タグ:岐阜県の山 ( 951 ) タグの人気記事


日本二百名山 雪の大日ケ岳 (1709.0M)  下山 編


2018年12月15日

鎌ケ岳山頂は360度の大パノラマが楽しめるが、

今日は雲が多く展望が良くなかった。

下山は急な下りがあるためアイゼンを装着した。

大日ケ岳山頂方面などはあまり良く見えず残念、

白山・別山も全く見えず次の機会に期待しよう。




狭い登山道

尾根を下山してゆく...左側は切れ落ちている、

滑って滑落しないように注意して歩く。

d0170615_22100448.jpg




曇り空

朝から天気は少し晴れると、またすぐ雲が出てくる。

ただ風がなく、寒さはあまり感じない。


d0170615_22101736.jpg




アザミ

アザミの枯れた花が有った。

アザミもこの寒さに負けず頑張っていた。

d0170615_22102468.jpg




鷲ヶ岳スキー場

登山道から鷲ヶ岳スキー場方面を望む。

光っていない。

d0170615_22103226.jpg




水後山山頂

山頂まで下山してきた。

現在12時ころ、ここで昼食を取る。

今日はコンビニで買った弁当、冷えてしまって美味しくない。

冬は保温付き弁当箱の自家用弁当が温かくて美味しく食べられる。

d0170615_22103999.jpg




振り返る

昼食を済ませる。

鎌ケ峰山頂方面を望む。

d0170615_22104656.jpg




今日の木

ダンスを踊る木、そのように見える?。

d0170615_22105340.jpg




山頂駅

ゴンドラ山頂駅まで下ってきた。

ここからゲレンデを下って行く。

まだ雪が少なくゴンドラは動いていない。

d0170615_22110022.jpg




ゲレンデを下る。

長い長いゲレンデを下って行く。

d0170615_22110900.jpg




赤い

赤い花?、葉っぱかな?。

d0170615_22111644.jpg




檜峠登山口

駐車場の雪は溶けて無くなっていた。

今日の登山中にであった人、男性一人であった。

この冬初めての雪山登山、天気はいまいちであったが

楽しく登ることが出来た。

d0170615_22112398.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-12-18 07:23 | Comments(0)

日本二百名山 雪の大日ケ岳 (1,709.0M) 鎌ケ峰 登頂編


2018年12月15日

水後山山頂から鎌ケ峰山頂を目指す。

天気は晴れてくるそぶりをしてはまた悪くなる、

そんな繰り返しである.鎌ケ峰山頂に到着…

360度の大パノラマであるが白山・別山などの

山々は雲に隠れて見えない。

ここから大日ケ岳山頂までは一時間ほどかかる

休憩も入れて往復約二時間、登山口下山時間が

16時15分~16時30分位になる

今日は天気も悪く早く暗くなる、ここから引き返すことにした。




鎌ケ峰

水後山山頂から鎌ケ峰山頂を目指す。

空は少し明るくなってきた。

d0170615_22323401.jpg




振り返る

振り返るとスノーウエーブパーク白鳥高原が光って見える、

あの場所だけが常に太陽光を受けて光っている、不思議だなー。

d0170615_22324315.jpg




大日ケ岳山頂

鎌ケ峰山頂手前から大日ケ岳山頂方面を望む。

ガスってはっきり見えない。

d0170615_22325127.jpg




鎌ケ峰

山頂方面を望む。

最後の登りは凄い急登である。

積雪は30~40センチ程である。

d0170615_22325810.jpg




山頂より望む

天気は晴れてくるかなと思うと、すぐまた雲が出てくる。

d0170615_22331379.jpg




鎌ケ峰山頂

山頂に到着した、

360度の大パノラマであるが

残念ながら天気が悪い、大日ケ岳山頂方面はよく見えない。

d0170615_22332025.jpg




大日ケ岳

大日ケ岳山頂に続く登山道。

おいでおいでとよんでいるようだが

残念ながら時間切れここで引き返す。

d0170615_22332712.jpg




鎌ケ峰山頂

山頂から望む、

少し晴れてきた少し待てば白山・別山が見えるかな、

しかしまた曇ってしまった。

d0170615_22333452.jpg




山頂から

山頂からスノーウエーブパーク白鳥高原方面を望む。

d0170615_22334057.jpg



樹氷

二本の木だけ樹氷の花が咲いている。

d0170615_22335425.jpg




晴れ間

何度も晴れ間が見えてくるが

またすぐ曇ってしまう。

d0170615_22340239.jpg




下山

振り返りまたの機会を期待して下山を続ける。

d0170615_22341099.jpg




スノーウエーブパーク白鳥高原

あの場所だけは何時も光って見える。

d0170615_22341699.jpg



173.png169.png171.png169.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-12-17 08:36 | Comments(0)

