<   2018年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧


雪山登山 猪臥山 (1,518.8M) 下山 編

2018年02月25日

山頂に到着してしばらくすると、少し陽射しが出てきた風も無くなり

少し暖かくなってきた。

最初は少し下って風の当たらないところで昼食を取る予定であったが、

暖かくなってきたので展望の良い山頂で昼食を取ることにした。

昼食を済ませて再度山頂の標識のある場所まで行き展望を楽しみ

下山することにした。




青空。

雲に覆われていた空も段々と青空が出てきた。





d0170615_19011523.jpg




祠。

祠も雪に覆われている、昨年来たときよりも雪はずいぶん多い。







d0170615_19012799.jpg





山頂からの展望。

一度登った事がある漆洞山方面を望む。







d0170615_19013678.jpg




今日の参加者。

昼食を済ませて下山前の皆さんです。





d0170615_19014498.jpg




格好の良い木。

広い山頂に何本か木は有るがこの木は私の一番のお気に入りである。





d0170615_19015074.jpg




標識。

山頂の木に取り付けられた標識、雪に埋もれそう。





d0170615_19020253.jpg




下山開始。

山頂で十分楽しみ下山を開始した。







d0170615_19020996.jpg




樹林帯。

寒ければ樹氷が綺麗に見えるところ、今日は暖かく残念ながら樹氷は無し。





d0170615_19023302.jpg




谷を渡る。

雪の登山道の目安になっている谷を渡って駐車場に向かう。





d0170615_19024469.jpg



木のない山肌。

木が切り払われて雪の斜面、この場所は雪崩などに注意して帰って行く。







d0170615_19025487.jpg




駐車場。

猪臥山トンネル前駐車場に下山してきた。

今日は雪の量は多かったがトレース(踏み跡)があり歩きやすく

比較的楽にあることが出来た。







d0170615_19030483.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by noboru131215m | 2018-02-27 19:33 | Comments(0)

雪山登山 猪臥山 (1,518.8M) 登頂 編

2018年02月25日

今年は奥飛騨方面は雪が良く降り山の積雪も非常に多いのではないか、

そんな思いで猪臥山トンネル前駐車場前までやってきた。

駐車場は綺麗に除雪してあり車を止めるのには何の支障もなかった。

除雪担当の方に感謝、感謝です。




猪臥山登山開始。

早くト到着したM.Sグループは20分ほど前にスタートした。

風の便りグループも準備を整えアイゼンを装着して登山開始である。






d0170615_18571954.jpg




雪の登山道。

登山道には雪がたっぷりあるが、よく踏み固められてアイゼンを装着して

歩いても沈み込むことはない。

快調に進んでゆく。






d0170615_18572673.jpg




積雪。

雪は多く積もっている、登山道を外れれば雪に埋まってしまいそうである。






d0170615_18573461.jpg





漆洞山。

登山道から東方面には漆洞山が見える。

今日は比較的暖かく残念ながら樹氷は無い。





d0170615_18574102.jpg





サングラス。

雪山登山は曇りの日でもサングラスをかけないと目を傷めてしまう。

今日も早めにサングラスをかけた。





d0170615_18575605.jpg





尾根に出る。

樹林帯を抜けて尾根に出る。天気は今のところ曇りである。







d0170615_18580473.jpg




360度の大パノラマ。

尾根に出ると360度の大パノラマ見ごたえがある。

今日は視界が悪く北アルプスなどハッキリと見えない。






d0170615_18581276.jpg




展望。

尾根からの展望、この山に登ると展望が良く楽しみの一つである。





d0170615_18581973.jpg




山頂手前。

山頂は目の前、今日の参加者をパチリ、元気いっぱいです。





d0170615_18582763.jpg




山頂。

目の前に山頂が見えてきた。祠が雪にほとんど埋まっている。






d0170615_18583535.jpg





パノラマ。

山頂手前から白山方面を望むも山に隠れて山頂まで行かないと見えない。






d0170615_18584923.jpg



白山方面。

山頂から白山方面を望む、今年は雪が多く積もっている。







d0170615_18585622.jpg




漆洞山。

山頂から漆洞山方面を望む。






d0170615_18590303.jpg




パノラマ。

山頂で時間を過ごしていると天気が少しづつ良くなってきた。





d0170615_18591052.jpg





山頂。

猪臥山山頂の標識。前回登った時は標識はほとんど出ていた。






d0170615_18591696.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-02-26 19:48 | Comments(0)

