<   2018年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧


アカドウダン咲く 小津権現山 (1,157.8M) 登頂 編

2018年05月27日

この冬、この小津権現山登山口まで車で登ろうと思ったが、雪に阻まれて

登山口まで登ることが出来なかった。

再度、雪のない今日登ることにした。登山口駐車場には3台の先客があった。

登山準備をしていると春日井市から来られた男性が下山して見えた。

早い下山、5時から登り涼しいうちに登山を終えて帰りたいとの事だった。

帰りはどこかの温泉に入って汗を流し帰宅するとの事だった。



自宅 7.50 ー 小津権現山登山口 9.20 ~ 9.35 ー 高屋山 10.40 ~ 10.45 ー

小津権現山山頂 12.05 ~ 12.45 ー 小津権現山登山口 14.50 ~ 15.05 ー 自宅




登山口駐車場。

広い駐車場。

先客の車3台あり。

まだ余裕あり。




d0170615_10023342.jpg




ゲート。

登山口ゲート、

クマさんに挨拶、

登山開始する。





d0170615_10024111.jpg




標識。

登山道の標識、

要所にあり、

感謝 感謝。




d0170615_10024733.jpg




高屋山。

山頂の木が切り払われている、

なぜかな、

遭難救助のヘリポート用か?。






d0170615_10025432.jpg




ブナの木。

登山道わきにブナの木が多い、

秋の紅葉が楽しみ。






d0170615_10031829.jpg



新緑。

登山道から望む。

山が生き生きしている。




d0170615_10032745.jpg



アカドウダン。

今日は花は咲いていないと思っていた、

この山に

沢山のアカドウダンが咲いていた。








d0170615_10033549.jpg




カエデ。

足元に色付いたカエデ、

初夏なのにカエデ色ずく山の道。







d0170615_10034221.jpg




ヤマボウシ。

ヤマボウシの木、多くあった、

実が色付くころが楽しみ。






d0170615_10034913.jpg



ヤマボウシ実。

ヤマボウシアップ、

実が沢山ついている、

実が赤く色付くと、

甘くて美味しい。






d0170615_10035860.jpg



アカドウダン。

アカドウダンの大木、

赤い花が多くぶら下がっている、

この山にアカドウダンが多くある事は

知らなかった。







d0170615_10040646.jpg



ヤマツツジ。

ところどころに咲いていた、

色鮮やか。






d0170615_10041288.jpg



ヤマツツジ。

ちょっとおしゃれに、横一列。





d0170615_10042019.jpg




登山道。

新緑の中進む、

各所で登山道わきの木々が切り払われてる、

花の木は切らないで。







d0170615_10042700.jpg



黄色の花。

名前はわからない、

残念。





d0170615_10043387.jpg




アカドウダン。

アカドウダンの花、

今が見ごろを迎えている。






d0170615_10043967.jpg




何の花。

登山道から遠い所、

大きな木の上に花が咲く、

何の花かな?、

調べたが分からなかった。


このブログを見ていただいた方から花の名前教えていただきました

トチの木の花。です。





d0170615_10045540.jpg




サラサドウダン。

標高が少し高くなった、

サラサドウダンの花も多く咲いている。





d0170615_10050280.jpg



山頂近く。

ヤマボウシ、アカドウダン、サラサドウダン、

ヤマツツジ。

花が多く今日のご褒美、花に感謝 感謝。






d0170615_10050902.jpg



サラサドウダン。

アップでパチリ、

透きとおるような花、

長く咲いてほしい。





d0170615_10051635.jpg



振り返る。

登山道から振り返る、

いま通った道

思わに綺麗な景観を見れる。





d0170615_10052306.jpg



サラサドウダン。

大木である、花いっぱいつけている。




d0170615_10054639.jpg



小津権現山山頂。

山頂に着く、

ほかの登山者はいない、

何人かの登山者とすれ違った。

山頂奥にサラサドウダンが多く咲いている。

天気は良い。






d0170615_10055530.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-05-31 11:24 | Comments(2)

