2018年 02月 01日 ( 1 )


坪庭から縞枯山 (2,403M) 登頂する。

2018年01月27日


縞枯山。

坪庭を出て冷たい風の当たらない場所で昼食を済ませた。

次の目標縞枯山を目指して出発した。

天気は良いが依然として猛烈な寒さである。





d0170615_20380093.jpg




登山口。

縞枯山荘前を通過して縞枯山登山口に到着した。





d0170615_20381022.jpg



雪のトンネル。

登山口から尾根までは急登が続き苦しい。

ただ周りの大量の雪に励まされて登って行く。






d0170615_20381827.jpg




尾根。

尾根前はアイゲンでも滑るくらい急な登りである。





d0170615_20382632.jpg




尾根を進む。

快晴の縞枯山尾根を進んで展望台を目指す。





d0170615_20383393.jpg




雪原。

いつもこのような光景を中々見ることはできない。

雪をかぶった木々見ごたえがあった。







d0170615_20384010.jpg



南八ヶ岳連峰。

縞枯山山頂から南八ヶ岳連峰方面を望む。

この光景はいつ見ても最高に良い。






d0170615_20384934.jpg




空。

山に登り良く晴れた日の空のこの色を見ると心洗われる思いがする。






d0170615_20385515.jpg




南八ヶ岳連峰。

冬の赤岳なども一度登ってみたい。







d0170615_20391716.jpg






縞枯山展望台。

縞枯山展望台からの眺めが非常に良い、参加者の娘さんにちょっと踊ってもらった。







d0170615_20392788.jpg




展望台。

浅間山方面を望む。






d0170615_20393778.jpg



岩。

展望台あたりはごつごつした岩に囲まれている。

岩の間から南八ヶ岳連峰方面を望む。






d0170615_20394616.jpg




モンスター。

尾根周りの木々はモンスターと呼ぶのには雪の付きが少し少ない。

この辺りの雪はサラサラで着きにくいかもしれない?。






d0170615_20395361.jpg



帰り道。

山の上は風が吹き抜け寒いあまり長く同じところにとまることが出来ない。

北横岳方面を見ながら下山口に向かう。






d0170615_20400012.jpg




今日参加の皆さん。

下山口、風の当たらないところでパチリ。







d0170615_20400840.jpg




下山開始。

天気よく360度の展望に堪能して下山を開始した。





d0170615_20401495.jpg

173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by noboru131215m | 2018-02-01 21:07 | Comments(0)
line

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山


by noboru131215m
line
カレンダー