から山頂手前まで小さな動物の足跡。

雪でわかりにくい登山道を正確に登ってあった。

登る途中でアイゼン装着した、その時足跡を見失う。

登山道もわからなくなてしまった。

あちらこちら探して登山道を見つけ登った、

しばらく登ると動物の足跡もあった。






d0170615_18422694.jpg




陽射し。

日差しがあれば樹氷がもっときれいにみられるのに、

ちょっと残念であった。






d0170615_18423589.jpg




足跡 👣 .

動物の足跡が比較的良く見える。





d0170615_18424100.jpg



樹氷。

この山で樹氷が見えるとは思ってもみなかった。

今日は本当にラッキーであった。







d0170615_18424855.jpg



樹氷を求めて。

この冬初めての樹氷を見ることが出来た。

これからも樹氷を求めて雪山に登りたい。







d0170615_18425521.jpg





山頂直下。

山頂すぐ手前の樹氷、この辺りが一番見ごたえがあった。






d0170615_18430115.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2018-01-12 19:32 | Comments(0)

2018年01月11日

今朝起きて庭を見るとうっすらと雪が積もっていた。

今日予定していた山は雪が降ると登山口まで車で行くのにちょっと難しいかも。

予定を急遽変更して高賀山に登ることにした。



自宅 8.45 ー 高賀山登山口駐車場 9.55 ~ 10.10 ー 御坂峠 12.10 ー 高賀山山頂

12.45 ~ 13.15 ー 高賀山登山口駐車場 15.15 ~ 15.30 ー 自宅





高賀山駐車場。

登山口にある駐車場まではほとんど雪が無く車で入ることが出来た。

他の車は一台も無かった。




d0170615_19490280.jpg





御坂峠。

中腹から登山道には雪が出てきた。

新雪が積もっていた、積雪は5~10センチほどであった。

途中からアイゼンを装着して登った。







d0170615_19491142.jpg





霧氷。

御坂峠から山頂までの間、霧氷が見られた。

尾根の積雪は15~20センチほどであった。

アイゼンで歩くことが出来た。






d0170615_19491896.jpg



山頂手前。

山頂手前の霧氷、遠くに伊吹山が見えた。






d0170615_19492518.jpg




山頂。

山頂から先日登った蕪山方面を見る。

天気は雲が多く、時々太陽が顔を出した。




d0170615_19493243.jpg




パノラマ。

天気はあまり良くなかったが伊勢湾が良く見えた。

今日は高賀山貸し切りであった。




d0170615_19493975.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2018-01-11 20:23 | Comments(0)

2018年01月04日



明神山。

篭坂峠登山口から大洞山(1,383.5M)・三国山(1,328M) を通過して明神山(1,291M)の

登山口にきた。

山の中を通る立派な道路を横断して明神山山頂を目指す。






d0170615_17202349.jpg





明神山登山口。

国道を横断して明神山山頂を目指す。





d0170615_17203052.jpg





富士山。

登山口から少し登って行くと木々が無くなり富士山が見えてきた。





d0170615_17203713.jpg




ススキ。

明神山の裾野はススキの原っぱが広がっている。





d0170615_17204375.jpg




パノラマ。

山頂手前から富士山・山中湖を望む。






d0170615_17205225.jpg




参加者。

明神山山頂、今日の参加者です。





d0170615_17205996.jpg




下山開始。

明神山山頂で昼食を済ませて下山を開始した。





d0170615_17210899.jpg





切通峠。

篭坂峠登山口から5時間ほどかけて切道峠まで来た。

ここから山中畔平野まで下って行く。






d0170615_17211552.jpg





グランド。

山を下りてくると、ラグビー場・テニスコートなどの運動グランドが多く有った。





d0170615_17213424.jpg





標識。

ハイキングコースには標識が多く設置されていた、

道迷いの心配はなかった。





d0170615_17214330.jpg




平野バス停。

山中湖畔近くのバス停、ここからタクシーで登山口まで車を取りに戻った。

山中湖畔を回るバスはかなりの本数があるみたいだった。





d0170615_17215212.jpg




篭坂峠。

車を止めた駐車場、ここまでタクシーで来て、

車でまた皆さんを迎えに平野バス停まで戻った。






d0170615_17220047.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2018-01-10 18:38 | Comments(0)

