2017年06月06日

堂山山頂で同じ時刻に登頂した男性二人組とお別れして下山を開始した。

厳しい岩場を登ってきた同じところを下り途中から鎧堰堤方面に下ってゆく。

登りは比較的安全であるが、岩場の下りは滑落の心配がある注意して下山してゆく。

縦走の下りは途中から天神川沿いに下ってゆく、鎧堰堤を過ぎると二筋の滝が出てきた

滝の名前は分からない。




パノラマ。 堂山山頂から琵琶湖方面を望む。琵琶湖はいつどこで見てもどんよりしていて

はっきり見ることが出来ない。


d0170615_12434454.jpg





山頂で十分展望を楽しみ下山を開始した。



d0170615_12440589.jpg





急な岩場を下る。



d0170615_12441517.jpg




良く滑る、ロープが頼りだ。



d0170615_12442634.jpg




急な岩場をクリアー。景観を楽しむ。





d0170615_12443670.jpg






まだまだ危険個所あった。




d0170615_12445340.jpg






堂山は低山だけど岩場が多く登りがいのある山だった。


d0170615_12450495.jpg





堂山山頂に向かう道と鎧堰堤に向かう道の分岐、これから別の尾根に向かう。




d0170615_12451570.jpg





別尾根から振り返りいま通過してきた方向を見る。



d0170615_12452699.jpg




パノラマ。堂山(左側)方面を望む。



d0170615_12453739.jpg





鎧ダム方向に進む。



d0170615_12454707.jpg





ツツジが少し咲いていた。


d0170615_12455840.jpg




鎧堰堤の上流。砂で埋まってしまっている、砂の上を進む。



d0170615_12461097.jpg





迎不動方面に進む。



d0170615_12462164.jpg




鎧堰堤の標識。



d0170615_12464027.jpg





鎧堰堤。長い時が立っているがびくともしていない。



d0170615_12465646.jpg





オランダ人、デ・レイケ氏の指導で作られた



d0170615_12475955.jpg




鎧堰堤を少し下ったところに滝があった。 滝の名前 鎧夫婦滝(風の便りがかってにつけた名前)。



d0170615_12471443.jpg




滝を見てからすぐ徒渉をする。



d0170615_12472746.jpg



下山してきた。田上公園に向かう。

標識の上に、行方不明者の方の写真があった。無事早く発見されると良いですね。



d0170615_12484195.jpg




国道を歩いていたら庭先にビワの木が有った。美味しそうな実が沢山なっていた。



d0170615_12485428.jpg


173.png178.png171.png178.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




# by noboru131215m | 2017-06-09 13:49 | Comments(0)

2017年06月06日

この堂山は低山であるが、山は岩稜の塊楽しく登ることが出来た。

登山道は中腹辺りあたりから岩場が続き足元もザレ場、よく滑る注意しながら登って行く。

登山道には標識がしかりあり道に迷うことはない。





田上公園の駐車場に車を止める。広い立派な駐車場である。


d0170615_19464361.jpg




湖南アルプス堂山付近のマップ。



d0170615_19465501.jpg





新宮神社の脇にある登山口に向かって新しく出来た国道を進む。




d0170615_19470563.jpg






庭先に咲くボトルブラッシュ。




d0170615_19471637.jpg




新宮神社、この奥に堂山の登山口がある。



d0170615_19472862.jpg






新宮神社から山に入り登って行く。



d0170615_19473826.jpg





標識が要所要所に設置されている。



d0170615_19474960.jpg





目の前の岩稜を見ながら進む。



d0170615_19480084.jpg





