2022年06月29日

湯ノ丸スキー場駐車場に予定の時刻に到着する、

登山準備をして登山開始である。

途中までリフトが運転されているが、スキー場ゲレンデを

歩いて登って行く。

登山開始から25分ほどでツツジ平に着いた、

レンゲツツジは満開、連日の暑さの中綺麗に咲いていた。

ゆっくりと花を見て歩いた。



爽やかな山道歩き鐘鳴らす

富士山を眺めて進む夏来る

汗をかき塩が噴き出すザックかな

灼熱のゲレンデ登る夏の山



スキーリフト

リフトが運転されているが歩いて登る。

つつじ平散策 湯ノ丸山 (2,101M)   PART 1_d0170615_18085245.jpg



標 識

リフト終点駅近くに標識が設置されている。

ここからツツジ平まで0.6K である。

つつじ平散策 湯ノ丸山 (2,101M)   PART 1_d0170615_18090193.jpg



つつじ平

ツツジ平は縦横無尽に散策路があり、

散策路は平坦である。

つつじ平散策 湯ノ丸山 (2,101M)   PART 1_d0170615_18092771.jpg



レンゲツツジ

花は満開であった、暑さに負けず元気に咲いていた。

つつじ平散策 湯ノ丸山 (2,101M)   PART 1_d0170615_18093854.jpg



レンゲツツジ

今日は平日で非常に暑い、

散策する人もあまり多くない。

つつじ平散策 湯ノ丸山 (2,101M)   PART 1_d0170615_18094860.jpg



レンゲツツジ

綺麗に咲いている。

つつじ平散策 湯ノ丸山 (2,101M)   PART 1_d0170615_18095895.jpg


つつじ平散策 湯ノ丸山 (2,101M)   PART 1_d0170615_18101216.jpg



今日の参加者

ツツジ平展望台で写す、風の便りは中央です。

何時もブログ応援ありがとうございます、

引き続きよろしくお願いいたします。

つつじ平散策 湯ノ丸山 (2,101M)   PART 1_d0170615_18102159.jpg



快 晴

朝から素晴らしい天気が続いている、

所によっては風が吹き抜けて快適である。

つつじ平散策 湯ノ丸山 (2,101M)   PART 1_d0170615_18103142.jpg



サラサドウダン

登山道わきにサラサドウダンの花が

多く咲いていた。

つつじ平散策 湯ノ丸山 (2,101M)   PART 1_d0170615_18104263.jpg



レングツツジ

つつじ平から湯ノ丸山頂を目指して登って行く。

つつじ平散策 湯ノ丸山 (2,101M)   PART 1_d0170615_18105889.jpg



169.png175.png169.png175.png169.png

ブログランキング参加中です 

下の登山マークをクリックお願いします






# by noboru131215m | 2022-07-01 08:09 | Comments(0)

2022年06月29日

今日は長野県東御市に聳える湯ノ丸山・烏帽子岳に

レンゲツツジを見に登った。

レンゲツツジはこの暑さにもかかわらず綺麗に咲いていた。

烏帽子岳に白い駒草が咲いているというので期待をして登った。



岐阜 4.00 ー 美濃加茂IC ー 岡谷IC ー 湯ノ丸スキー場駐車場

8.40 ~ 9.00 ー 湯ノ丸山山頂 11.00 ~ 12.00 ー 烏帽子岳山頂

14.00 ~ 14.30 ー 湯の丸スキー場駐車場 16.30 ~ 17.00 ー

岐阜




一日に二山登るや今朝の夏

変わり種白いコマクサ岩の陰

爽やかな高原に咲くつつじかな

涼しさを求めて登る岐阜の山




湯ノ丸スキー場駐車場

スキー場の広い駐車場に車を止める、

レンゲツツジを見学する人の車がすでに多く

止められていた。

白色コマクサ・レンゲツツジ咲く 湯の丸山・烏帽子岳 ピックアップ編_d0170615_10462331.jpg



レンゲツツジ

駐車場から歩いて25分ほど登るとツツジ群生地に着いた。

花はちょうど見ごろであった。

白色コマクサ・レンゲツツジ咲く 湯の丸山・烏帽子岳 ピックアップ編_d0170615_10465324.jpg



レンゲツツジ

ツツジ群生地には満開のつつじで満たされていた。

白色コマクサ・レンゲツツジ咲く 湯の丸山・烏帽子岳 ピックアップ編_d0170615_10470299.jpg



高 原

強い日差しではあるが、爽やかな風が吹き抜け

快適にツツジ見学ができた。

白色コマクサ・レンゲツツジ咲く 湯の丸山・烏帽子岳 ピックアップ編_d0170615_10471590.jpg



湯ノ丸山山頂を目指す

ツツジ群生地を抜けて多くの他の登山者に混じって

湯ノ丸山山頂を目指す。

白色コマクサ・レンゲツツジ咲く 湯の丸山・烏帽子岳 ピックアップ編_d0170615_10472502.jpg



湯ノ丸山山頂 (2,101M)

湯ノ丸山山頂から烏帽子岳方面を望む.

