2017年05月14日

荒島岳山頂で記念写真を撮り、昼食を済ませる。山頂にいる登山者もだんだん少なってきた。

私たちも下山を開始した。登ってくるとき登山道は水分を含んでドロドロであったが、

今はだいぶ乾いてきた少しは歩きやすくなっていた。

山頂近くにはトクカワソウ(イワウチワと違うところは葉の根元が切れ込んでいない)、カタクリ、

ショウジョウバカマ、イワナシなどの花が沢山咲いていて眺めながらの下山だあった。






下山開始する、急な下りロープを掴んで下ってゆく。




d0170615_19094923.jpg





トクカワソウ。




d0170615_19100084.jpg




トクカワソウの群生。




d0170615_19101328.jpg






タムシバの花、お疲れ様と話しかけているようだ。



d0170615_19102341.jpg





厳しい下りを慎重に進む。




d0170615_19103678.jpg




モチガ壁前でパチリ。右側の女性、荒島愛山会新会長の坂本会長です、YUKOさんの名前で皆さんに愛されています。

風の便りは左側です。いつもブログ風の便り、ご愛読ありがとうございます。




d0170615_19104635.jpg





モチガ壁付近で咲くシャクナゲ。




d0170615_19105618.jpg





帰りに天気が良くなったので小荒島岳に再度登った。荒島岳をバックに今日の参加者パチリ。




d0170615_19110827.jpg




オオカメノキ。




d0170615_19112099.jpg




花の名前?




d0170615_19112948.jpg



キクザキイチゲ。



d0170615_19114059.jpg





ネコノメソウ。





d0170615_19115940.jpg




ニリンソウ。中出登山口駐車場に下山してきたのが17時近くになり、荒島岳蕨生駐車場で行われていた

歓迎イベントに間に合わなかった。残念であった。




d0170615_19120976.jpg


173.png178.png171.png178.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



# by noboru131215m | 2017-05-17 19:34 | Comments(0)

2017年05月14日

荒島岳山開きは数年続けて参加しているが、人気の山で毎年参加者が多くなっていくような気がする。

この山開きは地域全体の人々が協力して盛り上げている。

駐車場はすでに満杯になりそうで皆さん朝が早い。途中すでに登頂を済ませ下山してくる人に

多く出会った。

天気は曇りガスがかかり展望は余りよくない、小荒島岳に登って絶景を楽しもうとしたがガスで

余り見えなくて残念であった。





中出登山口駐車場。広い駐車場で綺麗な水道、トイレもあり設備がそろっている。




d0170615_09252107.jpg





駐車場に設置されている登山マップ。




d0170615_09252973.jpg




駐車場から少し林道を登って行くと登山口がある。途中で何度も林道と交差する。




d0170615_09253694.jpg





登山道わきにはニリンソウの花が群生している。写真を写したりしてなかなか前に進まない。




d0170615_09254689.jpg




登山開始して間もなく沢山のイワウチハ(トクカワソウ)の花が咲いていた

こあたりはすでに峠を越した花が多かった。




d0170615_09255421.jpg



オオカメノキの花。




d0170615_09260258.jpg





例年だとこの辺りも残雪があるが、今年は全くなかった。




d0170615_09262179.jpg





モチガ壁のキツイ登り。昨夜の雨でぬれていたよく滑った。



d0170615_09262819.jpg





モチガ壁、登山道わきに咲くシャクナゲの花。



d0170615_09263769.jpg




ぬかるみに足を取られながら登って行く。




d0170615_09264688.jpg





曇り空ではあるが新緑が目に染みる。



d0170615_09265489.jpg




小荒島岳方面を振り返り見る。




d0170615_09270399.jpg




新芽か、花の芽?