少し登って行くと急な岩場が出てきた。ロープを掴んで登って行く。




d0170615_19483600.jpg





深く掘れた登山道を登って行く。



d0170615_19484838.jpg




登山道から琵琶湖方面を望む。



d0170615_19490078.jpg




目の前に大きな岩場が出てきた。




d0170615_19491685.jpg




天気は良い、大きな岩が出てきた。




d0170615_19492837.jpg





パノラマ。登山道より望む。



d0170615_19494079.jpg





面白い形の岩が多く有った。



d0170615_19494917.jpg





登山道より望む。岩々の山である。




d0170615_19495957.jpg




急な岩場を登って行く。




d0170615_19500929.jpg





登山道より望む。



d0170615_19502031.jpg






大きな岩を登って行く。




d0170615_19502948.jpg





庭園のような場所を登って行く。



d0170615_19504552.jpg





湖南アルプス堂山山頂に到着した。今日の参加者です。



d0170615_19505768.jpg


173.png178.png171.png178.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




# by noboru131215m | 2017-06-08 21:27 | Comments(0)

2017年06月06日

山友のリクエストで長年の念願がかなって湖南アルプス堂山に登ることが出来た。

田上公園の駐車場に車を止めて登山開始した。

今日は縦走するため長い時間国道を歩いて新宮神社登山口まで行く。

この山は低山ではあるが岩場が沢山ありなかなか登りがいのある山で、それに展望も

琵琶湖方面などを望むことが出来最高の登山が出来た。




岐阜 6.00 ー 関IC ー 瀬田東IC ー 田上公園駐車場 8.25 ~ 8.40 ー 新宮神社登山口 10.00 ~ 10.10

ー 堂山山頂 11.30 ~ 12.20 ー 鎧堰堤 13.15 ~ 13.20 ー 田上公園駐車場 14.30 ~ 14.45 ー 岐阜




登山道より琵琶湖、大津市街方面を望む。


d0170615_09342152.jpg




登山口から樹林帯を抜け出したところで岩場が出てきた。

登山道は良く滑る砂地、注意しながら登って行く。



d0170615_09341151.jpg





この山は多くの岩があり間を登って行く。今日参加の皆さんです。



d0170615_09345738.jpg





登山道は岩、岩々の厳しい登山道を登って行く。



d0170615_09351986.jpg




狭い岩の間を降りてゆく、体が挟まったりザックが引っ掛かったりして大難航する。



d0170615_09354391.jpg




湖南アルプス堂山山頂が見えてきた。岩の間を慎重に登り山頂を目指した。





d0170615_09355529.jpg



173.png178.png171.png178.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



# by noboru131215m | 2017-06-07 10:09 | Comments(0)

我が家の庭にあるウツギの木が大きくなり、立派な花を咲かせている。





ウツギ。毎年選定して枝を小さくするが、選定に負けず大きく枝を伸ばしている。


d0170615_22133980.jpg






ウツギ、アップでパチリ。



d0170615_22135150.jpg





バラ。




d0170615_22140386.jpg





車庫の横で元気に咲くサツキ。



d0170615_22132241.jpg





サツキ。



d0170615_22131142.jpg


178.png169.png178.png169.png178.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
# by noboru131215m | 2017-06-06 22:22 | Comments(0)