雪山登山 猪臥山 (1,518.8M) ハイライト編

2018年02月25日

今日の天気予報はあまり良くなかった。この冬猪臥山登山を計画したが

大雪警報が出たりして2度ほど中止になった。

今日は少々天気が悪くても思い切って出かけることにした。

今日の参加者は風の便りグループとM.Sさんグループの合同10人で

登ることにした。

雪も多くラッセルを覚悟で登山口に向かった。



岐阜 6.00 ー 美並IC ー 飛騨清見IC ー 猪臥山トンネル前駐車場 8.15 ~ 8.30 ー

猪臥山山頂 10.30 ~ 11.30 ー 猪臥山トンネル前駐車場 13.00 ~ 13.15 ー 岐阜





ひるがの高原サービスエリア。

サービスエリアに立ち寄り休憩した。除雪した雪がうずたかく積まれていた。

大日ケ岳が良く見えた。





d0170615_19552247.jpg




かまくら。

大きな雪の塊は反対側から見たらかまくらになっていた。

今日参加の風の便りグループの皆さんです。






d0170615_19553232.jpg





造形美。

猪臥山トンネル前に出来ていた幾何学的模様?の造形美。






d0170615_19591895.jpg





猪臥山トンネル前駐車場。

風の便りグループとM.Sグループと合流する。

M.Sグループが30分以上早く到着、迷惑をかけてしまった。

体が冷えてしまうので先に登山開始してもらう。





d0170615_19554433.jpg





アイゼン装着。

登山道の雪はよく踏み固められていてアイゼンで登ることが出来た。

ラッセルなしで比較的楽な登山が出来た。








d0170615_19560345.jpg





猪臥山山頂。

山頂から御嶽山方面を見る、かすんでハッキリと見えない。







d0170615_19562579.jpg



M.Sグループ。

猪臥山山頂でM.Sグループの皆さんをパチリ。

寒いので少し下山して昼食を取る予定。






d0170615_19561797.jpg




パノラマ。

山頂から360度の大パノラマを堪能する。

天気も少しづつ良くなってきた、寒さも和らいできた。







d0170615_19563591.jpg




大好きな木。

猪臥山山頂にあるこの木、今日は樹氷がついてなくて寂しいが

この山で一番恰好が良く大好きな木である。木の名前は残念ながら?。





d0170615_19565002.jpg

173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-02-25 20:51 | Comments(0)

寺尾ケ原千本桜 七つ岩 (418M)  登頂 編

2018年02月22日

花見台山頂で展望を十分楽しみ次の目的地七つ岩に向かった。

七つ岩までは10分ちょっとで着く、大きな岩で岩からの展望も良く

梯子が架けてあり登ってみた晴らしかった。

少し遊んでから昼食・コーヒーなどを飲み下山を開始した。





七つ岩まで。

花見台から七つ岩までは13分ほどかかった。

登山道周りの木々が切り払われて展望が非常に良くなっていた。







d0170615_18571782.jpg




武芸川。

尾根道から武芸川方面を望む。

美濃市の和紙会館も望むことが出来た。







d0170615_18572747.jpg




七つ岩。

七つ岩に到着する、付近には大きな岩がゴロゴロあった。






d0170615_18573449.jpg



梯子。

七つ岩にアルミ製の梯子がかかっていた。

高い所は苦手だが思い切って岩に登ってみることにした。






d0170615_18574790.jpg




風の便り。

七つ岩に登る。高い所は気分が良いが?





