タグ:長野県の山 ( 183 ) タグの人気記事


2017年09月27日

男山で昼食を済ませ展望も楽しみ引き返すことにした。男山から北方面に

下れば川上村の町に下山できるが、今日はピストン登山口に引き返すことにした。

下山も登りと同じように、登ったり、下ったり体力がかなり必要で有った。





男山頂上から川上村方面を望む。天気は雲が多くなってきた。

d0170615_06474609.jpg




男山頂上から岩場を見る。先まで行ってみたい誘惑にかられる、

ちょっと危険やめることにした。



d0170615_06475501.jpg



男山頂上から望む。



d0170615_06480387.jpg




男山から下山を開始する。



d0170615_06481193.jpg




下山は往路と同じように登りがかなり多く有る。



d0170615_06491797.jpg




登山道よりゴルフ場を望む。



d0170615_06492782.jpg




途中、景色の良い所で一休み。パチリ。
d0170615_06493520.jpg




この岩、犬のポチに似ていませんか?



d0170615_06494570.jpg




ロープを利用して岩場を下ってゆく。





d0170615_06495556.jpg




中間地点、垣越山頂上で一休み。元気いっぱいです。

この辺りでデジカメのレンズが汚れて、写真が汚れて映ってきた。



d0170615_06500492.jpg



長時間歩いたが元気いっぱいです。



d0170615_06501579.jpg



みんな長く歩いたので腹ペコ、行動食を食べる。



d0170615_06502548.jpg



風の便りも元気いっぱいです。行動食を食べて登山口まで頑張る。



d0170615_06503381.jpg




振り返り、男山方面を望む。

d0170615_06504034.jpg




d0170615_06505096.jpg



天狗山頂上まで戻ってきた。




d0170615_06505802.jpg



天狗山頂上より男山を望む。

d0170615_06510861.jpg



天狗山頂上。全員元気いっぱいです。


d0170615_06511677.jpg



岩場を下ってゆく。



d0170615_06512437.jpg




この山を下ってきた。


d0170615_06513399.jpg




ところどころに紅葉した木々があり目を楽しませてくれる。




d0170615_06514320.jpg




全員怪我もなく登山口に下山してきた。




d0170615_06515323.jpg


173.png169.png171.png169.png171.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-10-02 07:31 | Comments(0)


2017年09月27日

天狗山頂上で景観を楽しんで、次の目的地男山頂上を目指した。

天狗山頂上から男山が良く見える、遥か彼方歩きでがありそうである。

登山道は岩場が多く有り、下ったり、登ったりなかなか大変であった。




天狗山頂上より男山方面を望む。


d0170615_19122934.jpg




天狗山から下って行く。また途中から登り返すコースである。



d0170615_19123725.jpg



急な岩場を下ってゆく。



d0170615_19124590.jpg



登山道わきの木々は色付き気分爽快である。



d0170615_19125361.jpg




急な下りが続く。



d0170615_19130156.jpg



登山道より望む。ゴルフ場が見える、急斜面のコースみたい。


d0170615_19130952.jpg



ロープを頼りに岩場を下ってゆく。



d0170615_19131799.jpg




この辺りが天狗山・男山の中間点くらいである。



d0170615_19132644.jpg




登山道は岩場が続く。



d0170615_19133393.jpg



こんな岩場も通過してゆく。


d0170615_19134211.jpg




途中景色の良い所でパチリ。皆さん元気いっぱいです。



d0170615_19135142.jpg



岩場の尾根を進んでゆく。


d0170615_19140089.jpg



途中、振り返り天狗山を望む。




d0170615_19140999.jpg



登山道より、近くなってきた男山を望む。





d0170615_19141718.jpg




つるつるな岩場を登る。



d0170615_19142595.jpg




シャクナゲの木が沢山ある、蕾はまだついていなかった。



d0170615_19144267.jpg



男山も近くなってきた。天狗山も良く見える。

d0170615_19150126.jpg




岩場の連続、慎重に登って行く。



d0170615_19153008.jpg




男山頂上のすぐ近くまで登ってきた。



d0170615_19153876.jpg




男山頂上。男二人パチリ。


d0170615_19154794.jpg



男山頂上に女二人パチリ。



d0170615_19155564.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-09-30 20:14 | Comments(0)


