<   2019年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧


憧れの日本百名山 羊蹄山 (1,892.7M)  登頂 編


2019年08月25日

07月27日 早朝窓を開け外を見る、雨は降っていない。朝食は宿舎で

作ってもらった大きな🍙おにぎり二つザックに入れて車に詰め込む。

まだ暗い、登山準備ザックにカバーを掛けて雨対策をして登山を開始する。

登山口に向かう途中で雨が降ってきた、近くの建物に雨宿り天気が悪い

登山を開始するか、中止するか皆で相談する。

二名は中止して駐車場で待機することになった。雨が小降りになったので

四名で出発する。



まっかりユースホステル 4.15 ー 羊蹄山自然公園駐車場 4.30 ~ 4.45 ー

登山口 5.00 ー 五合目 7.30 ~ 7.40 ー 羊蹄山山頂 11.30 ~ 11.50 ー

お鉢周り ー 九合目避難小屋 13.40 ~14.00 ー 羊蹄山自然公園駐車場 16.45

~ 17.15 ー まっかりユースホステル(連泊する)




羊蹄山自然公園駐車場

まだ暗い、登山準備をして登山を開始する。雨は降っていない

登山口に向かう途中雨が降ってきた、中止か続行か皆で相談する。

四名で登ることにした。


d0170615_19131142.jpg




登山道

登山道は雨でツルツル、転倒しないよう慎重に歩く。

ぬかるみに 足を取られて 登山かな

d0170615_19132162.jpg






登山道わきには色々な花が咲いている、

ガスは相変わらず濃い。

d0170615_19133073.jpg




五合目

雨は降っていない、ガスが濃くて何も見えない。

ここでまた相談、このまま進むか、引き返すか。

引き返すことにした記念写真を写す、

みんなのかをお見ると残念そう、リーダーの私も登頂したい思いは

非常に強かった。

雨も降っていないし危険は少ない?、やはり登ることに決断した。

d0170615_19135922.jpg




今日の木

長年の風雪に耐えた、頑張って大きくなった。

ガスの中 大木越えて 登りゆく

d0170615_19141073.jpg




八合目

ようやく八合目通過である。

雨は降っていない。

d0170615_19142580.jpg




アザミ?

d0170615_19143625.jpg




カノコユリ

あめかぜに うたれて咲くは カノコユリ

d0170615_19145158.jpg




九合目

尾根までもう少し頑張れ。

d0170615_19150157.jpg



d0170615_19151100.jpg




尾根に出る

これからお鉢周り右に曲がり岩場コースを行く。

ガスはあるが少し和らいだ、雨は降っていない。

d0170615_19152115.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2019-08-25 08:02 | Comments(0)

ニセコ高橋牧場 見学編


2019年08月24日

07月26日

天気の悪かった樽前山を下山して、今夜の宿泊先に向かう

かなり早い時間に宿泊先、まっかりユースホステルに到着する。

時間がある、ニセコ高橋牧場見学に行くことにした。

ニセコ高橋牧場 15.15 ~ 16.15 一時間ほど見学して

まっかりユースホステルに戻った。



ニセコ高橋牧場

大きな看板があった。

飲食店&土産コーナーに立ち寄った。

d0170615_20484463.jpg




広い駐車場

広い駐車場にはかなり多くの車が止められていた。

天気は良くない、雨がポツリポツリ落ちてきた。

d0170615_20485276.jpg




飲食店

飲食店の中はお客で満員であった。

ソフトクリームなど食べた。

名物の ソフトクリーム 食べてみる

d0170615_20490173.jpg




参加者

全員参加した、そろぞれお土産を購入した。

夏の暮れ お土産買って ご褒美に


d0170615_20491051.jpg



まっかりユースホステル

夕食後、談話室でおしゃべりタイムを楽しんだ。

明日は羊蹄山に登る予定、天気予報は風雨が強く荒れ模様、

山に登るか、中止するか、

むつかしい判断を迫真れた。

d0170615_20491912.jpg




173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2019-08-24 10:19 | Comments(0)