日本二百名山 雪の大日ケ岳 (1,709.0M) 水後山登頂編


2018年12月15日

今日は風の便りの誕生日、山仲間の K,T 君が一緒に登ってくれた感謝感謝。

あさ美濃市の中農支所で集合したが、なにやら駐車場の雰囲気がおかしい

駐車場全体が消毒場所に指定されている、一般車両駐車禁止の立て札がある。

奥に建てられているプレハブには白い防護服を着た人が数人いた。

どうもいま岐阜県で発生している、豚コレラ関係の消毒を行う人達のようだ。

自然にいるイノシシ相手、終息には時間がかかるかもしれない。



岐阜 5.30 ー 美並IC ー 白鳥IC ー 檜峠登山口 7.30 ~ 7.45 ー リフト小屋

9.15 ~ 9.20 ー 水後山山頂 10.25 ~ 10.30 ー 鎌ケ岳山頂 11.15 ~ 11.25

ー 時間切れ引き返す ー 水後山 12.05 ~ 12.25 ー 檜峠登山口 14.15 ~ 14.30

ー 岐阜



檜峠登山口駐車場

除雪用の重機が何台も止めてある、

峠などの除雪用である。

邪魔にならないように隅の空いたところに車を止める、

雪が少し積もっている。

d0170615_10221866.jpg




大日ケ岳登山口

重機の止めてある後ろが登山口になっている。

d0170615_10222633.jpg



登山開始

雪が少し積もっている、

アイゼンなしでも滑ることはなかった。

d0170615_10223397.jpg




ゲレンデ

登山口から20分ほど樹林帯を進むと

ウイングヒルズスキー場のゲレンデに出る。

d0170615_10224279.jpg




スノーウエーブパーク白鳥高原

正面の白く光っているところが

スノーウエーブパーク白鳥高原。

d0170615_10225091.jpg




雲が多い

天気予報では良い天気であったが、

山の天気は小雪がチラチラしている。

d0170615_10225822.jpg




ゲレンデ

雪が10~15センチ程ある

アイゼンなしで登って行く。

d0170615_10230537.jpg




山頂駅

ゴンドラの山頂駅

ウイングヒルズスキー場はオープンしている、

このゴンドラはまだ雪が少なくうごいていない。

d0170615_10231123.jpg




急斜面

急斜面を登ってきた、

空模様は良くない、

風はほとんどなく寒さはそれほどでもない。

d0170615_10231919.jpg




登山道

山頂駅から急な登山道を登って行く、

雪の量は少し増えてきた。

d0170615_10232575.jpg




国有林

前谷大日国有林の標識がある。

山を大切にして登山させてもらう。

d0170615_10233331.jpg




水後山

前方に水後山が見えてきた、

天気はどんより曇り空である。

d0170615_10234133.jpg




振り返る

振り返ってみると

スノーウエーブパーク白鳥高原が

太陽光を受けて光って見える、

ここだけがいつも光って見える

不思議、不思議。

d0170615_10234937.jpg



釜ケ峰

水後山から鎌ケ峰山頂方面を望む。

霞んで展望がきかない、

白山・別山は見られないかもしれない。

d0170615_10235688.jpg




水後山

山頂に到着した、ここで少し休憩する。

先客の男性が一人前の方を歩いたいる、

元気の良い人、歩くのが早い、

先頭を進みトレースを付けてくれる

われらは歩きやすい。感謝感謝。

d0170615_10240593.jpg




173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-12-16 11:35 | Comments(0)

