タグ:山梨県の山 ( 72 ) タグの人気記事

2017年08月26日

十二ケ岳山頂で記念撮影、登山口から抜いたり抜かれたりして登ってきたインドネシヤから

研修に来ている若い男性にシャッターを押してもらう。

山頂で少し休憩をして鬼ケ岳山頂を目指してスタートする。少し進んだところで雨がパラパラ

降り出した直ぐ止んだ。

また少しすると今度は本格的な雨?、ザックカバーを取り付けカッパの上だけ着る。

少しすると幸いにも雨は上がった。

登山道は岩場の急な登り下りが続き楽しみながらの登山が続く。





十二ケ岳山頂で少し休憩をして鬼ケ岳を目指して進みだす。



d0170615_09080551.jpg




急な岩場の下り、だんだん慣れてきた。



d0170615_09081526.jpg





この辺りで雨が少し降り出した、ザックカバーなど取り付けて岩場を登って行く。



d0170615_09082477.jpg



急な岩場を登る。幸いにも岩が濡れて滑ることはなかった。



d0170615_09083271.jpg




この山は縦走中左側に富士山がよく見えて素晴らしい景観を楽しむことが出来るが、

今日は雲に覆われて残念ながら何も見えない。下に西湖が見える。



d0170615_09084018.jpg



振り返り今乗り越えてきた山を見る。


d0170615_09084896.jpg




先導はいつも男性の K,T さんにお願いしている。みんなの息遣いを見ながらスピードを調整上手くリードを

してくれている。



d0170615_09085606.jpg




登山道わきの大きな岩の上で記念撮影。
d0170615_09090477.jpg



マルバダケブキ。



d0170615_09091640.jpg



ヤマハハコ。




d0170615_09092453.jpg



鬼ケ岳山頂に到着する。ここから根場民宿村に下山してゆく。




d0170615_09094119.jpg




大きな岩の上に登る。ご機嫌な皆さんです。



d0170615_09093396.jpg



鍵掛峠方面を望む。王冠・五湖山精進湖方面まで縦走する事ができる。



d0170615_09095736.jpg



根場民宿村に向けて下山を開始する。



d0170615_09094992.jpg



長い立派なハシゴが設置されている。



d0170615_09100443.jpg



梯子の登り下りは、ステップのところを持って転落を防ぐ。




d0170615_09101324.jpg



この山は急な登り下りが多く有る、ロープ、鎖が貼ってあり比較的安全に登山することが出来た。



d0170615_09102288.jpg




雪頭ケ岳、この辺りは富士山が綺麗に見える絶好の場所である。



d0170615_09103133.jpg



鬼ケ岳山頂から長い時間歩き全員怪我もなく無事下山してきた。あと10分ほどで根場民宿村に着く。

今夜の宿泊先民宿村の ふじさん 電話をかけてバス亭まだ迎えに来てもらった。

車が文化洞トンネル付近に止めてあり、そこまで民宿の主人の車で送ってもらった、

おおいに助かった。感謝、感謝。



d0170615_09104051.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-08-30 10:07 | Comments(0)