日本百名山 乗鞍岳(3,025M)  登頂 編


2019年08月23日

08月18日 肩の小屋で休憩を済ませて多くの登山者の中に混じり

山頂を目指して登りだした。

天気は快晴風もほとんど無し快適な条件で登って行く、汗もほとんどかかない。

登山者の中には小さな子供さんも混じっている、ファミリー登山者が多い。



岩の登山道

登山道は岩々である。よく整備されていて歩きやすい。

d0170615_21003272.jpg




権現池

池付近の雪も解けて無くなっている。

きれいな水をたたえている。

d0170615_21004211.jpg




肩の小屋方面

山頂直下から肩の小屋方面を望む。

d0170615_21011201.jpg




乗鞍岳線エコーライン

エコーラインが良く見える。

d0170615_21005933.jpg




乗鞍岳山頂

山頂方面を望む。

山頂だけガスがかかりはっきり見えない。

山頂を 目指して登る 夏深し

d0170615_21005144.jpg



山頂付近から

山頂直下から望む。。。雲綺麗である。

山の上 入道雲よ 雨降らす

d0170615_21013011.jpg




今日の参加者

全員元気に登頂した。

記念写真を写すのも登頂者が多く列ができ順番であった。

山頂や 笑顔で写す 夏真昼

d0170615_21013917.jpg




大日岳

山頂から大日岳方面を望む。

d0170615_21014942.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2019-08-23 06:26 | Comments(0)

日本百名山 乗鞍岳 (3,025.7M) 肩の小屋 編


2019年08月22日

08月18日 ほうのき平バス乗り場に多くの登山者が列をなしていた。

定刻にはまだかなり時間があった、畳平まで行く登山者が多く臨時バスが

出ることになった。バス代は往復2,300円だった。

臨時バスは満員の登山者を乗せて畳平に向かう、天気は快晴絶好の登山日和

である。畳平に到着してお花畑を散策してから乗鞍岳山頂を目指した。



お花畑

花のピークは過ぎたようだが、

ポツリポツリといろいろな花が咲いている。

d0170615_21393592.jpg




アキノキリンソウ

木道の下に咲いている。

木道を 進む足元 キリンソウ

d0170615_21394591.jpg




リンドウ

d0170615_21395413.jpg




チングルマ

チングルマ 羽毛広げて 歓迎す

d0170615_21400376.jpg



テガタチドリ

d0170615_21401267.jpg




お花畑を抜ける

お畑を見学して、肩の小屋を目指して進む。

d0170615_21402252.jpg




快 晴

雲一つない空、気温も少し低め汗をかかない。

d0170615_21403208.jpg




多くの登山者

お花畑を出て肩の小屋に向かう登山者。

雪のない 乗鞍めざし 夏深し

d0170615_21404218.jpg



イワギキョウ

土留めの所から顔を出す。

d0170615_21405238.jpg



肩の小屋

お花畑から30分ほどで肩の小屋に到着する。

ここで行動食などで腹ごしらえをする。

多くの登山者がここで休憩をしてから山頂を目指す。

一休み 青き空見る 夏の風

d0170615_21410253.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2019-08-22 08:13 | Comments(0)

北海道人気の山 樽前山 (1,021.9M) 登頂 編


2019年08月21日

07月26日 ホテルの部屋から外を見ると曇っているが雨は降っていない。

朝食を済ませて今日登る予定の山、恵庭岳に向かう支笏湖近くの登山口に

到着する。前に来た時と登山口がすっかり変わってしまっていた。

ちょうど土木工事が行われていてそこにいた運転手の方にいろいろ伺った。

この辺りは最近熊が出没するとの事?、少し心配になり登る山を

変えることにした。今までに何度か登った事の有る樽前山に変更した。

後日北海道の方から恵庭岳には何度も登っているが熊は出たことは

今までなっかったとブログに書き込み連絡を受けた、感謝。



宿泊先ホテル 7.00 ー 樽前山登山口 9.30 ~ 10.00 ー 樽前山山頂 11.00 ~ 11.10

ー 樽前山登山口 12.20 ~ 12.45 ー ニセコ高橋牧場 15.10 ~ 16.10 ー まっかりユース

ホステル 17.00



ホテル部屋から

早朝外を見る、曇り空雨は降っていない。

朝食を済ませて恵庭岳に向かう。

d0170615_20245146.jpg





樽前山登山口

今日参加の皆さん、元気いっぱいです。

d0170615_20250138.jpg




イワブクロ

d0170615_20251105.jpg



d0170615_20252052.jpg




イワブクロ

d0170615_20253147.jpg




イワブクロ

一時青空が見えてきた、晴れるかな?

