2024年04月10日

明王山山頂で昼食を取ろうと思ったが、登山者が多く

適当な場所が無かった。

食事は後にして猿琢城まで行くことにした、スタートした

10分ほど歩いたところで日蔭方面の斜面を見たところ

まだ咲いていないと思っていたイワカガミが咲いていた。

イワカガミの多く咲く迫間城跡方面のコースに急遽

行先変更して少戻って歩き出した。



見晴らしのために切られるつつじの木

山行けば山路大いに山笑う



猿琢城

明王山山頂から猿琢城方面にスタートする。

迫間城跡登頂 明王山 (380M)  PART3_d0170615_20075994.jpg



ミツバツツジ

登山道わきに大きな木のミツバツツジが咲いている。

迫間城跡登頂 明王山 (380M)  PART3_d0170615_20080734.jpg



イワカガミ

日蔭斜面にイワカガミが咲いていた。

迫間城跡登頂 明王山 (380M)  PART3_d0170615_20081582.jpg



イワカガミ

咲いている花はまだ少なかった。

迫間城跡登頂 明王山 (380M)  PART3_d0170615_20082258.jpg



引き返す

猿琢城方面に少し進んだがイワカガミが多く咲く

迫間城跡方面コースに変更して引き返す。

迫間城跡登頂 明王山 (380M)  PART3_d0170615_20083082.jpg



ミツバツツジ

登山道わきにミツバツツジが咲いている。

迫間城跡登頂 明王山 (380M)  PART3_d0170615_20083968.jpg


迫間城跡登頂 明王山 (380M)  PART3_d0170615_20084701.jpg



迫間城跡

迫間城跡近くまで進んできた。ここの登山道は

5月にトレールラン競技が行われる。

迫間城跡登頂 明王山 (380M)  PART3_d0170615_20085654.jpg



迫間城跡

山頂に到着した。ここで昼食を取った。

迫間城跡登頂 明王山 (380M)  PART3_d0170615_20091566.jpg



山頂より

関市街方面を望む。工業団地などを望む。

迫間城跡登頂 明王山 (380M)  PART3_d0170615_20093044.jpg



ミツバツツジ

山頂に咲くミツバツツジ。

迫間城跡登頂 明王山 (380M)  PART3_d0170615_20093741.jpg



169.png175.png169.png175.png169.png

ブログランキング参加中です 

下の登山マークをクリックお願いします






# by noboru131215m | 2024-04-14 06:14 | Comments(0)

2024年04月10日

ふどうの展望台で出会った人の柿の盆栽の話を聞き

大いに盛り上がった。

次の目的地金比羅山山頂を目指して歩き出した、不動の

展望台から7分ほどで山頂に到着した。

少し休憩をして明王山山頂を目指して歩き出した、

10分ほどで明王山山頂まで付いた、山頂には多くの

登山者が360度、快晴の展望を楽しんでいた。



山歩くつつじ色々咲き変わる

山奥やたまに行きたい潮干狩



八木山方面

ふどうの展望台から八木山方面を望む。

登頂する 明王山 (380M)  PART 2_d0170615_19072341.jpg



金比羅山

この登山口から金比羅山山頂を目指す。

登頂する 明王山 (380M)  PART 2_d0170615_19073702.jpg



ミツバツツジ

ミツバツツジが綺麗に咲いていた。

登頂する 明王山 (380M)  PART 2_d0170615_19075208.jpg



金比羅山山頂

ふどうの展望台から7分ほどで着いた。

登頂する 明王山 (380M)  PART 2_d0170615_19080018.jpg



八木山方面

金比羅山山頂より八木山方面を望む。

登頂する 明王山 (380M)  PART 2_d0170615_19080942.jpg



金比羅山山頂より

これから登る明王山山頂方面を望む。

登頂する 明王山 (380M)  PART 2_d0170615_19082871.jpg



ミツバツツジ

登山道わきに咲いていた。

登頂する 明王山 (380M)  PART 2_d0170615_19083666.jpg



日蔭つつじ

明王山山頂に到着、山頂に咲く日蔭つつじ。

登頂する 明王山 (380M)  PART 2_d0170615_19084518.jpg



山頂より

明王山山頂より関市方面を望む。