d0170615_09271082.jpg




イワナシの花、小さくてかわいい花である。




d0170615_09271904.jpg



ショウジョウバカマ。




d0170615_09272654.jpg




カタクリの花。





d0170615_09273499.jpg





トクカワソウ。中腹より上のところに咲く花は見ごろであった。




d0170615_09274987.jpg




トクカワソウ。




d0170615_09280421.jpg



多くの登山者が下山してきた。


d0170615_09281284.jpg





ショウジョウバカマ。




d0170615_09282232.jpg




荒島岳山頂。記念撮影の仲間入りさせてもらう。




d0170615_09283080.jpg





13時ころ山頂にはまだ多くの登山者がいた。



d0170615_09283973.jpg




山頂から下山道方面を望む。登山道わきには残雪があった。天気は少し良くなってきた。




d0170615_09284787.jpg


173.png178.png171.png178.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



# by noboru131215m | 2017-05-16 10:14 | Comments(0)

2017年05月14日

今日は福井県大野市に聳える日本百名山荒島岳山開きに参加した。

大野市の荒島岳蕨生駐車場で山開きの神事が行われていた。

そこで登山手続きをして中出登山口駐車場に向かった。

広い駐車場はすでに満杯近かった。準備をして登山開始した。

登山道わきにはヤマブキ、ニリンソウ、イワウチハ、カタクリ、イワナシなどの

花々が出迎えてくれた。



岐阜 5.30 ー 関IC ~ 白鳥IC ー 中出登山口駐車場 7.30 ~ 7.45 ー 小荒島岳 10.20 ~ 10.25 ー

しゃくなげ平 10.55 ~ 11.05 ー 荒島岳山頂 12.15 ~ 13.10 ー 小荒島岳 14.50 ~ 15.00 ー

中出登山口駐車場 16.40 ~ 17.00 ー 岐阜





荒島岳蕨生駐車場で山開きの神事が行われていた。主催の荒島愛山会・蕨生区・大野市・警察・

消防など地域総出の山開きが行われていた。




d0170615_09282395.jpg




登山道わきにびしりと咲くニリンソウ。




d0170615_09283393.jpg




ブナ林の中を進んでゆく。





d0170615_09300860.jpg






もちが壁あたりにシャクナゲが咲いていた。




d0170615_09284122.jpg





イワウチワの花、沢山咲いていた。




d0170615_09285070.jpg




カタクリ。




d0170615_09285825.jpg




イワナシ。





d0170615_09290724.jpg




荒島岳山頂。きょうの参加者です。




d0170615_09291855.jpg





登山道わきの残雪。今年は登山道には残雪はなかった。




d0170615_09293190.jpg






下山途中、少し晴れてきた小荒島岳が陽を受けて浮かび上がってきた。




d0170615_09294048.jpg




下山途中再度小荒島岳に登り荒島岳方面を望む。





d0170615_09295230.jpg



173.png178.png171.png178.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



# by noboru131215m | 2017-05-15 10:06 | Comments(0)

2017年05月06日

金洞山山頂直下で景観を楽しみ、急な登山道を下り再び第四石門まで戻ってきた。

広場で昼食を済ませて大砲岩・天狗の評定に登った。

天狗の評定から見る景色はまた一段と見栄えがした。岩登りを楽しみお世話になった

ガイドの東雲館主人とここで別れた。

第四石門から中間道を進み途中の東屋まで行く、その先は登山道の崩壊で進入禁止、

ここからきんけい橋登山口に向かって下山した。





金洞山展望台から望む。



d0170615_10463283.jpg




金洞山ともお別れ、下山を開始した。




d0170615_10464423.jpg




下山は別ルート、かなり厳しい下りが続いた。




d0170615_10470508.jpg





再び第四石門に来た。ここで昼食を済ませて大砲岩、天狗の評定などの岩場に登った。




d0170615_10471288.jpg




日暮の景と呼ばれるところ。





d0170615_10472096.jpg





大砲岩下の岩壁を登る。




d0170615_10472867.jpg





大砲岩より望む。


d0170615_10473689.jpg






大砲岩に登る。




d0170615_10474435.jpg





大砲岩から天狗の評定を見る。簡単に行けそうだが行くのには勇気がいる。




d0170615_10475564.jpg




天狗の評定から望む。



d0170615_10480323.jpg




天狗の評定から望む。




d0170615_10481128.jpg




天狗の評定から望む。