2017年06月03日

大日ケ岳山頂は冷たい風が吹き食事を済ませて早々に下山を開始した。登山道はぬかるんでいて

急な下りは滑って危険、草や小さな木を掴んで下った。

天気は相変わらず晴れたり曇ったりであまり良くなかった。一人で山に登った時はほとんど

途中で休憩を取らない、下山してくると疲れがいっぺんに出る。





山頂より白山・別山方面を望む。


d0170615_18581608.jpg





パノラマ。これから下ってゆく方向を望む。



d0170615_18583627.jpg





コイワカガミ。


d0170615_18584518.jpg




この方向は雲が切れて青空が見える。



d0170615_18585642.jpg





d0170615_18590777.jpg





登山口のある檜峠方面を望む。



d0170615_18594088.jpg




登山道わきのムラサキヤシオツツジ。




d0170615_18594945.jpg





スキー場のゲレンデまで下山してきた。



d0170615_18595835.jpg





檜峠登山口駐車場まで下山。無事登山を終了した。



d0170615_19002927.jpg




檜峠を車で下る途中、桐の花を車を止めてパチリ。



d0170615_19003958.jpg


173.png178.png171.png178.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



# by noboru131215m | 2017-06-05 20:21 | Comments(0)

2017年06月03日

檜峠は急な登りでグネグネ曲がっている対向車も多く神経を使う。道路わきには綺麗なフジの花が

多く咲いていた。急坂で車を止めてパチリ。

登山口には広い駐車場があり早朝登ったであろう登山者の車が数台止めてあった。

登山口から少し林の中を登って行くとスキー場のゲレンデに出る、このゲレンデをどんどん登って行く。

ゴンドラ山頂駅横から本格的な登山道を登って行く、登山道わきのムラサキヤシオツツジがところどころ

咲いているがもう散ってしまった木もあった。コイワカガミは今がちょうど見ごろ多く可憐な花を

咲かせていた。イワナシはまだこれからであった。





檜峠に咲くフジの花。あまりにも見事であったので車を止めてパチリ。



d0170615_19130143.jpg





駐車場から少し進んだところ。今朝は空気が冷たい速足で歩き体を温める。



d0170615_19131524.jpg




ガマズミ。



d0170615_19133169.jpg





スキー場ゲレンデに出る、振り返り白鳥IC方面を眺める。



d0170615_19134251.jpg





スキー場ゲレンデを歩きながらゴンドラ山頂駅を見る。




d0170615_19135924.jpg





ゴンドラ山頂駅横の登山口を登って行く。




d0170615_19141127.jpg





d0170615_19142662.jpg





水後山山頂。ここまで登ってくるとなぜかホッとする。



d0170615_19143905.jpg





d0170615_19145064.jpg




鎌ケ峰方面を望む。天気は晴れたり曇ったりで安定しない。



d0170615_19150098.jpg





コイワカガミ。 山染めるピンクピンクのイワカガミ



d0170615_19151021.jpg




崖に咲くムラサキヤシオツツジ。



d0170615_19152004.jpg




鎌ケ峯山頂。360度の大展望、このコースの一番展望の良いところである。

早朝登った多くの登山者がどんどん下山してゆく。



d0170615_19153209.jpg





鎌ケ峯山頂付近より白山・別山方面を望む。



d0170615_19154355.jpg





ムラサキヤシオツツジ。



d0170615_19155457.jpg




振り返って鎌ケ峯方面を見る。



d0170615_19161947.jpg






d0170615_19163138.jpg




形の良い木、新緑も素晴らしい。


d0170615_19165344.jpg





木の間より白山・別山方面を見る。



d0170615_19170358.jpg





コイワカガミ。



d0170615_19171270.jpg




山頂に咲くムラサキヤシオツツジ。

d0170615_19173290.jpg




大日ケ岳山頂。風が強く少し寒い。



d0170615_19174113.jpg


173.png178.png171.png178.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



# by noboru131215m | 2017-06-04 21:11 | Comments(0)

今日は早朝から国道156号線を走り檜峠登山口を目指した。毎年この時季に大日ケ岳に登る。

花はムラサキヤシオツツジ・コイワカガミ・イワナシなどの花が綺麗に咲く、イワナシは

まだ芽が出たばかりのが多かった。

今日の天気は曇り時々晴れで山頂は風が吹き寒かった。これからは梅雨に入る、天候の急変などに

十分注意して登山を楽しみたいと思う。



自宅 6.00 ー 檜峠登山口 7.30 ~ 7.45 ー 水後山 9.20 ー 釜ケ峯 9.50 ー 大日ケ岳山頂 10.40 ~ 11.10 ー

