タグ:富山県の山 ( 49 ) タグの人気記事


剱岳展望の山 千石城山 (717.6M) 下山 編 NO2


2019年02月24日

今日は朝から好天気に恵まれて雪山登山を快適に行うことが出来た。

下山も周りの美しい自然を眺めながら登山口を目指して下って行く。

駐車場付近の河川敷では富山県の消防隊によるヘリコプターで

遭難者救助訓練などがが行われていた。



美しき雪山

目の前の雪山を眺めながらの下山。

d0170615_20532902.jpg




毛勝三山

快晴の毛勝三山を眺めながらの下山。

d0170615_20533848.jpg



別山・奥大日岳

今日の快晴に助けられて雪山を堪能することが出来た。

d0170615_20534579.jpg


標 識

見落としているかもしれないが、標識がほとんどない。

今日は天気よく登山コースも良くわかるが、

悪天候になると登山コースがわからなくなる可能性がある。

d0170615_20535916.jpg




登山口近く

登山口近くまで下山してきた。

d0170615_20540915.jpg



標 識

登山口標識、これ以外の標識はあまりなかったような気がする。

d0170615_20541884.jpg




上市川第二ダム駐車場

今日は一日中快晴に恵まれた。

素晴らしい景観に大満足であった。

d0170615_20542650.jpg



下 山

全員元気に下山、帰り支度をしている。

d0170615_20545158.jpg




救助訓練

駐車場近くの河原でヘリコプターによる

救助訓練が行われていた。

d0170615_20545969.jpg




呉羽サービスエリア

サービスエリアで休憩する。

d0170615_20550831.jpg



剣 岳

呉羽サービスエリアから剱岳を望む。

d0170615_20551668.jpg




サービスエリア

呉羽のサービスエリアで解散式を行った。

この写真は M , F さんに提供して頂きました。

d0170615_20552475.jpg



関 市

マイクロバスと乗用車一台、全員元気に帰宅した。

今日は一日中好天気に恵まれて

毛勝三山・剣岳・別山・奥大日岳など綺麗に見え

最高の登山日和となった。

d0170615_20553508.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2019-03-02 07:36

剱岳展望の山 千石城山 (717.6M) 下山 編


2019年02月24日

千石城山山頂で昼食を済ませる、山頂からの登山者憧れの山、剱岳や毛勝三山を

目の前に見て大満足であった。

下山は滑るのでアイゼンを装着して下ることにした、途中でアイゼンが外れないように

慎重に装着する。

今日の参加者は雪山に慣れた人ばかりでスムースに下山準備が出来た。




剱 岳

千石城山山頂から剱岳をアップでパチリ。

今の時期雪が少ないような気がする。

d0170615_21020970.jpg



毛勝三山

千石城山山頂から毛勝三山方面を望む。

d0170615_21022001.jpg




アイゼンを装着

今日はアイゼンとワカンを持参してきた、

どんな雪の状態でも適用できるように準備。

登山道は踏み固められている、アイゼンで走行できる。

d0170615_21022860.jpg




下山開始

三組に分け出発する。

d0170615_21024023.jpg




二組出発

少し間隔をあけて出発する。

d0170615_21024723.jpg




三組出発

最後の組が出発する。

d0170615_21025482.jpg




山並み

目の前の雄大な山並みを見ながら下山してゆく。

d0170615_21030236.jpg




急な下り

急な下り、アイゼンを引っかけ転倒

しないよう注意して下る。

d0170615_21030992.jpg




剱 岳

目前の毛勝三山・剱岳を見ながら下る。

d0170615_21031641.jpg




夏道コース・冬道コース

夏道と冬道の合流点、どのコースを下るか。。。

冬道コースは厳しい谷間を下る、良く滑り下りには向かない。

安全な夏道コースを下ることにした。

d0170615_21032385.jpg




展望台

展望の良い所はここでお終い、

よく目に焼き付けて下山開始する。

d0170615_21033043.jpg




天気快晴

朝からの快晴が続いている、ラッキーな登山日和であった。

d0170615_21033742.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2019-02-28 10:58