シラン咲く 我が家の花

2018年05月30日

いま庭にはツツジの花が咲き終わり、サツキの花が咲いている。

庭の片隅にはシランの花がひっそりと咲いていた。




ナデシコ。

玄関前で咲いていた。

花の命は短くすでに咲き終わっている。




d0170615_08004621.jpg



シラン。

サツキの横でひっそりと咲いている。

赤い花のサツキの横、

白いシランの花が良く目立つ。





d0170615_08010041.jpg



サツキ。

車庫の横、

色とりどりの花、

元気に咲いている。





d0170615_08005387.jpg




サツキ。

今まで余り花が多く咲かなかった。

今年は多くの花を咲かせた。

ほめてやりたい。





d0170615_08010961.jpg


178.png169.png178.png169.png178.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村

by noboru131215m | 2018-05-30 08:15 | Comments(0)

日本二百名山 大日ケ岳 (1,709.0M) 下山 編

2018年05月25日

大日ケ岳山頂で40分ほど過ごし下山を開始した。薄い雲が空を覆いだした、

雨の心配はないと思うが帰りを急ぐことにした。

下山は登りより楽になるはずだが、この大日ケ岳は登り下りが多くかなりきつかった。

尾根下りは360度の大パノラマを楽しみながらの下山であった。




釜ケ峰。

下山を開始した。

目の前の釜ケ峰山頂を目指す。

谷間に残雪が残っている。





d0170615_09235159.jpg




白山(右)・別山。

尾根歩き緑の木々の向こうに、

残雪の白山・別山を望む。






d0170615_09242233.jpg




イワカガミ。

足元を見る。

イワカガミの群生。

生き生きしている。





d0170615_09244088.jpg




イワナシ。

優しい花。

花は弱くて長持ちしない。





d0170615_09244884.jpg




ムラサキヤシオ。

鮮やかな色、山の中で目立っている。





d0170615_09245530.jpg





曇り空。

山は午後になると曇が出ることが多い。

登山口方面を見る。




d0170615_09250784.jpg




イワカガミ。

このイワカガミ鮮やかな色。





d0170615_09251441.jpg




急な登り。

急な登り、頑張って登って行く。

谷間に残雪が残る。





d0170615_09252582.jpg




ヤマブキソウ?

登山道わきに良く咲いている。




d0170615_09253330.jpg



ガマズミ。

この木はまだ小さい。

花は頑張って咲いている。





d0170615_09254183.jpg




ムラサキヤシオ。

まだ蕾、いつ花を開くかな。





d0170615_09255066.jpg





釜ケ峰山頂。

釜ケ峰山頂まで下山。

青い空が戻ってきた。

次は水後山山頂を目指す。



d0170615_09255894.jpg



釜ケ峰山頂より。

山頂より水後山を目指す。

登山口方面を望む。

今まで山であった人、3人。

人気の山だが、今日の登山者少ない。




d0170615_09260682.jpg




イワカガミ。

笹竹の中。

負けずに頑張って咲いている。





d0170615_09261365.jpg




ヤマブキソウ?




d0170615_09262007.jpg




水後山山頂。

ようやくここまで下山した。

あと1時間30分ほど頑張る。






d0170615_09262847.jpg




遠望。

登山口近くのスキー場。

石徹白方面を望む。




d0170615_09263599.jpg




ガマズミ。




d0170615_09264355.jpg



ムラサキヤシオ。

林の中。

一番目立っていた。







d0170615_09265188.jpg




ムラサキヤシオ。

山歩くムラサキツツジ目に染みる。



d0170615_09265773.jpg



ゲレンデ。

スキー場ゲレンデ。

この下りがきつい。







d0170615_09270533.jpg




レンゲツツジ。

スキー場ゲレンデ横。

レンガツツジが咲いていた。

ふと見れば藪に紛れて蓮華かな。





d0170615_09271208.jpg




檜峠登山口。

登山口に下山。

下りはきつかった。

最後にあったご夫婦登山者。

水後山山頂まで登るの事だった。

もう少し登ると白山・別山見えるとすすめる。







d0170615_09271956.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-05-29 10:31 | Comments(0)