白色コマクサ・レンゲツツジ咲く 湯の丸山・烏帽子岳 ピックアップ編_d0170615_10474084.jpg



コマクサ

ガラバにコマクサが少し咲いていた。

白色コマクサ・レンゲツツジ咲く 湯の丸山・烏帽子岳 ピックアップ編_d0170615_10481739.jpg



白いコマクサ

烏帽子岳の尾根すじに珍しい白いコマクサが

一輪咲いていた、大切にして増えてくると良いですね。

白色コマクサ・レンゲツツジ咲く 湯の丸山・烏帽子岳 ピックアップ編_d0170615_10482611.jpg



烏帽子岳山頂 (2,066M)

今日参加の皆さん、元気に烏帽子岳に登頂。

天気は非常に良い。

白色コマクサ・レンゲツツジ咲く 湯の丸山・烏帽子岳 ピックアップ編_d0170615_10480287.jpg



169.png175.png169.png175.png169.png

ブログランキング参加中です 

下の登山マークをクリックお願いします






# by noboru131215m | 2022-06-30 12:41 | Comments(0)

2022年05月15日

大日ケ岳山頂で360度の展望を楽しみ下山に入った、

急な下りのところが多く慎重に下って行く。

途中、仲間の提案でコブシ茶を楽しむことにした、

コブシの花を少し取ってカップに入れ、熱い湯を

注ぐしばらく置いておくと美味しい味が出た。

危険があるといけないので、皆さんにはお勧めできません。



ぼうぼうの草を引き抜く梅雨の月

早いもの梅雨が最短明けにけり

コブシ花お湯を注ぎしお茶を飲む

鮎釣りや命をかけて川に入り



大 木

大きな木、伸び伸びと育っている、新芽が出だしている。

コブシ茶飲む 大日ケ岳 (1,709.0M)   下山編_d0170615_09560233.jpg



釜ケ峰

今通過してきた釜ケ峰方面を振り返り眺める。

コブシ茶飲む 大日ケ岳 (1,709.0M)   下山編_d0170615_09561010.jpg


ムラサキツツジ

コブシ茶飲む 大日ケ岳 (1,709.0M)   下山編_d0170615_09561927.jpg



葉っぱ

木の葉だが破れ傘の葉っぱに似ている。

コブシ茶飲む 大日ケ岳 (1,709.0M)   下山編_d0170615_09562908.jpg



オオカメノキ

コブシ茶飲む 大日ケ岳 (1,709.0M)   下山編_d0170615_09563969.jpg


コブシ

コブシ茶飲む 大日ケ岳 (1,709.0M)   下山編_d0170615_09570426.jpg



コブシ茶

途中でお茶タイム、コブシの花をカップに入れて

熱い湯を注ぐ、

しばらくするとおいしい味が出る。

コブシ茶飲む 大日ケ岳 (1,709.0M)   下山編_d0170615_09564737.jpg



山 頂

水後山山頂に下山してきた。

コブシ茶飲む 大日ケ岳 (1,709.0M)   下山編_d0170615_09565673.jpg


ムラサキヤシオツツジ

コブシ茶飲む 大日ケ岳 (1,709.0M)   下山編_d0170615_09571357.jpg



ゲレンデ

スキー場ゲレンデまで下ってきた。

コブシ茶飲む 大日ケ岳 (1,709.0M)   下山編_d0170615_09572005.jpg



下 山

無事、駐車場まで下山してきた。

コブシ茶飲む 大日ケ岳 (1,709.0M)   下山編_d0170615_09573045.jpg



169.png175.png169.png175.png169.png

ブログランキング参加中です 

下の登山マークをクリックお願いします






# by noboru131215m | 2022-06-29 06:00 | Comments(0)

2022年05月25日

雨乞岳登山、下山は東雨乞岳から登りとは別の三人山

経由で下る。

登山道は厳しく慎重に下った、そのご褒美に山つつじが

綺麗に咲いていた。



木の根ふみ進む山道雲の峰

トラバース無心で進む浅き夏

新緑や新たにこころ洗われる

打ち水や京都の町家思い出す



新 緑

新緑の中に赤い山つつじがちょうど見ごろ、

綺麗に咲いている。

山つつじ咲く 雨乞岳 (1,238M)   下山編_d0170615_21090731.jpg



山つつじ

山つつじの木は大きく立派で多くの花を咲かせている。

山つつじ咲く 雨乞岳 (1,238M)   下山編_d0170615_21091696.jpg



山つつじ

登山道わきに大きな木の山ツツジの木が花を咲かせている。

山つつじ咲く 雨乞岳 (1,238M)   下山編_d0170615_21092564.jpg



