里に花が咲く 見行山 (905.1M) 下山 編 

2018年04月16日

今日は天気よく穏やかな日和、昼食を済ませて下山を開始した。

山頂から北西方面に下って丈右衛門新道を目指す、25分ほど下ると

丈右衛門新道との五差路に出会う、左におれ丈右衛門新道を進んでゆく。

途中で集落に出て、また登山道に入って行く。

登山道わきにはミツバツツジ、ヤマサクラなどが咲いていて目お楽しもせてくれた。

ただ途中に登山標識がほとんど無く中々難しいコースであった。




見行山山頂。

下山を開始した。振り返り山頂ともお別れする。





d0170615_07323794.jpg



下山道。

山頂付近の木々は伐採されて広場になっている。

北西方面に下り登山道入り口があった。

まだ整備中、どんな木々が植えられるか楽しみである。





d0170615_07324679.jpg




丈右衛門新道。

丈右衛門新道との五差路に下山してきた、左折して67番鉄塔を目指す。

登山道は地道で歩きやすかった、ところどころに倒木があり

行くてを塞いでいるところがあった。






d0170615_07325459.jpg



苔むした岩。

登山道わきの岩には苔がびしりと覆っていた。





d0170615_07330162.jpg



ミツバツツジ。

登山道わきにミツバツツジが咲いていた。

疲れを癒してくれる。





d0170615_07330829.jpg




ショウジョウバカマ。

ショウジョウバカマの花がひっそりと咲いていた。





d0170615_07331532.jpg




集落の花。

登山道を下り一旦集落に出る、少し歩いてまた山の中に入って行く。

桜が満開であった。




d0170615_07332416.jpg




八重桜。

真っ青な空、八重桜と良くマッチしていた。





d0170615_07333753.jpg



ヤマモモ。

真っ赤なヤマモモ、一段と目を引いた。





d0170615_07334457.jpg



ボケ。

この集落にはいろいろな花が咲いている。

登山者を歓迎しているようだった。





d0170615_07335206.jpg



集落ともお別れ。

綺麗な花を見せてもらい感謝一杯。

里をゆくサクラハナモモ桃源や





d0170615_07335942.jpg




植林。

再び山の中に入り植林された木々の仲を進んでゆく。





d0170615_07340814.jpg



67号鉄塔。

ようやく大きな鉄塔に到着した。






d0170615_07341591.jpg




高圧線。

登山中に高圧線があるところは自分の位置を地図で確認しやすい。

立派な大きな鉄塔である。





d0170615_07342900.jpg




今日の木。

今日は中々面白い木が見つからなかった。

67号鉄塔の真ん中にタコのようにでんと構えている切株。

鉄塔を作るとき撤去されなかった、ちょっと不思議。






d0170615_07342376.jpg



集落方面。

鉄塔からほんの少り来た道を下る、この標識を右に下って行く。





d0170615_07343768.jpg




苔玉。

登山道わきに自然にできた苔玉があった。





d0170615_07350076.jpg



集落。

鉄塔から下り集落近くまで下山して来た。





d0170615_07350924.jpg



登山を終えて。

好天気に恵まれて無事登山を終えた。

登りは短時間で山頂まで登ることが出来た。

下山は中々手ごわかった、標識が殆んどなく

地図とにらめっこの下山であった。

ミツバツツジ・山桜・ヤマモモなどの花が見ごろ

目を楽しませてくれた、楽しい時間を過ごした。






d0170615_07351806.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-04-17 08:58 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
line

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山


by noboru131215m
line
カレンダー