2017年09月27日

天狗山頂上で景観を楽しんで、次の目的地男山頂上を目指した。

天狗山頂上から男山が良く見える、遥か彼方歩きでがありそうである。

登山道は岩場が多く有り、下ったり、登ったりなかなか大変であった。




天狗山頂上より男山方面を望む。


d0170615_19122934.jpg




天狗山から下って行く。また途中から登り返すコースである。



d0170615_19123725.jpg



急な岩場を下ってゆく。



d0170615_19124590.jpg



登山道わきの木々は色付き気分爽快である。



d0170615_19125361.jpg




急な下りが続く。



d0170615_19130156.jpg



登山道より望む。ゴルフ場が見える、急斜面のコースみたい。


d0170615_19130952.jpg



ロープを頼りに岩場を下ってゆく。



d0170615_19131799.jpg




この辺りが天狗山・男山の中間点くらいである。



d0170615_19132644.jpg




登山道は岩場が続く。



d0170615_19133393.jpg



こんな岩場も通過してゆく。


d0170615_19134211.jpg




途中景色の良い所でパチリ。皆さん元気いっぱいです。



d0170615_19135142.jpg



岩場の尾根を進んでゆく。


d0170615_19140089.jpg



途中、振り返り天狗山を望む。




d0170615_19140999.jpg



登山道より、近くなってきた男山を望む。





d0170615_19141718.jpg




つるつるな岩場を登る。



d0170615_19142595.jpg




シャクナゲの木が沢山ある、蕾はまだついていなかった。



d0170615_19144267.jpg



男山も近くなってきた。天狗山も良く見える。

d0170615_19150126.jpg




岩場の連続、慎重に登って行く。



d0170615_19153008.jpg




男山頂上のすぐ近くまで登ってきた。



d0170615_19153876.jpg




男山頂上。男二人パチリ。


d0170615_19154794.jpg



男山頂上に女二人パチリ。



d0170615_19155564.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-09-30 20:13 | Comments(0)


2017年09月27日

天狗山はこの地方では人気の山で休日などは沢山の登山者でにぎわう。

馬越峠から天狗山頂上までは一時間ほどで登れるが登山道は岩場が続き

楽しく登ることが出来る。

山の木々は少し色付き目を楽しませてくれた。





川上村地域を車で通過中、天狗山方面を望む。



d0170615_20570702.jpg




天狗山登山口に設置されている看板。




d0170615_20571713.jpg




天狗山登山口。駐車場には数台止めることが出来る。



d0170615_20572688.jpg






d0170615_20573434.jpg





登山道わきの木々は紅葉が進んでいる。



d0170615_20574339.jpg




木々が紅葉、展望も良い。


d0170615_20575252.jpg





両側が切れ落ちた岩場を進む。



d0170615_20580180.jpg




このような岩場は随所にある、ロープが張られて安全が確保されている。




d0170615_20581255.jpg




色付た木々を見ながら岩場を登って行く。




d0170615_20582249.jpg




急な登山道を登って行く。

この山はシャクナゲの木が多く有る、春の花の季節が楽しみである。



d0170615_20583149.jpg




天狗山頂上。今日の参加者です。



d0170615_20584169.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-09-29 21:28 | Comments(0)

2017年09月27日

今日の登山予定は槍ヶ岳であったが、天気が悪く急遽、長野県川上村に聳える

天狗山・男山に登ることにした。

早朝から車を走らせ天狗山登山口を目指した、途中小雨が降ってきたり、霧が出たり

あまり天気は良くない。

登山口に着くと青空も少し出てきた、どうやら雨の心配は薄れた模様である。




天気は曇り、風が強く吹いている。木々が少し色付いてきている。


d0170615_08345775.jpg




急な登山道を登って行く。木々が色付いて目を楽しませてくれる。



d0170615_08350943.jpg



登山道から遥か彼方の男山を望む。女山も別の所にある。
d0170615_08352092.jpg



天狗山頂上、今日の参加者です。全員元気いっぱいです。



d0170615_08353333.jpg



登山道は崖の連続、ロープが至る所に張られて安全を確保されている。



d0170615_08354416.jpg




パノラマ。男山山頂より川上村方面を望む。



d0170615_08355436.jpg




男山頂上から望む。前の岩場先まで行けそうだがちょっと危ない。




d0170615_09155182.jpg






下山途中、長い岩場を下る。



d0170615_08583954.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村





by noboru131215m | 2017-09-28 09:39 | Comments(0)