2017年08月26日

西湖湖畔の文化洞トンネル西側入り口手前を北方面に少し入ったところに無料駐車場がある。

駐車場には先に来た登山者の車が少しあった、この人気の山で土曜日なのに以外に少なく

ちょっと驚いた。

今日は夏休み最後の土曜日、西湖湖畔でキャンプなど楽しむ沢山の人々でにぎわいを見せていた。




西湖湖畔に車を止める、西湖の水量がかなり少なくなっていた。この辺りは雨が余り降らなかった

みたいである。

湖畔には多くの車があり親子ずれの人たちがキャンプなどを楽しんでいた。


d0170615_17221335.jpg



十二ケ岳登山口駐車場。土曜日なのに登山者の車が少なかった。



d0170615_17222316.jpg



登山を開始する。登り切ると毛無山山頂、急登が続きなかなかキツイ。



d0170615_17223133.jpg



登山道には標識があり道迷いの心配はあまりない。



d0170615_17224644.jpg



登山道わきには色々なキノコがあった。



d0170615_17225360.jpg



美味しそうなキノコ。


d0170615_17230230.jpg



毛無山山頂に到着する。



d0170615_17231277.jpg


今日の参加者です。雨の心配も少なくなりほっとする。



d0170615_17232161.jpg



一ケ岳から十二ケ岳の標識がある。尾根を十二登ると十二ケ岳山頂に着く。



d0170615_17233075.jpg



いよいよ厳しい登り下りが出てきた。



d0170615_17234829.jpg



途中で少し休憩をする。ガスが出ていて富士山など全然見えない。残念。




d0170615_17240041.jpg



厳しい崖を登る。



d0170615_17241118.jpg



こんな厳しい崖を何か所か下る。




d0170615_17242983.jpg



今回は安全のためにヘルメットを着用した。



d0170615_17250029.jpg



十二ケ岳最大の見せ場、吊り橋を渡る。渡り切るところの手すりが広くなっている、

手が届かずちょっと怖い。




d0170615_17261526.jpg



吊り橋を上から見る、谷はかなり深い。



d0170615_17262894.jpg



吊り橋を渡り切り崖を登る。



d0170615_17264660.jpg



岩場が続く、鎖を掴んで登る。



d0170615_17265745.jpg



いま通過してきた方向を振り返ってみる。



d0170615_17271619.jpg



十二ケ岳山頂に到着する。天気が良ければ後ろに富士山が見える。



d0170615_17272646.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-08-29 18:35 | Comments(0)

2017年08月26日~27日

登山日の天気が相変わらずはっきりしないが、思い切って出かけることにした。

十二ケ岳(じゅうにがたけ)・乾徳山(けんとくさん)は好きな山で、今回は山仲間の

リクエストで登ることにした。

民宿の主人の話によれば河口湖、西湖辺りは雨が余り降らず水量がかなり少なくなっている

とのことであった。日本列島は雨がふりすぎて困っているところが多いが、このような

地方があるとは意外な感じがした。



美濃加茂市昭和村 4.00 ー 美濃加茂IC ー 甲府南IC ー 十二ケ岳登山口 8.50 ~ 9.05 ー

毛無山山頂 10.50 ~ 11.00 ー 十二ケ岳山頂 13.40 ~ 13.50 ー 根場民宿村下山 17.15 ー

根場民宿村宿泊 ー(翌日、乾徳山登山)




西湖から雲の帽子をかぶった富士山を見る。



d0170615_11433312.jpg




十二ケ岳縦走中。西湖・富士山バックにパチリ。




d0170615_11434217.jpg



崖を下りと吊り橋が出てきた、揺れてちょっと怖い。



d0170615_11435132.jpg



吊り橋を渡ると急な崖の登りが待っていた。



d0170615_11440265.jpg



天気が少し悪くなってきた、ポツポツと雨が降って来たがすぐやんだ。



d0170615_11441047.jpg



27日 早朝に登山口駐車場に到着したがすでに満杯であった。臨時の駐車場に車を止める。

乾徳山登山開始した。



d0170615_11441900.jpg



中腹に差し掛かるとマルバダケブキ群生地があった。



d0170615_11443475.jpg




岩場に差し掛かる前にヘルメットを装着した。



d0170615_11444323.jpg



急な岩場を登って行く。




d0170615_11445139.jpg



髭剃り岩。太い人、細い人頑張ってこの隙間に入ってみる。向こう側は何かいいものが見えるかな?



d0170615_11450041.jpg



鳳岩、ここを登り切ると乾徳山山頂である。



d0170615_11450837.jpg



垂直の岩を懸命に登る。

d0170615_11453438.jpg



今日の参加者全員この鳳岩征服した。
d0170615_11454261.jpg





乾徳山山頂、今日の参加者です。


d0170615_12320673.jpg





173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-08-28 13:55 | Comments(0)

