<   2018年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧


ご愛読ありがとうございました  明王山 (380M)


2018年12月31日

今年も今日で終わり、ブログ風の便り、一年間多くの方にお愛読頂き

感謝感謝です、本当ありがとうございました。

来年も頑張ってアップしていこうと思っています。引き続きご愛読

よろしくお願いします。

よいお年をお迎えください。


自宅 10.00 ー 迫間不動尊駐車場 10.20 ~ 10.35 ー 明王山山頂

11.25 ~ 11.35 ー 猿啄城山頂 12.10 ~ 12.40 ー 明王山山頂

13.30 ~ 13.40 ー 迫間不動尊駐車場 14.15 ~ 14.30 ー 自宅



明王山中腹より

登山口を出るときは曇っていたが、少し時間が過ぎると

綺麗に晴れてきた。

明王山は今年も何度も登った、

花の多い山で特に春先はツツジ、イワカガミなどの花が多く咲き

目を楽しませてくれる、感謝感謝である。

d0170615_22374694.jpg




明王山山頂より

山頂から眼下の木曽川・各務原市街を望む。

d0170615_22375366.jpg




12月30日

明王山山頂はかなり多くの登山者であった。

山が好きな人が多いなと思った。

d0170615_22375945.jpg




猿啄城

手前から猿啄城を望む。

いつ見ても素晴らしい展望台だと思う。

明王山山頂であったトレールランを行っている若い男性が、

この猿啄城を登山口から走って一日30回、

登ったり下ったりしたと語った。

明王山のトレールランで3位になったとも話していた。

すごい頑張りやさんの若者であった。

d0170615_22380668.jpg



鳩吹山

展望台から鳩吹山方面を望む。

年の瀬に天気恵まれ登山かな

d0170615_22381304.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします



にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-12-31 07:48 | Comments(0)

我が家の花 ツバキに雪つもる  


2018年12月30日

29日 朝起きて庭を見ると雪が降っていた、積雪は僅かであるが

この冬初めての積雪であった。

今日は近場の山に登る予定であったが悪天候のため中止した。



ツバキ

北側の雨戸を開けるとツバキに雪が少し積もっていた。

このツバキの木は家の日陰にあり花はあまり多く咲かない。

雪かぶり元気に咲けよ寒椿

d0170615_22194207.jpg



キク

雪の降る前日に写した。今が見ごろである。

d0170615_22290587.jpg



五葉松

玄関前の五葉松に雪が少し積もっている。

昼頃には溶けてしまった。

d0170615_22192248.jpg



公園

家の東側、パソコンの前の雨戸をあけて公園をパチリ。

ブランコと滑り台がある、近くに小さい子供が少なく

遊びに来る子供はほとんどいない。

d0170615_22193206.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村



by noboru131215m | 2018-12-30 07:57 | Comments(0)

残しておいた紅葉写真 簗谷山 (1,213.7M) 下山 編 NO 2


2018年10月31日

今日は将棋の話、将棋の天才少年藤井聡太七段

今年最後の対局が昨日行われた。勝利して32勝6敗の

成績で終わった。勝率 84.2% 素晴らしい成績である。

将棋の出来ない風の便りでも AbemaTV を見ていて神の一手に感心する。

ピンチの時一手で防いでしまう、また予想もできない神の一手で勝利をものに

してしまう。来年はどこまで飛躍するのか楽しみである。



二か月前の色付いた木々

簗谷山登山、色付いた木々を見るには少し時季が遅いかな

そんなことを思いながら登った、まだ間に合った。

寒くなり色付いた木々が無くなるころ掲載しようと思っていた。

d0170615_18492124.jpg




南尾根ルート

山頂からこのルートを下りだすと

色付いた木々がちょうど見ごろを迎えていた。

d0170615_18492945.jpg




色鮮やか

いくら長くみていても飽きない風景。

引きこまれそうである。

d0170615_18493672.jpg




天気は曇り

下山中、他の登山者はもう誰もいない、

静寂に包まれている、

暗くならないうちに早く下山しなくては

そう思って歩いている、

色付いた木々を見るとついカメラのシャッターを押してしまう

なかなか進まない。

d0170615_18494309.jpg




小鹿の涙

色付いた木々が途切れ小さな滝があった

水量は少ない。

ここで一休みする。

d0170615_18495914.jpg




色付いた木々

近場の山に登り色付いた木々を求め歩いた

この山はNO3の一つの山に入る...

