奥飛騨の山 猪臥山 (1,518.8M) 登頂 編


2019年09月21日

09月19日 猪臥山は何時も雪山登山を楽しんでいる。今日は初めての

雪のない登山となった。猪臥山トンネル手前の駐車場に車を止めて登山を

開始した…登山道は小さな木々が生い茂り完全な藪漕ぎになっている、

少し進んでゆくが、あまりのひどさに敗退、駐車場まで戻る。 

登山口を変えることにした、車で少し移動して猪臥山散策道登山口に向かった。




岐阜 6.00 ー 猪臥山トンネル登山口 8.05 ~ 8.30 ー 猪臥山散策道登山口

8.40 ~ 8.45 ー 猪臥山山頂 11.25 ~ 12.10 ー 三尾林道下山 14.30 ~ 14.45

~ 猪臥山散策路登山口 15.00 ~ 15.15 ~ 岐阜



猪臥山トンネル駐車場

トンネル手前の広い駐車場に車を止める。

踏み跡が少しある冬山登山の時使用する登山道を進みだした。

すごい藪漕ぎ少し進んだがとても進めない。

引き返すことにする。


d0170615_14185846.jpg




猪臥山散策道

散策道登山口に移動してきた。

このコースは初めて登るコースである、

標識もしっかりしていて道迷いの心配は無いと思う。

d0170615_14190835.jpg




登山道

登山道はかなりキツイ登りが続く、

周りはブナの木が多い。

d0170615_14191618.jpg




標 識

登山道には標識が多く設置されている。

d0170615_14192467.jpg



d0170615_14193285.jpg




キノコ

所々にキノコが出ていた。

d0170615_14194095.jpg



キノコ

山行けばそっと顔出すよキノコかな

d0170615_14194865.jpg



山 頂

猪臥山山頂が見えてきた。

天気は雲が多いが少しづつ晴れ間が出てきた。

青空と山頂見える秋の空

d0170615_14195868.jpg




山 頂

山頂に到着した。

冬はこの標識が雪で埋まってしまう。

山頂に雪はまだなく草原が

d0170615_14200643.jpg



今日の参加者

今日は三人で登った。

晴れ間がだんだん多くなってきた。

d0170615_14333886.jpg




173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




# by noboru131215m | 2019-09-21 16:15

日本二百名山 妙義山 第四石門


2019年09月20日

09月15日 今日の写真は妙義山中間道にある、第四石門から眺める

大砲岩、中間道では代表的な風景である。

朝のガスも晴れてきて妙義山独特の奇岩が良く見えるようになってきた。




第四石門

登山口から危険な岩場を通過して第四石門まで登ってきた。

朝霧も 流れ過ぎ去り 石門よ

d0170615_22215186.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




# by noboru131215m | 2019-09-20 06:38

日本二百名山 妙義山 (中間道) 試しの鎖編


2019年09月19日

09月15日 あさ7時宿泊先のマイクロバスで登山口まで送ってもらう。

途中、景観の良い所でマイクロバスを止めて写真を写したりして楽しんだ。

登山口はいろいろあるが、今日は妙義公園管理事務所前の登山口から中間道を

縦走することにした。妙義山の中でも一番良く利用される登山道である。



妙義神社参道

宿泊先は参道の入り口付近にある。

駐車場は向かって右側にあり10台ほど止められる。

d0170615_19565740.jpg




白雲山

ガスが少しかかり全体が見えない。

妙義山パノラマパークから写す。

少し奥まで入って行くと温泉モミジの湯がある。