檜峠登山口 13.15 ~ 13.30 ー 自宅





スキー場のゴンドラが動き出した。登山者も千円ほどで乗ることが出来る。



d0170615_19445585.jpg





登山道わきにはムラサキヤシオツツジがところどころで咲いていた。



d0170615_19450797.jpg






登山道から鎌ケ峯方面を望む。



d0170615_19451743.jpg





コイワカガミ、今が見頃であった。



d0170615_19452864.jpg





登山道から白山・別山方面を望む。雲がかかり全体が見えなかったのが残念であった。



d0170615_19453885.jpg





大日ケ岳山頂。昼食を取っていると沢山の登山者が登ってきた。



d0170615_19455291.jpg



173.png178.png171.png178.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




# by noboru131215m | 2017-06-03 20:15 | Comments(0)


2017年05月28日

何故か多くの登山者が四阿山から根子岳を登頂して下山するのに、私たちはその逆を行った。

特に不都合なことはなかった。

四阿山山頂からの下山は長い長い道のりであったが、登山道わきに咲く山桜を楽しみながらの

下山で楽しい山旅であった。

ただ下山途中の標識が沢山あり感謝ではあったが、同じ方向に進んでいるのに下山先の地名が

変わってくる、ちょっと違和感を感じた。





山頂にある社、登山の安全を感謝して下山を開始した。




d0170615_13431813.jpg





長い長い階段を下ってゆく。




d0170615_13433115.jpg





登山道より根子岳方面を望む。




d0170615_13434248.jpg





根子岳と四阿山の分岐、広場になっている。




d0170615_13440152.jpg





菅平方面に下ってゆく。




d0170615_13441395.jpg




日当たりの良い所に黄色の花が咲いていた。





d0170615_13442283.jpg




登山道より望む。




d0170615_13443225.jpg





ダボス牧場登山口方面に進む。




d0170615_13444162.jpg




中四阿まで下山してきた。




d0170615_13445063.jpg





中四阿山頂付近を下山してゆく。




d0170615_13445945.jpg





振り返ってみると浅間山の噴煙が激しく立ち登っていた。




d0170615_13451088.jpg





他の登山者と一緒に下ったりして進んでゆく。




d0170615_13452094.jpg





登山道わきには多くの山桜が出てきた、目を楽しませてくれる。





d0170615_13452999.jpg




アップでパチリ。




d0170615_13454038.jpg




この辺りはささに覆われて平坦な登山道である。




d0170615_13454965.jpg





山桜を見ながらの下山である。




d0170615_13455928.jpg



山桜。




d0170615_13461383.jpg




いま歩いてきた方向を振り帰ってみる。木々が芽を出しかけて少し赤みがかかっている。




d0170615_13462215.jpg




新緑&青い空。




d0170615_13463222.jpg





菅平牧場口方面に下ってゆく。




d0170615_13464354.jpg





谷川を渡る。新しい橋が架けられていた。広くて歩きやすかった。




d0170615_13465454.jpg




ムラサキヤシオ。菅平牧場手前付近に多く咲いていた。



d0170615_13470328.jpg





菅平牧場まで全員無事下山してきた。




d0170615_13471362.jpg




菅平牧場駐車場まで下山。売店でソフトクリームなど食べ帰宅の途についた。





d0170615_13472372.jpg


173.png178.png171.png178.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



# by noboru131215m | 2017-06-02 14:42 | Comments(0)

2017年05月28日

根子岳山頂で360度の展望を楽しみ四阿山山頂を目指して進む。

登山道の途中に大きな岩場などがありその陰には雪が少し残り滑落しないように注意して進む。

登山道北側からガスが出てきた、このガスは尾根を越えることはなくやがて晴れてきた。

四阿山の斜面を登りだすと登山道には多くの残雪があり滑り落ちないよう注意して登って行く。

尾根に出てもところによっては登山道に多くの雪があった。





根子岳山頂から北アルプス方面を望む。



d0170615_16533196.jpg




根子岳北側にはガスが多く出てきた。




d0170615_16535527.jpg





根子岳山頂で展望を十分楽しみ山頂を後にした。




d0170615_16543556.jpg





目の前に四阿山を見ながら笹原の中を進んでゆく。




d0170615_16544679.jpg