d0170615_18575417.jpg





下山開始。

岩に登ったりして時間を過ごし、日当たりの良い所で昼食を済ませて

下山を開始した。






d0170615_18580277.jpg



縄文岩。

下山途中に縄文岩の看板があった。

登山道から少し入っていくと縄文岩が見えた。

すぐ近くまでは道が無く行くことが出来なかった。

岩穴の中に何があるだろうか?。







d0170615_18580905.jpg




シシ垣。

下山口近くまで下ってくると山の中に石垣があった。






d0170615_18581680.jpg




猪除け。

昔は野菜などを作っていて猪に荒らされるのを防ぐために作られた石垣。







d0170615_18582377.jpg




下山。

下山してきたこの場所から車まで10分ほどかかった。

途中小川にはハエが沢山泳いでいた、春近しを感じた。






d0170615_18583130.jpg




173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-02-23 19:33 | Comments(0)

寺尾ケ原千本桜 七つ岩 (418M)  花見台 編

2018年02月22日

今日は朝から天気が良い、それに比較的暖かい。

山友のY,Nさんに依頼して桜の名所である寺尾ケ原千本桜近くの

七ツ岩に案内してもらう。

登山口から登りだすと山の木々が切り払われて展望が良くなっている。

最近は多くの山で木々が切り払われて展望を良くして

登山者をよろこばせている。



自宅 9.15 ー 寺尾ケ原千本桜登山口 9.55 ~ 10.05 ー 花見台 10.50 ~ 11.05

~ 寺尾ケ原千本桜登山口 12.50 ~ 13.10 ー 保木山散策 13.30 ~ 14.00 ― 自宅




喫茶店花の木。

寺尾ケ原千本桜を取り過ぎて北の方面に少し行ったところにある喫茶店。

この喫茶店前が七つ岩の登山口になっている。






d0170615_19240929.jpg




七ツ岩登山口。

登山口の前に車が3台ほど止められる広場がある、

そこに止めて登山を開始した。






d0170615_19241782.jpg





木々が切り払われている。

登山口から上を見ると大きな木が切り払われている。

よぼし岩が良く見えている。







d0170615_19242578.jpg



よぼし岩。

大きな岩である、前の木が切り払われて良く見えるようになった。







d0170615_19243224.jpg




よぼし岩。

細い木で作ったハシゴを登ってみた、ぐらぐらして安定しなかった。

岩の上から集落が良く見えた。






d0170615_19244186.jpg




広くなった登山道。

登山道周りの木々が切り払われて明るくなり広くなっている。







d0170615_19244954.jpg




花見台。

登山口から45分ほどで花見台に登ってきた。

看板が新しく設置されたみたいである。






d0170615_19245977.jpg





青い空。

今日は比較的暖かく春がそこまでやってきたようだった。





d0170615_19250891.jpg




見晴台山頂から。

山頂から舟伏山など雪を頂いた山々を望む。






d0170615_19251646.jpg




雪山アップ。

花見台山頂から舟伏山方面をアップで望む。





d0170615_19252516.jpg




もうすぐ花が咲く。

山頂にツツジの葉っぱが元気良く伸びて来ていた。





d0170615_19253296.jpg




和紙の里会館。

山頂から美濃市の和紙の里会館方面を望む。






d0170615_19254256.jpg




パノラマ。

山頂から瓢ケ岳方面を望む。





d0170615_19255073.jpg




パノラマ。

山頂から舟伏山方面を望む。素晴らしい天気である。





d0170615_19260612.jpg





七ツ岩。

花見台山頂で360度の展望を楽しみ七ツ岩に向かって進む。

距離は645Mと記されている。





d0170615_19261523.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ




by noboru131215m | 2018-02-22 20:46 | Comments(0)