日本二百名山 大日ケ岳 (1,709.0M) 登頂 編

2018年05月25日

釜ケ峰山頂で少し休憩、360度の大パノラマを楽しみ山頂を目指し歩きだす。

天気はよく、少し暑いが登山条件は良い方だ。

足元に注意しながら登ったり下ったりの登山道を進んでゆく、イワカガミ・

イワナシ・アカヤシオなどの花を楽しみながらの登山である。



白山(右)・別山(中央)・三ノ峰(左)。

この檜峠登山口からのコースは白山・別山が綺麗に良く見えて

人気のコースである。




d0170615_10035931.jpg



アカヤシオ。

ところどころに咲いている。

この辺りはまだ蕾が多い。




d0170615_10040687.jpg




ガマズミ。

ところどころに咲いていた。






d0170615_10041384.jpg




白山・別山。

まだ残雪が多い。この時季登ってみたい。




d0170615_10041999.jpg




大日ケ岳。

山頂方面を望む。

まだまだ山頂まで時間がかかりそう。





d0170615_10042646.jpg



イワカガミ。

登山道わきに咲く、今がちょうど見ごろ。







d0170615_10043301.jpg




崩壊。

登山道が何か所か崩壊していた。

走行に注意。




d0170615_10044189.jpg




新緑。

大きくて格好の良い木。新緑が目に染みる。

見て歩くのが楽しい。






d0170615_10044749.jpg



イワカガミ。

色が濃い。急な登りの登山道わきに咲く。





d0170615_10045471.jpg




アカヤシオ。

花の見ごろを迎えている。







d0170615_10050279.jpg




イワナシ。

山頂手前辺りに多く咲いていた。






d0170615_10050900.jpg




大日ケ岳。

ようやく山頂に着く。先客女性2名昼食中。

登山口から3時間15分要した。







d0170615_10052220.jpg




山頂からの展望。

白山・別山・三ノ峰方面を望む。

薄曇りであるが良く見えた。





d0170615_10053381.jpg



山頂からの展望。

ひるがの高原方面を望む。

霞がかかってきた。






d0170615_10053942.jpg




釜ケ峰。

山頂で昼食を済ませる。

男性が一人登って見えた。

少し四方山話して下山開始。

谷間に雪が少し残っている。






d0170615_10054902.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-05-28 10:45 | Comments(2)

