美ヶ原写真

2010年09月04日 土曜日

美ヶ原で写した花の写真掲載します

d0170615_8443582.jpg
d0170615_845684.jpg
d0170615_8453783.jpg
d0170615_84623.jpg
d0170615_8462416.jpg

# by noboru131215m | 2010-09-06 08:47 | Comments(0)

個人山行 美ヶ原 2,034.1M

2010年09月04日 土曜日

連日の暑さ続きで N.Hさんから涼しい山に行こうと リクエストが有り 美ヶ原に出かけました
三城いこいの広場の駐車場に車を置き 登山開始 百曲り登山道から塩くれ場(美ヶ原の牧場)を目指して登る 登山道は自然林に囲まれ爽やかな風が吹く 汗はあまり出ない 快適に登って行く 一時間五十分ほどで塩くれ場に到着 時間は少し早いが牛の沢山いる前で昼食 美しの塔に行き記念撮影 富士山がかすんではいますが目の前に見えています 美ヶ原パノラマコース(遊歩道)を歩きテレビ中継所のアンテナが立つ王が頭に行く ここからさらに王ケ鼻に向かう 途中で菰野集団の娘さん達と合う 足元を見ると足首まである 綺麗な靴 登山靴かな? ちょっと質問をしてみる 登山靴ではなく普通の靴だそうです 最近の山は若い人がふえ 華やかなファッション 随分華やかになりました 王ケ鼻まで行くと 多くの人が来ていました 穂高連峰 槍ヶ岳など見え素晴らしいながめでした 下山は王ケ頭ホテルの所から下りました 登山道脇には花も咲き 本格的な登山道で楽しく下山しました 帰りは駐車場から少し下った所にキャンプ場が有り そこに温泉が有りました 500円で入浴 帰宅しました

三城いこいの広場 9.00 ー 塩くれ場 ー 美しの塔 ー 王ケ頭 ー 王ケ鼻 ー 三城いこいの広場 15.00

駐車場から塩くれ場方面を望む
d0170615_9174325.jpg
d0170615_918171.jpg

塩くれ場 手前の崖を望む
d0170615_9184534.jpg

d0170615_9191448.jpg

塩くれ場(牧場の中に 牛に塩を与える場所です)
d0170615_9195169.jpg

今日の参加者 美しの塔
d0170615_9201673.jpg

富士山 霞んで見えました
d0170615_9211590.jpg
d0170615_9215075.jpg

d0170615_9221631.jpg

マツムシソウ 花のピークは過ぎていました
d0170615_9224623.jpg

d0170615_9231926.jpg

クジャクチョウ 今日はかなりの数 舞っていました
d0170615_9235234.jpg
d0170615_9242434.jpg

王ケ鼻手前で菰野軍団の皆さんと記念撮影 皆さん元気いっぱいです
コメント待っています
d0170615_9245793.jpg

霞んでいますが 王ケ鼻から穂高連峰&槍ヶ岳方面を望む
d0170615_9252296.jpg
d0170615_9255694.jpg
d0170615_9263014.jpg








   
# by noboru131215m | 2010-09-05 09:12 | Comments(2)

2010年09月02日  木曜日

久しぶりに明王山に行ってきました 朝から雲が多く 少し涼しそうでしたので出かけました
登山口駐車場にある売店もこの暑さで閑散としていました
雲が多いせいか歩いていたも一時の事を思うと今日は汗の出が少ないような気がします
明王山山頂に着く 日陰に入ると爽やかな風が吹いて 気持ちがいい 数人の男性がおしゃべりに
夢中で挨拶だけして昼食をする 今日は何時もの味ご飯を購入せず 自分で梅干し入りのおにぎり
を作り持参 味は? 食事をすませ猿啄城に向かう この登山道は雑木林の中を歩くのでさほど
暑くは有りません 猿啄城に着き 天守閣?に登る 何時もの素晴らしい眺め 写真を写し 
直ぐ引き返す 空模様があやしくなってきました 雲が多く出てきて今にも雷が鳴りそう
明王山山頂には寄らず 急いで駐車場まで引き返しました 