d0170615_19570695.jpg




パノラマ

白雲山良く見えてきた、急いで写す。

d0170615_19571686.jpg




白雲山

別の場所から写す。

神聖な 白雲山に 山登り

d0170615_19572432.jpg




中之岳駐車場

駐車場から金洞山方面を望む。

ガスも少しづつ晴れてきている。

d0170615_19573438.jpg




中之岳駐車場

近くに桜の里などが有り、

観光客、登山者用の広い駐車場がある。

トイレなども完備されている。

d0170615_19574550.jpg




登山口

ここでマイクロバスを降りて登山開始である。

厳しい岩場があり全員ヘルメット着用である。

岩を行く ヘルメット被り 登山かな

d0170615_19575450.jpg




登山道

登山口から舗装された登山道を登って行く。

d0170615_19584294.jpg




試しの鎖

登山口から少し登ってくると、試しの鎖があった。

手始めにこの数メートルの鎖を登る。

d0170615_19585284.jpg




第一石門

登山道から少し離れたところに第一石門があった。

石門近くまで行き見学、登山道に戻った。

いよいよこれから、岩場の厳しい登り下りが出てくる。

眺めよく 岩に穴あき 秋の野よ

d0170615_19591081.jpg




173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




# by noboru131215m | 2019-09-19 04:43

日本二百名山 荒船山 (1,422.7M) トモ岩 編


2019年09月18日

09月14日 荒船山に登るのは二年ぶりである、内山峠登山口駐車場までの

道のりは毎回コースが違う、ナビを入れて車を走らせるが間違っていないだろうか

心配しながら走ってくる。幸い今回は間違いなく内山峠に着くことが出来た。

この山は人気の山で駐車場はすでに満杯、片すみの少し空いた所に止める。



登山口

登山口の標識に張り紙がしてあった。

なんだろうかよく見てみると、スマホを見ながら

登るのは危険とあった。

たぶんヤマップなどの登山地図を見ながら進むと

転倒・滑落事故などが起きる心配しての注意がきと

思われる?。

登山前 コンパス合わせ スタートす

d0170615_21282679.jpg




標 識

要所要所に立派な標識が設置されている。

感謝、感謝。

標識の 示す方向 秋日和

d0170615_21284306.jpg




トモ岩

樹間からトモ岩が見える。

d0170615_21285437.jpg




サルノコシカケ?

登山道わきに二箇所あった。

d0170615_21290554.jpg




鋏 岩

登山道の途中に大きな鋏岩があった。

d0170615_21291486.jpg




岩 場

途中何か所か急な岩場が出てきた。

懸命に登って行く。

梯子行く ゆらゆら振られ 山登り

d0170615_21293044.jpg




トモ岩

トモ岩の上まで登ってきた。

今日の天気は非常に良くなった。

d0170615_21294285.jpg




浅間山

トモ岩の上から浅間山(中央奥)方面を望む。

d0170615_21295535.jpg




パノラマ

トモ岩の上から浅間山(右奥)方面などを望む。

d0170615_21300307.jpg





今日の参加者

全員元気いっぱいトモ岩まで登ってきた。

d0170615_21301384.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




# by noboru131215m | 2019-09-18 08:51

日本二百名山 妙義山 (中間道) ピックアップ編


2019年09月17日
(今日はモノレール開業記念日)

