タグ:滋賀県の山 ( 182 ) タグの人気記事


日本百名山 伊吹山(1,377.3M) 山頂 編


2019年08月07日

08月02日 山頂の天気は晴れたり、ガスが出たり安定しない。

晴れている間にパチリパチリと写す。

山頂山小屋の東側は10年ほど前は花のジャングルで有った。

花畑の中の道を通ると人が花に隠れてしまうほど多くあった。

現在は鹿に食べられて見る影もない。

昨年はシモツケソウがかなり多く咲いていたが、今年は全く咲いていない。

山頂西側の一角には柵で保護されシモツケソウが多く咲いている。

同じ伊吹山山頂、何とか花畑を復活してほしいものです。



伊吹山山頂

広いお花畑、花がないメタカラコウが少し咲いているだけである。

昨年はシモツケソウがかなり多く咲いていたが

今年は全く咲いていない。

d0170615_17041013.jpg



ジャコウソウ

山小屋の北側に多く咲いていた。

d0170615_17042337.jpg




キンバイソウ

北斜面に多く咲いている。

d0170615_17043281.jpg




メタカラコウ

山頂の各所に咲いている。

d0170615_17044289.jpg



キリンソウ

まだ多くは咲いていなかった。

葉優しく 花びら五弁 キリンソウ

d0170615_17045270.jpg



ヤマホタルブクロ

草の中 ホタルブクロよ 何思う

d0170615_17050210.jpg



シモツケソウ

輝いて シモツケソウよ 語りかけ

d0170615_17051357.jpg



コオニユリ

羽広げ すぐに飛びそう 百合の花

d0170615_17052201.jpg



シモツケソウ

柵の中にはシモツケソウが沢山咲いている。

この場所は管理がうまくされている。

d0170615_17053535.jpg




イブキトラノオ

トラノオや 仲間と並び 語りかけ

d0170615_17054340.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2019-08-07 08:58 | Comments(0)

日本百名山 伊吹山(1,377.3M) 登頂編


2019年08月05日

08月02日 花が多く咲き手ごろに登れる百名山伊吹山、毎日多くの登山者や

観光客が伊吹山を楽しんでいる。

ドライブウエイを利用してバスで登る観光客が非常に多い。バスを降りて30分も

歩けば山頂である。

一方上野登山口からはゆっくり歩いて4時間ほどかかる、樹林帯が少なく夏場は

とても暑い。お茶など何本も必要になる、少し値段は高いが途中で購入することも

できる。人気の山、登山者が多く登山道がかなり荒れてきたように思われる。




上野登山口

受付で入山料300円支払い登山を開始する。

d0170615_17345641.jpg




山頂方面

三合目から伊吹山山頂ほうめんを望む。

ガスが少し出てきた。

d0170615_17350550.jpg





琵琶湖

登山道から琵琶湖方面を望む。

今日も琵琶湖ははっきり見えない。

d0170615_17351597.jpg





良く晴れて 山道進む 夏の山

d0170615_17352383.jpg




イブキジャコウソウ

d0170615_17353288.jpg




イブキジャコウソウ

岩肌に 寄り添い咲くは ジャコウソウ

d0170615_17354165.jpg




カワラナデシコ

d0170615_17355163.jpg




メタカラコウ

凛と立つ メタカラコウよ 夏の蝶

d0170615_17360083.jpg




シモツケソウ

シモツケや 小さな蕾 弾けたり

d0170615_17360908.jpg



ミヤマアザミ

山肌に 一輪咲くは ノアザミか

d0170615_17362480.jpg




伊吹山山頂

山頂に到着する、ガスは晴れたり、出たりしている。

何時も右側の売店で冷えたトマトを買って食べるが、

今日のトマトは小さくて一個50円であった。

d0170615_17363305.jpg




173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2019-08-05 07:00 | Comments(0)