雪の小津権現山 (1,157.8M) 下山 編

2018年02月18日


小津権現山登頂は期間切れで断念、中腹の眺めの良い所で昼食を済ませる。

風は少し吹いていたが昼食中は比較的寒さも和らいでいた。

弁当・お湯などは余り冷やさないように工夫を凝らして持参してきている。

食事を済ませコーヒータイムを済ませいよいよ下山開始である。




尾根を下る。

登りはわかんで踏み固めながら登ってきたが、下りはそのトレースの上を歩く

かなり楽で早く歩くことが出来る。




d0170615_18231801.jpg



セッピ。

谷側に張り出した雪、踏みぬか無いように少し内側を歩く。






d0170615_18232715.jpg





なだらかな雪原。

この辺りは比較的なだらかで歩きやすい。雪景色を見ながらの下山である。







d0170615_18233450.jpg




雪山。

登山道を歩きながら周りの雪山を眺めて楽しみながら下る。






d0170615_18234332.jpg




鉄塔。

鉄塔まで下山してきた。ここから下の駐車場までの登山道が厳しい。

雪の量は10センチほどであるが急斜面、登山道が狭いそして良く滑る時間をかけて

下まで降りた。

ワカンを装着したまま下ったが、アイゼンに履き替えて下った方が楽だったかもしれない。






d0170615_18235009.jpg




風景。

鉄塔から前の山方面を望む、山の雪もかなり多く積もっている。







d0170615_18235730.jpg





下の鉄塔。

気温が上がり雪が緩んできている、良く滑った。






d0170615_18240543.jpg





駐車場。

朝はこの辺り雪がかなりあったが、今はすっかり溶けて無くなっている。

この先はすぐ横山ダムである。





d0170615_18242103.jpg




富有柿。

登山を終えて帰りに谷汲踊りを見学するため華厳寺による。

駐車場代金は時間が遅かったので400円から300円に下げられていた。

駐車して参道を歩きだしたら店先に富有柿が売っていた、

大好物の柿、一個100円、5個買ってしまった。味はまあまあであった。






d0170615_18252235.jpg





いざ出陣。

前に太鼓・背中にシナイを背負い山門裏からイザ出陣。








d0170615_18243082.jpg




大観衆。

この谷汲踊りを見ようと多くの観光客がいっぱい詰めかけた。







d0170615_18244050.jpg




勇壮な谷汲踊り。

笛や太鼓などを打ち鳴らしながら10分ほど勇壮な舞いを見せてくれた。







d0170615_18244836.jpg



今日一日限り。

谷雲踊りは今日一日限りであった。場所を変えて3回行われた。







d0170615_18245516.jpg




商店二階。

山門近くの商店二階も解放されて多くのカメラマンが勇壮な谷汲祭りを

見物したり写真を写していた。





d0170615_18250339.jpg



祭りのサービス。

観光客が多くてうまく写真を写すことが出来なかった人のために、

山門前で踊り手が並び写真撮影をできるように配慮された。









d0170615_18251324.jpg




173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-02-21 19:23 | Comments(0)

