雪の小津権現山 (1,157.8M) 中腹まで登る

2018年02月18日

朝早く自宅近くの集合場所から五人で出かける、今朝の冷え込みは厳しく

道路は凍結していた。

道路にはいつもと違い大量の薬品がまかれ道路はあられが降ったように真っ白だった。

峠などは少し雪が残っており滑らないように慎重に進んで行った。




岐阜 6.00 ー 横山ダム近くP 7.20 ~ 7.35 ー 下から二番目鉄塔 8.30 ~ 8.35 ー

小津権現山中腹 10.55 ~ 11.25 ー 横山ダム近くP 13.15 ~ 13.30 ー 谷汲華厳寺

14.15 ~ 14.30 ー 岐阜





駐車場。

横山ダム近くの国道わきに車を止める雪が少し残っていた。

バス亭であるので邪魔にならないよう隅の方に停車した。





d0170615_19083974.jpg




登山口。

国道から少し林道を登り登山口から登山を開始した。

雪に隠れた溝がありドボンとはまってしまった。







d0170615_19084612.jpg




急な登り。

登山口から急な登りが続く、アイゼンを装着してない良く滑る歩きにくい。

アイゼンを装着して登るのが正解であった。






d0170615_19085406.jpg




鉄塔。

登山口から雪で埋まってしまっていた登山道を探しながら登ってきた。

かなりエネルギーを消耗した。






d0170615_19090157.jpg




天気。

登山は何と言っても天気が良くないと楽しくない。

いまのところ天気は良い。

鉄塔から振り返り近くの山々を眺める。雪が多く積もっている。






d0170615_19090828.jpg





ワカン。

雪の量が多くなり足が雪の中に沈んで歩きにくくなってきた。

そろそろワカンを装着する必要がある。






d0170615_19091513.jpg






風。

良く晴れているが風が冷たく強く吹いている。






d0170615_19092320.jpg




ワカンを装着。

雪の量が多くなってきたワカンを装着した。






d0170615_19093215.jpg





電波塔?。

ここまでの所要時間は2時間10分、かなり時間がかかった。







d0170615_19093963.jpg




せっぴ。

ここの辺りまで登ってくると谷側には雪庇(せっぴ)が多く有った。



d0170615_19095521.jpg





樹氷なし。

今日は樹氷があるかな、期待してきたが少し暖かいのかな残念ながら

樹氷はほとんどなかった。





d0170615_19100229.jpg





順調に登る。

尾根の深い雪の中を順調に進んでゆく。





d0170615_19101091.jpg





折り返し時間。

山頂まで行くには時間が足りない。引き返す予定時間12時であるが

もう少し早めて下山することにした。






d0170615_19101694.jpg




樹間から。

樹間から近くの山々を望む。





d0170615_19102365.jpg





昼食。

小津権現山山頂まではまだかなり時間がかかる。

ここで引き返すことにする。

眺めの良い所で昼食を済ませて下山を開始した。






d0170615_19103095.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-02-19 21:44 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
line

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山


by noboru131215m
line
カレンダー