<   2018年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧


***** 我が家の花 キョウカノコ咲く *****

2018年06月29日

我が家の庭も最近の不純な天気に負けず

順番に花が咲いてゆく。

花の咲く量は少ないが十分目を楽しませてくれる。





キョウカノコ



d0170615_11581740.jpg






クレオメ


d0170615_11575307.jpg





バラ



d0170615_11580016.jpg






アバカンサス



d0170615_11581078.jpg





アジサイ


d0170615_11582564.jpg




178.png169.png178.png169.png178.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村



by noboru131215m | 2018-06-29 12:39 | Comments(0)

***** 初めての登山道下る 明王山 (380M) 登頂 *****

2018年06月22日

今日は何時も登る明王山にやってきた。

何時ものように極楽茶屋で味ご飯弁当を購入する。

すぐわきにある農産物直売所を覗く、

色々野菜,果物など新鮮なものが販売されている。

大好物のトウモロコシを買うことにした、

皮をむいたトウモロコシ200円で3本購入した。




自宅 9.20 ー 迫間不動尊駐車場 9.45 ~ 10.00 ー 明王山山頂

10.45 ~ 1.55 ー 下迫間神明神社下山道 11.05 ー 神明神社

11.25 ~ 11.30 ー 各務野自然遺産の森 13.20 ー 迫間不動尊駐車場

14.00 ~ 14.15 ー 自宅







迫間不動尊駐車場。

今日は平日、駐車場の車は少なかった、

何時も同じ場所に止める。




d0170615_09451942.jpg






アジサイ。

駐車場脇にアジサイが咲いていた。



d0170615_09452757.jpg




d0170615_09453401.jpg




くちなしの花。

登山道わきに可憐なアジサイの花

一輪咲いていた。



d0170615_09454138.jpg







天気は薄曇り。

今日の天気は少し雲が出ている、

梅雨独特の蒸し暑さである。




d0170615_09454904.jpg






金比羅神社。

明王山山頂西側の金毘羅山山頂

今はだれもいない静かである。



d0170615_09455882.jpg






明王山山頂。

山頂には誰もいない

少し休憩をして迫間城址方面に向かう。



d0170615_09460600.jpg






迫間不動尊奥の院。

奥の院近く鉄塔が新しく出来た

この写真の後ろ側見学する。




d0170615_09462355.jpg







新明神社。

迫間不動尊奥の院近くにこの看板

今まで通った事がない気になっていた

この登山道を一度挑戦下ることにした。




d0170615_09463052.jpg






神明神社。

登山道は林の中、急な下りが続く

展望はなかった

20分ほどで神明神社まで下山してきた

辺りは綺麗に清掃されていた。



d0170615_09464053.jpg





ユリ。

新明神社から少し歩く

集落の畑に咲く百合の花。




d0170615_09464864.jpg






登り返す。

駐車場と反対側に下山した

登り返す、登る登山口を探す

なかなか見つからない。





d0170615_09465606.jpg






林道を戻る。

登山口がなかなか見つからない

仕方がない

迫間不動尊駐車場に行く林道を登る




d0170615_09470377.jpg





アジサイ。

いまどこを歩いても

アジサイの花が咲いている。



d0170615_09471159.jpg






アジサイ。



d0170615_09471901.jpg





林道。

林道を登る

ねむの木が花を咲かせていた。




d0170615_09472748.jpg






水汲み場。

林道の途中で山から出る清水があった

20ℓの容器に水を汲む夫婦がいた

話を聞くと、お茶、炊飯などあらゆることに

使用する、美味しいとのことであった。




d0170615_09473582.jpg







林道から。

林道から関市方面を望む。




d0170615_09474319.jpg







登山口。

林道にあるトンネル少し手前から

登山口に入る、尾根を通り

各務野自然遺産の森に向かう。



d0170615_09475137.jpg






何時もの登山道。

迫間城址から各務野自然遺産の森に向かう尾根

遅い昼食を取る。

シャツは汗で濡れている、ここで着替えさっぱりする。




d0170615_09475839.jpg






犬山城。

尾根から犬山城(写真の右側)方面を望む。



d0170615_09480579.jpg






各務野自然遺産の森。

遺産の森まで下山してきた。

駐車場までは20分程で行ける。



d0170615_09481220.jpg




173.png169.png171.png169.png179.png

Aブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-06-28 11:36 | Comments(0)

***** みのかも健康の森に咲く花々 *****

2018年06月25日

高木山登山を終えて

みのかも健康の森あじさい池ほとりに下山した。

天気は快晴真夏のような暑さ

今日は梅雨の中休み。

あじさい池のほとりに行くと

鯉が大きな口を開けて寄ってきた

ザックからビスケットを取り出し

細かく砕いて池に投げ入れる。

鯉がうれしそうな顔をして?