剱岳展望の山 千石城山 (757.6M) 登頂 編 NO2


2019年02月24日

千石城山中腹での展望を楽しみ山頂を目指してスタートした。

積雪はたっぷりある、アイゼンなしでどんどん登って行く。

天気は快晴、気持ち良く登って行く。

参加者は全員元気である。登頂を済ませて下ってくる登山者とも

多くすれ違った、少し気になったのは標識がほとんど見られない

注意しないと道迷いが起きるのではないかな?。



展 望

中腹の展望地で景観を楽しみ、

山頂を目指してスタートする。

d0170615_20583749.jpg




登山道

振り返り今楽しんできた景観を望む。

今日の木を探して歩いているが中々見つからない。

d0170615_20584506.jpg




順 調

青い空を見ながら元気よく登って行く。

d0170615_20585322.jpg




登山道より

奥大日岳方面を望む、

d0170615_20585977.jpg




劔 岳

素晴らしい山並みを望む。

d0170615_20590659.jpg




剱 岳

剱岳、アップで見る。

d0170615_20591430.jpg




千石城山跡

山頂には昔千石城が有った。

県内二番目の高い位置にあった城。

d0170615_20593210.jpg




パノラマ

山頂は360度の大パノラマ。

d0170615_20593943.jpg




目に焼き付けて

この景観を目に焼き付けて

下山の時間を迎えた。

d0170615_20594702.jpg




アイゼン装着

下山はアイゼンを装着して下る。

d0170615_22073917.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2019-02-27 08:48

剱岳展望の山 千石城山 (757.6M) 登頂 編 NO1


2019年02月24日

この冬は暖かい日が続きせっかく積もった雪も早々と解けてしまった

山が多い。

今日の山、千石城山も登山口駐車場までは道路に全然雪はなかった。

少し心配しながら登山を開始した。

だんだん標高が高くなりにしたがって雪の量もそこそこ出てきた。

アイゼンなしで登って行く。



高速道路を行く

マイクロバスで登山口の有る、

上市川第二ダム駐車場に向かう。

d0170615_20493004.jpg




上市川第二ダム駐車場

広い駐車場、他の登山者の車も次々と入ってくる。

人気の山日曜日と好天気に恵まれて沢山の登山者が

楽しむことでしょう。

d0170615_20493841.jpg




ふるさと劔親自然公園

駐車場から公園の中を通って登山口に向かう。

d0170615_20494435.jpg




管理棟

立派な公園管理棟前を通過する。

d0170615_20495317.jpg




天 気

天気は快晴、風もなく余り寒くない。

d0170615_20500038.jpg




登山口

公園を抜けて登山口、いよいよ登山開始です。

d0170615_20501048.jpg



三 組

人数が多い、三組に分け間隔をあけ登って行く。

d0170615_20501860.jpg




アイゼンなし

雪の量は少ない、アイゼンなしで登って行く。

d0170615_20502646.jpg




大サービス

振り向いてパチリ。

組リーダーが大サービス、

腹ばいになってポーズ。


d0170615_20503415.jpg




雪 道

別の尾根に夏道があるが、

今日は谷筋を登って行く。

d0170615_20504238.jpg



谷 筋

振り返り景色を眺める。

時々振り返る、思わぬ絶佳を見えることがある。

d0170615_20504964.jpg




展望地点

千石城山中腹展望地点、絶佳ポイント。

d0170615_20505968.jpg



パノラマ

劔岳、左側の木の向こう見えにくい。

d0170615_20511054.jpg




剱 岳

アップで剱岳を望む。

d0170615_20513969.jpg




展望台

各組が三々五々登ってきた。

d0170615_20514661.jpg



夏 道

夏道を登ってきた A 班 、距離が長く時間がかかった。

d0170615_20515996.jpg




山頂に向かう

全員展望地まで登った。少し休憩をして山頂を目指す。

d0170615_20515257.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2019-02-26 09:42

