タグ:滋賀県の山 ( 144 ) タグの人気記事

2017年06月24日

落ケ滝・天狗岩・耳岩・竜王山を経由して下山を開始した。

雄大な滝を見学、そして大きな岩場を登り楽しみ最後に竜王山登頂を果たして

今日の登山を締めくくった。




竜王山山頂は展望がなく記念写真をして下山を開始した。


d0170615_19293532.jpg





狛坂摩崖仏(こまさかまがいぶつ)方面に下る。



d0170615_19292363.jpg




登山道わきに大きな重ね岩。自然にできた岩だが不思議だな。



d0170615_19294496.jpg




登山道から天狗岩方面を見る。
d0170615_19295627.jpg




標識にレスキュウポイントの標識が付けてある。何かあった時役に立つ、感謝、感謝。




d0170615_19300761.jpg



登山道にまた大きな岩が出てきた。この山は低山ではあるが多くの岩があり

楽しい登山が出来た。



d0170615_19302144.jpg





大きな岩の間を通過する。



d0170615_19303271.jpg




崖を慎重に下ってゆく。



d0170615_19304251.jpg




山の中腹に狛坂摩崖仏があった。




d0170615_19305575.jpg




狛坂摩崖仏の説明書き。



d0170615_19310550.jpg




狛坂摩崖仏前で少し休憩をして下山を続けた。崖の下を通過する。



d0170615_19312123.jpg




林道まで下山、野イチゴが沢山あった。甘くておいしかった。



d0170615_19313201.jpg





ハギの花。


d0170615_19314502.jpg




逆さ観音。昔々山の上から落ちてきて逆になってしまった。



d0170615_19315595.jpg





逆さ観音の説明書き。


d0170615_19320719.jpg




林道わきのOKサインを出してくれている木。



d0170615_19321884.jpg





駐車場手前の川で多くのフアミリーが川遊びを楽しんでいた。



d0170615_19324064.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-06-30 20:31 | Comments(0)


2017年06月24日

天狗岩頂上で景観を楽しみ次の目的地耳岩を目指して進む。耳岩に着きちょうど昼時、昼食を取る。

ここは通り道今まで途中で顔を合わせて仲良くなった人達も多く通過していった。

耳岩に登ったりして時間を過ごし金勝アルプス主峰、竜王山を目指して出発する。




             天狗岩山頂より望む。岩場登りと展望を楽しみ次の耳岩に向かって進む。



d0170615_20413002.jpg





所々に標識があり進む方向がはきりして安心である。耳岩方面に進む。



d0170615_20420146.jpg




登山道わきに可愛い咲きかけの花があった。名前は?





d0170615_20421066.jpg





いま登ってきた天狗岩方面を見る。



d0170615_20422083.jpg





登山道わきに立っている面白い姿の岩。



d0170615_20423065.jpg





耳岩に着く、ここで昼食を済ませた。




d0170615_20424190.jpg




ベンチで昼食を取っていたら目の前にアマどころの花が咲いていた。



d0170615_20430206.jpg





昼食を済ませて進む、こんな大きな岩の間を通ってゆく。




d0170615_20431314.jpg





白石峰分岐にある案内板。行き先多く有り初めてだとどこに行っていいか迷いそう。

竜王山方面に向かう。




d0170615_20432424.jpg




行き先案内板の横にこの地図があった。




d0170615_20433971.jpg






ユリの花が咲いていた。



d0170615_20435179.jpg





ツツジの花が少し残って咲いていた。




d0170615_20440599.jpg




白石峰の分岐を過ぎると岩場はない地道が続く。




d0170615_20441739.jpg




とこどころにツツジの花が少しだけ咲いている。




d0170615_20443306.jpg




竜王山山頂。今日参加の皆さんです。




d0170615_20444361.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-06-27 21:25 | Comments(0)