パクパクと飲み込んでいた。






カンゾウ

みのかも健康の森

園内通路脇に咲くカンゾウ

ちょうど見ごろであった。


d0170615_07460457.jpg



カンゾウ


d0170615_07461439.jpg



カンゾウ



d0170615_07462185.jpg



マツバギク

花数は少ないが

日差しをいっぱいに受けて

元気よく咲く。


d0170615_07462842.jpg



マツバギク


d0170615_07463632.jpg



あじさい

花は見ごろ、いきよいが良かった。



d0170615_07464504.jpg




あじさいの池

池のほとりに標識があった。



d0170615_07470578.jpg




睡蓮の花

あじさいの池に咲く。



d0170615_07471397.jpg




あじさい

あじさい池のほとりに咲く




d0170615_07472093.jpg




あじさい

山の斜面一面に咲く。



d0170615_07472890.jpg




アジサイ

アップでパチリ。



d0170615_07473425.jpg




あじさい池の鯉

池のほとりに行く

沢山の鯉が寄って来る

エサが豊富かよく太っている。



d0170615_07474183.jpg




アジサイ


d0170615_07474734.jpg




アジサイ



d0170615_07475503.jpg


178.png169.png178.png169.png178.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-06-27 08:57 | Comments(0)

***** 風爽やかな 高木山 (344M) に登る *****

2018年06月25日

昨日の日曜日は特に何も予定が無かったが、家でゴロゴロして

一日を過ごしてしまった。

今日は朝から快晴、近くの山に出かけることにした。

暇を見つけて時々登る美濃加茂市の高木山に出かけた。

今日は車から出ると強い日差しが照りつけ汗が噴き出した来る、

登山準備をして登山開始である。





高木山登山口。

今日は南側にある登山口から登る。

長い長い階段、

途中から左に折れて地道の登山道に入る。



d0170615_09291107.jpg






カンゾウ。

登山口手前に咲いていた。

ちょうど見ごろを迎えていた。



d0170615_09310064.jpg






カンゾウ。



d0170615_09310625.jpg






カンボク。

階段脇に咲く、

底抜けの青空、白い花、良くマッチしたいた。



d0170615_09291972.jpg







高木山山頂。

高木山山頂から蜂屋方面を望む。




d0170615_09292744.jpg







富士山。

高木山山頂展望台から富士山(右側の三角の山)を見る。

展望台は登山で滅多に味わえない、風爽やか、快適な気温、

静か、昼寝に最適な時間であった。



d0170615_09293566.jpg






登山口方面。

展望台から登山口から登ってくる

長い長い階段方面を見る。




d0170615_09294353.jpg






パノラマ。

この辺りはゴルフ場銀座である、

展望台から何か所もゴルフ場を見ることが出来る。



d0170615_09295358.jpg







下山を開始。

快適な展望台で長い時間過ごし

ようやく下山を開始した。

下山は登りと違う登山口方面に下った。




d0170615_09300149.jpg






登山道わきの山。

山の名前はわからない、

花の咲くころは何時も登って楽しむ。




d0170615_09300816.jpg





富士山。

日本に富士山と名の付く山は多い、

この山もその一つである。

標高 357.1M 、山の姿は三角錐で恰好は良い。




d0170615_09301689.jpg






みのかも健康の森。

下山してきた。

池の畔はアジサイ、カンゾウなどの

花が見ごろであった。




d0170615_09302443.jpg






滝の水。

人工的に作られて滝の中から

滝の水をぱパチリ。

滝の中は涼しかった。



d0170615_09303134.jpg





滝の全景。

滝の上から見る、

人工的に作られているが

今日のように暑い日は

ぐっとアイデアである。



d0170615_09303910.jpg





滝アップ。

水しぶき

鳥が飛んでいるようである。




d0170615_09304634.jpg







ぎふ清流里山公園。

高木山登山を終えて、

ぎふ清流里山公園散策してきた。

入園料は無料にであった。



d0170615_09305336.jpg




173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-06-26 10:30 | Comments(0)