国旗たなびく 相戸岳 (671.7M) 登頂する

2018年02月20日

今日は3年ぶりに相戸岳に登ることにした。

この山の山頂には毎年正月に新しく取り換えられた

国旗がたなびいている。

山頂には雪が少し残っていた。

今日は他の登山者とすれ違うことはなかった。



自宅 9.45 ー 相戸白山神社駐車場 10.20 ~ 10.35 ー 相戸岳山頂 12.00 ~ 12.30

ー 相戸白山神社駐車場 13.30 ~ 13.45 ー 自宅




相戸白山神社。

神社前の広場に車を止める。

立派な相戸白山神社大杉、神社にお参りをして登山を開始した。







d0170615_19183700.jpg





相戸白山神社大杉。

大杉の説明書、幹回り7.12M ・高さ44M。






d0170615_19184473.jpg




登山ルート。

予定では東ルートを登り西ルートで下山予定であったが、

西ルートは急な下りが続き雪が有った。危険を避けて東ルートで下山した。





d0170615_19185195.jpg




南天の実。

登山口手前の民家の庭に立派な南天の実があった。





d0170615_19185938.jpg





登山口。

駐車場から10分ほど歩いて登山口まで来た。

この辺りは雪はなかった。








d0170615_19190693.jpg




登山道の雪。

中腹過ぎると登山道に雪が少し残っていた。

走行に支障はなかった。







d0170615_19191941.jpg




山頂近く。

山頂近くまで登ってきた、登山道には雪が10センチほど残っていた。

今日は比較的暖かくこの辺りの雪は滑ることはなかった。







d0170615_19192974.jpg




国旗。

相戸岳山頂、国旗がたなびいていた。

青い空そして雪を頂いた山々に良くマッチしていた。







d0170615_19193646.jpg




山頂からの展望。

山頂から高賀山、瓢ケ岳方面を望む(山名は不正確です)。






d0170615_19194527.jpg





山頂からの展望。

山頂から登山口方面を望む。







d0170615_19195575.jpg




山頂からの展望。

山頂から舟伏山方面を望む(山名は不正確です)。






d0170615_19200411.jpg





山頂のイラスト。

可愛いイラスト・相戸岳の標高などの説明版。






d0170615_19202337.jpg




下山開始。

山頂は比較的暖かくのんびりと昼食を済ませた。

西コースを偵察したが少し危なそうだったので同じ登山道を下山した。







d0170615_19203191.jpg





山頂直下。

山頂直下の登山道には雪が残っていた。柔らかく余り滑らなかった。






d0170615_19204072.jpg




岩場。

下山途中にちょっとした岩場のところがあった。

3時間ほどの登山であったが結構汗をかく、予備のシャツに着替えて

帰路に就いた。






d0170615_19204898.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-02-20 20:27 | Comments(0)

雪の小津権現山 (1,157.8M) 中腹まで登る

2018年02月18日

朝早く自宅近くの集合場所から五人で出かける、今朝の冷え込みは厳しく

道路は凍結していた。

道路にはいつもと違い大量の薬品がまかれ道路はあられが降ったように真っ白だった。

峠などは少し雪が残っており滑らないように慎重に進んで行った。




岐阜 6.00 ー 横山ダム近くP 7.20 ~ 7.35 ー 下から二番目鉄塔 8.30 ~ 8.35 ー

小津権現山中腹 10.55 ~ 11.25 ー 横山ダム近くP 13.15 ~ 13.30 ー 谷汲華厳寺

14.15 ~ 14.30 ー 岐阜





駐車場。

横山ダム近くの国道わきに車を止める雪が少し残っていた。

バス亭であるので邪魔にならないよう隅の方に停車した。





d0170615_19083974.jpg




登山口。

国道から少し林道を登り登山口から登山を開始した。

雪に隠れた溝がありドボンとはまってしまった。







d0170615_19084612.jpg




急な登り。

登山口から急な登りが続く、アイゼンを装着してない良く滑る歩きにくい。

アイゼンを装着して登るのが正解であった。






d0170615_19085406.jpg




鉄塔。

登山口から雪で埋まってしまっていた登山道を探しながら登ってきた。

かなりエネルギーを消耗した。






d0170615_19090157.jpg




天気。

登山は何と言っても天気が良くないと楽しくない。

いまのところ天気は良い。

鉄塔から振り返り近くの山々を眺める。雪が多く積もっている。






d0170615_19090828.jpg





ワカン。

雪の量が多くなり足が雪の中に沈んで歩きにくくなってきた。

そろそろワカンを装着する必要がある。






d0170615_19091513.jpg






風。

良く晴れているが風が冷たく強く吹いている。






d0170615_19092320.jpg




ワカンを装着。

雪の量が多くなってきたワカンを装着した。






d0170615_19093215.jpg





電波塔?。

ここまでの所要時間は2時間10分、かなり時間がかかった。







d0170615_19093963.jpg




せっぴ。

ここの辺りまで登ってくると谷側には雪庇(せっぴ)が多く有った。



d0170615_19095521.jpg





樹氷なし。

今日は樹氷があるかな、期待してきたが少し暖かいのかな残念ながら

樹氷はほとんどなかった。





d0170615_19100229.jpg





順調に登る。

尾根の深い雪の中を順調に進んでゆく。





d0170615_19101091.jpg





折り返し時間。

山頂まで行くには時間が足りない。引き返す予定時間12時であるが

もう少し早めて下山することにした。






d0170615_19101694.jpg




樹間から。

樹間から近くの山々を望む。





d0170615_19102365.jpg





昼食。

小津権現山山頂まではまだかなり時間がかかる。

ここで引き返すことにする。

眺めの良い所で昼食を済ませて下山を開始した。






d0170615_19103095.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-02-19 21:44 | Comments(0)

