表銀座縦走 大天荘 編


2018年08月27日

表銀座・裏銀座の登山道を切り開いた小林喜作の

レリーフのあるところ後にして大天荘を目指して出発した。

長い梯子を登り尾根道に出る、良く晴れて快適な登山を続ける。




長い階段

小林喜作のレリーフのところで休憩を済ませて

階段を登り進む。

d0170615_17262068.jpg





難所

少し進んだ所から難所の場所を振り返る。

多くの登山者が通過中であった。

d0170615_17263250.jpg




大天荘

大天荘まで300M、すでに3時間以上歩いてきた、

もう少し頑張るぞ。山の300Mは結構時間が掛かる。

d0170615_17264067.jpg





青い空

登山は天気が良いのが一番、

気持ちよく登って行く。

d0170615_17265011.jpg




大天荘

ようやく今日の中間地点大天荘に到着した。

多くの登山者休憩をしていた。

d0170615_17265701.jpg




大天井岳

大天荘まえにザックなど置き身軽になって

大天井岳山頂を目指す。

d0170615_17270517.jpg




槍ヶ岳

大天井岳山頂を目指す登山道から

憧れの山、槍ヶ岳が良く見えた。

d0170615_17271326.jpg




今日の参加者

大天井岳頂上、雲が少しかかった槍ヶ岳をバックにパチリ。

全員元気いっぱい。


d0170615_17272111.jpg





下山開始

頂上で景観を十分楽しみ下山を開始した。

d0170615_17272966.jpg




大天荘

大天井岳から下山。

昼食は大天荘で評判の良いインデアンランチを

食べることにしている。

営業開始まで時間がある、外のベンチで待つことにした。

d0170615_17273617.jpg




常念小屋

インデアンランチは非常に美味しかった、

満足して常念小屋を目指す。

d0170615_17274412.jpg




槍ヶ岳

進行方向左側に槍ヶ岳が聳えている、

眺めながらの走行である。

d0170615_17275272.jpg




リンドウ

d0170615_17275984.jpg



d0170615_17280691.jpg




きつい登り

尾根を進んでゆく、登ったり、下ったり

なかなか厳しい登山道である。

d0170615_17281916.jpg




ナナカマド

d0170615_17282600.jpg




穏やかな山

歩きながら前方を見る、歩きやすそうだが

歩いて見るとなかなか登りがきつかった。

d0170615_17283489.jpg





常念岳

常念岳の標識が出てきたが

まだまだ常念小屋までは時間がかかりそうである。

d0170615_17284268.jpg



d0170615_17285019.jpg




標識

所々に標識がある、標識を見て進むことが出来る

感謝、感謝。


d0170615_17285889.jpg




173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします



にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-09-08 18:58 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
line

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山


by noboru131215m
line
カレンダー