剱岳展望の山 千石城山 (757.3M)   ピツクアップ編


2019年02月24日

今日はみのハイキングクラブの山行に参加した。

マイクロバスで関市を出発立山インターチエンジで下りて

一路、上市川第二ダム駐車場を目指した。

天気は快晴、無風、絶好の登山日和、剱岳・別山・奥大日岳などの

山々が目の前に広がる千石城山山頂を目指した。




関市 6.00 ー 美濃IC ー 立山IC ー 上市川第二ダム駐車場 9.20 ~ 9.45 ー

千石城山山頂 11.45 ~ 12.45 ー 上市川第二ダム駐車場 14.00 ~ 14.30

ー 関市



上市川第二ダム駐車場

マイクロバスと乗用車一台でダム駐車場に到着した。

途中道路には雪は全くなかった、順調に走ることが出来た。

今日の参加者は30人である。

d0170615_09531790.jpg




スタート

天気は快晴、無風、登山を開始した。

この山は剱岳・別山・奥大日岳などが目の前に見え

人気の山である。

d0170615_09532640.jpg




絶好の展望

千石城山中腹、絶佳ポイントである。

d0170615_09533330.jpg




雪はタップリ

山頂を目指してアイゼンなしで登って行く...

d0170615_09534151.jpg




パノラマ

千石城山山頂に到着した。

中央の山が劔岳。山頂には多くの登山者が

この景観を楽しんでいた。

d0170615_09535141.jpg




今日の参加者

山頂で集合写真、全員元気で登頂成功した。

d0170615_09535842.jpg




滑川市

山頂で食事中の滑川市からお見えの S.K さんにお願いして

集合写真のシャッターを押していただいた。

ありがとうございました、非常に綺麗に写っていました。

この山には何度も登って見えるとの事でした。

d0170615_09540516.jpg




山 鳥

山の中腹で体半分雪に埋もれていた。

すぐそばに鉄塔がある、激突したのでしょうか?

雪の中山鳥たおる無念かな

d0170615_09541546.jpg




173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2019-02-25 10:47

医王山 (939.1M) スリル満点のトンビ岩に登る

2017年08月19日

医王山夕霧峠駐車場に到着して登山準備をする。この山の林道は自転車愛好家の練習コースみたいである。

高級な自転車で林道を登って練習している人を何人も見た。自転車の値段を聞いてみたら40万円以上だそうです。

奥医王山に登頂して車で移動堂辻からトンビ岩に向かう予定であったが、このコースは徒渉があり昨夜来の

雨で増水しているのでは?。

このコースは危険とみて避けて別のコースを歩くことにした。みんなアブ?に刺されて痛い思いをした。



173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



夕霧峠に車を止め奥医王山山頂を目指す。



d0170615_16123527.jpg



医王山の案内図、登山道がいっぱいある迷わないように。



d0170615_16124615.jpg




奥医王山山頂に着く。この展望台に登る、遠方はガスでよく見えなかった。



d0170615_16125590.jpg



今日の参加者です。

d0170615_16130549.jpg



こんなところを歩いていた時、痛いー 悲鳴が上がる アブ?に刺される。

ハチ・蚊・毒虫に刺されたら毒を吸い出す器具を取り出し使おうとしたが、

操作方法を忘れてしまっていて上手く使用できなかった。

家に帰って再度使用方法を勉強した。今度はすぐ操作できる?