d0170615_18500727.jpg



長い長いコース

この南尾根コースは思ったより長いコース

なかなか登山口までたどり着かない。

d0170615_18501516.jpg




楽しみ方

鮮やかな色付いた木々を見るのは

一人で黙々と歩き楽しむより

多くの山友と一緒に見た方が

楽しさが倍増する。

d0170615_18502325.jpg


アップ

デジカメで思い切りアップで写す。

秋の日に色付く木々を眺め行く

d0170615_18503849.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-12-29 07:57 | Comments(0)

色付いた木々 祐向山 (374.3M) 下山 編


2018年12月19日

岐阜県美濃地方で猛威をふるう豚コレラ、先日も関市の養豚場で

8000頭ものぶたが豚コレラにより殺処分にされ年内には処理が

終わると言われている。

猪も山の中などで多く死んでいる、愛知県にも飛び火して発生している

原因がはきりせず終息の気配は見られないみたいである。



望郷展望台

小雨が降りだして急いで昼食を済ませて下山開始した。

雨雲も風に乗って速い速度で移動している。

雨雲が通過して小雨もやんだ。

d0170615_22123705.jpg




色付いた木々

紅葉の終盤であるが結構見ごたえがあった。

d0170615_22124550.jpg




落ち葉を踏みしめて

良く整備された登山道、落ち葉を踏みしめながら

下って行く。

d0170615_22125321.jpg




出会った登山者

夫婦二組、男性単独3人、女性単独4人、合計11人であった。

d0170615_22130000.jpg




d0170615_22130626.jpg




色付いた木々

華やかな赤色はないが、色付いた木々は美しかった。

d0170615_22131418.jpg




静寂

この時間小鳥の鳴き声も聞こえない、静寂である。

d0170615_22132253.jpg




大きな木

目の前の大きな木、色付いた木癒される。

d0170615_22133030.jpg




柿畑

山のすそ野は一面の柿畑がある。

今は収穫も終わりひっそりとしている。

d0170615_22133796.jpg




コナラ道

山の中は楽しめるように登山道が縦横無尽にある。

初めてコナラ道を通り下山する。

d0170615_22134530.jpg




谷間道

谷間のようになっている地形を下って行く。

色付いた木々が残っていた。

d0170615_22135565.jpg




気を付けて

気を付けてお帰りを、

木に言われているような気がする。


d0170615_22140462.jpg




駐車場

下山してきた、事務所の中には地図などが用意されている。


d0170615_22141290.jpg




晴れ間

青空が出てきた、もう少し早く出てくると良かったのに。

d0170615_22142047.jpg




ツバキ

駐車場よこ垣根の椿が咲いていた。

d0170615_22142761.jpg




ツバキ

赤い花の中に、白い椿良く目立った。

d0170615_22143483.jpg




駐車場

下山、山の中ですれ違った登山者も別の登山道から

続々と下山して来ている。

車で帰りかけたら柿と書いたのぼりがあった、

立ち寄って柿を購入して帰った。

小屋建てて袋に入れて柿を売る

d0170615_22144182.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-12-28 07:45 | Comments(0)

快晴の 鷹ノ巣山 (282M)  下山開始する


2018年12月24日

最近パソコンにウインドウズ名で、ウイルスが入ったから早く治すようにと

うるさくメッセージ画面が出るようになっていた...