d0170615_10481947.jpg



天狗の評定から望む。




d0170615_10482873.jpg




パノラマ。天狗の評定から見るとまた違った角度からの風景が見える。





d0170615_10483502.jpg



天狗の評定でパチリ。




d0170615_10484342.jpg




ガイドの東雲館主人さんにここまで案内してもらいお別れした。

中間道を東屋まで進む、そこから先は登山道崩壊通行止めのため、きんけい橋に下山した。




d0170615_10485257.jpg






妙義神社参道に表示してあった、登山道崩壊の張り紙。




d0170615_10492315.jpg




ミツバツツジが満開であった。




d0170615_10490005.jpg





この標識の有る東屋から、きんけい橋に向かって下山した。




d0170615_10490975.jpg




きんけい橋登山口まで下山した。東雲館主人の運転するマイクロバスでここまで迎えに来てもらった。

今回の登山は天気も恵まれ、東雲館主人のガイドで思いもよらに素晴らしい場所に案内してもらい

怪我もなく最高の登山が出来た。感謝、感謝です。






d0170615_10493348.jpg

173.png178.png171.png178.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



# by noboru131215m | 2017-05-13 11:38 | Comments(0)

2017年05月11日

大垣市時山のキャンプ場横に養殖場があり、係りの方に許可をもらい車を止める。

天気予報は快晴になり夏日で暑くなると報道していたが、車を降りろと風が吹き

寒い、慌てて一枚着る。

登山道は急登が続きなかなか大変だった。今まで何度か登っているがシャクナゲ咲く

時季には一度も登ってなくてようやく念願がかなった。



自宅 7.45 ー 関IC ー 関ケ原IC ー 時山バンガロー村 9.30 ~ 9.45 ー 烏帽子岳山頂

11.25 ~ 12.20 ー 時山バンガロー村 13.45 ~ 14.00 ー 自宅





天気は曇り。登山道より時山集落方面を望む。



d0170615_09164559.jpg






シキミの花。




d0170615_09165594.jpg




登山道には木の根っこが縦横無尽に走っている。このコースの登山道ははっきりしない

ところがある。下りはわかりにくい所があった。




d0170615_09170365.jpg




中腹を過ぎるとシャクナゲの木が沢山ある。花はところどころの木に咲いていた。





d0170615_09171984.jpg




シャクナゲの花を何枚か掲載します。





d0170615_09172777.jpg








d0170615_09173574.jpg






d0170615_09175388.jpg




イワカガミ、ところどころに咲いていた。




d0170615_09180100.jpg





烏帽子岳山頂。登ってくる途中5人と出会った。山頂では食事中、男一名、女一名登頂。






d0170615_09181006.jpg





昼食を済ませ時間があった、反対側の登山道を10分ほど下りシャクナゲを見てきた。

一か所固まって咲いていた。



d0170615_09182076.jpg






d0170615_09182836.jpg




下山途中一か所に固まってイワカガミが咲いていた。




d0170615_09183696.jpg




登山道を外れて、がさがさと山の中に入ってゆきパチリ。




d0170615_09184527.jpg






d0170615_09185377.jpg



登りの時は、昨夜の雨に打たれて元気がなかったが、帰りに見たときは花もシャンとしてきた。




d0170615_09190155.jpg







d0170615_09190922.jpg




新緑の中、山つつじが良く映える。




d0170615_09191732.jpg


178.png169.png178.png169.png178.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



# by noboru131215m | 2017-05-12 10:04 | Comments(0)

2017年05月06日

妙義山第一、二、三、四石門を登り、私たちの登る予定に入ってなかった金洞山山頂直下まで

東雲館の主人に案内してもらった。

どこを歩いても岩場ばかり、金洞山山頂に登る垂直の岩稜、鎖が50Mほどあり何人か登り

下りしていた。クライミングの世界である。




第四石門近くから見る、この景色は日暮の景、こう呼ばれているところです。




d0170615_18311866.jpg




怪峰星穴岳と呼ばれているところ。




d0170615_18312983.jpg





第四石門。向こうに見えるのは大砲岩。




d0170615_18313902.jpg




山桜が咲いている。




d0170615_18315232.jpg






見晴台まで来た。




d0170615_18320038.jpg




見晴らし台より望む。残念ながら岩の名前?


d0170615_18320916.jpg





パノラマ。岩の名前?



