***** 乗鞍岳畳平 お花畑散策 *****

2018年07月01日

朴ノ木平スキー場まで車で来る、バスに乗り換え乗鞍スカイラインを

経由して畳平駐車場まで行く。

天気が良ければアルプスなどの山々を遠望することが出来る、

今日はちょうどバスで登って行くときはガスが出て残念ながら

山々を見ることが出来なかった。




岐阜 6.00 ー 関IC ー 飛騨清見IC ー 朴ノ木平スキー場 8.15 ~ 8.45 ー

畳平駐車場 9.30 ~ 10.20 ー 肩の小屋 11.10 ~ 11.25 ー 剣が峰 12.15

~ 12.50 ー 富士見台山頂 14.30 ~ 14.45 ー 畳平駐車場 15.15 ~ 15.50

ー 朴ノ木平スキー場 16.45 ~ 17.00 ー 岐阜




朴ノ木平スキー場。

駐車場にはすでに沢山の車が止まっていた。

2,300円でバスの往復乗車券を購入する。

9時50分出発であったが、乗客が多いため

臨時便が出て少し早めに集発が出来た。





d0170615_19024355.jpg







車窓から。

乗鞍スカイラインを通過中

残雪があった、車窓からパチリ。



d0170615_19024492.jpg






鶴ケ池。

畳平手前の鶴ケ池、車窓からパチリ。

いつ来ても池の水は多く有る。




d0170615_19024969.jpg






畳平駐車場。

登山準備はバスに乗る前にしてあるからすぐに

この建物の裏にあるお花畑見学に行く。

お花畑に下る階段が雪のため通行止め

建物をぐるりと周りお花畑におりた。




d0170615_19024772.jpg






お花畑。

畳平付近はガスも晴れた

ハクサンイチゲ・ミヤマキンバイが

群生して咲いていた。

高度順応のためお花畑見学をしてから

登山を開始予定。


d0170615_19031583.jpg






ミヤマキンバイ。

ミヤマキンバイが群生していた

ちょうど見ごろであった。




d0170615_19032393.jpg






ハクサンイチゲ。

ハクサンイチゲが群生していた。

ミヤマキンバイと同じように

見ごろを迎えていた。




d0170615_19033305.jpg






残雪。

お花畑周りの吹き溜まりには

残雪があった。

ガスも遠慮がちに少しだけ出ている。



d0170615_19034276.jpg






イワカガミ。

お花畑の標識辺りに咲いていた。




d0170615_19035054.jpg





標識。

お花畑の中にある標識。

お花畑コースを回る。

d0170615_19035784.jpg






恵比寿岳。

お花畑から恵比寿岳方面を望む。

この山は危険なため登山禁止になっている。



d0170615_19040568.jpg






ハクサンイチゲ。

ハクサンイチゲとイワカガミとが

混在して咲いている。



d0170615_19041287.jpg





ミヤマキンバイ。

お花畑の木道からパチリ。




d0170615_19042045.jpg






木道を行く。

今日参加の皆さんです。

花を見ながらの散策

花が多く咲いていて楽しい。



d0170615_19042836.jpg






木道。

木道は綺麗に整備されている。

花も多く咲き楽しむことが出来た。




d0170615_19043647.jpg






黒百合三兄弟。

黒百合の蕾が沢山あった、

これから本格的に見ごろを迎かえる。




d0170615_19045292.jpg






大きな岩。

木道の脇に大きな岩がデンと座っていた。

綺麗な岩である。



d0170615_19050026.jpg






黒百合。

まだ蕾が多いが咲いている花をパチリ。



d0170615_19050996.jpg





富士見岳。

木道から富士見岳を望む。

お花畑の中に小川が何本か流れている。


d0170615_19051922.jpg





剣が峰。

剣ヶ峰方面は青空も出てきた。

だんだん天気が良くなりそう

大いに楽しみである。





d0170615_19053066.jpg






散策終了。

お花畑を周回して花を楽しんだ

駐車場まで戻り登山を開始する。


d0170615_19053877.jpg



173.png178.png169.png178.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-07-02 20:28 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
line

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山


by noboru131215m
line
カレンダー