チョット怪しいので、何時もパソコンの補修などしてもらう専門家に電話する。

相手にならないようにした方が良いとの事、怪しい画面の消し方をならった。

最近パソコンの速度が遅くなってきていた、部品を交換速度がすごく早くなった。



伊吹山

鷹ノ巣山山頂から伊吹山方面を見る。

今年は山に雪が積もるのがずいぶん遅いような気がする。

d0170615_14155068.jpg


パノラマ

鷹ノ巣山山頂から岐阜市街を望む。

良く晴れている。

d0170615_14160184.jpg



色付いた木

登山道わきから少し藪の中にあった。

がさがさと木のそばまで行ってパチリ。

d0170615_14160947.jpg




クチナシ

実が少し有った。今年は実の付きが悪いようである。

d0170615_14161786.jpg


色付いた木

登山道わきに色付いた木が残っている。

葉を染めて気を引く木々と冬の空

d0170615_14162577.jpg



自然林

自然林の中落ち葉を踏みしめ帰って行く、

北側斜面、風が冷たい。

d0170615_14163431.jpg



ツツジ

少しだけ残っていた、

花は頑張って咲いている。

d0170615_14164270.jpg



色付いた木

紅葉も最後ですよと艶姿

d0170615_14164946.jpg




岐阜市街

尾根を進む、展望は左右素晴らしい。

d0170615_14165597.jpg



洞山山頂

山頂まで帰ってきた、ここは展望があまり良くない

休憩なしで通過してゆく。

d0170615_14170230.jpg



岐阜市街

登山道北側の市街を望みながら進む。

d0170615_14171080.jpg



快晴

朝からの素晴らしい天気が続いている。

d0170615_14171898.jpg




真っ青な空

この辺りでこれだけの色濃い青空が見られるのは珍しい?。

d0170615_14172533.jpg



御嶽山

デジカメの望遠をいっぱいにして写す。

雪で噴煙はよく見えない。

d0170615_14173215.jpg




下山口

尾根から登山口に下る三叉路まで来た。

低山ではある距離もあり、登山道もバラエティーに富んでいる

楽しく登ることが出来る。

d0170615_14173907.jpg




白山神社

神社まで下山してきた、お参りをして

駐車場まで向かった。

d0170615_14174853.jpg



モミジ

駐車場脇の大きなモミジ

ちょうど見ごろであった。

d0170615_14175535.jpg


d0170615_14180276.jpg



ツバキ

駐車場脇に多くの花を咲かせていた。

d0170615_14180953.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-12-27 15:25 | Comments(0)

時間切れ 金華山登頂断念  鷹ノ巣山 (282M) 編


2018年12月24日

今日はクリスマスイブ、山好きな風の便りは近場の山に登っている。

今日すれ違う登山者は年配者が多い、

今日この好天気を互いに満喫している。

途中で脇道にそれて、わざと歩きにくい所を選んで進んだりして

楽しみながら金華山山頂を目指す。



洞山

いま通過してきた洞山方面を振り返り望む。

低山だがなかなか恰好の良い山である。

d0170615_22204827.jpg




脇道

途中で鉄塔の巡視路を登って行く。

少し遠回りである。

道草をしては登るよ冬の山

d0170615_22210634.jpg




色付いた木

急な登り、鉄塔まで登ってきた。

d0170615_22211498.jpg



鉄塔

下からパチリ。めくら写し、うまく写せた?

d0170615_22212375.jpg



岩場

脇道は岩場、藪漕ぎ

登山道は荒れていた。

d0170615_22213055.jpg




鷹ノ巣山

脇道を下る、正面に鷹ノ巣山が見えってきた。

快晴は続く。

風の当たらないところは暖かくなってきた。

d0170615_22213867.jpg




林道

岩戸公園からの林道に下ってきた、

ここからまた登り返す。

d0170615_22214692.jpg




岩場から

登山道を登って行く、

岩場からJR岐阜駅方面を望む。


d0170615_22220272.jpg




崖を登る

少し崖を登り広場に出る、

展望の良い所で昼食を取る。

今日は弁当持参である。

フルーツは今日も柿である。

d0170615_22221321.jpg




崖の上から

昼食を取りながら鷹ノ巣山方面を望む。

d0170615_22222166.jpg




振り返り

白山神社から山々の尾根を

登り下りして来た方角を見る。

d0170615_22222837.jpg




バイパス

中央の道路は名岐バイパスである。

d0170615_22223694.jpg




パノラマ

パノラマで写すところは、

前が開けて景観の良い所である。

d0170615_22224345.jpg



崖の上から

眼下に岩戸公園付近の家々などが見える、

最近は岩戸公園登山口から金華山に登っていない、

また時期を見て登りたい。

d0170615_22225290.jpg




鷹ノ巣山

食事も終わり鷹巣の山山頂を目指す。

d0170615_22225941.jpg


尾根に出る

少し登ると尾根に出た、

左折して鷹ノ巣山山頂を目指す。

d0170615_22233425.jpg




サンタ?

鷹ノ巣山山頂に到着した。

クリスマスイブ、サンタがいる?