登山口 10.50 ー 明王山 ー 猿啄城 ー 明王山下 ー 登山口 14.30 

登山道脇にユリが咲いていました
d0170615_9131153.jpg

猿啄城 天守閣?から写す 木曽川と鳩吹山方面
d0170615_9134422.jpg
d0170615_9141123.jpg
d0170615_9143886.jpg
d0170615_915437.jpg

我が家の花です
d0170615_9153282.jpg
d0170615_9155724.jpg
    
  
# by noboru131215m | 2010-09-03 09:24 | Comments(0)

蔵出し写真

2010年08月31日 火曜日

御嶽山登山口少し手前で写す 雲海
d0170615_13125855.jpg

クジャクチョウです
d0170615_13133352.jpg

御嶽山中腹より望む
d0170615_13135817.jpg

中腹より望む
d0170615_13142549.jpg

剣ヶ峰です
d0170615_13145091.jpg

36童子お鉢めぐり中に見た風景です 
d0170615_13151988.jpg

36童子お鉢めぐり 危険な所です
d0170615_13154315.jpg
d0170615_13161180.jpg

二ノ池&雪渓です
d0170615_13163640.jpg

# by noboru131215m | 2010-08-31 13:31 | Comments(0)

2010年08月26日 木曜日

何時もの駐車場に6時15分到着 駐車場の御主人とは顔なじみ 朝から写真の話で長話し 今日も快晴 少し歩くと汗が噴き出してくる お茶を飲み汗を拭きながら登って行く 3合目までは登山者と一人も合わない こんな事は珍しい ススキも少し穂を出してきています 風は爽やか 少し秋らしくなってきました でも残暑厳しく暑い 汗が帽子のひさしからポタポタ落ちてくる 山頂近くまで来ると 秋の麒麟草 ワレモコウ イブキトリカブト サラシナショウマ等の花が咲いています 
山頂に着き 何時ものように かき氷を食べ お花畑を散策 7月中旬から8月始め頃の華やかな花は影をひそめ どちらかといえば地味な花が多い 2時間程山頂を散策下山しました この夏3回目の伊吹山登山でした

伊吹山登山口 6.45 ー 伊吹山山頂 9.30 ~ 11.30 ー 伊吹山登山口 14.20

一合目 今日はパラグライダーの練習は休み見たいです
d0170615_1032143.jpg
d0170615_10323514.jpg
d0170615_1033650.jpg

ススキも穂をだしてきました 少しづつ秋らしくなってゆきます
d0170615_10333420.jpg

六合目辺り 良く晴れています 風は爽やか でも日差しは強く暑い 暑い
d0170615_1034380.jpg
  
オオハナウド (花の名前は伊吹山お花畑植物ガイドを参照しています 見間違えもあるかも知れません 御容赦をお願いします)
d0170615_10343864.jpg

クルマバナ
d0170615_10351247.jpg
d0170615_103547100.jpg
d0170615_1036246.jpg
d0170615_103704.jpg
d0170615_10373342.jpg