2018年01月04日

三国山ハイキングコースを歩くのは初めてである。

予定では山中湖畔にある駐車場に車を止めて篭坂峠まで歩く予定であった。

時間に余裕があったのでまず登山口を探しに車を走らせた。

山中湖畔から登山口の有る篭坂峠までの国道は距離があった、それに登りが続く。

登山口もなかなかわからなかった。

国道138号篭坂峠のところで左の墓地に入る舗装された道がある、

その道に入り墓地の奥に登山道があった。

かなり時間を浪費したし、湖畔から歩くと時間がかかる。

帰りは下山する平野バス停からタクシーで登山口まで戻ることにした。



忍野八海宿泊先 7.00 ー 篭坂峠登山口 8.00 ~ 8.15 ー 大洞山山頂 9.55 ~ 10.00

三国山山頂 11.00 ~ 11.10 ー 明神山山頂 12.00 ~ 12.40 ー 切通峠 13.25 ー

山中湖平野バス停 14.15 ~ タクシーで登山口 ~ 山中湖平野バス停 15.00 ー 岐阜




三国山ハイキングコース。

ハイキングコース登山口、篭坂峠より少し山の中に入った墓地の奥にある。






d0170615_18192917.jpg




今日も快晴。

昨日の三ツ峠山登山は天気は快晴であったが寒かった。

今日も快晴、寒さはあまり感じない。






d0170615_18194436.jpg





平坦な登山道。

登山道は広く平坦歩きやすい、どんどん進んでゆく。





d0170615_18200134.jpg




標識。

要所要所に標識が設置されている。




d0170615_18200430.jpg




登山者。

今日は篭坂峠から歩く登山者。

今のところ私たちだけみたいである。





d0170615_18200505.jpg





富士山。

樹間から富士山が良く見えるようになってきた。






d0170615_18201343.jpg




好天に恵まれる。

昨日、今日と天気に恵まれれいろいろな角度から

富士山を眺めることが出来た。





d0170615_18202578.jpg





お気に入り写真。

富士山の写真を沢山写したがこの一枚、私のお気に入りである。






d0170615_18203335.jpg





また登ってみたい。

一昨年富士山に登った。また機会があれば登ってみたい。






d0170615_18204157.jpg




明神峠。

三国山ハイキングコースは思っていたより、コースが長がかった。





d0170615_18205254.jpg






大洞山山頂。

山頂で5分程休憩をして直ぐに進みだす。





d0170615_18211407.jpg





樹間。

木々は葉を落として見通しは良い。時々反対側からの登山者とすれ違う。





d0170615_18212236.jpg




木の根。

登山道わきの木の根っこ、面白い格好、パチリ。





d0170615_18213065.jpg





標識。

三国峠方面に進む。




d0170615_18213716.jpg




富士山。

木々が葉を落としている。樹間から富士山を見ることが出来る。





d0170615_18214370.jpg



富士山。

樹間から富士山を眺めながら歩く至福の時間である。






d0170615_18215071.jpg



参加者。

今日参加された皆さんです。元気いっぱいです。







d0170615_18215608.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2018-01-09 19:25 | Comments(0)

忍野八海見学

2018年01月03日



松籟荘(しょうらいそう)。

三ツ峠山下山して今夜の宿泊先、忍野八海村松籟荘に午後4時ころ到着した。

夕食までまだ時間がるので希望者だけ忍野八海見学に出かけた。

民宿であるが、設備良し、食事良し、女将さん良し、正月登山にはこの民宿を

利用している。 宿泊代金は一泊二食税込み7300円。






d0170615_11335298.jpg




忍野八海。

希望者3人で見学に出かけた。ごご4時、風が少しありすごく寒い。






d0170615_11324138.jpg




川の畔を進む。

宿泊先の松籟荘から歩いて7~8分のところに忍野八海がある。





d0170615_11324807.jpg





伏流水。

忍野八海は富士山の伏流水が流れ出ているとのことである。






d0170615_11325517.jpg





多くの観光客。

お土産売場付近は多くの観光客でにぎわっていた。





d0170615_11330242.jpg









富士山。

忍野八海から富士山を見る。雪が少ない。







d0170615_11331676.jpg




日本名水百選。

忍野八海の水は日本名水百選に選ばれている。

飲んでみた、非常に美味しかった。







d0170615_11332303.jpg





モニュメント。

池のほとりに立派なモニュメントがあった。





d0170615_11333013.jpg





夕陽をあびる富士山。

忍野八海の見学を終了して富士山を見ながら帰ることにした。





d0170615_11334581.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2018-01-08 12:44 | Comments(0)