d0170615_18321960.jpg





展望台より望む。





d0170615_18325103.jpg




展望台から金洞山山頂直下まで登る。登山道わきに設置された看板。




d0170615_18330047.jpg




登山道わきに設置されている案内板。




d0170615_18331152.jpg





急な斜面を登って行く。





d0170615_18332120.jpg





大きな岩を乗り越えて登って行く。




d0170615_18332927.jpg





岩場が続く。




d0170615_18333859.jpg




大きな木の根っこ。びっくりだった。




d0170615_18334745.jpg





標識、どちらに進むのかな。




d0170615_18335712.jpg




登山道わきにミョウギコザクラが沢山咲いていた。残念ながら花の色が飛んでしまって

変な色になってしまった。




d0170615_18340779.jpg




山頂直下の見晴らしの良い所までもう少しである。崖を登る。




d0170615_18341433.jpg




金洞山山頂に登る垂直な岩壁、鎖は50Mほどある。登ってみたいが無理である。


d0170615_18342515.jpg



一番手前の人、今日ガイドしてくれた東雲館の主人。ありがとう感謝。




d0170615_18343730.jpg





今日の参加者。




d0170615_18344679.jpg


173.png178.png171.png178.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



# by noboru131215m | 2017-05-11 19:29 | Comments(0)

我が家の花 ヒューケラ

先日、妙義山に登り、帰りに道の駅みょうぎで購入した、ヒューケラ(ツボサンゴ)

色が鮮やかです。




ヒューケラ(ツボサンゴ)、安かったので一本購入した。



d0170615_09545013.jpg





d0170615_09545930.jpg



このツツジは毎年たくさんの花を咲かせる。




d0170615_09552005.jpg






d0170615_09551191.jpg






d0170615_09552959.jpg

178.png169.png178.png169.png178.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
# by noboru131215m | 2017-05-10 10:01 | Comments(0)

2017年05月06日

出発前の天気予報06日は雨模様であった。あさ目が覚めまず外を見る雲一つない青空である

ラッキー。

朝食を済ませ東雲館主人の運転するマイクロバスに乗って出発。妙義山の良く見える所で記念撮影

をして妙義公園駐車場に着く。

東雲館主人の案内で登山開始した。石門をくぐり順次厳しい岩場を進んでゆく。




宿泊先東雲館 8.00 ー 妙義公園駐車場 8.20 ~ 8.30 ー 石門群登山口 8.45 ~ 8.50 ー

第四石門 9.35 ー 見晴台 9.55 ~ 10.05 ー 金洞山山頂手前 10.45 ~ 11.00 ー 第四石門

11.40 ~ 12.15 ー 大砲岩 12.25 ~ 12.40 ー あずまや 13.30 ~ 13.35 ー きんけい橋

14.05 ~ 14.15 ー 東雲館 14.30 ~ 15.30 ー 美濃加茂市昭和村





05月05日 宿泊先東雲館、妙技神社参道脇にある。



d0170615_10082350.jpg





妙義神社山門前に広い駐車場がある。



d0170615_10083692.jpg




駐車場前から白雲山を望む。



d0170615_10090833.jpg





旅館前に写真が張り出してあった。旅館の主人はいろいろな特技がある。

カメラマン・登山ガイドはプロ。音響設備も素晴らしい。

旅館内には図書館、講義室などあり植物の講義などが行われている。

本人は自慢されないが、植物に関して博士、知識豊富であった。



d0170615_10092474.jpg




パノラマ。妙義するさと美術館駐車場から妙義山を見る。



d0170615_10094371.jpg




マイクロバスを止めてパチリ。今日の参加者です。




d0170615_10100267.jpg





妙義公園駐車場、妙義山をパチリ。




d0170615_10102135.jpg




妙義公園駐車場から石門群登山口に向かう。




d0170615_10104926.jpg




道路わきにヤマブキが沢山咲いていた。




d0170615_10103845.jpg





妙義山、石門群登山口、この岩山期待が膨らむ。



d0170615_10110403.jpg





第一石門を目指して進む。




d0170615_10112401.jpg





第一石門に着く、大きいな―。




d0170615_10121235.jpg





東雲館主人の案内でカニの横ばいを目指す。




d0170615_10122656.jpg




最初の難関、カニの横ばいを進む。




d0170615_10124011.jpg




第二石門前のたてばりを登る。




d0170615_10125761.jpg




段差が大きい、反動をつけて登る。




d0170615_10131340.jpg




狭い第二石門を通過してもっとも長い危険な下り。




d0170615_10132758.jpg




急な斜面のトラバース、慎重に進む。




d0170615_10134350.jpg




第三石門、ここは行き止まりここから引き返した。




d0170615_10135486.jpg





石門群案内図。わかりやすい地図である。



d0170615_10140683.jpg




第四石門に到着した。この後、金洞山山頂直下まで登る。




d0170615_10141904.jpg


173.png178.png171.png178.png179.png178.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