日本二百名山 大日ケ岳 (1,709.0M) 釜ケ峰登頂編

2018年05月25日

大日ケ岳の雪も無くなりいよいよ夏山登山である。今日は雪の有る時は

雪庇が多くて危険なため登ることが出来なかった、檜峠登山口から登った。

登山道は時に危険個所は無いが、この冬、雪が多かったせいか登山道の

崩壊しているところが多くあった。

この時季花はムラサキヤシオ・イワカガミなどが少し咲いている程度で

まだ花が少なくこれからが楽しみである。

登山道から雪の残る白山・別山がよく見え、目を楽しませてくれた。



自宅 5.30 ー 檜峠登山口 7.30 ~ 7.45 ー 水後山 9.35 ~ 9.40 ー 釜ケ峰

10.10 ~ 10.15 ー 大日ケ岳山頂 11.00 ~ 11.40 ー 檜峠登山口 14.00 ~

14.15 ー 自宅




檜峠登山口。

先客の車が何台かあった。大日ケ岳に登る人、毘沙門岳にのぼる人の

車が数台あった。





d0170615_20101554.jpg




登山口。

駐車場のすぐ前が登山口になっている。少し進むと除雪された雪が積み上げて

あった。まだ解けずに多く残っていた。






d0170615_20102407.jpg




ガマスミ。

登山道わきにひっそりと咲いていた。




d0170615_20103155.jpg





白鳥高原CC。

登山道から振り返り白鳥高原CC、毘沙門岳方面を望む。






d0170615_20103813.jpg




ゴンドラ山頂駅。

登山口から一時間ほどで山頂駅。

今日はゴンドラ運行なし。静かであった。




d0170615_20104510.jpg




ゲレンデから登山道に入る。

一時間ほどスキー場ゲレンデを登ってきた。

いよいよゴンドラ駅前。

山道に入って行く。







d0170615_20105157.jpg




青空。

気持ちの良い青空。

大きな木の若葉も気持ちが良い。





d0170615_20110087.jpg





ブナ林。

ブナ林に囲まれた登山道。秋の紅葉が楽しみ。




d0170615_20110704.jpg




ガマスミ。






d0170615_20111540.jpg




倒木。

登山道に大きな倒木があった。

下をくぐって通過した。






d0170615_20112206.jpg




ムラサキヤシオ。

ところどころにムラサキヤシオが咲いていた。





d0170615_20112919.jpg




イワカガミ。

登山道わきにイワカガミ咲く。

ところどころに咲いていた。






d0170615_20113503.jpg




今日の木。NO 1

ごちゃごちゃになった木。





d0170615_20114211.jpg




釜ケ峰。

到着までまだまだ時間がかかりそう。





d0170615_20115068.jpg




今日の木。NO 2

長い風雪に耐えた木。




d0170615_20115717.jpg




水後山。

何時もここまで登るとホッとする。

なぜだろうか?。よくわからない。






d0170615_20120460.jpg




釜ケ峰。

今日は快晴。無風。ただ少し暑い。





d0170615_20121018.jpg





イワカガミ。

イワカガミはところどころに咲いている。





d0170615_20122585.jpg




崩壊。

登山道ところどころ崩壊。登山道が狭くなっている。

通過に注意が必要。





d0170615_20123213.jpg



白山・別山。

山は雪が残っている。

右が白山。左が別山。






d0170615_20123969.jpg




釜ケ峰。

釜ケ峰近くまで登ってきた。





d0170615_20124522.jpg





白山・別山。

天気よく、はっきり見える。





d0170615_20125415.jpg




釜ケ峰山頂。

山頂に着く。二つ目の頂上。






d0170615_20130138.jpg




白山。

白山アップ。まだら模様。綺麗。






d0170615_20131645.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-05-27 21:48 | Comments(0)

犬山城・城下町散策

2018年05月22日

継鹿尾山・大平山縦走登山を終えて、まだ時間が早いので犬山城・城下町散策に

行くことにして車を走らせた。

今日は平日ではあるが城下町は沢山の観光客でにぎわっていた。

まづ犬山城から見学することにした、600円で犬山城下町周遊券を購入した。

犬山城・どんでん館・からくに展示館・城とまちミュージアムの四ヶ所

見学することができる。




犬山城。

犬山城に向かう途中、踏切で信号待ち、車の中からパチリ。





d0170615_14125059.jpg




犬山城。

大きな石、国宝犬山城、この前で記念写真を写す人が多くいた。





d0170615_14125822.jpg




標識。

山門前の国宝犬山城の標識。





d0170615_14130466.jpg





入園料。

犬山城下町周遊券を購入する。






d0170615_14131264.jpg




犬山城下町周遊券。

犬山城など4ヶ所見学することが出来る券である。






d0170615_14134359.jpg




犬山城。

入場して目の前の城をパチリ。

壊れたシャチも新しくなっていた。




d0170615_14132183.jpg





山門。

入城してすぐ沢山の観光客がスタンプなど押していた。





d0170615_14132801.jpg




天守閣。

城の中に入る、入口でビニール袋を貰う、靴を脱ぐ、

急な階段を登って行く。






d0170615_14133556.jpg




犬山城下町周遊券。

犬山城は今までに何回か来ている。

周遊券を購入したのは初めてである。





d0170615_14134359.jpg




犬山城の歴史。

国宝犬山城の歴史が説明されている。





d0170615_14135036.jpg




天守閣。

天守閣より城の広場を見る。





d0170615_14135719.jpg




パノラマ。

天守閣より犬山市方面を望む。





d0170615_14140559.jpg




木曽川。

天守閣から、眼下の清流木曽川を見る、

名鉄電車も通るツインブリッジ犬山橋、

大都市各務原市鵜沼、人気の山鳩吹山方面を望む。






d0170615_14141260.jpg





ライン大橋。

天守閣よりライン大橋、正面の山伊木山、清流木曽川を望む。





d0170615_14142854.jpg




鵜飼観覧船。

ライン大橋手前、鵜飼観覧船、犬山鵜飼06月01日から行われる。





d0170615_14143669.jpg




からくに展示場。

からくに館見学、展示のからくになど見学。




d0170615_14144241.jpg




城とまちミュウジアム。

昔の犬山城下の模型が有った。






d0170615_14144829.jpg





城とまちミュウジアム。

犬山市の祭り、犬山祭りの山車模型、

4月第一土曜とその翌日行われる。





d0170615_14145492.jpg




犬山城下町。

初めて城下町を散策した。

古い町並み美味しいものがいっぱいあった、

次回はゆっくりと味わい見学してみたい。



d0170615_14150309.jpg


173.png169.png171.png173.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-05-26 16:13 | Comments(0)