2018年01月07日

自宅から関市板取の21世紀の森・連帯の森公園駐車場まで行く道々には

雪が全然ない。

山には雪は積もっているだろうか?、ちょっと心配になってきた。

登山を開始して中腹辺りまでくると心配ご無用、登山道に雪が出てきた、

急登の場所でアイゼンを装着して登った。


自宅 7.15 ー 21世紀の森・連帯の森公園駐車場 8.35 ~ 8.50 ー 蕪山山頂

11.45 ~ 12.25 ー 21世紀の森・連帯の森公園駐車場 14.35 ~ 14.50 ー 自宅





21世紀の森・連帯の森公園駐車場。

今日は日曜日、登山者の車がもっと多いかなと思ったが意外に少なかった。

公園には雪は全然ない、この時期にしては珍しいのではないか?。




d0170615_20272052.jpg





株杉。

この公園から少し登って行くと株杉が多くみられる。

株杉を写しに来るカメラマンがかなり多く見掛ける。






d0170615_20275025.jpg





トレース。

今日は早く登った登山者が複数あり、登山道にはトレースが出来ていた。

後から登った私はラッセルが無く楽に歩くことが出来た。感謝、感謝。






d0170615_20281398.jpg





蕪山山頂。

山頂は360度の大展望、天気も良く、風もなし、

最高の時間を過ごすことが出来た。





d0170615_20280453.jpg




パノラマ。

山頂から白山、乗鞍岳、御嶽山などを望む。




d0170615_21033111.jpg





白山。

少しアップして望む。




d0170615_20281517.jpg




御岳山。

アップで望む。






d0170615_20282672.jpg





高賀山。

時々登る高賀山方面を見る。





d0170615_20283440.jpg





下山開始。

山頂で360度の展望を楽しみ、下山を開始した。

雪はたっぷりあり今日の目的、雪山登山を堪能することが出来た。





d0170615_20284230.jpg





21世紀の森。

公園に下山してきた、登山者はほとんどの人が下山してきた。

株杉の撮影、公園で遊ぶ親子ずれなどの車が多く有った。





d0170615_20285235.jpg




ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2018-01-07 22:12 | Comments(0)

2018年01月03日

中央自動車道一宮御坂インターチエンジを出る、国道137号を走り

新御坂トンネルを通過後直ぐ左折して道なりに進み三ツ峠登山口に向かう。

登山口駐車場は満杯状態、幸い一台だけスペースの空きがあった。

久しぶりの三ツ峠山登山、期待に胸が躍る。



登山口。

三つ峠山登山口。

登山口前に大きなわっぱ№の無い自動車が何台も止められていた、

後でわかったが、山荘に荷物を運ぶのに利用されている車だった。



d0170615_09485078.jpg



案内板。

登山口わきに設置されている。




d0170615_09490025.jpg




広い登山道。

天気は快晴、冷たい風が少し吹いている。





d0170615_09490825.jpg




凍り付いた登山道。

登山道は凍っている。滑らないように登山道のふちを歩く。





d0170615_09491619.jpg



三ツ峠山荘。

山頂手前のところにある山荘、ここで一休みする。






d0170615_09492727.jpg





パノラマ。

山荘手前から富士山をパチリ。富士山の雪は少なかった。




d0170615_09493426.jpg




展望。

山荘前から見るとこんな感じ、休憩場所を利用すと100円必要。





d0170615_09494281.jpg




今日の参加者。

三ツ峠山山頂、

天気は快晴、展望良し。

冷たい風が吹き猛烈に寒い。少しいて下山した。





d0170615_09494963.jpg



富士山。

山頂からパチリ。





d0170615_09495736.jpg





下山開始。

山頂から少し下ったところで建物の横で風を避けて昼食を取る。





d0170615_09500970.jpg




山頂。

下山途中振り返り山頂方面を見る、

多くの登山者が登っていたが寒くてすぐ下山をした。




d0170615_09502848.jpg




案内板。

三ツ峠山の説明書き。




d0170615_09503562.jpg




アイスクライミング。

谷川は凍りついている。

この少し下流でアイスクライミングを楽しんでいる人がいた。





d0170615_09504343.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2018-01-06 10:00 | Comments(0)

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山