釜ケ谷山 (696.0M) 竜神コース下山する


2018年12月13日

釜ケ谷山山頂で昼食などで30分ほどを過ごした。

山頂からの展望は周りの木々が大きくなりあまり良くない。

遥かかなたに御嶽山・乗鞍岳方面などがかろうじて見えた。

予定時間よりだいぶ遅れたので下山を開始した。



山頂から

山頂から望むが木々が大きな木に阻まれて

あまり展望は良くない。

d0170615_20591521.jpg




分岐

山頂から階段を少し下ったところが分岐、

竜神コースを下る。

d0170615_20592302.jpg




今日の木

少し下ったところにこの枯れ木が有った。

竜の姿に似ている?。

d0170615_20593421.jpg




登山道

最初は林の中の分かりにくい登山道を下った、

途中から登山道も細くなり荒れてきた。

d0170615_20594251.jpg




釜ケ谷

登山道は谷沿いにあり、悪路が続く。

d0170615_20595007.jpg




悪路

登山道はすごく荒れている

転倒しないように下山する。

d0170615_21000719.jpg



徒渉

徒渉をしながら下山してゆく。

d0170615_21001568.jpg




色付いた木々

所々で樹間から色付いた木々を見ることが出来た。

ホッと一息できる。

d0170615_21002206.jpg




色付いた木

緊張しながら谷沿いを下っている、

色付いた木が残っていた、緊張がほぐれる。

d0170615_21003049.jpg



d0170615_21003889.jpg




倒木

橋の上に倒木、行き先を塞いでいた、

四苦八苦して通過した。

d0170615_21010941.jpg



倒木

ここも倒木、下をくぐって通過する。

d0170615_21011703.jpg




落石

登山道には大きな岩がいたるところで

落ちてきていた。

この竜神コースは危険がいっぱいであった。

d0170615_21012438.jpg




色付いた木

登山道から林道に出たあたりに

色付いた木々が少し残っていた。

d0170615_21013363.jpg




d0170615_21014121.jpg




伊自良湖

下山してきた。

今日の登山は厳しかったが

天気に恵まれて良い登山が出来た。

d0170615_21014908.jpg




173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-12-15 04:03 | Comments(0)