登山道わきの崖を滑落しないよう注意して進む。




d0170615_16545965.jpg





大きな岩の下を進む。



d0170615_16550901.jpg





登山道南側は快晴である。




d0170615_16551921.jpg




急な岩場を下ってゆく。





d0170615_16555455.jpg





途中の広場で休憩をする。四阿山から根子岳に向かう多くの登山者とすれ違う。

この辺りで北側の谷からガスが多く登ってきた。


d0170615_16561433.jpg





ガスが多くならないよう祈りながら進む。




d0170615_16562649.jpg





やがてガスも晴れて根子岳方面も良く見えるようになった。




d0170615_16563891.jpg





四阿山斜面の残雪を踏みしめて登って行く。




d0170615_16565887.jpg





登山道尾根から根子岳方面を望む。




d0170615_16570826.jpg





尾根にも多くの残雪があった。




d0170615_16572141.jpg




長い階段が出てきた。




d0170615_16573209.jpg





四阿山山頂はもうすぐ、頑張れ。




d0170615_16574453.jpg





四阿山山頂に到着した。




d0170615_16582791.jpg





山頂から噴煙を上げる浅間山を望む。




d0170615_16580407.jpg




今日参加の皆さんです。山頂にはたくさんの登山者が今日この日を楽しんでいた。





d0170615_16581463.jpg


173.png178.png171.png178.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



# by noboru131215m | 2017-06-01 17:43 | Comments(0)

2017年05月28日

宿泊先を7時に出発登山口に向かう、入り口で入山料一人200円を支払い駐車場に向かう。

第一駐車場はすでに沢山の車で満杯、第二駐車場に車を止める。

今日の天気予報は晴であった。根子岳山頂目指して登山を開始した天気は雲が出てあまり良くない。

登山道わきの山桜などを見ながら登って行く。中腹を過ぎると雲の上に出て真っ青な空が見えてきた。

目を転じれば雲海の上に北アルプスの山々が雪を頂いて帯状によく見えてきた。



宿泊先 7.00 ー 根子岳・四阿山登山口 7.20 ~ 7.40 ー 根子岳山頂 9.35 ~ 10.00 ー 四阿山山頂

12.05 ~ 12.50 ー 根子岳・四阿山登山口 15.45 ~ 16.10 ー 岐阜





宿泊先プラトウハヤシヤ。




d0170615_08210174.jpg




宿泊先の庭にいろいろな花が咲いていた。





d0170615_08211365.jpg





d0170615_08213679.jpg




d0170615_08212639.jpg





菅平牧場。根子岳・四阿山登山口駐車場。登山準備中。




d0170615_08214777.jpg





根子岳山頂を目指して登山を開始した。




d0170615_08220719.jpg





牧場の脇を登って行く。放牧はまだされていない。




d0170615_08221742.jpg





空はどんよりしている。空気はひんやりしている白樺林の中を登って行く。





d0170615_08222727.jpg





標識はしっかりしていて道迷いの心配はない。




d0170615_08223643.jpg





登山道わきには山さくらが多く咲いていた。




d0170615_08224862.jpg




中腹辺りまで登ってきた。雲の上に出て空は真っ青になった。





d0170615_08225938.jpg




オオカメノキ。




d0170615_08231121.jpg




根子岳は花の百名山。代表的な花はウメバチソウ。




d0170615_08232279.jpg






桜の白と青い空、よくマッチする。





d0170615_08233258.jpg





登山道から雲海と雪を頂いた北アルプスの山々が良く見える。





d0170615_08234210.jpg




根子岳山頂まであと少し。




d0170615_08235375.jpg




山の木々の芽吹きはこれからである。




d0170615_08240385.jpg




ショウジョウバカマ。




d0170615_08241568.jpg





雲海も少しづつ消えてゆく。





d0170615_08242542.jpg




根子岳山頂は360度の大パノラマ。天空からのパノラマを満喫する。




d0170615_08243346.jpg




根子岳山頂。今日の参加者です。




d0170615_08244386.jpg




173.png178.png171.png178.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



# by noboru131215m | 2017-05-31 10:02 | Comments(0)

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山