2017年06月24日

金勝アルプスに登るのは二回目である。今回は前回と反対側の落ケ滝方面から登った。

登山道はシダの多く茂った雑木林の中を歩き、谷沿いや岩場を進む飽きの来ない

楽しいコースであった。

天狗岩あたりまでくると多くの登山者が登ってきていた、中には本格的なお茶を立てて

楽しんでいる女性グループもあった。




今日は比較的朝早く着いた。広い駐車場の片側はまだ車が少なかった。


d0170615_17355867.jpg





駐車場から林道を東の方向に少し進んだところに登山道入り口があった。




d0170615_17361033.jpg



登山道は谷川沿いにシダが多く茂り柔らかい雰囲気の中を進む。




d0170615_17362581.jpg




標識は要所要所に設置されていてわかりやすい。落ケ滝方面に進む。



d0170615_17363505.jpg





駐車場から30分ほどで落ケ滝近くまで進んできた。



d0170615_17364627.jpg




落ケ滝に着く。この滝は人気があり入れ替わり立ち代わり多くの登山者が訪れていた。



d0170615_17365762.jpg




落ケ滝上流付近を進んでゆく。岩場があり滑らないよう注意して進む。



d0170615_17370944.jpg



なごりのツツジが咲いていた。



d0170615_17372185.jpg




天狗岩、耳岩方面に進む。




d0170615_17373650.jpg




くちなしの花がいい香りを放っていた。



d0170615_17374683.jpg





所々岩場が出てくる。



d0170615_17375774.jpg




北峰出会。鶏冠山方面にも行けるが、今日は時間の関係でパスした。



d0170615_17381173.jpg




登山道が大きく掘れていた歩きにくい。



d0170615_17382241.jpg



大きな岩場が出てきた。


d0170615_17383791.jpg




大きなとがった岩に立つ。ちょっと危険なところ。



d0170615_17385445.jpg




大きな岩場がところどころにあり、登山者が思い思いのところに登っている。


d0170615_17390590.jpg



琵琶湖方面を望むがガスってよく見えない。




d0170615_17391607.jpg





目の前に大きな岩が出てきた、登れるかな?



d0170615_17392943.jpg




登山道より天狗岩方面を望む。


d0170615_17393937.jpg





天狗岩の良く見えるところで記念撮影。今日の参加者です。



d0170615_19192342.jpg



天狗岩の下まで来た。



d0170615_17395871.jpg




天狗岩山頂より望む。



d0170615_17401094.jpg

173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-06-26 19:25 | Comments(0)

2017年06月24日

今日は24日~25日の予定で別の山に登る予定であったが、25日が雨模様で急遽行き先変更した。

金勝アルプスは金鶏山・竜王山などを経由してぐるりと回るコースで低山ではあるが大きな岩が多く有り

人気の山である。

今日も沢山の登山者でにぎわっていた。




岐阜 6.00 ー 金勝アルプス登山口駐車場 8.15 ~ 8.30 ー 落ケ滝 9.50 ~ 9.15 ー 天狗岩 10.50 ~ 11.10 ー

耳岩 11.30 ~ 12.10 ー 竜王山 12.50 ~ 13.00 ー 金勝アルプス登山口駐車場 15.25 ~ 15.40 ー 岐阜




金勝アルプス登山口駐車場から林道を少し進み登山道に入る。シダの中を進む。


d0170615_10571473.jpg




今日の登山の見どころの一つ落ケ滝、水量もかなりあり見ごたえがあった。


d0170615_10572785.jpg






今日参加の皆さんです。岩場の下でパチリ。


d0170615_10574066.jpg






天狗岩山頂より望む。


d0170615_10575875.jpg





パノラマ。天狗岩方面を望む。


d0170615_10580973.jpg




天狗岩方面を望む。今日は天気を心配していたが幸い晴れ間が多くなってきた。



d0170615_10581876.jpg





耳岩の頂上に登る。天気も良くなり爽やかな風に吹かれて気分爽快。




d0170615_10582828.jpg




登山道わきにヤマユリが一輪咲いていた。



d0170615_10584081.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-06-25 11:34 | Comments(0)