2017年06月11日

金峰山山頂で十分楽しんでいよいよ下山開始する。コースは登ってきたコースを引き返す。

かなり危険な岩場があり転倒や滑落を注意しながら下山してゆく。

帰り道も登山道わきのシャクナゲを十分楽しみながらの下山であった。





五丈岩前から山頂方面を望む。



d0170615_21010418.jpg




五丈岩の横を通過して下山を開始した。



d0170615_21011874.jpg





振り返り、雄大な五丈岩を眺める。



d0170615_21013091.jpg





昨日登った瑞牆山方面を見ながらの下山である。



d0170615_21014030.jpg





登山道わきの花、名前は?。



d0170615_21015027.jpg





山頂で沢山いた登山者も今は登山道にもほとんど姿が見えない。




d0170615_21020184.jpg





岩の間に目一杯花を開いている、イワカガミ。



d0170615_21022850.jpg





スパート切れ落ちた岩の横を通過する。



d0170615_21024122.jpg




大日岩近くに咲くシャクナゲの花。




d0170615_21025113.jpg



シャクナゲ。





d0170615_21030116.jpg




富士見平小屋まで下山してきた。



d0170615_21033244.jpg




瑞牆山荘前駐車場まで下山。沢山あった車もほとんど帰った後であった。




d0170615_21034246.jpg




車で帰る途中、車から降りて瑞牆山・金峰山方面を写す。



d0170615_21035259.jpg

173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
by noboru131215m | 2017-06-17 21:33 | Comments(0)

2017年06月11日

今日は金峰山(きんぷさん)の開山祭がある、神事は11時から行われるが間に合いそうにない。

瑞牆山荘前の登山口から昨日と同じように富士見平小屋に向かった。

富士見平小屋から金峰山山頂を目指して進む、少し進むとシャクナゲが登山道わきに咲いている。

蕾のものも少しはあるがほとんどの木が花を咲かせている、今がちょうど見ごろである。

予期せぬシャクナゲの花に見とれてなかなか前に進んで行かない。うれしい登山になった。



瑞牆山荘前登山口 6.40 ー 富士見平小屋 7.30 ~ 7.40 ー 大日岩 9.15 ~ 9.30 ー 砂払いノ頭 10.55 ~

11.00 ー 金峰山山頂 12.00 ~ 13.15 ー 富士見平小屋 16.25 ~ 16.30 ー 瑞牆山荘前登山口 17.00 ~

17.20 ー 岐阜




昨日の瑞牆山登山の疲れが少しある、最初は体が重くゆっくりと登って行く。



d0170615_20182381.jpg




富士見平小屋に着く、今日は予想に反して好天気である。



d0170615_20183637.jpg





富士見平小屋横から東方面に進んでゆく。



d0170615_20184809.jpg





冷たい空気を吸いながら急な登山道を登って行く。



d0170615_20190178.jpg





標識の大日小屋方面に進む。



d0170615_20191407.jpg




大日小屋は登山道の下にあり、うっかりすると見逃してしまいそう。




d0170615_20192826.jpg





大日岩方面に進む。



d0170615_20194819.jpg




登山道わきにシャクナゲの花が沢山咲いている。




d0170615_20202886.jpg




シャクナゲの花の中でパチリ、今日参加の皆さんです。




d0170615_20204051.jpg





シャクナゲ。蕾が生き生きとしている。



d0170615_20205876.jpg




シャクナゲの花をご覧ください。



d0170615_20211033.jpg





d0170615_20212171.jpg






d0170615_20213466.jpg





d0170615_20214578.jpg





d0170615_20215586.jpg




d0170615_20224071.jpg




イワカガミ。


d0170615_20221733.jpg



大日岩。




d0170615_20220523.jpg




大日岩前でパチリ、今日の参加者です。天気良好最高の登山日和。


d0170615_20225081.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




by noboru131215m | 2017-06-14 21:28 | Comments(0)