2017年06月18日

入笠山山頂で十分景観を楽しみまだ帰るには時間が早いので、大阿原湿原に行くことにした。

入笠山は何度か登った事があるが大阿原湿原には行ったことがない、どんなところだろうと

期待に胸を膨らませて山を下る。

大阿原湿原入り口には大きな案内板があった、湿原を一周することにした。





入笠山山頂よりかすかに富士山が見えた。


d0170615_10345230.jpg





パノラマ。山頂より望む、天気は曇り。


d0170615_10350315.jpg




山頂より大阿平湿原に向けて下山開始する。案内板を見てびっくり、首切り方面とある。



d0170615_10351121.jpg




下山して林道に出たところに首切清水の由来が書いた高札があった。




d0170615_10352720.jpg




林道わきに咲く花、名前は?。紫陽花ではありません。




d0170615_10355918.jpg





この付近の山はズミが多く有った。



d0170615_10361043.jpg



大阿原湿原の案内板。



d0170615_10361962.jpg





大阿原湿原木道でパチリ、今日参加の皆さんです。


d0170615_10364255.jpg




湿原は木道の上を歩く。



d0170615_10370539.jpg





木道の上から湿原を見る、カラカラ水気がありません。早く雨が降ってほしい。


d0170615_10371511.jpg



ズミ。



d0170615_10373543.jpg





山荘まで戻り庭園に咲く、キバナアツモリソウ。



d0170615_10374816.jpg




キバナアツモリソウ。


d0170615_10375701.jpg




下山途中こんな小さな花を見つけた。パチリ。



d0170615_10380879.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




by noboru131215m | 2017-06-22 11:04 | Comments(0)

2017年06月18日

入笠山中腹にある駐車場に車を止める、すでに満杯近かったが何とか隅に止めることが出来た。

登山道わきに咲く花を楽しみながらスズラン咲く湿原まで登る。

湿原のスズランはかなりの花が咲いていて目を楽しませてくれた。見ごろを向かえるのはこれからが

本番だそうだ。

今日は日曜日、沢山の観光客、登山者でにぎわっていた。





駐車場はすでに満杯近かった、隅の方に止めて登山開始した。駐車料金は無料であった。



d0170615_17311046.jpg





登山を開始した。登山道は地道歩きやすい。



d0170615_17312236.jpg




登山道わきに咲くササバギンラン。



d0170615_17313338.jpg




オオカメノキの花。



d0170615_17314374.jpg




湿原入り口に設置されている鹿除けの柵。




d0170615_17315560.jpg




ズミの花、満開。



d0170615_17320806.jpg



山の斜面いっぱいのスズラン。



d0170615_17321957.jpg




スズランの花。



d0170615_17323040.jpg




可憐なスズランの花。



d0170615_17324043.jpg




湿原に咲きだしたレンゲツツジの花。



d0170615_17330214.jpg




登山道わきに咲くクリンソウの花。



d0170615_17331670.jpg




中腹に広がる花園に入ってゆく。まだ花は少ない。


d0170615_17332990.jpg




レンゲツツジが咲いている。



d0170615_17334119.jpg




ツマトリソウが咲いていた。




d0170615_17340648.jpg




ズミの花。今が見頃であった。




d0170615_17341673.jpg




岩場コースを登って行く。



d0170615_18121999.jpg









登山道わきに咲くレンゲツツジ。




d0170615_17343686.jpg




入笠山山頂に到着した。



d0170615_17344702.jpg



入笠山山頂。今日の参加者です。




d0170615_17345799.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-06-20 19:36 | Comments(0)

