タグ:愛知県の山 ( 79 ) タグの人気記事


継鹿尾山 (273M) 下山・木曽川河畔散策する


2018年12月05日

最近パソコンのマウスがうまく動かない

昨日とうとう画面を上下する丸い輪が動かせなってしまった。

長年使用してきた取り換え時期かもしれない…

スプレー状の油を(KURE5-56)差してみる、

丸い輪を動かしてみる動き出した輪に何か付いてきた

よく見ると油に濡れた ゴミ である、

丸い輪を何度も回してゴミを取り除いた

マウスは上手く操作出来るようになった。



継鹿尾山

山頂の日当たりの良い所で

遅い昼食を済ませて下山を開始した。

下山途中に何人かの登ってくる登山者とすれ違った。

ゆっくり登っても30分ほどで登れる、

気軽に登る登山者が多いみたいである。

d0170615_22150570.jpg




本堂

寂光院まで下山してきた。

下山途中登山道の日当たりの良い所で

ビニールシートを敷いて昼寝を

しようとしている人に出会った。

今日は風もなくて暑いから中止にしようかな?

そんなことを言っていた、どうされたかな。

d0170615_22151354.jpg




色モミジ

色鮮やかなモミジ

今日一番の色付いた木であった。

d0170615_22152158.jpg




階段

彩られた木々に囲まれた階段を下って行く。

d0170615_22152959.jpg




シャトルバス

寂光院から犬山遊園駅まで行く

シャトルバスがちょうど出発して行った。

d0170615_22153635.jpg




寂光院

色付いた木々を楽しみ寂光院を後にする。

d0170615_22154471.jpg




ツバキ

ヤブツバキが咲いていた。

d0170615_22155228.jpg




不老滝

木曽川河畔近くに不老滝がある、

色付いた木々に囲まれているが

ここも夏場の台風による倒木があった。

d0170615_22160118.jpg




滝付近

不老滝付近の色付いた木々。

d0170615_22160996.jpg



d0170615_22161756.jpg




標識

大平山方面の標識、左側の林道を登って行く。

d0170615_22162488.jpg



d0170615_22163231.jpg




快晴

天気はだんだんと良くなってきた。

d0170615_22163934.jpg




大平山登山口

今日はここまで来て色付いた木々を見た

大平山には次の予定があり登らず引き返すことにした。

d0170615_22164743.jpg




不老滝

大平山登山口付近からもどり滝を見て

駐車場方面に引き返す。

d0170615_22165571.jpg




木曽川

木曽川河畔の国道を歩き駐車場まで戻って行く。

d0170615_22170228.jpg




サザンカ

道路わきにさざんかの花びらがびっしり。

d0170615_22170967.jpg




木曾川

川の流れを見ながら駐車場に向かう。

d0170615_22171526.jpg




三叉路

駐車場近くの三叉路、

色付いた木が道路を染めていた。

d0170615_22172369.jpg




駐車場

駐車場まで戻ってきた、

他の車は一台もなかった。

今日は綺麗に色付いた木々を十分に楽しみ

次の目的地

犬山城・城下町散策に車を走らせる。

d0170615_22173123.jpg




173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-12-08 09:52 | Comments(0)