2017年06月10日

瑞牆山登山口を目指して車を走らせる。登山口に到着、駐車場、道路わきは車・車で満杯。

登山口からかなり遠くまで行き道路わきに止める。

今夜の宿泊先は登山口すぐ前の瑞牆山荘、昨日予約するとき到着次第宿泊の手続きをして

欲しいとのことで手続きを済ませる。



岐阜 5.00 ー 美濃加茂IC ー 須玉IC ー 瑞牆山登山口 9.20 ~ 9.50 ー 富士見平小屋 10.35 ~ 10.45 ー

瑞牆山山頂 12.50 ~ 13.50 ー 瑞牆山登山口 16.10 ー 瑞牆山荘宿泊





瑞牆山登山口。駐車場、道路脇も車で満杯、ここからかなり先まで行き駐車した。


d0170615_12584889.jpg




瑞牆山荘。天候予報が雨模様であったので多くのキャンセルがあったみたいであった。



d0170615_12583587.jpg





雪も消え新緑がまぶしい中を登って行く。



d0170615_12585808.jpg




標識はしっかりあった。富士見平方面に登って行く。



d0170615_12590868.jpg




富士見平小屋まで登ってきた。



d0170615_12591939.jpg





富士見平小屋。アイスコーヒー1,000円と書いてあった、びっくりした。



d0170615_12592920.jpg




富士見平小屋前にはテントが沢山張られていた。



d0170615_12594042.jpg





登山道より瑞牆山、オオヤスリイワを見る。



d0170615_12594901.jpg





登山道わきに咲くシャクナゲ。



d0170615_13000167.jpg




水の流れていない沢を渡ってゆく。



d0170615_13001642.jpg



急な岩場を登って行く。




d0170615_13002810.jpg





登山道わきには多くのシャクナゲの花が咲き目お楽しませてくれる。




d0170615_13003779.jpg





シャクナゲの花に見もまれながら岩場を登って行く。



d0170615_13004811.jpg





だんだん岩場も厳しさを増してきた。



d0170615_13010188.jpg





厳しい岩場を登りながら、シャクナゲの花を楽しむ。



d0170615_13012714.jpg





真っ青な空とオオヤスリイワを見る。




d0170615_13015162.jpg





思い切り花びらを開いたイワカガミ。他の山に咲くイワカガミと感じが少し違うような気がする。



d0170615_13020156.jpg





この付近は傾斜がきつく登るのに体力を要した。




d0170615_13021405.jpg





オオヤスリイワを見る。


d0170615_13032584.jpg




多くの登山者とすれ違う。




d0170615_13024595.jpg





山頂近くまで登ってきた。



d0170615_13034173.jpg



瑞牆山山頂。今日の参加者です。


d0170615_13035466.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-06-13 15:01 | Comments(0)

2017年06月10日~11日

登山少し前の日まで天気予報は雨模様、登山を中止しようかなと迷っていた。

二日前に天気予報が晴れに変わった。宿泊予定先に予約を入れるとすでに満杯、残念。

別の山荘に予約を入れて出かけた。

幸い二日間とも天気に恵まれ楽しい登山をすることが出来た。

この登山で予想もしてなかったシャクナゲの花が見ごろを向かえていた。

ラッキーな登山が出来た。





06月10日 土曜日、瑞牆山 (2,230.4M) に登る。

瑞牆山山頂よりオオヤスリイワを望む。中段の岩の上にロッククライミングを行っている

人影が見える。


d0170615_11123664.jpg




パノラマ。瑞牆山山頂より金峰山方面を望む。




d0170615_11125506.jpg





瑞牆山山頂で昼食を一緒にした埼玉から来られた、K、Kさん(右から3人目)です。

お世話になりましたありがとう。



d0170615_11130889.jpg






オオヤスリイワの下あたりに咲いていた、イワカガミ。



d0170615_11132407.jpg






06月12 日曜日、金峰山 (2,599M)に登る.