***** 曾根城公園 花菖蒲見学 *****

2018年06月18日

伊吹山登山を終えて帰り道、大垣市曽根町の曽根城公園の花菖蒲が

見ごろを迎えていた立ち寄り見学した。

今日は暑くて花は少ししおれていた。

菖蒲園の敷地は3,800平方メートル、17種 17,000本植えられている。

見ごたえのある花菖蒲園である。




d0170615_07570054.jpg




d0170615_07571064.jpg




d0170615_07571726.jpg




d0170615_07572392.jpg




d0170615_07573038.jpg




d0170615_07573759.jpg




d0170615_07575964.jpg




d0170615_07575235.jpg



178.png169.png178.png169.png178.png

Aブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-06-25 08:13 | Comments(0)

***** レンゲツツジ咲く 車山高原  周回登山終了編 *****

2018年06月12日

雷雲もさり青空が多く見えるようになってきた。

南の耳山頂から車山山頂直下まで戻った、少し蝶々深山方面に行き

分岐を左に折れてコロボックルヒュウテ駐車場に戻った。

今日は曇り小雨、カミナリ、そして晴れて目まぐるしく変わる

天気であった。

レンゲツツジはちょうど見ごろを迎えていて最高の花を見る

ことが出来た。





青空。

高原の空は青空が広がってきた、

レンゲツツジも水分をたっぷり含んで

光輝いている。



d0170615_16114018.jpg







レンゲツツジ。

登山道わきに色鮮やかに咲くレンゲツツジ。



d0170615_16114893.jpg







コバイケイソウ。

所々にコバイケソウの群生地があった。



d0170615_16115531.jpg







コバイケイソウ・レンゲツツジ。

白と赤の花見ごたえがあった。



d0170615_16120305.jpg






レンゲツツジ。


d0170615_16121025.jpg






車山山頂。

青い空を見ながら

山頂麓を目指して進む。


d0170615_16122695.jpg






高原を進む。

レンゲツツジを見ながら進む。


d0170615_16123332.jpg






蓼科山。

登山道から雲がかかった蓼科山方面を見る。



d0170615_16124154.jpg







コロボックルヒュウテ駐車場。

レンゲツツジ越しに駐車場方面を望む。



d0170615_16124832.jpg







分岐。

蝶々深山との分岐、

ここからは木道になっていた。



d0170615_16125657.jpg






分岐から。

分岐付近から蝶々深山方面を望む。

広くて気持ちの良い高原であった。


d0170615_16130345.jpg






レンゲツツジ。

登山道から少し離れているところ

レンゲツツジの群生地がある。

立木も少し出てきた、岩もある

庭園風な風景である。


d0170615_16131210.jpg






レンゲツツジ。

アップでパチリ。


d0170615_16132135.jpg







レンゲツツジ。

色違いの花。


d0170615_16132825.jpg







コバイケイソウ・レンゲツツジ。

二つの花が見事に咲いている。


d0170615_16133476.jpg






立木。

花と立木、見ごたえがあった。



d0170615_16134215.jpg






車山山頂。

登山道から車山山頂方面を望む。



d0170615_16134976.jpg






アップ。

コバイケイソウ・レンゲツツジ

群生地アップ。



d0170615_16135837.jpg







コロボックルヒュウテ駐車場。

高原を一周して駐車場まで戻ってきた。

天気はあまり良くなかったが、

花はちょうど見ごろを迎えていた、

満足の行く登山が出来た。


d0170615_16140488.jpg



178.png169.png178.png169.png178.png

Aブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-06-24 17:22 | Comments(0)