日本百名山 伊吹山(1,377.3M) ピックアップ編


2019年08月03日

08月02日 連日猛烈な暑さが続くなか伊吹山に登った、朝の涼しい内に

登るよう早めに家を出る。

登山道を登っていると上から下山してくる登山者と何人もすれ違う、昨夜山頂で

宿泊した人や夜中かに登った人達であった。いずれの人もご来光は素晴らしかったと

言っていた。



自宅 5.10 ー 伊吹山登山口 7.00 ~ 7.15 ー 三合目 9.00 ~ 9.15 ー 伊吹山山頂

11.05 ~ 12.15 ー 伊吹山登山口 16.00 ~ 16.15 ー 自宅



1.5合目

天気は快晴、この時間爽やかな風が吹き抜け

気持ちよく登って行く。

空ながむ 燕飛ぶ飛ぶ 青き空

d0170615_07025409.jpg




三合目

三合目で少し休憩を取る。

伊吹山山頂方面を望む。

d0170615_07030498.jpg




イブキジャコウソウ

今が見頃、登山道わきに沢山咲いている。

疲れ飛ぶ 目に映りし 麝香草

d0170615_07031365.jpg




花がない

伊吹山山頂、あれ、お花畑にシモツケソウが全然咲いていない。

山頂山小屋のオーナーに聞いたところ、鹿に全部食べられたとのこと。

d0170615_07032745.jpg




キンバイソウ

山頂北側の斜面にキンバイソウが咲いていた。

山頂はガスがかかったり晴れたりしている。

d0170615_07033996.jpg




シモツケソウ

山頂西側の一角に柵で囲って保護されている

シモツケソウ綺麗に咲いていた。

d0170615_07034824.jpg




蝶々

下山途中八合目で写す、名前は?です。

d0170615_07035723.jpg



d0170615_07040664.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2019-08-03 09:03 | Comments(0)

日本百名山 伊吹山 (1,377.3M) 下山 編


2019年07月08日

06月26日 伊吹山山頂で遅い昼食を社ませて、琵琶湖の上にでた

素晴らしい雲の写真を写しそこない残念で有った、

山頂の花を探して歩きまわったが良い花はほとんど見つからなかった。

所々で一花づつ見つけてはパチリと写して歩く。




下山開始

山頂で楽しみ下山を開始した。

d0170615_23061571.jpg




クサタチバナ

花の名前は伊吹山関係の花図鑑で調べたが

同じような花が多く間違いあるかもしれない。

d0170615_23062322.jpg




カンボク

d0170615_23063073.jpg




八合目

伊吹山は五合目から上は大きな木がなく

展望は非常に良い。

d0170615_23063998.jpg




琵琶湖

琵琶湖方面を望む、今日もはっきり見えない。

d0170615_23064659.jpg



アザミ

d0170615_23065557.jpg




ササユリ

三合目のお花畑で写す。

どの花もほんの少しづつしか咲いていなかった。

ササユリよ 眺めて楽し 伊吹山

d0170615_23070550.jpg




ウツボグサ

見てくれと 登山者呼ぶわ ウツボグサ

d0170615_23071192.jpg




フウロウ

d0170615_23071923.jpg




下 山

登山口まで下山してきた。

登山時間07時間以上疲れた。

次はシモツケソウなど花の多く咲いている

08月上旬に登りたい。

d0170615_23072676.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2019-07-08 13:11 | Comments(0)

日本百名山 伊吹山 (1,377.3M) 山頂 編


2019年07月05日

06月26日 伊吹山山頂に到着すると何時も直ぐ手前の山小屋に行く、

店の前に水で冷やした完熟トマトが一個100円で売られている。

これが良く冷えていてすごく美味しい、今日も楽しみにして登ってきた、

だが今日は山小屋はお休み残念、トマトを買うことが出来なかった。

かき氷を食べるには、ちょっと涼しすぎる。結局何も食べなかった。



三角点

山小屋の少し東側に三角点がある。

山しるし 三角点や 夏至の空

d0170615_21200436.jpg




ヒメレンゲ

d0170615_21201139.jpg




山頂より

山頂から琵琶湖方面を望む、はっきりとは見えなかった。

d0170615_21201981.jpg





コバノミミナグサ

岩登る ふと見上げれば 耳菜草

d0170615_21202772.jpg




山頂駐車場

駐車場には車はほとんど無かった。

d0170615_21203460.jpg




キンバイソウ

d0170615_21204183.jpg




グンナイフウロ

d0170615_21204900.jpg




ミヤマコアザミ

d0170615_21205824.jpg




山 頂

山頂西から山小屋方面を望む。

山頂や 広い花畑 人は無し

d0170615_21210608.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2019-07-05 06:08 | Comments(0)