d0170615_16131407.jpg



トンビ岩を下から見る。鋭くとがっている。



d0170615_16133572.jpg



トンビ岩に向かう標識。



d0170615_16134551.jpg



トンビ岩に登る岩場に来た、岩場は100Mほどある。

今日お楽しみの岩場登りである。



d0170615_16135555.jpg



急な岩場、鎖が張られている。



d0170615_16140452.jpg



急な岩場を登る。



d0170615_16141782.jpg


急な岩場、頑張って登るよー。




d0170615_16142875.jpg


岩場はところどころ濡れていた危険なところもあった。



d0170615_16143878.jpg



トンビ岩に登った今日参加の皆さんです。


d0170615_16144671.jpg



トンビ岩。登るにはかなり怖い所です。



d0170615_16145703.jpg



帰りは普通の下山と違い登りが多かった。ガスも出てきた。




d0170615_16151104.jpg



夕霧峠まで戻ってきた。今日はかなりきつい登山であった。




d0170615_16152186.jpg







by noboru131215m | 2017-08-25 16:46

日本百名山 五竜岳 (2,814.3M) 下山。白馬五竜高山植物園見学

2017年08月13日

五竜岳山頂から五竜山荘を経由して遠見尾根を下る、白馬五竜高山植物園まで来た

花の時季は少し過ぎていたがそれでもいろいろな花が咲いていた。



173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村



五竜高山植物園に入っていく、シモツケソウ。



d0170615_20154399.jpg




広い高原にいろいろな花が咲いている。


d0170615_20155059.jpg




コマクサが咲いていた。


d0170615_20155834.jpg




ホタルブクロ。



d0170615_20161323.jpg





d0170615_20162294.jpg




d0170615_20163160.jpg




d0170615_20165471.jpg





d0170615_20170251.jpg





d0170615_20170907.jpg






d0170615_20171601.jpg





d0170615_20172603.jpg






d0170615_20173557.jpg






d0170615_20174289.jpg



d0170615_20174955.jpg




植物園を見学、エスカルプラザのなかに有ったムラオ三世を囲んで記念写真。

ムラオ三世は白馬村の公式キャラクターです。





d0170615_20175732.jpg






by noboru131215m | 2017-08-23 20:33

日本百名山 五竜岳 (2,814.3M) 下山編 NO2

2017年08月13日

五竜岳登頂を終え五竜山荘まで下ってきた。少し休憩をして山荘のスタッフ一同に見送らて

遠見尾根を下山開始する。

山荘から白岳を経由下山してゆく、下山が進み標高が低くなってくると一面のガス景色が

全く見えなくなった。

登山道は岩場などがあり濡れていてよく滑る、鎖などしっかり掴んで慎重に下る。




173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




五竜山荘からスタッフ一同に見送らて遠見尾根分岐を目指す。

分岐はまえの白岳中腹である。この辺りは快晴である。



d0170615_06572397.jpg



遠見尾根分岐。展望が非常に良い。



d0170615_06573417.jpg




分岐から振り返り五竜山荘・五竜岳方面を見る。



d0170615_06574329.jpg



ガスがだいぶ上がってきた、五竜岳ももうすぐガスの中か。



d0170615_06575149.jpg



少し時間が過ぎると今度は反対側のガスが出てきた。



d0170615_06575983.jpg



白岳山頂から五竜岳方面を望む。



d0170615_06582941.jpg


下山が進み標高が下がってくるとガスの中、景色は全く見えない足元の花を見ながらの下山である。



d0170615_06584056.jpg




d0170615_06585026.jpg




d0170615_06585874.jpg





d0170615_06590603.jpg





d0170615_06591594.jpg






d0170615_06592861.jpg








d0170615_06593716.jpg





d0170615_06594614.jpg





d0170615_06595315.jpg




d0170615_07000153.jpg



標識は要所要所にある。




d0170615_07001086.jpg




d0170615_07002148.jpg





d0170615_07003728.jpg


標識に従って下山してゆく。


d0170615_07004698.jpg






d0170615_07005559.jpg







d0170615_07012180.jpg



ガスが出ていて何も見えない、残念。


d0170615_07012927.jpg



アルプス平駅近くまで下山してきた。



d0170615_07013989.jpg



アルプス平駅すぐ上にケルンが有った。全員怪我もなく無事下山。



d0170615_07014839.jpg




08月11日 山の日に宿泊した、唐松岳頂上山荘から山の日を記念して頂いたバッチです。感謝感謝。



d0170615_07141867.jpg


by noboru131215m | 2017-08-22 07:48

日本百名山 五竜岳 (2,814.3M) 下山 編

2017年08月13日

五竜岳頂上で展望を楽しんでいると、快晴の頂上に次からつぎえと登山者が登ってくる。

山頂はかなり広いが登山者で満杯、記念写真を写し隅の方により360度の大パノラマを楽しむ。

山頂で展望を十分楽しみ厳しい岩場を注意しながら下った。


173.png169.png171.png169.png171.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村