2017年06月06日

堂山山頂で同じ時刻に登頂した男性二人組とお別れして下山を開始した。

厳しい岩場を登ってきた同じところを下り途中から鎧堰堤方面に下ってゆく。

登りは比較的安全であるが、岩場の下りは滑落の心配がある注意して下山してゆく。

縦走の下りは途中から天神川沿いに下ってゆく、鎧堰堤を過ぎると二筋の滝が出てきた

滝の名前は分からない。




パノラマ。 堂山山頂から琵琶湖方面を望む。琵琶湖はいつどこで見てもどんよりしていて

はっきり見ることが出来ない。


d0170615_12434454.jpg





山頂で十分展望を楽しみ下山を開始した。



d0170615_12440589.jpg





急な岩場を下る。



d0170615_12441517.jpg




良く滑る、ロープが頼りだ。



d0170615_12442634.jpg




急な岩場をクリアー。景観を楽しむ。





d0170615_12443670.jpg






まだまだ危険個所あった。




d0170615_12445340.jpg






堂山は低山だけど岩場が多く登りがいのある山だった。


d0170615_12450495.jpg





堂山山頂に向かう道と鎧堰堤に向かう道の分岐、これから別の尾根に向かう。




d0170615_12451570.jpg





別尾根から振り返りいま通過してきた方向を見る。



d0170615_12452699.jpg




パノラマ。堂山(左側)方面を望む。



d0170615_12453739.jpg





鎧ダム方向に進む。



d0170615_12454707.jpg





ツツジが少し咲いていた。


d0170615_12455840.jpg




鎧堰堤の上流。砂で埋まってしまっている、砂の上を進む。



d0170615_12461097.jpg





迎不動方面に進む。



d0170615_12462164.jpg




鎧堰堤の標識。



d0170615_12464027.jpg





鎧堰堤。長い時が立っているがびくともしていない。



d0170615_12465646.jpg





オランダ人、デ・レイケ氏の指導で作られた



d0170615_12475955.jpg




鎧堰堤を少し下ったところに滝があった。 滝の名前 鎧夫婦滝(風の便りがかってにつけた名前)。



d0170615_12471443.jpg




滝を見てからすぐ徒渉をする。



d0170615_12472746.jpg



下山してきた。田上公園に向かう。

標識の上に、行方不明者の方の写真があった。無事早く発見されると良いですね。



d0170615_12484195.jpg




国道を歩いていたら庭先にビワの木が有った。美味しそうな実が沢山なっていた。



d0170615_12485428.jpg


173.png178.png171.png178.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




by noboru131215m | 2017-06-09 13:49 | Comments(0)