イブキトリカブト
d0170615_1038271.jpg
d0170615_10383743.jpg

コイブキアザミ
d0170615_10391157.jpg

タムラソウ
d0170615_1039499.jpg

テンニンソウ&イブキトリカブト
d0170615_1040271.jpg

サラシナショウマ
d0170615_10405686.jpg

アキノキリンソウ
d0170615_10412658.jpg
d0170615_1042079.jpg

コオニユリ
d0170615_1042335.jpg

爽やかな 風にそよぐは ススキかな
d0170615_1043688.jpg

サラシナショウマ&ススキ
d0170615_10433838.jpg
d0170615_10441164.jpg

スカイライン駐車場
d0170615_10444292.jpg

ヤマホタルブクロ
d0170615_1045111.jpg

ワレモコウ
d0170615_10453953.jpg

d0170615_10461380.jpg
d0170615_10464815.jpg
d0170615_10471730.jpg







 
# by noboru131215m | 2010-08-27 10:29 | Comments(0)

2010年08月21日 土曜日

残暑お見舞い申し上げます

敦賀ICを下り 1時間程で三方石観音登山口に到着 参拝者用の駐車場で準備をしていると この近くの年配の人がそばに来て先日熊の親子が登山道に出たよと教えてくれました これはちょっと心配 鈴を付け 笛を吹きながら行く事にしました おしゃべりしていたため予定より少し遅れて出発三方石観音の境内を歩き登山口えと向かう 今日は快晴 無風 暑い 暑い このままでは途中でつぶれてしまう スパッツを外し足元を涼しくして歩く事にしました 左側に美しい三方五湖を見ながら進む 登山道は天然の木々に囲まれ足場も良く木陰の中を歩くのですが 風もなく この夏 一番の暑さです 全身汗びっしょりです 一山 二山 三山越えてもまだ山頂に着かない なんと遠い事何度も休憩を取りながらようやく山頂 記念撮影 食事 十分休憩を取り下山しました 幸いにも熊には遭遇しませんでした 帰りは近くのきららの湯に入りさっぱりして帰宅しました

三方口観音 7.45 ー 雲谷山山頂 11.20 ~ 12.10 ー 三方口観音 14.30 

三方口観音境内入り口です
d0170615_962688.jpg

マンモス? そう見えませんか
d0170615_971229.jpg

サルスベリ 
d0170615_98674.jpg

三方五湖です
d0170615_983913.jpg

三方五湖です
d0170615_99783.jpg

ブナ林の中を行く
d0170615_99414.jpg

山頂に設置されていました 看板です
d0170615_9101449.jpg

今日の参加者 3名です
d0170615_9105652.jpg

あまりの好天気のため霞んで見えます
d0170615_9113428.jpg

雲谷山方面を望む 今日は花が何も咲いていませんでした
d0170615_9121090.jpg

# by noboru131215m | 2010-08-22 09:04 | Comments(0)

俳 句

2010年08月20日 金曜日

何時も素晴らしい俳句を送って下さる M.Hさんから頂きました

提灯の 燭揺れる 盆の暮れ

夕立に 宿り葉迷う あげは蝶

鈴虫の 音色恋しい 蒸せる夜

寝付かれず 窓に差し込む 秋の月

蝉時雨 夕暮れ惜しみ 鳴き響き


d0170615_10234353.jpg
d0170615_10241299.jpg

# by noboru131215m | 2010-08-20 10:25 | Comments(0)

2010年08月18日 水曜日
高速道路が無料になった 安房トンネルを通り158号線に入り白骨温泉を目指す 途中 真っ青な空に 乗鞍岳がとても綺麗 車を止めてパチリ 他の車も車を止めて写していました 予定どをり白骨温泉に到着 有る程度調べて行きましたが登山口が全く分からない あちこちで聞いても分からない 観光案内所で聞いても分からない 仕方が無いのでどんどん車で奥の方面にゆき 昔からの旅館に飛び込み聞くと 若主人が出てきて教えてくれました 早速廃道になっているスーパー林道に入って行き広場に車を止める 登山口の看板は無し 見当をつけて歩きだしました 20分程歩いても山を巻いて歩くだけでこれはおかしい 入り口まで引き返す もう一本別の道が有り今度はその道を登る やがて十石山えの標識が出てきました 予定よりかなり時間が遅れている 帰りの時間も入れて明るいうちに下山できるよう 14時まで登り それでも山頂に着かないときは そこから引き返す事にして歩きだす 登山道はササは刈られていましたが 下はドロドロ 歩きにくい それでも何とか14時に山頂に到着 やれやれです 食事 記念写真 それに乗鞍岳の雄姿の写真を撮りたかったのですが山頂に着く直前にガスが掛かり残念ながら 写真を写す事が出来ませんでした

白骨温泉登山口 9.40 ー 十石山 14.00 ~ 14.20 ー 白骨温泉登山口 17.20 

車の中から乗鞍岳を写す
d0170615_11254076.jpg

今日の参加者です 十石山山頂
d0170615_11261259.jpg

登山道をかなり進んだ所にあった看板 看板はこのほかには有りませんでした 登るときは道迷いに注意が必要です
d0170615_1126498.jpg
d0170615_11272265.jpg
d0170615_11275192.jpg
d0170615_11282150.jpg
d0170615_11284933.jpg
d0170615_11291753.jpg
d0170615_11294910.jpg
d0170615_11302664.jpg
d0170615_1131996.jpg
d0170615_11314328.jpg