先ほどまで山頂にいた登山者に手を振って

別れを告げていた。

d0170615_22234210.jpg




時間切れ

ここから金華山山頂まではまだかなり時間がかかる、

帰りが遅くなり暗くなる心配がある

ここで金華山山頂は断念して引き返すことにした。

d0170615_22235043.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村





by noboru131215m | 2018-12-26 09:31 | Comments(0)

クリスマスイブ登山 金華山山頂 (328.9M) を目指す  洞山編


2018年12月24日

きょうはクリスマスイブ、各地でいろいろな行事が行われると思う。

朝から快晴、家にじっとしていられずどこかの山に出かけよう、

急な思い付き遠方には出かけられない、近場の山をあれこれ思案する。

最近登っていない岐阜市北一色の白山神社から登るコースで金華山

を目指そう、集発時間が遅い途中で時間切れになるかもしれない

そんなおもいで準備をして出かける。



自宅 10.10 ー 白山神社駐車場 10.30 ~ 10.40 ー 奥の院 10.55 ~ 11.00

ー 洞山 11.25 ~ 11.30 ー 鷹ノ巣山 12.40 ~ 12.50 ー 洞山 13.30 ~ 13.35

ー 白山神社駐車場 14.15 ~ 14.25 ー 自宅



白山神社本殿

駐車場に着くと、白山神社の氏子の方々が沢山集まっていた。

今日は正月にそなえて神社の清掃などを行うためだった。

本殿前には真新しいいしめ縄飾りが張られていた。

d0170615_22115451.jpg




登山地図

登山口に板の上に金華山までの地図が描かれていた。

わかりやすく、見やすかった。感謝感謝。

d0170615_22120622.jpg




神社林

白山神社本殿横の登山口から杉林の中を登って行く。

d0170615_22121687.jpg




尾根に出る

15分程で尾根に出る。左に進む。

中学生10人程とすれ違う

元気いっぱいであった。

d0170615_22122625.jpg




奥の院

白山神社奥の院に着く、少し休憩をする。

氏子の人が熊手で落ち葉などを寄せ集めていた、

正月に備えて清掃を行う。

正月元旦には多くの人が訪れるとの事であった。

掃き清め初日の出まつ奥の院

d0170615_22492402.jpg



パノラマ

奥の院前から岐阜市街を望む。

d0170615_22123351.jpg




岐阜市街

奥の院前から県病院方面を望む。

d0170615_22124204.jpg




名古屋ビル群

奥の院前から名古屋ビル群方面を望む。

d0170615_22125030.jpg




風は冷たい

尾根を歩いていると冷たい風が吹き抜ける。

上着を着ないと寒い。

d0170615_22125807.jpg




天気快晴

朝から快晴、風は少し冷たいが

快調に進んでゆく。

d0170615_22130600.jpg




北一色権現山

権現山の標識が有った。

国土地理院の地図には山名は記載されていない。

d0170615_22131396.jpg




岐阜城

登山道から金華山頂上に聳える岐阜城方面を望む。

d0170615_22132077.jpg




東海道本線

右側の大きなビルの下辺りがJR岐阜駅。

d0170615_22132808.jpg




霞む

天気よく遠くは霞んでいる、

尾根歩きは風が吹き抜け寒い。

360度の大パノラマを楽しみながら進む。

d0170615_22133644.jpg



グレーの建物

眼下にグレーの長い長い建物がある何だろうか?

d0170615_22134303.jpg




前の山

目の前の山、洞山山頂を見ながら進んでゆく。

d0170615_22135049.jpg




岩場

登山道は所々に岩場が出てくる。

真っ青な空を見ながら順調に進んでいる。

d0170615_22135750.jpg




洞山

山頂に到着した。

標高は205.6M

d0170615_22140569.jpg




洞山山頂

山頂は少し広くなっている。

今日は平成最後,天皇誕生日の振替休日。

多くの登山者とすれ違った、

挨拶はいい天気ですね、でした。

d0170615_22141201.jpg




173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-12-25 10:03 | Comments(0)