久しぶりに登る 釜ケ谷山 (696.0M)  登頂 編


2018年12月13日

今日は長らく登っていなかった釜ケ谷山に登る事にした。

出がけに点検、乗用車の予備キイの電池が亡く無くなっていた、

トヨタに行き交換をしてから出かけた。

登山に行くときは何時も予備キーと二個持って出かける、

もし紛失したときの用心である。



自宅 9.30 ー 伊自良湖駐車場 10.30 ~ 10.45 ー 釜ケ谷山山頂 12.40 ~ 13.10

ー 竜神コース下山 ー 伊自良湖駐車場 15.00 ~ 15.15 ー 自宅



伊自良湖

湖面は穏やかな波もない、

ワカサギ釣りはまだ解禁になっていないかな。

d0170615_23101202.jpg




恋人の聖地

伊自良湖の恋人の聖地、多くのハートのプレートが架けてある。

先日犬山城下町にもあった、流行だね。

d0170615_23102172.jpg




写真スポット

ここだったら、必ず恋が成就しますね。

d0170615_23102988.jpg




駐車場

湖畔の広い駐車場は先客2台あった、

登山者かどうかはわからない。

登山口は正面の山に向かって登って行く。

d0170615_23103774.jpg




南天

林道わきに南天の実が色付いていた。

d0170615_23104712.jpg




登山口

駐車場から15分ほどで登山口がある。

d0170615_23105654.jpg




青い空

今日は少し寒いが雲一つない快晴である。

d0170615_23110583.jpg




ススキ

太陽光を受けて光っている。

d0170615_09453074.jpg





倒木

今日はネットでこの山を調べてこなかった。

やはり倒木が登山道を塞いでいる、よけて通る。

d0170615_23112438.jpg




倒木

二か所目の倒木、登山道を完全に塞いでいる、

振り返り写す、写真の右は崖、左側の危険な斜面を登り通過した。

d0170615_23113264.jpg




登山道より

樹間から色付いている山の斜面を望む。

d0170615_23114395.jpg




標識

所々に設置されている、感謝感謝。

d0170615_23115452.jpg




送電線鉄塔

中腹に大きな鉄塔が出てきた、

この辺りは木が切り払われて展望が良い。

d0170615_23120201.jpg




奥の院

中腹に甘南備明神奥の院が有った。

登山口から登山道わきに一定間隔で多くのお地蔵さんが祭られている、

ほとんどのお地蔵さんが台座から転がり落ちていた、

台風の影響だろうか?。

d0170615_23121992.jpg




分岐

竜神コースとの分岐、

下山は竜神コースを下る予定、かなりの難コースである。

d0170615_23122812.jpg




階段

山頂手前の長い長い階段を登って行く。

d0170615_23123699.jpg




釜ケ谷山山頂

山頂に到着した誰もいない、

日当たりの良い所で遅い昼食を取る.

今日は弁当持参

フルーツはミカン一個、柿一個、リンゴ少々。

d0170615_23124414.jpg




看板

可愛い看板があった。

昼食を済ませて下山を開始した。

d0170615_23130240.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村





by noboru131215m | 2018-12-14 09:53 | Comments(0)

みのハイキングクラブ忘年登山 百々ケ峰 (418M)   登頂 編


2018年12月09日

今日は忘年登山本年の締め括り登山、多くの参加者が参加盛大に行われた。

最近は山行の参加者が非常に多くなり活発になってきた。

みのハイキングクラブに新しく加入される方も多くなっなってきた。

来年の山行計画も目白押し、雪山登山も多く計画されて楽しみが多い。



山頂を目指す

東屋で昼食を済ませて記念写真を写し山頂を目指す。

この東屋から10分ほどで山頂に到着する。

d0170615_10115676.jpg




金華山

百々ケ峰山頂から金華山・岐阜城方面を望む。

今日は寒波襲来寒い。

d0170615_10120649.jpg




展望台

山頂展望台から望む、小さな山が点々とある。

d0170615_10121366.jpg




山頂に到着

今日の参加者は48名、順次登頂する…

d0170615_10121918.jpg




山頂から望む

山頂から御嶽山・乗鞍岳方面を望む

雲が多くよく見えない。

d0170615_10122614.jpg




金華山

百々ケ峰山頂で少し休憩をして西峰に向かう。

樹間から金華山方面を望む。

d0170615_10123407.jpg


西峰頂上

30分ほど進み西峰頂上に着く、

ここは展望もなし通過する。

d0170615_10124259.jpg




反射板

西峰頂上から少し進むと反射板がある

金華山からも良く見えている。

d0170615_10124910.jpg




金華山

反射板から金華山方面を望む。

d0170615_10125753.jpg




樹間から

反射板から駐車場を目指して行く、

樹間から長良市街方面を望む。

d0170615_10130377.jpg




しだ

大きなシダが垂れ下がっている。

お飾りに使うには大きすぎる。

d0170615_10131175.jpg




駐車場

駐車場まで下山してきた。

良く晴れてきた。

d0170615_10131877.jpg



解散

今日は干支の山、犬の尾登山の予定であったが,

登山口近くまで行くと雪が降ってきた、

やもえず百々ケ峰に変更して登った。

傘寿のお祝いをおこなってもらい

みのハイキングクラブの山友に感謝感謝でした。

d0170615_10132597.jpg




173.png169.png171.png169.png179.png


ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-12-11 11:01 | Comments(0)

みのハイキングクラブ忘年登山 百々ケ峰登山(418M)