2017年06月06日

この堂山は低山であるが、山は岩稜の塊楽しく登ることが出来た。

登山道は中腹辺りあたりから岩場が続き足元もザレ場、よく滑る注意しながら登って行く。

登山道には標識がしかりあり道に迷うことはない。





田上公園の駐車場に車を止める。広い立派な駐車場である。


d0170615_19464361.jpg




湖南アルプス堂山付近のマップ。



d0170615_19465501.jpg





新宮神社の脇にある登山口に向かって新しく出来た国道を進む。




d0170615_19470563.jpg






庭先に咲くボトルブラッシュ。




d0170615_19471637.jpg




新宮神社、この奥に堂山の登山口がある。



d0170615_19472862.jpg






新宮神社から山に入り登って行く。



d0170615_19473826.jpg





標識が要所要所に設置されている。



d0170615_19474960.jpg





目の前の岩稜を見ながら進む。



d0170615_19480084.jpg





少し登って行くと急な岩場が出てきた。ロープを掴んで登って行く。




d0170615_19483600.jpg





深く掘れた登山道を登って行く。



d0170615_19484838.jpg




登山道から琵琶湖方面を望む。



d0170615_19490078.jpg




目の前に大きな岩場が出てきた。




d0170615_19491685.jpg




天気は良い、大きな岩が出てきた。




d0170615_19492837.jpg





パノラマ。登山道より望む。



d0170615_19494079.jpg





面白い形の岩が多く有った。



d0170615_19494917.jpg





登山道より望む。岩々の山である。




d0170615_19495957.jpg




急な岩場を登って行く。




d0170615_19500929.jpg





登山道より望む。



d0170615_19502031.jpg






大きな岩を登って行く。




d0170615_19502948.jpg





庭園のような場所を登って行く。



d0170615_19504552.jpg





湖南アルプス堂山山頂に到着した。今日の参加者です。



d0170615_19505768.jpg


173.png178.png171.png178.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




by noboru131215m | 2017-06-08 21:27 | Comments(0)

2017年06月06日

山友のリクエストで長年の念願がかなって湖南アルプス堂山に登ることが出来た。

田上公園の駐車場に車を止めて登山開始した。

今日は縦走するため長い時間国道を歩いて新宮神社登山口まで行く。

この山は低山ではあるが岩場が沢山ありなかなか登りがいのある山で、それに展望も

琵琶湖方面などを望むことが出来最高の登山が出来た。




岐阜 6.00 ー 関IC ー 瀬田東IC ー 田上公園駐車場 8.25 ~ 8.40 ー 新宮神社登山口 10.00 ~ 10.10

ー 堂山山頂 11.30 ~ 12.20 ー 鎧堰堤 13.15 ~ 13.20 ー 田上公園駐車場 14.30 ~ 14.45 ー 岐阜




登山道より琵琶湖、大津市街方面を望む。


d0170615_09342152.jpg




登山口から樹林帯を抜け出したところで岩場が出てきた。

登山道は良く滑る砂地、注意しながら登って行く。



d0170615_09341151.jpg





この山は多くの岩があり間を登って行く。今日参加の皆さんです。



d0170615_09345738.jpg





登山道は岩、岩々の厳しい登山道を登って行く。



d0170615_09351986.jpg




狭い岩の間を降りてゆく、体が挟まったりザックが引っ掛かったりして大難航する。



d0170615_09354391.jpg




湖南アルプス堂山山頂が見えてきた。岩の間を慎重に登り山頂を目指した。





d0170615_09355529.jpg



173.png178.png171.png178.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-06-07 10:09 | Comments(0)

2017年05月21日

伊吹山の広い山頂は鹿の食害を防ぐために柵が設けられている。これから夏に向けて多くの

高山植物が咲くのが楽しみである。

山頂から東の方を見ると柵の中に鹿の一団がゆうゆうと闊歩している、花が食い荒らされる

心配がある。広い山頂を守るのは大変である。

花の名前は良く調べたが間違っているものもあるかもしれません。





山頂広場の東の高い所で昼食を済ませて、売店のある方向に戻ってゆく。




d0170615_10353988.jpg





ニリンソウが群生している。





d0170615_10355092.jpg




ニリンソウ。





d0170615_10360024.jpg




ツルキジムシロ。同じような黄色の花が沢山あり葉っぱで図鑑とにらめっこである。





d0170615_10361184.jpg




山頂いちばん西側寄り3合目方面を望む。




d0170615_10362272.jpg





d0170615_10363220.jpg





山シャクヤクが一輪咲いていた。




d0170615_10364372.jpg





ミツバツチグリ。





d0170615_10365338.jpg




斜面一面に咲くヤマガラシ。





d0170615_10370367.jpg




オドリコソウ。この花も沢山咲いていました。





d0170615_10371415.jpg




ボケ?




d0170615_10372604.jpg






d0170615_10373643.jpg





オドリコソウ・ウマノアシガタ?



