***** 花の百名山 アポイ岳 (810.2M)  登頂 編 *****


2018年07月26日

アポイ岳中腹を過ぎても相変わらずガスが立ち込めいて

展望がいまいちである。

足元には色々な花が咲いていて目を楽しませてくれる。

登山道は岩場などが出てきてだんだん厳しくなってきた。

低山ではあるが厳しい登山となった。





アポイ岳山頂

山頂方面はガスが掛かっている

風でガスが流されて良く見えるときもあるが

すぐに山頂方面は隠れてしまう。


d0170615_09305703.jpg



d0170615_09311546.jpg





イブキジャコウソウ

d0170615_09312349.jpg





岩場を登る

所々に岩場が出てくる、

滑落するような危険場所は無いが慎重に登って行く。


d0170615_09313058.jpg





コオニユリ


d0170615_09313907.jpg




d0170615_09314672.jpg





山頂

山頂が目の前に迫ってきた

頑張って山頂を目指す。


d0170615_09320221.jpg




リンドウ

d0170615_09325079.jpg




岩場

登山でこんな岩場を登るのは楽しい。

d0170615_09323757.jpg





サマニオトギリ

d0170615_09324429.jpg



アポイ岳山頂

山頂には誰もいなかった、

木々に囲まれて残念ながら展望は無い。


d0170615_09330579.jpg



小学生登頂

しばらくすると地元の小学生が登ってきた

男子生徒6人、女子生徒1人

クラスの精鋭部隊である。


d0170615_09325729.jpg




173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-08-09 10:13 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
line

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山


by noboru131215m
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31