2017年06月18日

今日はスズランの花を見に入笠山に登った。天気は曇りがち雨の心配はないみたいであった。

富士見パノラマスキー場ゴンドラ駅手前で林道に入り山の中腹にある駐車場を目指した。

駐車場はすでに満杯状態、一番隅に車を止めて登山を開始した。



岐阜 5.00 ー 美濃加茂IC ー 諏訪南IC ー 入笠山登山口 8.35 ~ 8.55 ー 入笠湿原 9.55 ~ 10.40 ー

入笠山山頂 11.20 ~ 12.05 ー 大阿原湿原 12.45 ~ 13.35 ー 入笠湿原 14.25 ~ 14.35 ~ 入笠山登山口

15.20 ~ 15.40 ー 岐阜





入笠湿原まで登ってきた。スズラン自生地でスズランの花を見学した。



d0170615_10322420.jpg





スズランの花沢山咲いていた。これから花の見ごろを向かえる。



d0170615_10395058.jpg





クリンソウがところどころに咲いていた。



d0170615_10324300.jpg




カマナシホテイアツモリソウ。山小屋の前の花壇に咲いていた。



d0170615_10325458.jpg





入笠山中腹の花畑を登る。多くの人々が花を楽しんでいた。

レンガツツジが沢山咲いていた。



d0170615_10331821.jpg




お花畑にもスズランの花が咲いていた。




d0170615_10330764.jpg




入笠山山頂。この山はゴンドラに乗れば比較的楽に登れる山。

お子さん連れなど沢山の登山者でにぎわっていた。




d0170615_10332901.jpg





大阿原湿原。ズミ(コナシとも言う)の花の中でパチリ、今日参加の皆さんです。




d0170615_10334134.jpg





ズミの花。(レンズが汚れていて一部ボケています)






d0170615_10335161.jpg



173.png178.png171.png178.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-06-19 11:16 | Comments(0)


2017年05月27日

梓川スマートインターで下り子檀嶺岳登山口を目指す、途中でナビの指定する道がどうもおかしい。

山道の方向に進む、道路わきの民家で尋ねるとここは旧道、広い国道を教えてもらい方向転換する。

ナビは時々変な道を教えていたずらをする。

子檀嶺岳に登るのは初めてである。登山口近くまでくると道がなかなかわかりにくい何度も訪ねて

ようやく登山口駐車場に着いた。




岐阜 5.00 ー 美濃加茂IC ー 梓川スマートインター ー 子檀嶺岳登山口 10.50 ~ 11.05 ー 子檀嶺岳山頂

12.50 ~ 13.50 ー 子檀嶺岳登山口 14.50 ~ 15.05 ー 菅平高原宿泊先 16.30




駐車場から少し林道を登って行くと登山口がある。



d0170615_08324302.jpg





綺麗に整備された登山道を登って行く。




d0170615_07565052.jpg




登山道わきには色々な花が咲いていた。




d0170615_07570272.jpg






d0170615_07571717.jpg







d0170615_07572881.jpg







d0170615_07574123.jpg





d0170615_07575303.jpg






d0170615_07580581.jpg




天気は快晴。山頂に到着した。




d0170615_07581846.jpg




山頂より望む。



d0170615_07582953.jpg




今日の参加者です。




d0170615_07584933.jpg




山頂には三つの祠があった。地元民の信仰の証です。




d0170615_07585961.jpg




シダの芸術?




d0170615_07593550.jpg




山頂で十分楽しみ下山をする。




d0170615_07594415.jpg




駐車場から少し下ったところに立派な登山者用休憩所があった。トイレも完備されている。感謝、感謝。




d0170615_07595520.jpg


178.png169.png178.png169.png178.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-05-30 09:47 | Comments(0)

縞枯山 (2,403M) 下山する

2017年03月20日

北横岳・縞枯山無事登頂して下山を開始した。昨年来た時より積雪は多かった、そしてアイゼンを装着して

最後まで歩けワカンは必要なかった、その分楽に歩くことが出来た。

来年はもう少し早い時季に来て、樹氷、モンスターなどをぜひ見たいと思う、楽しみにしている。





展望台付近の岩場から北八ヶ岳連峰を望む。最後まで天気に恵まれラッキーであった。



d0170615_18540316.jpg




時間があれば茶臼山方面まで行ってみたい。今回は時間切れ断念した。



d0170615_18541281.jpg





尾根から急な下り降りてゆく。




d0170615_18542072.jpg





急な下りを降りて比較的平坦なところまで下ってきた。



d0170615_18542856.jpg




縞枯山荘が見えてきた、この辺りは平坦で楽に歩くことが出来る。



d0170615_18543734.jpg





縞枯山荘を過ぎると坪庭に差し掛かる。ロープウエイの最終時間には十分間に合う。




d0170615_18544621.jpg




ロープウエイ山頂駅まで戻ってきた。全員無事雪山登山を終えた。




d0170615_18545681.jpg




ロープウエイの中から北八ヶ岳連峰を望む、今日はこれが見納めです。




d0170615_18550344.jpg




スキー場のゲレンデも雪はまだ十分あります。4月初めでスキー場は閉鎖みたいです。




d0170615_18552069.jpg





駐車場から山頂駅方面を見る。また来年よろしく。




d0170615_18552822.jpg




今回の登山で最も気に行った写真です。



d0170615_18553859.jpg


003.gif056.gif016.gif056.gif058.gif056.gif


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2017-03-25 19:31 | Comments(0)

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山