寂光院登山口から 継鹿尾山 (273M)  登頂 編


2018年12月05日

早くも師走一年が過ぎるのがすごく早い、今年もいろいろな山に登った。

一番印象に残った山は10月に登った那須岳。

前日日光白根山登山を終え,竜頭の滝を見学那須の宿泊先に向かった

道中の道路が渋滞、宿泊先に着くのがすごく遅くなってしまった。

翌日に那須岳に登った、山は360度の大パノラマそして岩稜、展望が

素晴らしかった。

機会があったらまた那須岳は挑戦したい山である。



千体観音

寂光院社務所前の階段を登る、

途中に千体観音が祭られていた。

d0170615_22132243.jpg




色付いた木々

長い長い階段、

周りの木々が色付きトンネルになっている。

d0170615_22132936.jpg


d0170615_22133648.jpg




カーブルカー

急な階段を避けてケーブカーを利用して

本堂まで登ることが出来る。

d0170615_22134482.jpg




立派な階段

よく整備された階段を登ってきた、

もうすぐ本堂裏に出る。

d0170615_22135194.jpg




色付いた木

階段を登ってきた、

本堂周りには色付いた木が多く有った。

d0170615_22135967.jpg




覆いかぶさる

色付いた木が目の前に覆いかぶさっていた。

太陽光を受けて輝いている。

d0170615_22140577.jpg




ひこうき雲

この近くに自衛隊の飛行場がある、

轟音をとどろかせて訓練機が良く飛んでいる。

d0170615_22141380.jpg



本堂

階段を登ってきた、立派な本堂がある。

d0170615_22142117.jpg




展望台から

展望台から犬山遊園地、木曽川など望む。

d0170615_22142909.jpg




本堂

展望台から本堂を見る。

今日の参拝者はこの時間は少ない。

d0170615_22143670.jpg




色付いた木

本堂前の木、太陽光を受けて光っている。

d0170615_22144473.jpg




穏やかな天気

周りの山々を望む、

風も無く穏やかな日和である。

d0170615_22145245.jpg




今日の木

継鹿尾山山頂を目指す。

枯れ木があった、

ダンスをして楽しんでいるようである.

d0170615_22151339.jpg




山も色付く

周りの山々は赤色は少ないが

精一杯色付いている。

d0170615_22150549.jpg




継鹿尾山山頂

山頂到着する、

展望台から犬山遊園地・木曽川方面を望む。

d0170615_22152174.jpg




名古屋ビル群

山頂からデジカメの望遠をいっぱい伸ばして

名古屋ビル群を写す。

d0170615_22152834.jpg




東海自然歩道

この辺りの登山道は東海自然歩道の一部である。

d0170615_22153617.jpg




昼食

東屋で名古屋市から見えたご夫婦とよもやま話、

楽しい時間を過ごしてから昼食を取った。

今日は鳩吹山方面に行かず下山することにした。

d0170615_22154470.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-12-07 10:03 | Comments(0)

色付いた木々の寂光院境内から 継鹿尾山 (273M) に登る


2018年12月05日

愛知県犬山市の木曽川に架かる犬山橋を少しさかのぼった所にある、

寂光院のモミジの色付いた木々を見学、そして低山ではあるが継鹿尾山

に登る。

寂光院の駐車場に到着した、すでに満杯仕方なく木曽川河畔にある

駐車場までまで引き返して車を止める。

今日は天気良く一日中快適に過ごせそうである。



自宅 10.00 ー 木曽川河畔駐車場 10.40 ~ 10.50 ー 寂光院散策 11.05

~ 11.35 ー 継鹿尾山山頂 12.00 ~ 12.45 ー 寂光院 13.05 ~ 13.20 ー

木曽川河畔散策 ー 木曽川河畔駐車場 14.00 ~ 14.10 ー 犬山城・犬山城下町散策

14.20 ~ 16.00 ー 自宅



木曽川

木曽川河畔の駐車場に車を止める、寂光院に目指して出発する。

木曽川・大平山方面を望む。

d0170615_23330746.jpg




三叉路

駐車場を出てすぐの三叉路、

この辺り色付いた木々が見ごろであった。

d0170615_23331495.jpg



三叉路辺り

太陽光を受けて光っている。

d0170615_23332234.jpg




丁度見ごろ

三叉路辺りの木々は丁度見ごろである。

観光客はここには誰もいない、

ゆっくり見学できた。

d0170615_23332846.jpg



d0170615_23334264.jpg




木曽川

駐車場から寂光院まで木曽川河畔を歩いて行く、

車がビュンビュン通過してゆく、道路わきを進む。

d0170615_23335104.jpg




ガモ

木曽川の流れの緩い所で多くのガモがゆったりと泳いでいる。

d0170615_23340364.jpg




寂光院

この辺りから細い道を登って行く。

d0170615_23341240.jpg




色付いたモミジ

国道から寂光院までは色付いた木々のトンネルであった。

d0170615_23342314.jpg



d0170615_23343080.jpg




落ち葉

赤い絨毯を引き詰めたようである.

d0170615_23343835.jpg



観音橋

寂光院山門前の観音橋。

d0170615_23344406.jpg



モミジ

境内の中、色付いた木が見ごろであった。

d0170615_23345307.jpg




参道入り口

ここから山の中に入り寂光院の社務所まえに向かう。

落ち葉の絨毯を踏みしめてゆく。

d0170615_23350053.jpg



バス

名鉄犬山遊園地駅から寂光院までシャトルバスが運行されている。

d0170615_23350636.jpg




境内の木

境内の木々は色付き見ごろであった。

参拝者はこの時間あまり多くなかった。

d0170615_23351427.jpg


d0170615_23352176.jpg



広場

社務所まえの広場、お茶室などもある。

d0170615_23352800.jpg





門の屋根の鬼瓦、珍しい姿である。

d0170615_23354586.jpg



階段

この階段を登って本堂まで行く、

長い長い階段である。

d0170615_23353851.jpg




173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-12-06 09:15 | Comments(0)