# by noboru131215m | 2017-05-09 11:19 | Comments(0)






2017年05月05日

今日はこどもの日、天気は快晴、中央道、上信越自動車道を走り荒船山登山口の内山峠を目指す。

ゴールデンウイークで高速道が混むのではないかと心配していたが、一度もラッシュに会うことなく

内山峠に到着した。

内山峠の駐車場はすでに満杯、道路脇も沢山の車が止めてあった、登山口からかなり離れた所に

駐車して登山を開始した。

この山は人気の山で今日も沢山の登山者が山頂を目指して登って行った。



昭和村駐車場 5.30 ー 美濃加茂IC ー 佐久南IC ー 内山峠登山口 10.30 ~ 10.50 ー トモ岩 12.30 ~ 13.15

ー 経塚山山頂(荒船山)14.00 ~ 14.15 ー 内山峠登山口 16.00 ~ 16.15 ー 妙義神社参道横、旅館東雲館

17.15 宿泊





上信越自動車道更埴JCT手前を走行中、雪山が目を楽しませてくれる。




d0170615_09154360.jpg





内山峠登山口。駐車場は満杯道路わきに車を止めた。




d0170615_10191403.jpg




荒船山登山道入口、遅く着いた登山者が多くいる、並んで登山を開始した。




d0170615_09161824.jpg




青い空とミツバツツジ。芽吹きの少ない山の中、よく目立つ。




d0170615_09162816.jpg





登山道より、憧れのトモ岩を見る。木々はまだ芽吹きをしていない。





d0170615_09163613.jpg




トモ岩を目指して急な登りを頑張って進む。




d0170615_09164434.jpg





大きなタムシバの木が有った。




d0170615_09165257.jpg





トモ岩に着いた。ちょうど昼時、沢山の登山者が昼食を楽しんでいた。




d0170615_09300324.jpg




トモ岩の上から眺める。




d0170615_09171422.jpg






パノラマ。好天に恵まれ至福の時間である。




d0170615_09172441.jpg





標識はしっかりしていて道に迷うことはなかった。




d0170615_09174945.jpg




トモ岩から経塚山山頂(荒船山)までは最後の登りを除き平坦な登山道が続く。




d0170615_09180016.jpg





経塚山山頂(荒船山)。今日の参加者です。木々の中で展望は余りよくなかった。




d0170615_09180937.jpg




スミレの花がところどころに咲いていた。



d0170615_09181975.jpg



無事内山峠登山口に下山、ここはネギで有名な下仁田町。




d0170615_09182731.jpg




今夜の宿泊先妙義神社近くに向かう途中、道路からトモ岩をパチリ。




d0170615_09183548.jpg





妙義神社参道横、東雲館に宿泊する。





d0170615_09184287.jpg



173.png178.png171.png178.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



# by noboru131215m | 2017-05-08 10:53 | Comments(0)

2017年05月05日~06日

連休を利用して荒船山・妙義山に登ってきた。天気は二日間とも良い日に恵まれて

快適な登山をすることが出来た。

5日の宿泊先は妙義神社の参道脇にある、旅館 東雲館にとまる。

東雲館の主人は妙義山を知り尽くした山の大ベテランでガイドもして見える、いろいろ

妙義山のコースなど伺っているうちに案内して頂く事になった。

私たちが予定してなかった金洞山方面に登った、登山道は厳しかったが景観の

良いところであった。




荒船山登山道からトモ岩方面を望む。


d0170615_09593390.jpg






東雲館ご主人、妙義山どこでも登れる装備で案内してもらった。宿泊者を荒船山・妙義山登山口まで

マイクロバスで送迎、時にはガイドも行って見える。

私たちは送迎バス代金、ガイド料は無料であった。感謝、感謝。

旅館は新しくはないが部屋は綺麗、食事は美味しい、生ビールは低料金で飲み放題であった。

おかみさん気さくな方で楽しく過ごすことが出来た。 (TEL 0274-73-2221)




d0170615_09595109.jpg




妙義山の金洞山山頂をバックにパチリ、今日の参加者です。



d0170615_09595938.jpg




大砲岩手前の垂直な崖を登る。




d0170615_10002295.jpg




大砲岩付近から望む。




d0170615_10001282.jpg




パノラマ。大砲岩付近から望む。




d0170615_10003450.jpg





ミツバツツジ、ヤマツツジ、ミョウギコザクラなどが咲いていて目を楽しませてくれた。




d0170615_10004172.jpg

173.png178.png171.png178.png179.png178.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



# by noboru131215m | 2017-05-07 10:48 | Comments(0)

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山