*** レンゲツツジ街道をゆく 車山高原 北の耳・南の耳編 ***


2018年06月12日

ゼブラ山山頂で休憩をしていると雷のゴロゴロも収まってきた,

やれやれこれで安心して登山を続けることが出来る。

ゼブラ山山頂から北の耳・南の耳まではレンゲツツジが群生して

咲いていた。

今日はレンゲツツジのオンパレード。




ゼブラ山山頂から雷も去って行った、

安心して北の耳方面に進みだした。



d0170615_20094337.jpg






登山道わきのレンゲツツジ。



d0170615_20095252.jpg






レンゲツツジ。



d0170615_20100118.jpg






少し色の違うレンゲツツジ。




d0170615_20100952.jpg






蕾のレンゲツツジ。



d0170615_20101812.jpg





真っ赤なレンゲツツジ。


d0170615_20102741.jpg






この方面、雷雲は過ぎ去った。



d0170615_20103679.jpg







レンゲツツジ。

登山道を振り返る、

多くのレンゲツツジが咲いている。





d0170615_20104381.jpg






レンゲツツジの群生地。



d0170615_20105118.jpg






レンゲツツジ。



d0170615_20105868.jpg







レンゲツツジの群生地が続く。




d0170615_20110670.jpg






レンゲツツジ。



d0170615_20111307.jpg


北の耳山頂。

登山道脇に咲くレンゲツツジを見ながら

山頂までやってきた。




d0170615_20112941.jpg






南の耳を目指す。

北の耳から南の耳を目指して

急な坂を下って行く。



d0170615_20115323.jpg







レンゲツツジ。




d0170615_20121001.jpg




レンゲツツジ。



d0170615_20122601.jpg






陽射し。

雲の切れ目から陽射しが出てきた。




d0170615_20124037.jpg






南の耳山頂。

この付近にはレンゲツツジは

余り咲いていない。





d0170615_20124669.jpg


178.png169.png178.png169.png178.png

Aブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-06-23 20:46 | Comments(0)