小雨降り出した 継鹿尾山(273M) 登頂 編

2018年09月11日

最近は雨の降る日が多くなかなか計画して遠くの山に

出かけることが出来ない。

今日も伊吹山を予定していたが朝から雨模様、予定を

変更して手軽に登れる継鹿尾山に登った。




寂光院展望台から

展望台から木曾川方面を望む。

雲が多く出ているが雨は降っていない。

d0170615_19561279.jpg





カエデ

寂光院境内のカエデ色付いている、秋近し。

d0170615_19562004.jpg





継鹿尾山

山頂、東屋から木曾川方面を望む。

東屋で昼食を取る、今日はコンビニで買ってきた

おにぎり🍙とフルーツ。

d0170615_19562717.jpg






名古屋ビル群

山頂から望遠でパチリ。

雨が降ってきた。空を見ると雨雲が上空を通過中

暫く待てば雨はやむかもしれない。

東屋で一時間はど過ごす。

d0170615_19563733.jpg





犬山遊園地

遊園地の大観覧車。

東屋で昼食と雨宿りしているうちに訪れた人は

外国の男性一名。地元の男性一人。地元の女性二名の

四人であった。

d0170615_19564505.jpg





石原登山口

継鹿尾山山頂で雨の止むのを待って、

石原登山口方面を目指して登山再会した。

少し雨が降ったせいか、空気も爽やか

気持ちよく歩くことが出来た。

d0170615_19565324.jpg




大平林道

石原登山口まで下山してきた。

ここから東海自然歩道の大平林道を下る。

先日の台風で倒木が多くみられた。

d0170615_19570178.jpg




ミズヒキ

林道わきに咲いていた。

d0170615_19570910.jpg




木曽川河畔

林道を下山してきた。

木曽川河畔を歩き寂光院駐車場に向かう。

木曾川の水は台風の余波か濁っていた。

d0170615_19571669.jpg




カメ

木曽川河畔を歩いたいたら、亀が沢山泳いでいた。

流れの弱い所に多くの亀が生息しているみたいであった。

d0170615_19572564.jpg




173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-09-12 20:57 | Comments(0)

小雨降り出した 継鹿尾山(273M) 登頂 編

2018年09月11日

最近は雨の降る日が多くなかなか計画して遠くの山に

出かけることが出来ない。

今日も伊吹山を予定していたが朝から雨模様、予定を

変更して手軽に登れる継鹿尾山に登った。




寂光院展望台から

展望台から木曾川方面を望む。

雲が多く出ているが雨は降っていない。

d0170615_19561279.jpg





カエデ

寂光院境内のカエデ色付いている、秋近し。

d0170615_19562004.jpg





継鹿尾山

山頂、東屋から木曾川方面を望む。

東屋で昼食を取る、今日はコンビニで買ってきた

おにぎり🍙とフルーツ。

d0170615_19562717.jpg






名古屋ビル群

山頂から望遠でパチリ。

雨が降ってきた。空を見ると雨雲が上空を通過中

暫く待てば雨はやむかもしれない。

東屋で一時間はど過ごす。

d0170615_19563733.jpg





犬山遊園地

遊園地の大観覧車。

東屋で昼食と雨宿りしているうちに訪れた人は

外国の男性一名。地元の男性一人。地元の女性二名の

四人であった。

d0170615_19564505.jpg





石原登山口

継鹿尾山山頂で雨の止むのを待って、

石原登山口方面を目指して登山再会した。

少し雨が降ったせいか、空気も爽やか

気持ちよく歩くことが出来た。

d0170615_19565324.jpg




大平林道

石原登山口まで下山してきた。

ここから東海自然歩道の大平林道を下る。

先日の台風で倒木が多くみられた。

d0170615_19570178.jpg




ミズヒキ

林道わきに咲いていた。

d0170615_19570910.jpg




木曽川河畔

林道を下山してきた。

木曽川河畔を歩き寂光院駐車場に向かう。

木曾川の水は台風の余波か濁っていた。

d0170615_19571669.jpg




カメ

木曽川河畔を歩いたいたら、亀が沢山泳いでいた。

流れの弱い所に多くの亀が生息しているみたいであった。

d0170615_19572564.jpg




173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-09-12 20:56 | Comments(0)