三人山

三人山山頂、展望は無し。

山つつじ咲く 雨乞岳 (1,238M)   下山編_d0170615_21094697.jpg



登山道

木の根の上を通って行く。

滑って転ばないように慎重に進む。

山つつじ咲く 雨乞岳 (1,238M)   下山編_d0170615_21095770.jpg



樹間から

樹間から近くの山々を望む。

山つつじ咲く 雨乞岳 (1,238M)   下山編_d0170615_21100584.jpg


山つつじ

山つつじ咲く 雨乞岳 (1,238M)   下山編_d0170615_21101654.jpg



鎌ケ岳方面

登山道樹間より釜ケ岳方面を望む。

山つつじ咲く 雨乞岳 (1,238M)   下山編_d0170615_21102510.jpg



トラバース

危険な斜面を横切る、

滑落しないように慎重に歩く。

山つつじ咲く 雨乞岳 (1,238M)   下山編_d0170615_21103351.jpg



下 山

長時間の登山であったが、全員無事下山した。

山つつじ咲く 雨乞岳 (1,238M)   下山編_d0170615_21104225.jpg


169.png175.png169.png175.png169.png

ブログランキング参加中です 

下の登山マークをクリックお願いします


# by noboru131215m | 2022-06-28 08:12 | Comments(0)

2022年06月25日

三峰山山頂に到着して360度の展望を楽しむ、

暑くて汗が吹きだしてくる、少しいて展望台に向けて

下山を開始する。

展望台で遅い昼食を取る、のんびり過ごしていると

天気が怪しくなってきた。

南西方面から雷雲が流れてくる、やがて雨とあられが

凄いいきよいで降りだした。



雷がてんぼうだいを急襲す

庭先の紫陽花眺め帰りゆく

吹き抜ける風雨強く登山小屋

五月晴れどの田も映す青い空



岩場より

途中岩場に少し下って涼しいところがあれば

昼食を取ろうと思ったが木陰が無く暑い。

昼食を取りのをあきらめて景観を楽しみ山頂を目指した。

雨風強く雷なる 三峰山 (245M)   下山編_d0170615_09005257.jpg



各務原市街

岩場から各務原市街方面を望む

雨風強く雷なる 三峰山 (245M)   下山編_d0170615_09010150.jpg




山 頂

三峰山山頂に着く、360度の大展望。

今日は蒸し暑い、少しいて展望台を目指して下山する。

雨風強く雷なる 三峰山 (245M)   下山編_d0170615_09010965.jpg




展望台

展望台に到着する、ここで昼食を取る。

風が吹き抜け爽やか。

雨風強く雷なる 三峰山 (245M)   下山編_d0170615_09011785.jpg



権現山

展望台から、尾崎権現山方面を望む。

雨風強く雷なる 三峰山 (245M)   下山編_d0170615_09012613.jpg




展望台でのんびりしていたら、南西方面から雷雲が

流れてきた。

雨、風、霰、猛烈な生きよいで吹き荒れた、

ズボンなどはびしょぬれ、慌てて合羽を着る。

雨風強く雷なる 三峰山 (245M)   下山編_d0170615_09013509.jpg



下 山

雷雲も過ぎ去り、中央登山口に下山を開始する。

登山道わきのくちなしの花。

雨風強く雷なる 三峰山 (245M)   下山編_d0170615_09014579.jpg



アベリア

登山道わきに沢山咲いていた。

雨風強く雷なる 三峰山 (245M)   下山編_d0170615_09015835.jpg



アベリア

強い雨に打たれても花は綺麗に咲いていた。

雨風強く雷なる 三峰山 (245M)   下山編_d0170615_09020999.jpg



紫陽花

中央登山口に下山、尾崎団地の中を通って車まで戻る。

庭先の紫陽花の花。

雨風強く雷なる 三峰山 (245M)   下山編_d0170615_09021929.jpg



紫陽花

民家の庭先に咲く紫陽花。

雨風強く雷なる 三峰山 (245M)   下山編_d0170615_09022916.jpg




169.png175.png169.png175.png169.png

ブログランキング参加中です 

下の登山マークをクリックお願いします







# by noboru131215m | 2022-06-27 10:03 | Comments(0)

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山


by noboru131215m