登頂する 明王山 (380M)  PART 2_d0170615_19085571.jpg



表示板

明王山山頂にある表示板、山頂には多くの登山者が

360度の大展望を楽しんでいた。

登頂する 明王山 (380M)  PART 2_d0170615_19090476.jpg



山頂より

各務原鵜沼市街方面を望む、天気は快晴である。

登頂する 明王山 (380M)  PART 2_d0170615_19081856.jpg



169.png175.png169.png175.png169.png

ブログランキング参加中です 

下の登山マークをクリックお願いします






# by noboru131215m | 2024-04-13 06:13 | Comments(0)

2024年04月10日

昨日の雨も上がり今日は朝から快晴、いつもよく登る

明王山に登ることにした。

迫間不動駐車場に車を止め何時ものように極楽茶屋で

味ご飯弁当を300円で購入した。

横にある野菜販売所を覗くと美味しそうな筍があった、

値段はいろいろであったが500円のを一本購入した。



自宅 10.05 ー 迫間不動尊駐車場 10.30 ~ 10.45 ー 明王山山頂

11.50 ~ 12.30 ー 迫間城跡山頂 12.45 ~ 13.00 ー

大岩見晴台分岐 13.40 ~ 13.45 ー 各務野自然遺産の森 14.25

ー 迫間不動尊駐車場 14.35 ~ 15.00 ー 自宅



盆栽の話に夢中春の山

雨上がり風に吹かれて散る桜



迫間不動尊駐車場

今日は天気も良く多くの車が止められていた。

ふどうの展望台まで登る 明王山 (380M)  PART 1_d0170615_10394519.jpg




駐車場横の桜、昨日の雨でだいぶ散ってしまった。

ふどうの展望台まで登る 明王山 (380M)  PART 1_d0170615_10395279.jpg



登山口に向かう

長い階段上って行く、明王山登山最初の難関である。

ふどうの展望台まで登る 明王山 (380M)  PART 1_d0170615_10400043.jpg



登山口

こんぴらみち登山口から登って行く。

ふどうの展望台まで登る 明王山 (380M)  PART 1_d0170615_10400873.jpg



ミツバツツジ

登山道わきにミツバツツジが咲いていた。

ふどうの展望台まで登る 明王山 (380M)  PART 1_d0170615_10401633.jpg



青 空

樹間から北西方面を望む、素晴らしい青空である。

風は少し冷たい。

ふどうの展望台まで登る 明王山 (380M)  PART 1_d0170615_10402505.jpg



登山道

低山の山だが岩場が多く出てくる。

ふどうの展望台まで登る 明王山 (380M)  PART 1_d0170615_10403366.jpg



樹間から

尾根近くまで登って来た、各務原市街方面を望む。

ふどうの展望台まで登る 明王山 (380M)  PART 1_d0170615_10404012.jpg



展望台

ふどうの展望台まで登って来た、ここで先客の男性に

柿の盆栽について四方山話いろいろ伺った。

ふどうの展望台まで登る 明王山 (380M)  PART 1_d0170615_10404768.jpg



展望台より

関市街方面を望む。

ふどうの展望台まで登る 明王山 (380M)  PART 1_d0170615_10405836.jpg



展望台より

明王山山頂方面を望む。登山道わきにはミツバツツジが

所々に綺麗に咲いている。

ふどうの展望台まで登る 明王山 (380M)  PART 1_d0170615_10410618.jpg



169.png175.png169.png175.png169.png

ブログランキング参加中です 

下の登山マークをクリックお願いします






# by noboru131215m | 2024-04-12 06:12 | Comments(0)

2024年04月07日

下米田さくらの森公園の桜見学を済ませて米田白山

登山を開始した。

今日は日陰つつじを見るのが最大の目的、期待して

登山を開始した。



いろいろなつつじ咲き出す山の道

川沿いを二人で歩く花の雨



登山口

東回り登山口から登山開始である。

ハル岩分岐まで登る 米田白山 (273.7M)  PART 2_d0170615_12412547.jpg



駐車場

何時もはこの駐車場に車を止めるが、今日は満杯であった。