小雨降り出した 継鹿尾山(273M) 登頂 編

2018年09月11日

最近は雨の降る日が多くなかなか計画して遠くの山に

出かけることが出来ない。

今日も伊吹山を予定していたが朝から雨模様、予定を

変更して手軽に登れる継鹿尾山に登った。




寂光院展望台から

展望台から木曾川方面を望む。

雲が多く出ているが雨は降っていない。

d0170615_19561279.jpg





カエデ

寂光院境内のカエデ色付いている、秋近し。

d0170615_19562004.jpg





継鹿尾山

山頂、東屋から木曾川方面を望む。

東屋で昼食を取る、今日はコンビニで買ってきた

おにぎり🍙とフルーツ。

d0170615_19562717.jpg






名古屋ビル群

山頂から望遠でパチリ。

雨が降ってきた。空を見ると雨雲が上空を通過中

暫く待てば雨はやむかもしれない。

東屋で一時間はど過ごす。

d0170615_19563733.jpg





犬山遊園地

遊園地の大観覧車。

東屋で昼食と雨宿りしているうちに訪れた人は

外国の男性一名。地元の男性一人。地元の女性二名の

四人であった。

d0170615_19564505.jpg





石原登山口

継鹿尾山山頂で雨の止むのを待って、

石原登山口方面を目指して登山再会した。

少し雨が降ったせいか、空気も爽やか

気持ちよく歩くことが出来た。

d0170615_19565324.jpg




大平林道

石原登山口まで下山してきた。

ここから東海自然歩道の大平林道を下る。

先日の台風で倒木が多くみられた。

d0170615_19570178.jpg




ミズヒキ

林道わきに咲いていた。

d0170615_19570910.jpg




木曽川河畔

林道を下山してきた。

木曽川河畔を歩き寂光院駐車場に向かう。

木曾川の水は台風の余波か濁っていた。

d0170615_19571669.jpg




カメ

木曽川河畔を歩いたいたら、亀が沢山泳いでいた。

流れの弱い所に多くの亀が生息しているみたいであった。

d0170615_19572564.jpg




173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-09-12 20:56 | Comments(0)

犬山城・城下町散策

2018年05月22日

継鹿尾山・大平山縦走登山を終えて、まだ時間が早いので犬山城・城下町散策に

行くことにして車を走らせた。

今日は平日ではあるが城下町は沢山の観光客でにぎわっていた。

まづ犬山城から見学することにした、600円で犬山城下町周遊券を購入した。

犬山城・どんでん館・からくに展示館・城とまちミュージアムの四ヶ所

見学することができる。




犬山城。

犬山城に向かう途中、踏切で信号待ち、車の中からパチリ。





d0170615_14125059.jpg




犬山城。

大きな石、国宝犬山城、この前で記念写真を写す人が多くいた。





d0170615_14125822.jpg




標識。

山門前の国宝犬山城の標識。





d0170615_14130466.jpg





入園料。

犬山城下町周遊券を購入する。






d0170615_14131264.jpg




犬山城下町周遊券。

犬山城など4ヶ所見学することが出来る券である。






d0170615_14134359.jpg




犬山城。

入場して目の前の城をパチリ。

壊れたシャチも新しくなっていた。




d0170615_14132183.jpg





山門。

入城してすぐ沢山の観光客がスタンプなど押していた。





d0170615_14132801.jpg




天守閣。

城の中に入る、入口でビニール袋を貰う、靴を脱ぐ、

急な階段を登って行く。






d0170615_14133556.jpg




犬山城下町周遊券。

犬山城は今までに何回か来ている。

周遊券を購入したのは初めてである。





d0170615_14134359.jpg




犬山城の歴史。

国宝犬山城の歴史が説明されている。





d0170615_14135036.jpg




天守閣。

天守閣より城の広場を見る。





d0170615_14135719.jpg




パノラマ。

天守閣より犬山市方面を望む。





d0170615_14140559.jpg




木曽川。

天守閣から、眼下の清流木曽川を見る、

名鉄電車も通るツインブリッジ犬山橋、

大都市各務原市鵜沼、人気の山鳩吹山方面を望む。






d0170615_14141260.jpg





ライン大橋。

天守閣よりライン大橋、正面の山伊木山、清流木曽川を望む。





d0170615_14142854.jpg




鵜飼観覧船。

ライン大橋手前、鵜飼観覧船、犬山鵜飼06月01日から行われる。





d0170615_14143669.jpg




からくに展示場。

からくに館見学、展示のからくになど見学。




d0170615_14144241.jpg




城とまちミュウジアム。

昔の犬山城下の模型が有った。






d0170615_14144829.jpg





城とまちミュウジアム。

犬山市の祭り、犬山祭りの山車模型、

4月第一土曜とその翌日行われる。





d0170615_14145492.jpg




犬山城下町。

初めて城下町を散策した。

古い町並み美味しいものがいっぱいあった、

次回はゆっくりと味わい見学してみたい。



d0170615_14150309.jpg


173.png169.png171.png173.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-05-26 16:13 | Comments(0)