またガスが濃くなってしまった。

山登り 心うきうき イワブクロ

d0170615_20254024.jpg




オンダテ

少し色付いてきている。

オンダテの ピンクに染まる 花片か

d0170615_20255047.jpg




ガスと強風

尾根に出ると強風が吹く荒れている、ガスで何も見えない。

d0170615_20260009.jpg




樽前山山頂

山頂に到着、ガスで何も見えない。

記念写真を写してすぐ下山する。

山頂の ガス風強く 視界なし

d0170615_20261106.jpg




下山する

下山途中、比較的風の吹かないところで昼食を取る。

幸い雨は降らず下山することが出来た、良かった。

雨降らず 登山終了 至福かな

d0170615_20262153.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2019-08-21 07:50 | Comments(0)

日本二百名山 飯縄山 (1,917.3M)  登頂 編


2019年08月20日

08月11日 戸隠バードラインわきにある登山者用の広い駐車場に車を止める、

駐車場は満杯状態であった。

駐車場から別荘が建ち並ぶ林の中を通過して登山口に向かう。15分ほど歩くと

登山口に到着する。登山口前にも15台ほど止められる駐車場があった。



標 識

登山口に向かう標識があった。

戸隠の 里を散策 ギボウシよ

d0170615_20342183.jpg




登山口に向かう

駐車場から登山口に向かう、林の中には別荘が沢山あった。

夏木立 登山者和む 里の山

d0170615_20343032.jpg



登山口

駐車場から15分ほどで登山口に到着した。

d0170615_20344070.jpg




今日の参加者

今日参加の皆さん、林はなぜか非常に清々しく感ずる。

d0170615_20350354.jpg




カンボク?

花の名前は正確ではありません。

沢山咲いていた。

d0170615_20351202.jpg




オダマキ

一輪頑張って咲いていた。

d0170615_20352267.jpg




岩 場

途中岩場が出てきた。

今日は移動日軽い山を選んだつもり、

どうも思い違いしたみたい、結構厳しい山である。

d0170615_20353136.jpg




シモツケソウ

d0170615_20354196.jpg




カノコユリ

カノコユリ チーム見つめる 青き空

d0170615_20355051.jpg




天気良好

天気は非常に良くなってきた。

厳しい登山道、元気に登って行く。

d0170615_20355965.jpg




展望良くなる

登山道からの展望が良くなってきた。

登山道わきには結構花が咲いている、

楽しい登山である。

夏が好き 汗拭き拭きつ 山歩く

d0170615_20360931.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png
 
ログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2019-08-20 09:10 | Comments(0)

日本百名山 乗鞍岳 (3,025.7M) ピックアップ編


2019年08月19日 今日は俳句の日

08月18日 乗鞍岳のコマクサが見たくて計画していたが、台風などで

延び延びになっていた。

今日は天気も安定して素晴らしい登山が出来そうである、朴の木平バス停から

濃飛バスに乗り換えて畳平まで行く。

お花畑など散策して登山を開始した。天気も良く多くの登山者と一緒に登った。 

今日の歩数 16,500歩。 



岐阜 5.00 ー 朴ノ木平バス停 8.00 ~ 8.30 ー バス ー 畳平散策 9.05 ~ 9.35

ー 肩の小屋 10.05 ~ 10.20 ー 乗鞍岳山頂 11.00 ~ 11.30 ー 肩の小屋 12.50

~ 13.05 ー 畳平 14.20 ~ 14.45 ー 朴の木平バス停 15.20 ~ 15.50 ー 岐阜



車中から

バスの中から乗鞍岳方面を望む。

快晴である。

d0170615_09154022.jpg





畳 平

お花畑から畳平建物方面を望む。

先日クマが二日間にわたって散策?

お花畑の見学が出来なかったとの事であった。

d0170615_09155950.jpg




山頂方面

肩の小屋から乗鞍岳山頂方面を望む。

今日の特徴は小さなお子さんが両親と一緒に

登山を楽しんでいるのがほほえましかった。

ハイマツや 雷鳥保護の 手助けす 

d0170615_09161388.jpg




岩場を登る

乗鞍岳の特徴は大きな岩場が続く、

曇り空の時には雷鳥も顔を見せてくれる事がある。

d0170615_09162740.jpg




乗鞍岳山頂

今日参加の皆さん、元気いっぱいです。

d0170615_09164232.jpg




パノラマ

山頂直下から写す、雲が少し出てきた。

権現池&乗鞍岳。

天空を 眺めて歩けば 夏の空

d0170615_09182329.jpg





コマクサ

沢山咲いていた。

終盤、花の色が少し薄くなってきていた。

駒草や 皆に与える 嬉しさや

d0170615_09165619.jpg



バッジ

朝のバスで横に座られた濃飛バス畳平事務所所長さんが

スマホでYAMAP地図のアプリを利用していると

このバッチをプレゼントされると聞き、

畳平キップ販売所に行き無料で頂いた。感謝、感謝。

d0170615_09481100.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2019-08-19 11:08 | Comments(0)

