日本二百名山 大日ケ岳 (1,709.0M) 下山 編

2018年05月25日

大日ケ岳山頂で40分ほど過ごし下山を開始した。薄い雲が空を覆いだした、

雨の心配はないと思うが帰りを急ぐことにした。

下山は登りより楽になるはずだが、この大日ケ岳は登り下りが多くかなりきつかった。

尾根下りは360度の大パノラマを楽しみながらの下山であった。




釜ケ峰。

下山を開始した。

目の前の釜ケ峰山頂を目指す。

谷間に残雪が残っている。





d0170615_09235159.jpg




白山(右)・別山。

尾根歩き緑の木々の向こうに、

残雪の白山・別山を望む。






d0170615_09242233.jpg




イワカガミ。

足元を見る。

イワカガミの群生。

生き生きしている。





d0170615_09244088.jpg




イワナシ。

優しい花。

花は弱くて長持ちしない。





d0170615_09244884.jpg




ムラサキヤシオ。

鮮やかな色、山の中で目立っている。





d0170615_09245530.jpg





曇り空。

山は午後になると曇が出ることが多い。

登山口方面を見る。




d0170615_09250784.jpg




イワカガミ。

このイワカガミ鮮やかな色。





d0170615_09251441.jpg




急な登り。

急な登り、頑張って登って行く。

谷間に残雪が残る。





d0170615_09252582.jpg




ヤマブキソウ?

登山道わきに良く咲いている。




d0170615_09253330.jpg



ガマズミ。

この木はまだ小さい。

花は頑張って咲いている。





d0170615_09254183.jpg




ムラサキヤシオ。

まだ蕾、いつ花を開くかな。





d0170615_09255066.jpg





釜ケ峰山頂。

釜ケ峰山頂まで下山。

青い空が戻ってきた。

次は水後山山頂を目指す。



d0170615_09255894.jpg



釜ケ峰山頂より。

山頂より水後山を目指す。

登山口方面を望む。

今まで山であった人、3人。

人気の山だが、今日の登山者少ない。




d0170615_09260682.jpg




イワカガミ。

笹竹の中。

負けずに頑張って咲いている。





d0170615_09261365.jpg




ヤマブキソウ?




d0170615_09262007.jpg




水後山山頂。

ようやくここまで下山した。

あと1時間30分ほど頑張る。






d0170615_09262847.jpg




遠望。

登山口近くのスキー場。

石徹白方面を望む。




d0170615_09263599.jpg




ガマズミ。




d0170615_09264355.jpg



ムラサキヤシオ。

林の中。

一番目立っていた。







d0170615_09265188.jpg




ムラサキヤシオ。

山歩くムラサキツツジ目に染みる。



d0170615_09265773.jpg



ゲレンデ。

スキー場ゲレンデ。

この下りがきつい。







d0170615_09270533.jpg




レンゲツツジ。

スキー場ゲレンデ横。

レンガツツジが咲いていた。

ふと見れば藪に紛れて蓮華かな。





d0170615_09271208.jpg




檜峠登山口。

登山口に下山。

下りはきつかった。

最後にあったご夫婦登山者。

水後山山頂まで登るの事だった。

もう少し登ると白山・別山見えるとすすめる。







d0170615_09271956.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-05-29 10:31 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
line

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山


by noboru131215m
line
カレンダー