大平山 (291M) 登頂・下山 編

2018年05月22日

継鹿尾山山頂で少し休み、次の目的地、大平山山頂を目指して歩きだした。

石原口まで登ったり下ったりして到達、石原口から鳩吹山方面にすこし少し登り

左折して大平山山頂を目指した。




標識。

継鹿尾山山頂から鳩吹山山頂方面に向かって進む。





d0170615_20561619.jpg



登山道。

登山道は岩場が多くあり庭園風な所も多く有る。

このような場所を歩くのは楽しい。






d0170615_20562452.jpg




登山道。

この山は低山ではあるが、

アップダウンが多く有り中々手ごわいコースである。





d0170615_20563215.jpg




花。

花の名前?。





d0170615_20565555.jpg




ムラサキヤシオ?。




d0170615_20570269.jpg




標識。

この標識から善師野駅方面に向かう。

このコースは多くの登山者が利用していると言われている。





d0170615_20571155.jpg




石原口。

大平林道と登山道が交差する。

ここから鳩吹山山頂方面に少し登って行く。





d0170615_20571794.jpg




分岐。

石原口から少し登ったところに看板がある。

左折して大平山山頂を目指す。






d0170615_20572425.jpg



大平山山頂。

山頂は展望なし、標識が無かればきずかず通過してしまう。






d0170615_20573112.jpg




日本八景。

愛知県の木曽川が日本八景に指定されている。

この場所だろうか?。





d0170615_20574157.jpg




ツツジ。

ツツジに隠れている標識。不老滝方面に向かう。





d0170615_20574832.jpg



昼食。

展望の良い所で中食をとる、

大平山に登る、この風景を見れるのが楽しみである。






d0170615_20580298.jpg




下山。

大平山から大平林道に下山。

ここから林道を下り不老滝に向かう。





d0170615_20580922.jpg




不老滝。

この滝は心霊スポットになっているみたい?。





d0170615_20581508.jpg




今日の木。

崖の上に大きな木が乗っている。




d0170615_20582320.jpg




今日の木、NO2

歩いていて、ふと上を見ると怖い龍の顔と尻尾。






d0170615_20583035.jpg



寂光院。

車の止めてある寂光院に戻ってきた。

予定より早く下山できた、犬山城界隈散策に向かうことにした。






d0170615_20583767.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-05-25 22:00 | Comments(0)