2018年12月09日

今日はみのハイキングクラブ忘年登山に参加した。

忘年登山を兼ねて風の便り、傘寿のお祝いを仲間に盛大に行ってもらった。

今日は大垣市上石津にある犬の尾(617.6M)に登る予定であったが、

登山口手前の林道付近まで行ったところ、大粒の雪がボンボン降り出した

これでは登山するには条件が悪い、この山は中止して別の山に

登ることにした。



関市 6.15 ー 犬の尾登山口手前 8.20 ~ 8.35 ー 百々ケ峰登山口 10.00 ~ 10.20 ー

百々ケ峰中腹東屋 11.30 ~ 12.50 ー 百々ケ峰山頂 13.10 ~ 13.20 ー 西峰山頂

13.50 ~ 13.55 ー 百々ケ峰登山口 15.10 ~ 15.30 ー 関市解散



集合場所

関市の集合場所、今朝はすごく寒い何枚も重ね着をする。

今日の参加者は48名、多くの人が参加した。


d0170615_09322368.jpg




雪化粧

車10台に分乗して犬の尾登山口に向かう、

近郊の山々は雪を頂いている。

d0170615_09323064.jpg




車の中から

後ろの座席からパチリ。

昨夜の冷え込みで近郊の山々は雪化粧をしている。

d0170615_09323870.jpg




養老サービスエリア

途中養老サービスエリアに立ち寄り休憩をする。

一般道から裏側の駐車場に車を止めて利用することが出来る。

d0170615_09324509.jpg




色付いた木

途中大きな色付いた木が有った。

d0170615_09325103.jpg




雪き降りしきる

登山口を目指して林道を車で登って行く。

雪が激しく降ってきた

登山口手前でこの山は登山中止にして引き返すことにした…

d0170615_09325840.jpg




里まで下る

林道から里まで下ってきた、

山は厚い雲、雪は引き続き降りそうである。

d0170615_09330442.jpg




百々ケ峰登山口

犬の尾から百々ケ峰登山口に到着した、

この山は何時も登る山、

リーダーの挨拶、登山を開始する。

広い駐車場は車が満杯、人気の山である。

d0170615_09331132.jpg




登山開始

登山する人数が多い、何組かに分けて登山開始する。

d0170615_09331821.jpg




色付く山

百々ケ峰は岐阜市の北側に位置している、

天気は曇りかなり寒いが雪の心配は無い。

d0170615_09332554.jpg




標識

標識に沿って左側の上に登って行く。

この山はいろいろな野鳥が多く、

カメラマンが多く撮影に来る。

d0170615_09333336.jpg




東屋付近

最初の東屋付近で少し休憩をする。

百々ケ峰山頂方面を望む。

周りの木々が色付き目を楽しませてくれる。

d0170615_09334071.jpg




ツツジ

登山道わきにひっそりと咲いていた。

d0170615_09334783.jpg




尾根

尾根を登って行く。

登山道は地道歩きやすい。

d0170615_09335458.jpg




進む

登山道を登って行く。

d0170615_09340249.jpg




色付いた木

赤く色付いた木はないが

山々は確実に厳しい冬に備えかけている。

d0170615_09340997.jpg




一休み

尾根を登りここで少し休憩を取る。

登山口から一時間ほど歩いた

全員元気一杯。

d0170615_09341582.jpg



風の便り

今日は傘寿のお祝い、風の便りが主役に抜擢

多くの仲間に祝ってもらった。感謝、感謝、感謝。

d0170615_09342379.jpg




手作りの菓子

会員の皆様が手作りで作ってくれたお菓子、

すごく美味しかった。

里芋の煮っころがしも有った、大好物美味しかった。

みのハイクの女性軍、プロの料理人が多い。

d0170615_09343187.jpg



東屋

菓子を食べやすいようにカット、じゅうんび中。


d0170615_09343900.jpg



昼食

セレモニーの後に昼食、風が冷たく寒かった。

d0170615_09344755.jpg




173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-12-10 11:36 | Comments(0)

