*****日本百名山 伊吹山 (1,337.3M) 登頂 編*****

2018年06月17日

伊吹山登山口に車で向かう途中小雨が降り出した、今日の天気はあまり良くない。

登山口に着くも今日は日曜日どの駐車場も満杯状態。

狭い道を上り一番高いところにある駐車場まで行く、3台ほどの空きがった

車を止める、駐車場代金は400円、準備をして入山料を支払い登山を開始した。



自宅 6.30 ー 伊吹山登山口 7.40 ~ 7.55 ー 伊吹山山頂 11.05 ~ 12.00 ー

伊吹山登山口 14.45 ~ 15.00 ー 大垣市曽根城公園 16.10 ~ 16.30 ー自宅






伊吹山一合目。

一合目旅館前まで登ってきた、

多くの登山者がここで一休み。



d0170615_10484025.jpg





元スキー場ゲレンデ。

休憩を済ませて登山を開始する。

人気の山伊吹山、

多くの登山者が登って行く。





d0170615_10484921.jpg








二合目。

二合目辺りから振り返り

琵琶湖方面を望む。





d0170615_10490599.jpg






登山道脇に咲く花。

クサフジ、多く咲いていた。




d0170615_10491130.jpg






花の名前?。




d0170615_10492043.jpg






三合目。

三合目の花畑に咲くユウスゲ。





d0170615_10492704.jpg







ヒメフウロウ。

所々にポツポツと咲いていた。




d0170615_10493420.jpg






ササユリ。

三合目柵の中の花畑に咲いていた。






d0170615_10494296.jpg






ミヤマコアザミ。

蝶々が花の蜜を吸っている。






d0170615_10495084.jpg







イブキトラノオ。

三合目の休憩付近に咲く。




d0170615_10495790.jpg






タニウツギ。

ちょうど見ごろであった。



d0170615_10500498.jpg







五合目。

花を探しながら2時間ほどかけて登ってきた、

多くの登山者が休憩をしている、

山小屋は営業していない、

今日は雲の流れが右側から左側に流れている、

何時も来るときと反対方向である。





d0170615_10501276.jpg






7合目。

7合目辺りから振り返り望む、

琵琶湖方面はかすんでいる。





d0170615_10501995.jpg







イブキガラシ。

登山道の中に咲いている、

踏まれないように。




d0170615_10502622.jpg





8合目。

8合目辺りから望む、

琵琶湖方面を望むがはっきり見えない。





d0170615_10503380.jpg






登山者。

多きの登山者が山頂を目指す、

天気は今のところ晴れている。






d0170615_10504216.jpg







山頂方面。

山頂方面を見る、

ガスが東側から出てきた、





d0170615_10504903.jpg








振り返り見る。

登山道は段々と厳しくなってきた。





d0170615_10505764.jpg






登山者。

多くの登山者、

若いグループ、

子供を含むフアミリー、

ベテラングループ、

あらゆるグループが登山を楽しむ。






d0170615_10510484.jpg







クサタチバナ。

登山道脇に多く咲いていた。



d0170615_10511411.jpg






9合目。

山頂手前から琵琶湖方面を望む、

ガスが空を覆い隠してきた。





d0170615_10512119.jpg






伊吹山山頂。

山頂に着く、

ガスが山頂を覆っている、

どうも今日はガスが出たり入ったりしている。




d0170615_10512702.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-06-18 12:44 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
line

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山


by noboru131215m
line
カレンダー