美瑛町白金 しらひげの滝見学


2019年08月18日

07月25日 十勝岳登山を終了して、望岳台登山口から少し走ると美瑛町

白金の町に着く、国道から少し入ったところに美瑛川があり

流れ落ちる滝の見学をする。



しらひげの滝

自然岩の間から水が染み出した地下水が渓流にいきよい良く流れ落ちる、

ゴールドブルーにきらめき美瑛川が輝いている。

滝しぶき ゴールドブルー 美瑛川

d0170615_17593484.jpg




雨が降りだす

橋の上から滝を見学中に天気がだんだん悪くなってきた。

雨が降り降り出した、急いで車に帰り次の宿泊地に向かった。

d0170615_17594529.jpg




苫小牧ホテルに向かう

苫小牧に向かう、猛烈な雨が降りだす前が見えないくらい、

どこか広い所で車を寄せて止めたいがどこにもない。

やもえず30K位ノロノロ運転で走った。

この土砂降りの雨、仲間は十勝岳を下山しただろうか、

みんなで心配しながら車を走らせた。

d0170615_17595418.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2019-08-18 03:48 | Comments(0)

日本百名山 十勝岳 (2,077M) 下山 編


2019年08月17日

07月25日 十勝岳山頂に到着し記念撮影し山頂で昼食を取るのは

風とガスあり条件悪い…すぐ少し下山する。

風の余り吹かないところで昼食をを取る、ガスで何も見えないが登頂の

達成感に満足している。

下から同じ、みのハイキングクラブの女性二名が登ってきた、合同で記念撮影

暫く四方山話をしてわがチームは下山を開始した。



合同記念写真

後から登ってきた二名は十勝岳に登るのは初めてであった。

友と会い 登頂楽しむ 夏帽子

d0170615_20402759.jpg




下山を開始

山の斜面は雨で削られている。

d0170615_20404010.jpg




下山途中

尾根の足場の良い所でパチリ。

みなさん元気いっぱいです。



d0170615_20405079.jpg




尾根から下山

尾根から登山口に向かって下山する。

満足し 下山楽しむ 盛夏かな

d0170615_20410446.jpg




アキノキリンソウ

広き山 岩に隠れて キリンソウ

d0170615_20411411.jpg



d0170615_20412314.jpg




標 識

望岳台登山口まで2.0K

d0170615_20413202.jpg





カバ現る

草の中からカバに似た大きな岩が現れた...

草原に カバが現る 夏の山

d0170615_20414276.jpg




オンダテ

花は少し赤く染まってきている


d0170615_20415376.jpg




下 山

望岳台登山口まで全員無事下山してきた。

d0170615_20420109.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします




にほんブログ村




by noboru131215m | 2019-08-17 08:04 | Comments(0)

日本百名山 十勝岳 2,077M) 登頂 編 NO2


2019年08月16日

07月25日 相変わらずの曇り空、そしてガスも出ている、ホワイトアウト

までにはいかないが十勝岳の雄大な景色を眺めることは出来ない。

山には草木が殆んど無くがらがらの荒涼としたところであり、

登るには所々の標識と人の通った踏み跡が頼りである。




登山道

登山道には少し大きめの岩や石が並べあったり、

ロープが引いてあったりして目印としてあるところがあった。

d0170615_20542396.jpg



火 口

火口だろうか、雪が残っている

そして小さな池も見受けられる。

d0170615_20543347.jpg





雪 渓

登山道わきの谷には大きな雪渓があった。

登山道には雪は残っていなかった。

雪渓や 眺めて登る 十勝岳

d0170615_20544244.jpg




山 頂

山頂が微かに見えてきた。

山頂を 仰げば近し ガスの山

d0170615_20545153.jpg




急斜面

岩石が敷き詰められた急な斜面を登ってゆく。

d0170615_20550047.jpg





振り返る

立ち止まり振り返り眺める、岩石が敷き詰められている。

d0170615_20551036.jpg




登山道

岩石の中を登って行く、登山道らしき跡が縦横無尽にある。

選びながら登って行く。

岩石や 登山者支える 梅雨の山

d0170615_20552020.jpg




登山道

真っ直ぐ登るのはきつい、蛇行しながら登って行く。

d0170615_20553013.jpg




山 頂

山頂近くまで登ってきた、あともう少し頑張れ。

d0170615_20553836.jpg




十勝岳山頂

全員元気に登頂に成功した。

山頂は風が強く少し寒い、少し下ったところで昼食を取る。

山登り 登頂嬉し 我がチーム

d0170615_20554791.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2019-08-16 08:15 | Comments(0)
line

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山


by noboru131215m
line
カレンダー