継鹿尾山(273M)・大平山(291M) 縦走 継鹿尾山登頂編

2018年05月22日

今日は久しぶりにお気に入りコース、継鹿尾山から大平山縦走した。

天気はよく快適な登山が出来た。

登山を終えて時間があったので犬山城と城下町散策をした。



自宅 9.30 ー 寂光院駐車場 10.00 ~ 10.15 ー 継鹿尾山山頂 10.50 ~ 11.00

ー 石原口 11.35 ~ 11.40 ー 大平山山頂 12.00 ~ 12.05 ー 寂光院駐車場

13.15 ~ 13.30 ー 犬山城下 13.45 ~ 15.00 ー 自宅




登山口。

寂光院境内奥にある階段を登って行く。

参拝者の姿は少なかった。




d0170615_14440403.jpg



階段。

登山口から長い長い階段を登って行く。

新緑のトンネルをくぐって登って行く。






d0170615_14441111.jpg




展望台。

階段を登って行くと本堂がある、近くに展望台がある。

犬山遊園地・木曽川方面を望むことが出来る。






d0170615_14441851.jpg



本堂。

寂光院本堂。





d0170615_14442586.jpg




登山道。

天気よく暑い、山頂まで行く間に3人とすれ違った。

今日は登山者が少ないようだ。





d0170615_14443141.jpg





ネジキ。

ちょうど見ごろであった。



d0170615_14443946.jpg




大平山方面。

登山道からこれから回って行く大平山方面。






d0170615_14445197.jpg




戦闘機。

青い空、戦闘機4機、轟音、飛び去って行く。






d0170615_14445866.jpg



つつじ。

登山道わきに多く咲いていた。






d0170615_14450648.jpg



東海自然歩道。

標識がところどころに設置されている。





d0170615_14451338.jpg



つつじ。

色の濃いヤマツツジが咲いていた。





d0170615_14452063.jpg




継鹿尾山山頂。

山頂に着いた、他の登山者はなし、静かな山頂であった。





d0170615_14453138.jpg




飛騨木曽川国定公園。

標識があった。愛知県の木曽川は日本八景の一つに選ばれている。





d0170615_14453985.jpg




展望図。

展望台から見る山々が描かれている。




d0170615_14454539.jpg



パノラマ。

山頂展望台から犬山遊園地・犬山城・木曽川方面を望む。





d0170615_14455131.jpg




日本八景。

日本八景に選ばれている景観を展望台より望む。





d0170615_14455772.jpg




三角点。

二等三角点。

山頂で少し時間を過ごし石原口方面に進む。





d0170615_14460487.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-05-24 17:20 | Comments(0)

継鹿尾山登頂&犬山城下散策

2017年11月23日


寂光院参道脇駐車場。

木曽川河畔駐車場に車を置き寂光院参道まで来た。参道脇の駐車場は満杯状態、

空きを待つ車が長蛇の列、この駐車場に車を置くのは長く待つ必要がある。





d0170615_20240867.jpg





鐘楼。

参道から長い階段を登って行き本堂に着いた。本堂前に鐘楼がある賽銭箱に浄財を入れて

願いの鐘を突くことができる。




d0170615_20250867.jpg





モミジ。

本堂前に色付いたモミジが参拝者の目を楽しませていた。





d0170615_20252270.jpg




青空。

真っ青な空、真っ赤なモミジ、コントラストが良かった。





d0170615_20253287.jpg




モミジ案内板。

境内にあるイロハモミジの紹介が掲載されている。






d0170615_20254111.jpg





モミジ。

本堂周りのモミジがちょうど見ごろで、多くの参拝者が訪れていた。




d0170615_20255289.jpg




パノラマ。

本堂北側にある展望台より、犬山遊園地・木曾川方面を望む。





d0170615_20260964.jpg




本堂。

参拝者が多くお参りしている本堂を後にして、継鹿尾山山頂を目指す。






d0170615_20261848.jpg




遠望。

登山道より継鹿尾山山頂方面を望む。

低山ではあるが、非常に人気のある山で登頂を目指す登山者が多い。







d0170615_20264093.jpg




山頂展望台。

継鹿尾山山頂にある展望台、絶好のシャッターチャンスが待っている。






d0170615_20265271.jpg




パノラマ。

展望台よりパチリ。少し霞がかかっているが、犬山遊園地・木曾川などを望む。

この山でここから見る景観が大好きである。






d0170615_20271902.jpg





石原林道。

継鹿尾山山頂で昼食時間であったが、昼食は後回しにして鳩吹山方面の石原登山口に向かう。

登山道よりこれから登って行く方面を望む。





d0170615_20273693.jpg





石原登山口。

継鹿尾山山頂から40分ほどで石原登山口に着いた。

予定では大平山に登る予定であったが、天気が少し悪くなってきた

大平山はカットして大平林道を下山することにした。





d0170615_20274918.jpg



モミジ。

大平林道を下山中谷川沿いにモミジが多く色付いていた。

ここの色付いたモミジを見るのも楽しみの一つであった。





d0170615_20282941.jpg




犬山城下町散策。

寂光院・継鹿尾山山頂・西山登山口・不老公園と一周してきて、駐車場で昼食を済ませる。

犬山城下に車を走らせた。

犬山城下は大変な人出、犬山城天守閣に登るのを断念して付近を散策した。






d0170615_20312308.jpg




モミジ。

三光稲荷神社、大きなモミジ見ごろであった。




d0170615_20314054.jpg




三光稲荷神社。

写真のように銭を洗う人々が有った。





d0170615_20315653.jpg




犬山城。

散策中、犬山城をパチリ、天守閣には沢山の人が登っている。

天守閣からの木曾川などの眺めは最高に良い。





d0170615_20320868.jpg




モミジ。

散策中、綺麗に色付いたモミジ。20分ほどで帰路に就いた。





d0170615_20322188.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




by noboru131215m | 2017-11-28 11:29 | Comments(0)
line

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山


by noboru131215m
line
カレンダー