金峰山中腹から登山道わきにシャクナゲの花が満開だった。



d0170615_11135673.jpg





ちょうど見ごろを向かえてぃた。



d0170615_11140757.jpg




早朝、金峰山に向かう登山道ですれ違う。風の便りさん、声をかけられる、

以前どこかの山でお会いしたことのある方でカコカワさん?。

私は忘れてしまっていましたが、風の便りをいつも見ていただいているとのこと

ありがとうございます。昨夜遅く帰宅していつお会いしたか調べましたがわかりませんでした。




d0170615_11134104.jpg





登山道より昨日登った瑞牆山方面を望む。



d0170615_11142227.jpg




山頂手前より金峰山五丈岩を望む。



d0170615_11143988.jpg





今日は金峰山開山祭が11時から行われた。わがグループは12時に登頂した。

神事も終わり歓迎の幕もかたずけるところ、お願いして今日の参加者全員でパチリ。

開山祭の記念としてバンダナを頂いた。感謝、感謝。




d0170615_11144961.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-06-12 11:48 | Comments(0)


2017年01月29日

忍野八海近くの民宿から山中湖畔を通り今倉山登山口の道坂隧道に着く。登山準備をして

出かけようとしたが何か変、隧道脇の登山道がないどうしてだろうか、よく地図を見たら

どうも反対側の入り口みたい。

車を走らせ反対側に行くとやはり登山道がありこれから登山する登山者が多くいた。

今日の登山予定は今倉山・赤岩・二十六夜山往復の予定であるが登山開始の遅れ

そして雪もあり行けるところまで行って引き返すことにした。



忍野八海宿舎 7.30 ー 道坂隧道登山口 9.00 ~ 9.15 ー 今倉山山頂 10.40 ~ 10.50 ー 西峰

11.00 ~ 11.40 ー 今倉山 12.00 ~ 12.05 ー 道坂隧道登山口 13.00 ~ 13.30 ー 関市





パノラマ。今倉山に向かう途中車の中から山中湖&富士山を写す。



d0170615_18294457.jpg




道の駅 どうしに立ち寄る、早朝のためまだ営業はしていなかった。




d0170615_18295323.jpg





道の駅どうし から山のぐねぐねの国道を登りようやく道坂隧道に着く、別の車も沢山あり

登山準備をして出かけようとしたが、コンパスで今倉山の方向を見るとどうもこの登山口は変だ。





d0170615_18300964.jpg





登山口がない左側の林道を進んで行ったがすぐ行き止まり、

御正体山登山口があった、引き返し地図を見直し反対側の入り口に行った。



d0170615_18300137.jpg





やはり反対側の入り口に登山口があった。



d0170615_18302784.jpg





今倉山案内図。わかりやすい地図であった。御正体山は今倉山の反対側に位置している。




d0170615_18303414.jpg




登りはじめは雪もなく歩きやすかったが、少し登ると雪があった。アイゼンなしで登って行った。




d0170615_18304268.jpg





今倉山山頂、今日の参加者。




d0170615_18305073.jpg




今倉山山頂から少し進んだところで予定時間が来た。ここで昼食を済ませて下山した。




d0170615_18310025.jpg




帰りはアイゼンを装着した。



d0170615_18311159.jpg





登山口まで下山、登るときは気が付かなったが鎌倉があった、中に入ってパチリ。

風のたよりです、いつもご愛読あるがとうございます。



d0170615_18312366.jpg





帰り高速道路で車の中から富士山をパチリ。二日間楽しませてもらいました、ありがとう。




d0170615_18313419.jpg


003.gif056.gif016.gif056.gif058.gif056.gif


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-02-05 19:20 | Comments(0)