快晴の尾根を帰る  鳩吹山 (313.5M) 下山 編


2018年12月21日

今日も登山には関係なく将棋の話、風の便りは駒の動かし方は

わかるが実力は全くない、囲碁は好きで少しだけ出来る。

先日行われた早差し将棋で天才棋士藤井聡太7段が優勝した。

羽生善治元竜王がチェスのルールを取り入れ考案したものである、

持ち時間5分、一手差すと5秒プラスする、勝負が早く見ていても

非常に面白い。テレビで将棋を見るには AbemaTV 入力すれば

鑑賞することができる。



下山開始

ストップウォッチ片手に登山を楽しむ男性と別れて

西山休憩舎から下山を開始した。

d0170615_23022737.jpg




花一輪

登山道わきにツツジの花一輪ポツリと咲いていた。

d0170615_23024069.jpg




快晴

登山道から美濃加茂市街を望む。

d0170615_23025676.jpg




色付いた木

登山道わきに色付いた木、

この時季赤が少なく目を楽しませてくれる。

d0170615_23030489.jpg




木曽川

眼下の木曽川、青い水が印象的だ。

d0170615_23031294.jpg




鳩吹山山頂

山頂まで戻ってきた、登山者が一人ポツンと座っている。

d0170615_23032000.jpg




東屋

東屋まで戻ってきた、ここは登山者は無し。

d0170615_23033422.jpg




登山道より

可児市街方面を望む。

d0170615_23034296.jpg



木曾川

中腹から眼下の木曽川を望む

d0170615_23035628.jpg




鳩吹山登山口

登山口まで下山してきた。

現在15時この時間登山を開始する人がいる。

下山時間が心配、暗くならないかな?。

d0170615_23040343.jpg




最後の輝き

色付いたカエデ

d0170615_23041787.jpg




氷場

駐車場に戻らず、氷場方面に回って木曽川見に行く。

d0170615_23042999.jpg



広場

氷場まえの広場、木曽川はあまりよく見えない

駐車場に帰ることにした。

d0170615_23043650.jpg




竹林

竹林の中を通って駐車場に向かう、

色付いた木を見ながら帰る。

d0170615_23044393.jpg




赤い橋

赤い橋の上から谷川を見る、

岩場の中を水が少し流れている。

d0170615_23045151.jpg



竹林

歩道わきに立派な竹林が有った。

太くてきれいであった。

d0170615_23045976.jpg




今日の木

駐車場手前の畑にいろいろな木が育てられている。

中の一本が目についた。

木の下のあたり、ワンコが前足を出して

這っているように見える。上の方は?。

d0170615_23050792.jpg




駐車場手前

湯ノ華市場の駐車場まで戻ってきた、

車は一台も止まっていない。

このすぐ横が登山者用駐車場。

d0170615_23051631.jpg




鳩吹山登山口方面

写真の右は登山口方面

左に曲がり駐車場まで戻った。

今日は一日中好天気に恵まれて

楽しい登山が出来た。

d0170615_23052363.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-12-24 07:39 | Comments(0)

快晴を楽しむ 鳩吹山 (313.5M) 西山休憩舎 編


2018年12月21日

今日の登山には関係ないが、家に帰り将棋竜王戦第七局、羽生善治竜王と

広瀬章人八段との対局をパソコンでアベマYVを見た.