雪の小津権現山 (1,157.8M) 挑戦 ・谷汲踊り見学

2018年02月18日

今日は飛騨清見方面の雪山に登る予定であったが悪天候のため

岐阜県揖斐川町の小津権現山に登った。

昨年も挑戦したが時間切れで途中から引き返した、今日は何とか

山頂まで登ろうと懸命に登ったが雪が多く時間切れ登頂を断念した。

帰りに谷汲に立ち寄り豊年祈願祭、勇壮な谷汲踊りを見学して

帰路に就いた。



登山口。

国道の広い場所に車を止める。歩いて5分ほどの登山口に向かう。

積雪はこの辺りで10センチほどであった。

アイゼン・ワカンは装着していない。




d0170615_20140916.jpg




鉄塔まで登る。

登山口から急な斜面を悪戦苦闘鉄塔まで登ってきた。

今日参加の皆さんです。

私たちの他にご夫婦一組一緒に登る。わがチームが先導を務めた。




d0170615_20141637.jpg





天気。

天気は晴れたり曇ったり、風は強くかなり寒かった。

下界は晴れていても山の上は厳しい気象条件であった。





d0170615_20142466.jpg




積雪。

雪はたっぷりあった。

途中からワカンを装着して登った。急な登りになるとワカンは

滑って登りにくい。






d0170615_20143183.jpg




雪庇。

尾根歩きになると雪庇が多くあった、余り近寄らないようにして

登って行く。






d0170615_20143812.jpg





豊年祈願祭 谷汲踊り。

今日は少し早めに下山を開始した。

帰り道谷汲に立ち寄り豊年祈願祭谷汲踊りを見学した。

シナイを背負い踊りを披露する。

今日最後の踊り丁度間に合った。





d0170615_20144471.jpg




山門前。

山門前でカネ・太鼓・笛など打ち鳴らして勇壮な踊りであった。

多くの見学者であった。

帰りには谷汲名物ウイロウを買い求め途中道の駅でみんなで食した。






d0170615_20145205.jpg




173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-02-18 20:53 | Comments(0)

岐阜市の名峰 金華山に登る

2018年02月09日

金華山は岐阜市では人気の山、いつも沢山の登山者で賑わっている。

今日も山頂広場には沢山の登山者が登ってきていた。

山頂広場には冬場ヤマガラなどの小鳥が多くいる、人の手からピイナッツ

などを貰い愛嬌を振りまいている。

この冬はなぜか小鳥の数が少ないような気がする。




分岐。

めい想の小径と馬の背コースの分岐。

今日は久しぶりにめい想の小径を登った。

登山コースは何本もあるが二番目に長いコースである。





d0170615_17085461.jpg





長良橋。

中腹から長良川、長良橋などを望む。




d0170615_17090985.jpg




岐阜城。

今日も天守閣に登り景観を楽しんだ。天気は快晴である。





d0170615_17094812.jpg




長良川上流。

天守閣より長良川上流方面を望む。

今日は霞んで御岳山は見ることが出来なかった。





d0170615_17100328.jpg




山並み。

天守閣より南側の山並みを望む。

この山並みにも金華山に登る長いコースがある。




d0170615_17101050.jpg




パノラマ。

天守閣より長良川・岐阜市長良市街を望む。





d0170615_17101924.jpg






東坂ハイキングコースを下山、

唐釜コースを経由して岐阜公園に下山した。








d0170615_17102629.jpg




岐阜公園。

岐阜公園に下山してきた。いつ来てもよく手入れされている。






d0170615_17103377.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-02-16 18:45 | Comments(0)
line

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山


by noboru131215m
line
カレンダー