ライチョウの親子です
d0170615_11322345.jpg
d0170615_11325652.jpg
d0170615_11332828.jpg
d0170615_1134470.jpg
 
# by noboru131215m | 2010-08-19 11:23 | Comments(0)

2010年08月06日 ~ 10日
08月10日 火曜日
今日は最終日 太郎平小屋で早起き 4時45分外に出て周りの山をパチパチ写す 朝食を済ませ6時20分 お世話になった太郎平小屋を後にする 登ってくるときは雷と大雨 何も見えなかったが帰りは天気はまあまあで雄大な景色を見ながら下って行く これからお盆休みに入る人も多い事でしょう どんどん登山者が登ってきます すれ違いに案外時間を取られます 10時20分折立に下山しました 帰りは来たときとは別の線の有峰林道を通り富山県側に降りました 温泉郷 亀山温泉 白樺ハイツで入浴 そして昼食を済ませ 昼食中に天気が急変 豪雨となりました 関市に帰るまでたびたびの豪雨に合いました 全員怪我もなく無事帰宅 とても良い山行でした CL始め 皆さんに感謝 感謝 感謝です

早朝 小屋の前から山々を写す
d0170615_13325975.jpg
d0170615_13332245.jpg
d0170615_13334321.jpg
d0170615_1334457.jpg
d0170615_13343139.jpg

二泊した太郎平小屋 
d0170615_13352649.jpg
d0170615_13355210.jpg
d0170615_13361841.jpg
d0170615_13364655.jpg
d0170615_13371482.jpg

d0170615_1341534.jpg
d0170615_13413380.jpg
d0170615_1342359.jpg
d0170615_13423192.jpg
d0170615_1343620.jpg
d0170615_13433632.jpg
d0170615_1344496.jpg
d0170615_13443178.jpg
d0170615_1344583.jpg
d0170615_13452389.jpg

帰り白樺ハイツ前の道路に出てきた カモシカの親子です
d0170615_13454635.jpg
d0170615_13461228.jpg

# by noboru131215m | 2010-08-15 13:38 | Comments(0)

2010年08月06日 ~ 10日

08月09日 NO7の続きです 薬師沢小屋で暫く休憩をとり 08月07日通った道を戻る 登山道を歩いていて 時々振り返るとまたちがった感覚の景色を楽しもことが出来ます 今日の宿泊地 太郎平小屋近くまで来た所で CLが近くにある おまけに太郎山に登ろうとの提案 みんな06日に太郎平小屋に宿泊した時 目の前にあるあの山に登りたいと冗談で話していました 時間もあるし体力もあのくらいなら何とか登る事が出来るだろうと判断 登ることにしました 登り出すと大きな団体さんとすれ違う これからどこに行くのですかと心配そうな質問 実はこの道は 黒部五郎岳に通じています 山小屋も近くに無く 心配してこんな質問が出たのでしょう 25分程で山頂 おまけの山 太郎岳で記念撮影 すぐ下山しました

薬師沢小屋 12.00 ー 太郎平小屋 15.35


d0170615_14354296.jpg
d0170615_14362414.jpg
d0170615_14365929.jpg

沢山の花の写真を写していて このあたりの花 葉っぱのみずみずしさは 素晴らしいですね
水の豊富なせいかもしれませんが  
d0170615_14373034.jpg
d0170615_1438917.jpg
d0170615_14383750.jpg
d0170615_1439661.jpg
d0170615_14394044.jpg
d0170615_1440966.jpg
d0170615_1440441.jpg
d0170615_14411411.jpg
d0170615_14414187.jpg

風の便りです 何時もブログ愛読有り難うございます
d0170615_1442539.jpg

太郎平小屋前より薬師岳方面を望む  チングルマ 良くいらしたね 薬師岳
d0170615_14422475.jpg




 
# by noboru131215m | 2010-08-14 14:42 | Comments(0)

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山