09月15日

昨夜は妙義神社山門前の東雲館に宿泊した。

建物は少し古いが中の設備は改装されて綺麗であった。

宿の主人は登山家で依頼すれば有料で山の案内もしてもらえる。



宿泊先 7.00 ー 妙義公園前登山口 7.40 ~ 7.45 ー 第四石門 9.15 ~ 10.00

ー 妙義神社 12.50 ~ 13.20 ー 宿泊先駐車場 13.30 ~ 13.50 ー 岐阜



今日の参加者

東雲館のマイクロバスで妙義公園前登山口まで送ってもらう。

登山口から妙義神社まで縦走する。





d0170615_09271226.jpg




パノラマ

妙義山パノラマパークから見た白雲山。

d0170615_09272170.jpg



試しの鎖

登山口からすぐの所に数メートルの鎖場があった。

ここで鎖になれる練習しながらの登りである。

d0170615_09273034.jpg



第二石門

カニの横バイ、カニの立バイ通過して

最大の難所、長い下り、濡れていて滑る。

秋の日に 石門くぐり 崖下る

d0170615_09273943.jpg


案内板

中間道を中心にした説明版である。

眺めては 難し登山 心して

d0170615_09274979.jpg



第四石門

第四石門付近から大砲岩方面を望む。

最も景観の良い所であった。

岩山の 自然美眺め 秋の山


d0170615_09275739.jpg



妙義神社

今日は連休の中日、多くの観光客でにぎわっていた。

立派な神社である。

d0170615_09280511.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




# by noboru131215m | 2019-09-17 11:07

日本二百名山 荒船山 (1,422.7M)  ピックアップ編


2019年09月16日

09月14日 連休を利用して群馬県、長野県堺の荒船山・妙義山に登った。

紅葉には時期的に少し早いが登ることにした。

天気は二日間とも良かった。一日目は荒船山に登り内山峠登山口駐車場に

到着した、駐車場はすでに満杯状態であった、隅の方にかろうじて止める

ことが出来た。

登山道は前夜雨が降ったか濡れていて岩場を登るときは良く滑った。



岐阜 5.00 ー 美濃加茂IC ー 佐久平スマートIC ー 内山峠登山口駐車場

10.15 ~ 10.35 ー トモ岩 12.20 ~ 13.00 ー 荒船山山頂(経塚山)13.45

~ 14.00ー トモ岩 14.45 ~ 15.00 ー 内山峠登山口駐車場 16.30 ~ 16.45

ー 妙義山麓宿泊先 17.30



コスモス

国道を走行中、

道路両脇に何キロにもわたってコスモスが咲いていた。

ゆらゆらと 風になびくは コスモスよ

d0170615_13105225.jpg




内山峠登山口駐車場

駐車場に到着したのが遅くすでに満杯、

道路と駐車場の隅の少し広い所に駐車する。

d0170615_13110180.jpg




サルノコシカケ?

木に目につく色の苔があった。

名前はサルノコシカケ?

人目つく 木の幹付着 猿茸

d0170615_13111206.jpg




トモ岩

トモ岩の上から浅間山方面を望む。

噴煙が少し見えた。

d0170615_13112291.jpg




今日の参加者

荒船山山頂(経塚山)、

全員元気いっぱいで登頂成功。

d0170615_13113553.jpg




トモ岩

宿泊先に向かう途中、国道からトモ岩をパチリ。

トモ岩が でんと聳える 秋の夕

d0170615_13114745.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




# by noboru131215m | 2019-09-16 16:11

日本百名山 高妻山 (2,352.8M)  下山 編 NO2


2019年09月15日

08月12日  五地蔵山山頂の分岐から登りとは違う登山道を下る。下りのコースも

時間がかかる、延々と下りを歩く、時間も遅くなってきた。

登山口に戻ったのは17時40分ころ、スタートから12時間以上かかってしまった。

キャンプ場を歩いて駐車場まで戻る途中、あさ見つけておいた美味しいと評判の

蕎麦屋さんに立ち寄る、

蕎麦を注文したが残念ながら売り切れ、仕方なく、そばソフトを購入

みんなで食べた。これは実に美味しかった。

私の今日の歩行数 39,000歩であった。




分 岐

分岐から登りとは別のコースを下りる。

このコースは危険個所はあまりないみたいである。

分岐過ぎ ゆったり下るよ 夏帽子

d0170615_12492553.jpg




ヨツバヒヨドリとチョウ

d0170615_12493537.jpg




急 坂

急坂を下る。

d0170615_12494357.jpg




飯縄山

飯縄山方面を見ながら下って行く。

d0170615_12495249.jpg




ブナ仙人

ブナの古木。

往く年も 耐えた古木よ 夏の山

d0170615_12500263.jpg




下 山

長い下りが終わった、牧場まで帰ってきたやれやれ疲れた。

d0170615_12501202.jpg




さ る

牧草の中に猿がいる、夕食中かな。

d0170615_12502052.jpg




登山口

登山口まで戻って来た。今日は超ロングコースであった。

d0170615_12502908.jpg




キャンプ場

すごい数のテントである。

皆さん夕食中、楽しそうであった。

草原で キャンプ楽しむ 夏の夜か

d0170615_12503827.jpg




自販機

喉が渇き自販機でジュウスを買おうとしたが、

全部売り切れであった。どこの自販機も売り切れであった。

全員無事元気に登頂、下山した、良かった。

d0170615_12504842.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




# by noboru131215m | 2019-09-15 22:43

百日紅満開 我が家の花


2019年09月14日

09月12日 猛暑が続く今日この頃、我が家の庭にはサルスベリなどの花が

少し咲いている。今年はどこの庭のサルスベリも綺麗に花を咲かせている。

連日の猛暑に反応しているかもしれない?。




サルスベリ

高く伸び 蕾弾ける 百日紅

d0170615_14172269.jpg




サルスベリ

d0170615_14173497.jpg




カクトラノオ

虎尾草よ(とらのお) 名前怖いが さにあらず

d0170615_14174824.jpg




オミナエシ

道端で 凛と顔見せ 女郎花

d0170615_14175821.jpg




サギソウ

飛ぶ鳥と 白き鷺草 競い合う

d0170615_14180615.jpg



178.png169.png178.png169.png178.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村