岐阜市の名峰 金華山 (328.9M) 登頂 編

2018年11月30日

岐阜公園のモミジの見事に色行いた木々を鑑賞して、次の目的地

金華山山頂を目指した。

三重の塔まえの登山口から入り、今日は馬の背コースではなくて

めい想の小径を久しぶりに登った。

登山開始の時間が遅いので下山してくる多くの登山者とすれ違った。

天気は曇りからだんだんと良くなってきた。



三重の塔

三重の塔付近は彩られた木々に囲まれて一段と鮮やか見えた。

d0170615_07074500.jpg




合流地点

三重の塔登山口と岐阜公園北側の登山口

合流地点である。

d0170615_07075328.jpg




めい想の小径

馬の背コースとめい想の小径の分岐、

左側のめい想の小径を登って行く。

d0170615_07080063.jpg



登山道

このコースはなかなかの難コースである、

木の根や岩が多く有り、慎重に登る。

d0170615_07080775.jpg




階段

途中に階段などもある。

d0170615_07081308.jpg




清流長良川

中腹展望所から清流長良川と長良市街方面を望む。

この辺りで鵜飼の総がらみが行われる。

d0170615_07082050.jpg



岩場

登山道をどんどん登る、岩場が多く出てくる。

特に危険なところは無いが

足を滑らせないよう慎重に登って行く。

d0170615_07082896.jpg




パノラマ

展望の良い所で長良市街をパチリ。

d0170615_07083694.jpg



岐阜城

金華山山頂に到着した、岐阜城を正面からパチリ。

d0170615_07084281.jpg




モミジ

山頂付近に大きな色付いた木が有った。

d0170615_07085005.jpg



岐阜城

何時もこの場所で岐阜城を写す。

今日は何時もと様子が違う、城が良く見える

手前の木々が切り払われていた。

d0170615_07085800.jpg




発掘調査

昼食を済ませて下山を開始した。

少し下ると岐阜城跡山上部発掘調査が行われていた。

d0170615_07090540.jpg




石垣

岐阜城戦国時代の石垣が発見されて

発掘調査が行われていた。

多くの見学者が訪れていた。

d0170615_07091306.jpg




東阪コース

下山は発掘調査が行われているすぐわきを下って行く。

d0170615_07092161.jpg




岐阜城

下山途中岩場から振り返り白く輝かく岐阜城を見る。

d0170615_07092930.jpg




唐釜コース

東阪コース途中から唐釜コースに入り

岐阜公園を目指す。

d0170615_07093644.jpg




岐阜公園

七曲コースを経由して岐阜公園に下山してきた。

d0170615_07094395.jpg




庭園

太陽光を受けて色一段と鮮やか。

d0170615_07095188.jpg




帰り道

公園から駐車場に帰る途中

色付いた木々を眺めながら

帰路を急ぐ。

d0170615_07095863.jpg




ロープウエイ駅付近

公園全体が色付いた木々で囲まれている。

d0170615_07100498.jpg




岐阜公園を後に

公園の色付いた木々を鑑賞

金華山登頂、

戦国時代の石垣発掘調査見学

今日は実り多い一日であった。

d0170615_07101534.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-12-05 08:08 | Comments(0)

登山者に人気の山 明王山から大岩見晴台に向かう  登頂編


2018年11月27日

明王山山頂から迫間城跡に登り昼食をとる、他に二名の登山者が

昼食を取っていた。

昼食を済ませて次の目的地、大岩見晴台に向かう、今日は平日ではあるが

途中多くの登山者とすれ違う。



明王山山頂

途中開けたところから明王山山頂方面を望む。

天気よく良く見えた。

d0170615_19052878.jpg




各務原市市街

登山道から各務原市市街方面を望む。

d0170615_19053770.jpg



ツツジ

季節外れのつつじが咲いていた。

花は少ないが、この時季に咲く花は貴重である。

d0170615_19054421.jpg




別の登山道

何時も通る登山道を少し外れて小山に登る。

登りは平凡な登山道、下りはすごい悪路、

登山道わきの立ち木を掴みながら下る。

とんだ登山道に入ってしまった。

d0170615_19055665.jpg




ドウダンの道

登山道わきにドウダンの木、色付き丁度見ごろである。

d0170615_19060237.jpg


d0170615_19060819.jpg

大岩見晴台

山頂に到着した。一人の先客あり

よもやま話に花が咲く

ある山に登った時、地元の人に不審者に間違えられる

警察に通報される

ヘリコプター出動、取り調べを受ける。

とんだハプニングにあったそうだ。

普通の登山者、なぜ間違えたかな?