日本百名山 伊吹山(1,377.3M)  登頂 編 NO 2

2019年07月03日

06月26日  伊吹山山頂から眼下に日本一大きい湖、琵琶湖が見える。

すぐ近くなのに綺麗に見えることが少ない。今日も余りはっきりと

見ることが出来なかった。

伊吹山山頂に到着して三角点があるあたりから琵琶湖方面を見ると

琵琶湖は霞んで見にくかったが、雲が何とも言えない綺麗であった。

すぐ写せばよかったが食事中で終わってからと思っていたら、そのうちに

雲の美しさは無くなってしまった。とんだミステイクであった。



三合目

網で囲んであるお花畑、

まだ花はほとんど咲いていなかった。

d0170615_18302117.jpg





クサフジ

地味な花だがあちらこちらに咲いていた。

d0170615_18302976.jpg





名も知らぬ 花を見上げる 伊吹山

d0170615_18303532.jpg




六合目

五合目の営業していない山小屋方面を望む。

d0170615_18304158.jpg




黙々と 登る山道 梅雨の空

d0170615_18305558.jpg




コバノミミナグサ

岩陰に 寄り添い咲くは ミミナグサ

d0170615_18310336.jpg




山頂西側

八合目を過ぎたあたりから山頂西側方面を望む。

d0170615_18311095.jpg




伊吹山山頂

ようやく山頂に到着した。

爽やかな風が吹き抜け秋のようであった。

d0170615_18311716.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2019-07-03 07:02 | Comments(0)

日本百名山 伊吹山(1,377.3M) 登頂 編 NO1


2019年07月01日

06月26日 登山口近くの駐車場に車を止めた。先客は2台であった。

天気は車で走っている間は空は暗く雨が心配された、だんだん晴れてきて

青空も見え雨の心配は無くなってきた。

最近は梅雨の関係か一日中天気が良い日は少ない。登山も早めに下山する

事を心掛けなければと思っている。



駐車場

車を止めて空を見れば晴れ間が出てきた。

雨の心配は無くなった。

d0170615_20274188.jpg




花の名前、草藤

花は大好きであるが、名前がさっぱりわからない。

d0170615_20274979.jpg




一合目

昔々冬場この一合目に沢山あった山小屋で泊まり、

スキーを楽しんだ。

最近この辺りは雪も余り降らなくなった。

d0170615_20275672.jpg




一合目

いまはパラグライダースクールが使用しているゲレンデ。

d0170615_20280296.jpg




足元の 若き花芽よ 夏の空

d0170615_20280999.jpg




曇り空

二合目から一合目方面を望む、

空は雲が多く出ている。蒸し暑い。

d0170615_20281610.jpg




山小屋や 日の出拝んで はや下山

d0170615_20282349.jpg




汗流し 山頂目指す 男女かな

d0170615_20282955.jpg




三合目

三合目付近まで登ってきた、伊吹山山頂方面を望む。

ガスが少し掛かっているようだ。

d0170615_20283748.jpg




ウツボクサ

登山道わきを必死に見ながら歩く、

花は少なくほんの一花づつ有った。

d0170615_20284337.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2019-07-01 08:35 | Comments(2)

日本百名山 伊吹山(1,377.3M) ピックアップ編


2019年06月30日

06月26日 伊吹山登山は何時も一人で出かけることが多い。

花の百名山で何時もはいろいろな花が沢山咲いていてゆっくりと

写真を撮って楽しんでくる。

今日は花の咲き具合を調べることなく出かけた。

花はヒメレンゲを除きほとんど咲いていなく残念だった。

山頂付近の黄色の花、ヒメレンゲはよく観察すると

非常に可愛い花である。



自宅 6.30 ー 伊吹山登山口 8.00 ~ 8.15 ー 五合目 10.30 ~ 10.35 ー

伊吹山山頂 12.15 ~ 13.00 ー 伊吹山登山口 16.00 ~ 16.15 ー 自宅



伊吹山登山口

駐車料金 400円、入山料金300円を支払い登山を開始する。

今日は水曜日、登山者は少ない。

d0170615_20244196.jpg




一合目

この辺りは何時も多くの登山者が休憩をしているが、

今日は誰もいなかった。

d0170615_20244732.jpg




五合目

自販機があるが、飲料水を購入できるかな。

山道や 風吹き抜ける 夏の山

d0170615_20250061.jpg




伊吹山山頂

日本武尊の碑が立っている。

山頂は心地良い風が吹き抜け秋を思わせる。

d0170615_20250791.jpg




ヒメレンゲ

山頂売店裏あたりに多く咲いていた。

d0170615_20251886.jpg




カノコソウ

山頂から西の方向に進む登山道わきに

一花だけ咲いていた。

花の山 歩けば見つけ カノコソウ

d0170615_20252576.jpg




パノラマ

山頂西外れから琵琶湖方面を望む。

伊吹山 琵琶湖望めば 梅雨の空

d0170615_20253325.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2019-06-30 08:47 | Comments(4)

美しき樹氷林を後に下山開始 綿向山 (1,110M)