# by noboru131215m | 2019-09-14 03:31

愛知県犬山市 継鹿尾山(273M)  登頂 編


2019年09月13日

09月11日  今日も朝から暑い、低山ではあるが犬山市の継鹿尾山に

登ることにした。弁当を用意してない、途中スーパーで寿司弁当を購入した。

その他にもコロッケなども購入した。デザートは家からはオレンジを一個持ってきた。



自宅 10.00 ー 犬山寂光院駐車場 10.50 ~ 11.00 ー 寂光院本堂 11.15 ~ 11.25

ー 継鹿尾山山頂 11.45 ~ 12.15 ー 犬山寂光院駐車場 12.50 ~ 13.05 ー 自宅



寂光院

駐車場に車を止める、

少し坂を登って寂光院、ここは紅葉で有名である。

今日は暑く人影は無い。

d0170615_19552419.jpg




説明版

石段を登って行くと本堂がある。

d0170615_19553393.jpg




仁王門

寺の入り口に仁王様がにらみを利かせている。

d0170615_19554897.jpg


d0170615_19555757.jpg




石 段

長い石段を登る。上に本堂がある。

d0170615_19560621.jpg





展望台

本堂の北側に展望台がある、

織田信長もここから眺めたと記されている。

信長も 見たであろうか 秋の空

d0170615_19562893.jpg




寂光院本堂

11月の紅葉シーズンには大変な人出になる。

d0170615_19564061.jpg




モミジ

少し色付いたモミジがあった。

紅葉の 時季には早し 染まりくる

d0170615_19565514.jpg




継鹿尾山山頂を目指して

展望台から展望を楽しみ、山頂を目指して登りだした。

岩場の手摺、掴んで登ろうとしたら熱くてやけどしそうであった。

今日もすごく暑い、継鹿尾山山頂から大平山縦走予定であったが

暑くて山頂からすぐ引き返すことにした。

岩場行く 手摺りの暑さ 秋の日か

d0170615_19570629.jpg




東海自然歩道

この登山道は東海自然歩道の一部である。

d0170615_19571702.jpg




継鹿尾山山頂

本堂から20分ほどで山頂に到着した。

途中ですれ違った登山者も暑くて

鳩吹山方面まで行く予定を変更して

山頂からすぐ下山してきたとの事であった。

真夏の登山よりもきついような気がする。

d0170615_19572848.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




# by noboru131215m | 2019-09-13 07:03

日本百名山 高妻山 (2,352.8M) 下山 編


2019年09月12日

08月12日 山頂で昼食を取り、記念撮影など済ませ景観など楽しんだ。

山頂には他の登山者が多く昼食を取りながら談笑をしていたが、一組、一組と

下山してゆく。だんだん山頂に残っているは登山者が少なくなってきた、

わがチームも十分楽しんだ、下山することにした。



三角点

高妻山山頂にある三角点、確認してないが三等三角点か。

山登り 三角点を 皆でふれ

d0170615_18374492.jpg




今日の参加者

全員元気に登頂成功した。

d0170615_18380144.jpg




戸隠山

高妻山山頂から戸隠山方面を望む。

d0170615_18381053.jpg




アザミ

d0170615_18382086.jpg




下る

ロープを掴んで下って行く。

夏木立 ロープ頼りに 崖下る

d0170615_18382952.jpg




天 空

厳しい下りをクリアーして天空を行く。

ザック背負い 尾根を進めば 風涼し

d0170615_18383863.jpg




アキノキリンソウ

d0170615_18385093.jpg



歩きやすい

岩場の厳しい登り下りが随所にあるが、

このように歩きやすい登山道のところもある。

d0170615_18390097.jpg




七薬師

七薬師まで下山してきた。

これから登山口まではまだ長い道のりだ。

d0170615_18391371.jpg




173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




# by noboru131215m | 2019-09-12 08:41
line

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山


by noboru131215m
line
カレンダー