2018年 07月 03日 ( 1 )


*** コマクサ咲く 乗鞍岳 (3,025,7M) 肩の小屋 編 ***

2018年07月01日

畳平駐車場横のお花畑を散策して、高度に十分体をならして

登山を開始した。

駐車場から鶴ケ池の横を通り富士見岳の麓を通りコマクサ・

イワカガミなどの花々を見ながらの肩の小屋を目指す。

だんだん天気は良くなってきた。




畳平駐車場。

お花畑の見学を終了して、

駐車場に戻り登山を開始する。



d0170615_16360731.jpg






イワカガミ。

登山道わきに沢山のイワカガミが咲いている。

今が見頃である。



d0170615_16361552.jpg






鶴ケ池。

池の周りには残雪があった

水のない所には色々な花が咲いている。



d0170615_16362294.jpg





コマクサ。

富士見岳の麓にコマクサが咲いていた。

この株は花が開き見ごろを迎えていた。



d0170615_16362919.jpg





コマクサ。

コマクサの株は小さいが

群生している。



d0170615_16363771.jpg






富士見岳。

麓の登山道を通り肩の小屋

目指して登って行く。

帰りに登頂予定である。



d0170615_16365316.jpg






標識。

富士見岳の標識。

山頂には10分程で登ることが出来る。



d0170615_16370288.jpg






コマクサ。

岩がゴロゴロしている所に

このんで咲く。




d0170615_16371948.jpg






イワカガミ。

花の名前、コイワカガミかも?。



d0170615_16374814.jpg





イワツメノクサ。

登山道わきに咲く

暑くなれば段々株が大きくなるかな。



d0170615_16374105.jpg






ミヤマガラン。

道路の淵にひっそりと咲いていた。




d0170615_16375714.jpg





青空。

宇宙線研究所のドームが見える。



d0170615_16380437.jpg






摩利支天岳。

頂上に宇宙線研究所がある、

進入禁止になっている。



d0170615_16381277.jpg






剣ケ峰。

乗鞍岳剣ヶ峰方面を望む。

足元には残雪が多く残っていた。



d0170615_16381921.jpg






エコーライン。

残雪の中を通るエコーラインを望む。



d0170615_16382785.jpg





剣ケ峰。

剣ヶ峰方面を望む

目の前の雪渓でスキー、スノボード

多くの若者が楽しんでいた。



d0170615_16383569.jpg






白いドーム。

青い空、白いドーム

楽しい登山進行中。



d0170615_16384201.jpg





肩の小屋。

方の小屋まで登ってきた

今日が小屋開きみたいであった。



d0170615_16385634.jpg






キバナシャクナゲ。

肩の小屋付近に咲いていた。



d0170615_16390660.jpg





肩の小屋。

肩の小屋から剣が峰方面を見る

剣が峰を目指す人、下山してくる人

多くの登山者が登山を楽しんでいる。



d0170615_16391344.jpg





173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-07-03 18:06 | Comments(0)
line

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山


by noboru131215m
line
カレンダー