京都三千院参拝&大尾山・小野山縦走する 大尾山登頂編


2018年11月15日

早朝、京都に向けて車を走らせる、天気は快晴今日は良い登山が出来そうである

そんな淡い期待をしながら進んでゆく。

琵琶湖大橋を渡り京都大原方向の空をを見ると今日登る山の上辺り雲が

多く広がっている、京都大原三千駐車場に着く。

駐車場で管理人のおばさんがクマが出没しているから気を付けてと注意を受ける。

鈴をザックから出して鳴らしながらの登山となった。



岐阜 6.00 ー 京都三千院前駐車場 9.00 ~ 9.15 ー 大尾山山頂 11.10 ~ 11.50 ー

小野山山頂 12.35 ~ 12.40 ー 大原小野山登山口下山 14.05 ー 三千院参拝 14.35

ー 16.00 ー 京都三千院前駐車場 16.15 ~ 16.30 ー 岐阜




三千院前駐車場

まだ時間が早く駐車場はすいていた。

料金は500円、最近里にクマが出没する十分注意するようにと

アドバイスを受ける。

d0170615_09355716.jpg




三千院参道

参拝は登山を終えからする。

色付いた木々を見ながら三千院の南側の道路を登って行く。

d0170615_09360499.jpg




三千院の裏手

三千院の一番奥辺りの色付いた木々を見ながら進む。

d0170615_09361498.jpg




庭園

三千院の裏手にある寺院庭園の色付いた木々を見ながら進む。


d0170615_09362273.jpg





d0170615_09362917.jpg



d0170615_09364246.jpg




大尾山登山口

色付いた木々を見ながら進み登山口まで来た。

この辺りは木々の倒木はなかった。

d0170615_09365764.jpg




音なしの滝

一の滝と言われている。

d0170615_09370575.jpg




音なしの滝

滝の呼び名の由来が書かれている。

d0170615_10145973.jpg




徒渉

登山道を谷川に沿って登って行く。

何度も徒渉を繰り返しながら登って行く。

d0170615_09371598.jpg




色付いた木

登山道から上を向くと色付いた木々が見られた。

癒されながら登って行く。

d0170615_09372301.jpg



倒木

夏場の台風で凄い数の倒木がある、

くぐったり、またいだりして登って行く。

d0170615_09373006.jpg




三の滝

二ノ滝は見落としてしまった。

d0170615_09373786.jpg




案内板

所々に案内板が設置されている。

この山は低山ではあるが、徒渉あり、倒木あり

非常に厳しい山となっている。

d0170615_09374593.jpg



倒木

登山道の倒木をくぐったり、またいだりして登ってきた。

この先すごい倒木、谷沿いのコースから尾根に上がり

尾根を進むことにして尾根に上がる。

d0170615_09375381.jpg




色付いた木々

空を見上げると時々青空が表れて光が差し込んでくる。


d0170615_09380013.jpg




ツツジ

登山道わきに季節外れのツツジが咲いていた。

d0170615_09380759.jpg




尾根を行く

尾根に出て道なき道をスマホと地図を見ながら進んでゆく。

d0170615_09381651.jpg




大尾山

悪戦苦闘、無事山頂に到着した。

今日の参加者。

d0170615_09382863.jpg




173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-11-16 10:41 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
line

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山


by noboru131215m
line
カレンダー