結果は広瀬章人八段の勝ちであった。羽生善治竜王はタイトル100期目前で

ストップした。天才棋士だから一休みしてまたタイトルを獲得されるであろう。



西山休憩舎

鳩吹山山頂で土田夫妻と分かれて、

西山休憩舎(名前は可児市のガイドブックによる)に

向かって進む。

d0170615_20075784.jpg




ドウダン

登山道わきのドウダンの葉が色付いている。

d0170615_20080683.jpg




可児市街

登山道より可児市街方面を望む。

360度の展望を楽しみながら進む。

d0170615_20081427.jpg




標識

石原登山口方面に行く、

途中で北コースに入る。

d0170615_20082123.jpg




西山

正面に西山を見ながら

北コース分岐を目指す。

d0170615_20082991.jpg




分岐

石原登山口に向かう登山道から

北コースに入る分岐まで来た。

d0170615_20083674.jpg




北コース

分岐から北コースに入って行く、

最初は谷川まで下る、登山道は濡れていて滑りやすい。

d0170615_20084465.jpg




木曽川

北コースを少し下り、谷川を超して登り返す、

途中樹間の間から木曽川方面を望む。

d0170615_20085269.jpg




木曾川

尾根から木曾川対岸の坂祝町方面を望む。

d0170615_20085963.jpg




朝から快晴

遥か彼方に御嶽山がかすかに見える。

d0170615_20090647.jpg




色付いた木

登山道わきに色付いた木が

ポツンと残っていた。

d0170615_20091471.jpg




西山

北コースを、登ったり下ったりして

西山山頂に着いた、展望が無い休憩なしで通過する。

d0170615_20092086.jpg



急登

西山山頂から西山休憩舎に向かうが

急な登りを超して行く。

d0170615_20092993.jpg




御嶽山

急登を登り樹間から御嶽山方面を望む。

d0170615_20093613.jpg



西山休憩舎

13時やっと到着した他の登山者は誰もいない。

遅い昼食を取る。

d0170615_20094478.jpg



昼食

今日の昼食、🍙一個、ミックス、柿一個分、コーンスープ、

チョット多めだな。

昼食が終わったころ、男性が大平山方面から到着した、

手元に卵型のJPSかな持っていた、聞くとストプウオッチだった、

大平山登山口から西山休憩舎までの時間を計っている。

最近はタイムが悪くなった、少し落ち込んでいた。

登山もいろいろな楽しみ方があるものだなと思った。

d0170615_20095190.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-12-23 07:17 | Comments(0)

快晴の 鳩吹山 (313.5M) 登頂 編


2018年12月21日

今日は朝から快晴の天気に恵まれて絶好の登山日和である。

山とは関係がないが今日は将棋の大一番が行われている、

将棋の竜王戦七番勝負第七局、三勝三敗で第七局二日目、

羽生善治竜王が広瀬章人八段に勝てばタイトル100期達成の

大偉業大一番が行われている。

パソコンでアベマTVで放映されている、家に帰ってから

最終局面を見ることにして出かけた。



自宅 9.30 ー 鳩吹山登山口駐車場 10.20 ~ 10.40 ー 鳩吹山山頂

11.35 ~ 11.50 ー 西山山頂 12.50 ー 西山東屋 13.05 ~ 13.40 ー

鳩吹山山頂 14.20 ー 鳩吹山登山口駐車場 15.05 ー 15.20 ー 自宅




駐車場

湯の華市場で弁当を購入する、おにぎり一個、お稲荷さんなどで400円。

ザックに入れて登山開始。

d0170615_22334994.jpg




東屋

駐車場よこの東屋、

素晴らしい天気快調な登山が出来そうである.

d0170615_22335864.jpg




登山口

春先にはこの辺りカタクリの花が咲き

目を楽しませてくれる。

d0170615_22340825.jpg




御嶽山

鳩吹山中腹から可児市街・美濃加茂市街・

そして遥か彼方に御嶽山などを望む。

d0170615_22342673.jpg




パノラマ

雲一つない青空、行きかう登山者との挨拶は

素晴らしい天気だねだった。

d0170615_22343306.jpg




色付いた木

登山道わきに色付いた木があった、

色鮮やか目の中に飛び込んでくる。

d0170615_22344065.jpg




のんびりと

登る時間が遅いので登山者が少ない、

きょろきょろ景色を見ながらのんびりと登って行く。

d0170615_22344849.jpg




あった倒木

夏場の台風による倒木であろうか、登山道に覆いかぶさっている。

鳩吹山は人気の山多くの登山者が登る。

登山道の倒木はほとんど撤去されている。

d0170615_22345659.jpg




標識

所々に標識がある、事故の時連絡する警察・消防署の

電話番号が記載されている。番号は位置確認できる。

d0170615_22350317.jpg




階段

登山口から急登が続き山頂近くなると階段が出てくる。

d0170615_22351269.jpg




岩場

山頂手前、厳しい岩場を登って行く。

鳩吹山は低山ではあるが

登山道はなかなか厳しい登りが続く。

d0170615_22351934.jpg




パノラマ

山頂手前の東屋から東方面御嶽山などをパチリ。

d0170615_22353105.jpg




可児市街

東屋から可児市街を望む、木曽川も良く見える。

d0170615_22353985.jpg




寒暖計

東屋の中に寒暖計があった、

只今の気温9度、今日は風が無く歩いていても

暖かく感じる。

d0170615_22354550.jpg




土田夫妻

駐車場で車を並びで止めた、挨拶をして別れた。

今度は山頂でお会いした。

話をしていると会話がだんだん弾んでくる、

奥様が私の所属するみのハイキングクラブの例会に

二回ほど参加されたとの事、珍しい出会いびっくりした。

ご夫妻はいつもあちらこちらの山を一緒に登って見えるとの事

元気いっぱいでした。

美味しいお菓子など頂いた、お世話になりました

またお会いできると良いですね。

d0170615_22355763.jpg




173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-12-22 08:10 | Comments(0)
line

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山


by noboru131215m
line
カレンダー