大平山 (291M) 登頂・下山 編

2018年05月22日

継鹿尾山山頂で少し休み、次の目的地、大平山山頂を目指して歩きだした。

石原口まで登ったり下ったりして到達、石原口から鳩吹山方面にすこし少し登り

左折して大平山山頂を目指した。




標識。

継鹿尾山山頂から鳩吹山山頂方面に向かって進む。





d0170615_20561619.jpg



登山道。

登山道は岩場が多くあり庭園風な所も多く有る。

このような場所を歩くのは楽しい。






d0170615_20562452.jpg




登山道。

この山は低山ではあるが、

アップダウンが多く有り中々手ごわいコースである。





d0170615_20563215.jpg




花。

花の名前?。





d0170615_20565555.jpg




ムラサキヤシオ?。




d0170615_20570269.jpg




標識。

この標識から善師野駅方面に向かう。

このコースは多くの登山者が利用していると言われている。





d0170615_20571155.jpg




石原口。

大平林道と登山道が交差する。

ここから鳩吹山山頂方面に少し登って行く。





d0170615_20571794.jpg




分岐。

石原口から少し登ったところに看板がある。

左折して大平山山頂を目指す。






d0170615_20572425.jpg



大平山山頂。

山頂は展望なし、標識が無かればきずかず通過してしまう。






d0170615_20573112.jpg




日本八景。

愛知県の木曽川が日本八景に指定されている。

この場所だろうか?。





d0170615_20574157.jpg




ツツジ。

ツツジに隠れている標識。不老滝方面に向かう。





d0170615_20574832.jpg



昼食。

展望の良い所で中食をとる、

大平山に登る、この風景を見れるのが楽しみである。






d0170615_20580298.jpg




下山。

大平山から大平林道に下山。

ここから林道を下り不老滝に向かう。





d0170615_20580922.jpg




不老滝。

この滝は心霊スポットになっているみたい?。





d0170615_20581508.jpg




今日の木。

崖の上に大きな木が乗っている。




d0170615_20582320.jpg




今日の木、NO2

歩いていて、ふと上を見ると怖い龍の顔と尻尾。






d0170615_20583035.jpg



寂光院。

車の止めてある寂光院に戻ってきた。

予定より早く下山できた、犬山城界隈散策に向かうことにした。






d0170615_20583767.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-05-25 22:00 | Comments(0)