第三駐車場に車を止めた。

ハル岩分岐まで登る 米田白山 (273.7M)  PART 2_d0170615_12413346.jpg



ミツバツツジ

少し登るとミツバツツジが咲いていた。

ハル岩分岐まで登る 米田白山 (273.7M)  PART 2_d0170615_12414154.jpg



ミツバツツジ

ミツバツツジが満開である。

ハル岩分岐まで登る 米田白山 (273.7M)  PART 2_d0170615_12414826.jpg



登山道

急な登りの登山道を登って行く。

ハル岩分岐まで登る 米田白山 (273.7M)  PART 2_d0170615_12415640.jpg



日蔭つつじ

登山道わきに日蔭つつじが咲いていた。

ハル岩分岐まで登る 米田白山 (273.7M)  PART 2_d0170615_12420463.jpg



樹間より

樹間より周りの山々を望む。

ハル岩分岐まで登る 米田白山 (273.7M)  PART 2_d0170615_12421144.jpg



日蔭つつじ

登山道わきに咲く日蔭つつじ。

ハル岩分岐まで登る 米田白山 (273.7M)  PART 2_d0170615_12421953.jpg



樹間より

天気は薄曇りになってきた。

ハル岩分岐まで登る 米田白山 (273.7M)  PART 2_d0170615_12422677.jpg



登山道

岩場交じりの登山道を登って行く。

ハル岩分岐まで登る 米田白山 (273.7M)  PART 2_d0170615_12423433.jpg



分 岐

右に行けば何時も歩いている米田白山山頂方面に行くコース、

左側は今まで歩いたことのないコース、

今日は時間もあるのでどんなコースか一度

行ってみることにした。

ハル岩分岐まで登る 米田白山 (273.7M)  PART 2_d0170615_12424144.jpg


169.png175.png169.png175.png169.png

ブログランキング参加中です 

下の登山マークをクリックお願いします







# by noboru131215m | 2024-04-11 06:11 | Comments(0)

2024年04月07日

今日は日曜日天気も良く絶好の登山日和、米田白山に

出掛けた。

登山前に駐車場わきの下米田さくらの森公園の桜を見学した。

桜は満開多くの花見客が訪れていた。



シート敷き夕暮れ待つは花見かな

愛されて皆に見られる花の雲



米田白山駐車場

さくらの森公園わきの駐車場は満杯、少し離れた

第三駐車場に車を止めた。

桜満開 米田白山 (273.7M)  PART 1_d0170615_11250731.jpg



掲示板

さくらの森の掲示板、火気厳禁の注意書き。

桜満開 米田白山 (273.7M)  PART 1_d0170615_11251633.jpg



さくらの森公園

桜が満開、非常に綺麗であった。桜の木の下には

シートが引かれ宴会用の場所取りがしてあった。

桜満開 米田白山 (273.7M)  PART 1_d0170615_11253178.jpg



枝垂桜

桜満開 米田白山 (273.7M)  PART 1_d0170615_11253936.jpg


桜満開 米田白山 (273.7M)  PART 1_d0170615_11254753.jpg


桜満開 米田白山 (273.7M)  PART 1_d0170615_11255420.jpg


桜満開 米田白山 (273.7M)  PART 1_d0170615_11260312.jpg



桜満開 米田白山 (273.7M)  PART 1_d0170615_11261233.jpg


桜満開 米田白山 (273.7M)  PART 1_d0170615_11261952.jpg


桜満開 米田白山 (273.7M)  PART 1_d0170615_11262763.jpg



登山開始する

桜を見学してから米田白山登山開始した。

桜満開 米田白山 (273.7M)  PART 1_d0170615_11263656.jpg


169.png175.png169.png175.png169.png

ブログランキング参加中です 

下の登山マークをクリックお願いします






# by noboru131215m | 2024-04-10 06:10 | Comments(0)

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山


by noboru131215m