d0170615_19062372.jpg



うるし

山頂わきに色付いた漆があった。

d0170615_19063023.jpg



下山

大岩見晴台から各務野自然遺産の森に下山してきた。

山に木々はかなり色付いている。

d0170615_19063866.jpg




各務原自然遺産の森

遺産の森広場まで戻ってきた。

モミジが色付き見ごろである。

d0170615_19064616.jpg




モミジアップでパチリ。

d0170615_19065205.jpg



d0170615_19065955.jpg



迫間不動尊駐車場近く

駐車場近くまで戻ってきた

林道わきの木は色付き丁度見ごろである。

d0170615_19070620.jpg



色付き一番の木

駐車場よこのこのモミジ

この辺りでは毎年一番綺麗に色付いてくれる。

現在15時、陽が少し差している

木全体に陽が差してくると良いが

今日は無理みたいである。

d0170615_19071324.jpg



駐車場脇

車を止めた駐車場脇のモミジ

お帰りと言っているようだ。

この木も毎年綺麗に色付いて目を楽しませてくれる。

d0170615_19072000.jpg




駐車場

登山を終えて戻ってきた。

今日は最初から最後まで快晴に恵まれて

快適な登山が出来た。

d0170615_19072682.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-12-01 22:00 | Comments(0)

金華山 (328.9M) 紅葉が素晴らしかった 岐阜公園散策 編


2018年11月30日

今日は朝から雲が多く天気はあまり良くない。

時々登る、岐阜市民に人気のある金華山に登ることにした。

昼食の準備がしてない、途中スーパーマーケットに立ち寄り

弁当を購入して出かける。

岐阜公園の丁度見ごろであった素晴らしい紅葉にであい

パチパチ写しまくった。

その後金華山山頂に登った、山頂でみのハイキングクラブの重鎮

翁(ペンネーム)さんとばったり出会った、山の話などをして

楽しい時間を過ごし山頂で別れた。



自宅 10.20 ー 長良川河川敷駐車場 10.50 ~ 11.05 ー 岐阜公園散策

11.15 ~ 11.55 ー 金華山山頂 12.50 ~ 13.20 ー 唐釜ハイキングコース

13.50 ー 岐阜公園 14.25 ~ 14.45 ー 長良川河川敷駐車場 15.00 ~ 15.15

ー 自宅



長良川河川敷駐車場

今日は平日、車は少なめであった。

駐車場に到着したのが11時少し前

すでに下山してくる人が多く有った。


d0170615_22324711.jpg




駐車場わきの木

色付いた大きな木が有った。

見事な大木姿も良い、パチリ。


d0170615_22325589.jpg




色付いたモミジ

駐車場から岐阜公園に行く途中、護国神社わき

丁度見ごろの色付いた木が有った。


d0170615_22330519.jpg




岐阜公園

岐阜公園までくるとモミジが色付いていた、

今が見頃、さっそくパチリ。

d0170615_22331291.jpg




公園北側入り口付近

アップでパチリ。

今日の空は曇、陽は差していないが綺麗な色がうまく出た。

d0170615_22331969.jpg




庭園

公園全体がの木々が色付いていた、

今日は岐阜公園内の色付いた木々の写真を掲載。

d0170615_22332606.jpg




ロープウエイ乗り場

乗り場前の池に覆いかぶさるように

輝いている。

d0170615_22333348.jpg




アップでパチリ。

d0170615_22334281.jpg




東屋

東屋付近でお母さんと小さな子供

色付いた木々を眺め楽しんでいた。

d0170615_22334931.jpg



d0170615_22335790.jpg




池に映る

岐阜公園のメインの池、

色付いた木々が池に映っている。

岩の上に亀がのんびりと

色付いた木々を楽しんでいる?。

d0170615_22340526.jpg




赤い枝

池の上に思い切り枝を伸ばしている、

目立ちがりやの木であった。

d0170615_22341303.jpg




大木

公園のモミジの木は大木が多く有り見ごたえがあった。

d0170615_22342071.jpg




真っ赤に染まる

庭園のこの辺りには、カメラマンが多くいた。

d0170615_22342795.jpg




金華山をバックにパチリ。

d0170615_22343424.jpg




池の北側から

池の北側から写す、光線の加減も良かった。

d0170615_22344175.jpg




池の上方から

色付いたモミジが密集している、光線の加減も良いようだ...

d0170615_22344915.jpg




切り取り

アップでパチリ。

d0170615_22345668.jpg




三色

色付いた木々が密集している、葉の色も豊富である。

d0170615_22350524.jpg




三重塔横

山のすぐした辺りに滝がある、滝とモミジ。

近くで岐阜城跡の発掘調査が行われている。

d0170615_22351495.jpg




178.png169.png178.png169.png178.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-12-01 09:02 | Comments(0)
line

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山


by noboru131215m
line
カレンダー