五竜岳頂上より鹿島槍ヶ岳方面を望む。



d0170615_08255142.jpg




頂上より望む。雲海はあるが真っ青な空最高の眺めである。



d0170615_08260299.jpg



山頂より唐松岳方面を望む。



d0170615_08261287.jpg




山頂より下山方向を望む。


d0170615_08262066.jpg



山頂より少し下ったところでパチリ。今日の参加者です。



d0170615_08263125.jpg


下山中、時々ガスが山一面を覆うがすぐ晴れ、展望を楽しむことが出来た。



d0170615_08264172.jpg




下山中多くの登山者とすれ違ったりして、順番待ちして下山してゆく。



d0170615_08265178.jpg



五竜岳中腹から唐松岳方面を望む。



d0170615_08270100.jpg



五竜岳中腹から振り返り山頂方面を望む。



d0170615_08271347.jpg



この雲海が時々山頂を目指して登ってくる。しかしすぐ晴れて絶景を見せてくれる。



d0170615_08272381.jpg



この大きなおむすび山?の左側を通過して下山してゆく。



d0170615_08273198.jpg



五竜山荘近くまで下ってくると登山道わきに花が少し咲いていた。



d0170615_08274535.jpg




d0170615_08275307.jpg


五竜山荘が近くなってきた。山荘からすぐ裏の山、遠見尾根を通って下山予定である。



d0170615_08280176.jpg




五竜山荘に下山、少し休憩をして山荘の従業員に見送られて白馬五竜に向かう。



d0170615_08281913.jpg







by noboru131215m | 2017-08-21 09:18

日本百名山 五竜岳 (2,814.3M) 登頂 編

2017年08月13日

昨夜の五竜山荘は昼間雨が激しく降ったにも関わらず沢山の登山者が宿泊した。

私達は山荘の二階、神戸カタツムリの会の皆さんと同部屋で宿泊した。

五時からの朝食予定であったが、今朝は好天気、山荘の計らいで4時30分からの

朝食が出来た。思ったより早く登山を開始することが出来た。感謝感謝。




五竜山荘 5.20 ー 五竜岳頂上 6.30 ~ 7.15 ー 五竜山荘 8.05 ~ 8.25 ー 遠見尾根分岐 8.30 ー

アルプ平駅 12.25 ー 白馬五竜高山植物園 12.30 ~ 13.20 ー タクシー ー 白馬八方尾根スキー場

13.45 ~ 14.10 ー 岐阜




朝食を済ませて登山開始前雲海の上に顔を出した日の出を見た。5時11分撮影。


d0170615_17331937.jpg




久しぶりの好天気、楽しんで登るぞ。


d0170615_17332997.jpg



五竜岳山頂方面を見る。青空が嬉しい。



d0170615_17333872.jpg



少し登ったところから振り返り五竜山荘方面を見る。



d0170615_17341141.jpg


登山道からどこまでも続く雲海を見る。



d0170615_17342267.jpg



山頂方面を見ながら登って行く。


d0170615_17343119.jpg


中腹で一休みする仲間たち。



d0170615_17344149.jpg



五竜岳中腹から雲海の上に浮かぶ唐松岳方面を望む。



d0170615_17345150.jpg



進むにつれてだんだん岩場が厳しくなってきた。



d0170615_17350786.jpg


雲海の横に鹿島槍ヶ岳が見えてきた。



d0170615_17351944.jpg



岩場を必死に登ていたとき、ふと目を上げるとリンドウが岩の間で咲いていた。



d0170615_17353775.jpg


雲海に浮かぶ鹿島槍ヶ岳。



d0170615_17414922.jpg



パノラマ。雲海に浮かぶ北アルプスの山々。



d0170615_17424999.jpg



五竜岳山頂が目の前に迫ってきた。



d0170615_17430415.jpg



山頂手前の岩場を登って行く。



d0170615_17431617.jpg



五竜岳頂上。今日の参加者です。太陽光が強烈まぶしいー。


d0170615_17431994.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




by noboru131215m | 2017-08-18 19:35
line

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山


by noboru131215m
line
カレンダー