*****レンゲツツジ咲く 霧ケ峰(車山) ゼブラ山登頂 編 *****

2018年06月12日

車山山頂で車山神社などに参拝をしてから下山を開始した。

車山乗越から蝶々深山、物見岩を経由してゼブラ山山頂を

目指した。

途中から雷がゴロゴロ、これはヤバイ隠れるところが無い、

心配しながらゼブラ山山頂に急いだ。




車山山頂を下る。

山頂から歩きにくい急な下りの階段を下りてゆく、

白樺湖などを見ながらの下山だった。



d0170615_20080869.jpg







車山乗越。

階段を下りきると車山乗越に出る、

ここから蝶々深山に向かって進む。






d0170615_20081739.jpg






車山山頂。

高原を進みながら車山山頂を見る、

青空が少し出てきた。




d0170615_20082469.jpg






駐車場。

車を止めたコロボックルヒュウテ

方面を見る。




d0170615_20083106.jpg





蝶々深山。

登山道わきのレンゲツツジ

楽しみながら

蝶々深山に到着する。

今日参加の皆さんです。




d0170615_20083822.jpg




レンゲツツジ。

この辺りの花は

真っ赤である。



d0170615_20093212.jpg




物見岩

物見岩近くまで進んできた、

この辺りの登山道は

ぬかるんで少し歩きにくい。



d0170615_20094266.jpg




パノラマ。

物見岩手前からの風景

この辺りは

レンゲツツジは余り咲いていない。




d0170615_20095030.jpg



物見岩。

この場所で昼食を済ませる。

雨がポツポツ降り出した。



d0170615_20095855.jpg




八島ケ原高層湿原。

物見岩で昼食を済ませ出発する、

大きな湿原が目の前に見える、

この辺りから

レンゲツツジの入りが一段と鮮やかになってきた。



d0170615_20100539.jpg



レンゲツツジ。

色鮮やかなレンゲツツジ、

写真撮影に忙しい。



d0170615_20101234.jpg




レンゲツツジ。

色違いの花もあった。




d0170615_20102798.jpg





樹林帯。

高原を下ると樹林帯に入った。




d0170615_20103815.jpg






コバイケイソウ。

樹林帯の中にコバイケイソウが咲いていた、

いま咲きたてみずみずしい。




d0170615_20104499.jpg






ゼブラ山。

樹林帯を抜けると

広場に出たここからゼブラ山山頂を目指す。

雷が鳴りだした。






d0170615_20105291.jpg





車山山頂方面。

ゼブラ山中腹から車山山頂方面を見る、

雷が相変わらずゴロゴロ聞こえる、

女性が一人

引き返すか、進むかどうか迷っている…

私たちの後に付いてくる

進むことにしたみたいである。


d0170615_20110974.jpg




ゼブラ山山頂手前。

山頂手前まで来た、

木が無し、

隠れるところなし、

雷は怖いが進んでゆく。




d0170615_20111764.jpg



今日の参加者。

ゼブラ山山頂、

ゴロゴロなっていて落ち着かない。



d0170615_20112519.jpg




パノラマ。

雷雲が広がっている、

雷に追われ追われてゼブラ山。



d0170615_20113271.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png

Aブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-06-22 21:23 | Comments(0)

***** 風と雨とガス 由布岳 (1,583.3M) 下山 編 *****

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


by noboru131215m | 2018-06-21 13:10

***** 風と雨とガス 由布岳 (1,583.3M) 登頂 編 *****




2018年06月06日

久住山登山を終えて、由布岳近くで宿泊先を探したがなかなか見つからなかった。

昨夜宿泊した長者原ビジターセンター近くの宿に連泊することにした。

06日、早朝由布岳登山口を目指して車を走らせる。霧が発生して前の車が

よく見えないくらい濃い霧であった。



スターダストビレッジ星生 5.00 ー 由布岳登山口 6.15 ~ 6.40 ー 由布岳山頂東峰

9.25 ~ 9.35 ー 由布岳登山口 11.30 ~ 12.00 ー 別府温泉散策 13.30 ~ 14.45 ー

福岡市内宿泊先 18.00




由布岳登山口。

登山口駐車場に到着する、霧で何も見えなかった、

登山開始するころは少し明るくなった来た。

天気は悪いが時に危険なヶ所は無いので登ることにした。



d0170615_11374407.jpg







由布岳登山開始。

登山開始する。小雨が降っている。




d0170615_11380952.jpg







今日の木。

細身で今にも動き出すような感じがした。




d0170615_11375969.jpg






ミヤマキリシマツツジ。

登山道わきに咲くミヤマキリシマツツジ。




d0170615_11381189.jpg






ミヤマキリシマツツジ。

一部花がおわったところもあった。




d0170615_11381370.jpg






雨に濡れて。

デジカメのレンズが濡れて写真がぼけている。





d0170615_11382937.jpg






タニウツギ。

ミヤマキリシマツツジとタニウチギ

コントラストが良かった。





d0170615_11383659.jpg








ミヤマキリシマツツジ。

岩の上に扇形に咲くミヤマキリシマツツジ。



d0170615_11384438.jpg




マタエ。

尾根に出て西峯と東峰の分義点。

東峰方面を望む、

雨少し降っている、

この辺りに来ると風が強く吹いて来た。






d0170615_11385154.jpg







ミヤマキリシマツツジ。

相変わらずガスが出ている、

山の斜面一面に咲くミヤマキリシマツツジ。

天気かよければ素晴らしい展望だが。




d0170615_11385987.jpg





ミヤマキリシマツツジ。

天気は悪いが登山道わきに咲く、

ミヤマキリシマツツジが,

心を和ませてくれる。






d0170615_11390679.jpg






ミヤマキリシマツツジ。

雨でレンズが濡れる、

拭くタオルも濡れて、

これはダメダー。




d0170615_11391395.jpg






参加者。

時々吹き抜ける強風に耐える、

元気いっぱいです。



d0170615_11392133.jpg






山頂を目指す。

花に囲まれた登山道を登って行く。



d0170615_11392839.jpg





ミヤマキリシマツツジ。



d0170615_11393544.jpg







ミヤマキリシマツツジ。



d0170615_11394219.jpg






ミヤマキリシマツツジ。



d0170615_11395019.jpg




ミヤマキリシマツツジ。

今日は悪天候、

西峰は岩場登り、

危険なため今日は登らない。



d0170615_11400698.jpg






由布岳山頂。

山頂で記念撮影、

もう一人は強風で三脚セット出来ず、

シャッターを押す。




d0170615_11401455.jpg





173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-06-20 13:50 | Comments(0)
line

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山


by noboru131215m
line
カレンダー