伊豆山陵を歩く 達磨山 (981.9M) 登頂 編

2018年04月04日

西伊豆スカイライン戸田峠登山口駐車場から金冠山に登頂して、

下山してきた。

再び戸田峠登山口から今度は反対側の達磨山山頂を目指して登山開始した。

天気は快晴、風も爽やか素晴らしい登山日和が続いている。




達磨山山頂。

山頂まで2K、約1時間の行程である。




d0170615_16363880.jpg




あせび街道。

登山道は地道が続きこの辺りは歩きやすい

両脇にはあせびの花がびっしり咲いている。




d0170615_16364593.jpg



土肥。

登山道より昨夜宿泊した土肥方面を望む。





d0170615_16365312.jpg




富士山。

振り返れば先ほど登った金冠山・富士山が良く見える。

富士山の裾野はかすんで良く見えない。






d0170615_16370023.jpg




標識。

標識が要所要所に設置されている。中間地点付近まで来た。





d0170615_16371946.jpg




西伊豆スカイライン。

登山道より達磨山山頂方面、スカイラインを望む。

大きな爆音を上げて単車がカッコ良く疾走してゆく。






d0170615_16372892.jpg



分岐。

分岐には必ず標識がある、道迷いの心配はなかった。





d0170615_16373583.jpg




長い階段。

ところどころに長い階段があった。

危険なところは無いが階段が続くと登って行くのに大変である。






d0170615_16374186.jpg




達磨山山頂。

一時間で山頂に到達する。大きな岩がある。







d0170615_16374932.jpg




参加者。

参加者全員元気いっぱい。山頂で昼食を取る。

天気は快晴であるが風が強く吹いて来た。山の天気は変わりやすい。





d0170615_16375632.jpg




下山開始。

もう少し先まで行く予定であったが、

風が強く吹き出し引き返すことにした。





d0170615_16380344.jpg





西伊豆スカイライン。

登山道からスカイラインに出て歩くところがあった。

車と単車に注意が必要。






d0170615_16381140.jpg




達磨山を後に。

振り返り達磨山・伊豆の山々を眺めて下山を急ぐ。





d0170615_16382587.jpg




あせびの花。

登山道を覆うあせびの花。







d0170615_16385550.jpg




山桜。

登るときにはあまり咲いていなかったが、

下山して来たらほぼ満開になっていた。





d0170615_16391420.jpg




戸田峠登山口駐車場。

12時少し前に下山してきた。

帰りは時間があるので海岸線を通って帰ることにする。

これが大当たり、内浦漁港祭を見学することが出来た。




d0170615_16392273.jpg

173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-04-08 16:43 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
line

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山


by noboru131215m
line
カレンダー