2017年01月28日

足和田山山頂で景観を楽しみ下山を開始した、少し東側に進み南側の大田和に下山をした。

大田和から紅葉台登山口までは国道を歩いて帰る予定であるがかなりの時間がかかる。

バス停で時間を調べたがやはりこの時間のバスはなかった、予定通り歩いて帰ることにした。





下山を開始して少し進むとこの標識、ここから大田和まで下山した。



d0170615_18510465.jpg





下山中樹間から富士山を眺めながらの下山であった。



d0170615_18511437.jpg




バス停でバスの時間を調べたがやはり午後の便はなかった。この辺りはバス停が道路の片側しかない?。




d0170615_18512318.jpg





国道を歩き富士山を眺めながら紅葉台駐車場に急ぐ。




d0170615_18514384.jpg





帰る途中、道の駅なるさわに立ち寄り休憩をする。



d0170615_18532010.jpg




道の駅なるさわ、休憩室から目の前に富士山が見られる。至福の時間である。



d0170615_18515487.jpg





紅葉台駐車場まで帰ってきた。今日は一日中快晴に恵まれ無事登山は終了した。





d0170615_18522576.jpg




足和田山登山を終了して、忍野八海近くの宿泊に移動、荷物を置いて忍野八海を見学した。

相変わらず外国の方が多かった。




d0170615_18523971.jpg

003.gif056.gif016.gif056.gif058.gif056.gif


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-02-02 19:02 | Comments(0)

2017年01月28日

関市と美濃加茂市で参加者が合流して出かける。中央自動車道を走っていて周りの山々を見ると

例年に比べ積雪が少ないような気がする。

天気は快晴車の中から目の前の富士山を見ながらの走行、雪の富士山はいつ見ても見とれてしまう。

五時間かけて紅葉台登山口に着く、駐車場には大型バスが一台止まっていた。




岐阜県関市 5.30 ー 美濃加茂IC ー 甲府南IC ー 紅葉台入口駐車場 10.30 ~ 10.45 ー 三湖台 11.40 ~ 12.10

ー 足和田山山頂 13.15 ~ 13.50 ー 大田和下山 14.50 ~ 14.55 ー 国道を歩く ー 紅葉台入口駐車場 16.35 ~

16.50 ー 忍野八海宿泊先 17.30




       紅葉台入口駐車場、雪が少しあった。バスが一台止まっていた、

       たぶん縦走してくる登山者を待っているのだと思う。


d0170615_17472720.jpg




駐車場のすぐ前に木曽馬牧場がある。馬が数頭おり乗馬ができるようになっている。




d0170615_17473738.jpg




駐車場から少し登り尾根に出る、樹間からの眺めが良い。 




d0170615_17474584.jpg




途中で沢山の登山者が休憩をしていた、たぶんバスできた皆さんだと思う。


d0170615_17475436.jpg




先ほどのバスの登山者と交流して、三湖台を目指して進む。




d0170615_17481299.jpg




三湖台から振り返り富士山を望む。




d0170615_17482164.jpg



パノラマ。三湖台から眼下の西湖を望む。




d0170615_17480536.jpg




三湖台で記念撮影、今日の参加者。富士山まで飛んでいきたい気分。




d0170615_17483093.jpg



標識が各所にあり天気が良ければ道に迷うことは少ない。

五湖台(足和田山山頂)方面に進む。




d0170615_17485019.jpg



雪は10セントほどあるがアイゼンなしで歩く。




d0170615_17490053.jpg


足和田山山頂付近から西湖を望む。前の山々は12ケ岳である。



d0170615_17491101.jpg



山頂より河口湖を望む。




d0170615_17492291.jpg


山頂より富士山を望む。



d0170615_17493194.jpg



今日の参加者。足和田山山頂にて。




d0170615_17494773.jpg


003.gif056.gif016.gif056.gif058.gif056.gif


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




by noboru131215m | 2017-01-31 18:53 | Comments(0)

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山