雪の養老山 (858.9M) 登頂 編

2018年02月03日


養老の滝までの道。

公園駐車場から養老の滝まで登山者が歩いて20分~25分くらいかかる。

道路は綺麗に整備されて歩きやすく谷川を眺めながらの散策は楽しい。

養老の滝は岐阜県でも指折りの有名な観光地で日本全国から

多くの観光客の方が訪れる。

いつものことではあるが、上り下りの時観光客の方に滝まで

’あとどのくらい’ 多くの方に聞かれる。

道路わきに滝までの 距離と時間 を書いた看板の設置があると良いと思う。





d0170615_10384864.jpg





養老の滝。

滝の水がお酒になった伝説の滝、冬場にしては水量が多い。






d0170615_10515331.jpg




上の駐車場。

公園内にある駐車場と滝の少し上にある駐車場がある。

上の駐車場には車が一台あった。





d0170615_10390699.jpg




登山開始。

上の駐車場から林道を少し登り滝の上まで行く

谷川を渡って登山を開始した。







d0170615_10391505.jpg




雪の登山道。

谷川を渡り登山道に入る、急な登りの登山道が続く。






d0170615_10392200.jpg




三方山分岐。


この標識から5分ほどで三方山山頂に到着する。

山頂では別の3人組の方と一緒になった、途中で何度も

抜いたり抜かれたりして登山を続けた。







d0170615_10392997.jpg



三方山山頂。

山頂から木曾三川が良く見えた。

手前から揖斐川・長良川・木曽川である。






d0170615_10393578.jpg




小倉山山頂手前。

この辺りからガスが出て視界も悪くなってきた、風も強く吹いて来た。

雪の量は多かった、よく踏み固められていてワカン・アイゼン装着なしで

登ることが出来た。






d0170615_10394515.jpg





小倉山山頂通過。

山頂からの展望は非常に良いが、今はガスで何も見えない

通過することにした。






d0170615_10395370.jpg




養老山山頂を目指す。

小倉山山頂を過ぎ養老山山頂を目指す、雪の量もだんだん多くなってきた。

時々先に登った登山者とすれ違う。






d0170615_10400599.jpg




黒い雲。

今日は快晴かな期待して登ってきたが山の上は悪天候になってしまった。






d0170615_10401336.jpg





養老山山頂手前。

雪が深くなってきた、山頂までもう少し頑張って登る。







d0170615_10402170.jpg




養老山山頂。

3時間ほどで山頂に到着した。山頂は残念ながら展望が無い。

10分ほどいて下山を開始した。






d0170615_10402909.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by noboru131215m | 2018-02-05 11:48 | Comments(0)

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山