継鹿尾山(273M)・大平山(291M) 縦走 継鹿尾山登頂編

2018年05月22日

今日は久しぶりにお気に入りコース、継鹿尾山から大平山縦走した。

天気はよく快適な登山が出来た。

登山を終えて時間があったので犬山城と城下町散策をした。



自宅 9.30 ー 寂光院駐車場 10.00 ~ 10.15 ー 継鹿尾山山頂 10.50 ~ 11.00

ー 石原口 11.35 ~ 11.40 ー 大平山山頂 12.00 ~ 12.05 ー 寂光院駐車場

13.15 ~ 13.30 ー 犬山城下 13.45 ~ 15.00 ー 自宅




登山口。

寂光院境内奥にある階段を登って行く。

参拝者の姿は少なかった。




d0170615_14440403.jpg



階段。

登山口から長い長い階段を登って行く。

新緑のトンネルをくぐって登って行く。






d0170615_14441111.jpg




展望台。

階段を登って行くと本堂がある、近くに展望台がある。

犬山遊園地・木曽川方面を望むことが出来る。






d0170615_14441851.jpg



本堂。

寂光院本堂。





d0170615_14442586.jpg




登山道。

天気よく暑い、山頂まで行く間に3人とすれ違った。

今日は登山者が少ないようだ。





d0170615_14443141.jpg





ネジキ。

ちょうど見ごろであった。



d0170615_14443946.jpg




大平山方面。

登山道からこれから回って行く大平山方面。






d0170615_14445197.jpg




戦闘機。

青い空、戦闘機4機、轟音、飛び去って行く。






d0170615_14445866.jpg



つつじ。

登山道わきに多く咲いていた。






d0170615_14450648.jpg



東海自然歩道。

標識がところどころに設置されている。





d0170615_14451338.jpg



つつじ。

色の濃いヤマツツジが咲いていた。





d0170615_14452063.jpg




継鹿尾山山頂。

山頂に着いた、他の登山者はなし、静かな山頂であった。





d0170615_14453138.jpg




飛騨木曽川国定公園。

標識があった。愛知県の木曽川は日本八景の一つに選ばれている。





d0170615_14453985.jpg




展望図。

展望台から見る山々が描かれている。




d0170615_14454539.jpg



パノラマ。

山頂展望台から犬山遊園地・犬山城・木曽川方面を望む。





d0170615_14455131.jpg




日本八景。

日本八景に選ばれている景観を展望台より望む。





d0170615_14455772.jpg




三角点。

二等三角点。

山頂で少し時間を過ごし石原口方面に進む。





d0170615_14460487.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-05-24 17:20 | Comments(0)

バラ園 岐阜市畜産センター NO 2

2018年05月17日

岐阜市の北部にある畜産センターのバラ園の見学に行ってきた。

バラは見ごろを迎えている、今日は見学者は少なくゆっくりと

鑑賞することが出来た。




ハウス横。

バラ園の入り口はハウスすぐ横にある。

入園料は無料である。




d0170615_16580072.jpg



裏山。

バラ園のすぐ南側に登山道があり、低山ではあるが登り事が出来る。





d0170615_16580831.jpg




クインエリザベス。





d0170615_16581688.jpg



バラ園。



d0170615_16582332.jpg



コーンモドール。





d0170615_16583421.jpg




ハマナス。




d0170615_16585779.jpg




オメガ。



d0170615_16590556.jpg




シャルルドゴール。




d0170615_16591746.jpg




かがやき。




d0170615_16592687.jpg




ヘレンレデイー。




d0170615_16595016.jpg




ラブ。




d0170615_16595701.jpg




キャメロット。



d0170615_17000342.jpg




テイフアニー。





d0170615_17001178.jpg




センチメンタル。





d0170615_17001987.jpg




イエローベイブ。




d0170615_17005137.jpg




マリアカラス。




d0170615_17010922.jpg




バラ園。



d0170615_17012910.jpg



178.png169.png178.png169.png178.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-05-23 18:24 | Comments(0)

日本百名山 伊吹山 (1,377.3M) 山頂・下山 編

2018年05月20日

天気は晴れたり曇ったり安定しない空模様である。山頂の石垣の上で昼食をす、

風が冷たく少し寒い、ウインドブレーカーなどを着て寒さをしのいだ。

山頂には多くの登山者、バスで登ってきた多くの観光客が景観を楽しんでいた。

山頂の花はあまり多くは咲いていなかった。




琵琶湖。

石垣の所で琵琶湖方面を見ながら昼食を取った。





d0170615_19582306.jpg




ウマノアシガタ。






d0170615_19584339.jpg




スミレ。





d0170615_19584970.jpg




キンバイソウ。



d0170615_19585551.jpg




ハクサンハタザオ。






d0170615_19590308.jpg




山頂花畑。

山頂には花は余り咲いていなかった。




d0170615_19591181.jpg




一等三角点。

山頂に立派な標識があった。





d0170615_19591877.jpg




下山。

山頂で食事を済ませ、景観も十分楽しんで下山を開始した。






d0170615_19593215.jpg




沢山の登山者。

午後になっているが、多くの登山者が登ってくる。

遅く登る登山者は、帰り南側からバスで下山する人もある。






d0170615_19594001.jpg




ハルサキヤマガラシ。

山の斜面一面に咲く。綺麗ではあるが他の花が無くなってしまう?。






d0170615_19594709.jpg




三合目。

登山道途中から三合目方面を望む。







d0170615_19595305.jpg




琵琶湖。

登山道から琵琶湖方面を望む。






d0170615_19595926.jpg






二合目。

この辺りまで下山してくると日差しが強く暑い、一枚二枚と脱いでゆく。

最後はシャツ一枚になった。





d0170615_20001207.jpg




クサフジ。






d0170615_20001924.jpg




一合目。

一合目まで下山、暑かったり寒かったりして体温調整が大変であった。

今日は何時もはなかなか綺麗に見えない琵琶湖が良く見え、

最高の登山が出来た。






d0170615_20002708.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村








by noboru131215m | 2018-05-22 21:00 | Comments(0)
line

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山


by noboru131215m
line
カレンダー