d0170615_10374737.jpg





山つつじ。




d0170615_10375799.jpg






d0170615_10380936.jpg




長い時間をかけて花を楽しみ無事終了した。




d0170615_10382130.jpg

178.png169.png178.png169.png178.png



ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-05-25 11:09 | Comments(0)


2017年05月21日

伊吹山は好きな山の一つで毎年登っている。夏ごろまでは登山道わきには色々な花が咲き誇っている。

花の名前がわからなくて伊吹山の図鑑を調べるがなかなかわからない、それほど花の種類が多いと言う

ことだろうか。今回も花の名前をしれべてもわからなのが多く有った。





一合目の旅館前の椅子で休憩をする。おとなしそうな柴犬がいる、見た目だけではわからない

触るのは注意が必要。




d0170615_10055110.jpg





登山道わきに咲く花、タニウツギ?





d0170615_10060458.jpg





三合目付近から山頂方面を望む。




d0170615_10061733.jpg





花の名前?



d0170615_10062876.jpg





花の名前?





d0170615_10064263.jpg





六合目付近から振り返り3、5合目付近を望む。




d0170615_10065381.jpg




花の名前?




d0170615_10070967.jpg





6合目あたりにある避難小屋付近を登って行く。





d0170615_10072054.jpg




コバノミミナグサ。




d0170615_10073389.jpg





コバノミミナグサ。





d0170615_10074555.jpg





登山道わきの花々を眺めながら登って行く。






d0170615_10075766.jpg




ヤマガラシの花が群生して咲き、見ごろであった。




d0170615_10080839.jpg





スミレ。





d0170615_10081902.jpg




コバノミミナグサ。





d0170615_10083470.jpg




ヤマガラシ。





d0170615_10084741.jpg





花の名前?






d0170615_10085839.jpg




山頂近くまで登ってきた。





d0170615_10102124.jpg





伊吹山山頂、日本武尊碑の横。今日参加の皆さんです。




d0170615_10103290.jpg

173.png178.png171.png178.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-05-23 11:03 | Comments(0)

2017年05月21日

5月に伊吹山に登るのは初めてである、今日は朝から快晴登り始めるとすぐ汗が噴き出してくる。

一合目で少し休んで登る出す。

伊吹山は国道から登山口までが近く車やバスで来るのに便利、それに今日は日曜日と好天に恵まれ

多くの登山者が伊吹山登山を楽しんだ。

登山道わきの花もいろいろ咲きだしていて目を楽しませてくれた。山頂では恒例の一個100円の

冷えたトマトを買って食べた美味しかった。



岐阜 6.00 ー 伊吹山登山口 7.20 ~ 7.35 ー 五合目 9.25 ~ 9.30 ー 伊吹山山頂散策 10.50 ~ 13.10 ー

伊吹山登山口 16.10 ~ 16.30 ー 岐阜




一合目にある立派な登山道案内標識。

d0170615_09342381.jpg







一合目登山道わきにふじの花が咲いていた。




d0170615_09350737.jpg





日差しが強く暑いが、場所によっては爽やかな風が吹き抜けていく。




d0170615_09352638.jpg





スミレの花があちらこちらに多く咲いていた。




d0170615_09354416.jpg





ヤマガラシの花が沢山咲いていた。



d0170615_09355899.jpg





伊吹山山頂、今日の参加者。

山頂の広いお花畑は今まで鹿などに荒らされていたが、広い範囲に柵が作られて鹿の侵入を

防いでいる。お花畑も綺麗に整備されて夏のシモツケソウなどの花が期待出来そうである。



d0170615_09361639.jpg





ニリンソウなどがちょうど見ごろであった。





d0170615_09363715.jpg





昼食は東コースの見晴らしの良いとこで取った。





d0170615_09365056.jpg





下山は、西コースのところまで行き下山を開始した。琵琶湖はかすんで良く見えなかった。




d0170615_09370518.jpg

173.png178.png171.png178.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-05-22 10:30 | Comments(0)

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山