2019年01月25日

綿向山山頂付近を歩きいろいろな角度から山頂の樹氷林を楽しんだ。

山頂の天気は最後まであまり良くならなかったが、素晴らしい樹氷と

出会えて最高の気分であった。

予定の下山時間になった、下山を開始した。



山頂の樹氷

山頂の樹氷林を目に焼き付けて下山を開始した。

d0170615_19452936.jpg



竜王山分岐

標識から左側に下って行く。

現在12時少し過ぎ、樹氷は少しも落ちてなく

美しさを保っている。

d0170615_19385138.jpg




急な下り

七合目までは急な下りが続く、

アイゼンを装着している、

爪で引っかけて転倒しないよう注意して下る。

d0170615_19385773.jpg




海老の尻尾

いろいろの模様が出来ている。

よく見て歩くと面白く楽しい。

d0170615_19390437.jpg




メリヤス模様

なぜこんな模様が出来るかな、不思議。

d0170615_19391411.jpg




樹氷林のトンネル

急な下り、下から次から次へと登山者が登ってくる。

若い人が多かった。

d0170615_19392331.jpg




海老の尻尾

氷のように固いかと思ったが触って見ると、

柔らかく不思議な感じがする。

d0170615_19393295.jpg



行者コバ

七合目まで下ってきた、厳しい下りであった。

全員転倒もなく無事ここまで下る。

d0170615_19394004.jpg




五合目

夢咲の鐘、避難小屋まで下る。

ここで小屋の中で一休みする。

小屋の中は綺麗になっていた。

d0170615_19394983.jpg




標 識

山小屋の手前にある標識、

西明寺方面には誰も行っていない。

d0170615_19395677.jpg



下 山

駐車場まで無事下山してきた、

今下ってきた方面をアップで望む。

樹氷林無事下山する滋賀の山

d0170615_19400382.jpg




駐車場

すでに多くの登山者は帰ってがらんとしている。

恒例のお茶タイム甘いお菓子などを食べて休憩、

帰宅の途に就いた。

今日は素晴らしい樹氷に出会えて最高に良かった。

自然に感謝、感謝。

d0170615_19401065.jpg




173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2019-02-02 08:54 | Comments(0)

樹氷林に囲まれた 綿向山 (1,110M) 山頂 編


2019年01月25日

今日は綿向山山頂には今のところ登ってきている登山者は少ない。

昼食を取る前に山頂から良く見える竜王山方面に行く登山道を

少し歩いてみることにした。

少し進んだところで冬場進入禁止の看板があった、この場所で

残念ながら進むのを中止して、再び山頂に引き返すことにした。

山頂で冷たい風を避けて昼食を済ませた。



鎌ケ岳

綿向山山頂から鎌ケ岳方面を望む。

天気は相変わらず雲が多い。

d0170615_09071781.jpg




樹氷林

山頂周りの樹氷林、幻想的であった。

d0170615_09072548.jpg




樹 氷

太陽光があればもっときれいに見える。

d0170615_09073225.jpg




標 識

山頂から少し戻る、この標識から竜王山方面に進む。

少し進んだところに冬場進入禁止の標識があった。


d0170615_09113668.jpg




樹氷林

すこし太陽光が当たり樹氷が輝いた。

急いでシャッタを押す。パチリ。

d0170615_09074199.jpg




鎌 ケ 岳

樹間から鎌ケ岳方面を望む。

d0170615_09074862.jpg




今日の参加者

樹氷林に囲まれてパチリ。皆さん元気いっぱい。

d0170615_09075601.jpg




樹氷林

樹氷林のトンネルを進む、至福の時間である。

d0170615_09080323.jpg



引き返す

進入禁止の標識もありここまで引き返す。

ここから先は危険が待ち構えている。

d0170615_09081004.jpg




お気に入り写真

私の今日一番のお気に入り写真。

d0170615_09081769.jpg



再び山頂

山頂に引き返してきた、冷たい風を避けて昼食を済ませる。

今日の弁当はスーパーマーケットで購入してきた

寿司のサンドイッチであった、美味しかった。

d0170615_09082613.jpg



目の前の

昼食を取りながら目の前の樹氷を眺めている。

地元の男性が尻スキーを楽しんでいた、

チョットスピードが出過ぎて怖い感じだった。

d0170615_09083366.jpg




下山開始

昼食を済ませて、

山頂からの展望も十分楽しみ下山開始する。

d0170615_09084083.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2019-01-31 09:51 | Comments(0)
line

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山


by noboru131215m
line
カレンダー