タグ:滋賀県の山 ( 165 ) タグの人気記事


*****日本百名山 伊吹山 (1,377.3M) 下山 編*****

2018年06月17日

広い山頂を散策、この時季花は余り咲いていない。

バスや車でドライブウエイを利用して登ってきた観光客、

麓から登った登山者、多くの人が山頂で楽しんでいる。

広い石畳の上で多くの人と一緒に昼食をとる、

天気晴れたり、ガスが出たりの目まぐるしく変わる天気。

一時間ほど山頂で楽しみ下山を開始した。





伊吹山山頂。

日本武尊の前で多くの人が順番に記念撮影する。



d0170615_06204808.jpg







ニッコウキスゲ。

山小屋の脇に一本咲いていた。




d0170615_06205659.jpg







青空。

素晴らしい青空長くは続かない、

すぐガスで覆われる。



d0170615_06210347.jpg







コバノミミナグサ。




d0170615_06210910.jpg







一等三角点。

日本百名山標識。




d0170615_06211680.jpg








オドリコソウ。



d0170615_06212548.jpg






ドライブウエイ駐車場。

ドライブウエイで山頂すぐ下まで

車で登ってこられる。

山頂まで歩いて40分くらいか。



d0170615_06213390.jpg






下山開始。

山頂には花は余り咲いていなかった、

それでも散策を楽しみ

下山を開始した。




d0170615_06214375.jpg






蝶々。

エゴノキの蜜をすう蝶々。




d0170615_06220362.jpg





d0170615_06221165.jpg







グンナイフウロ。



d0170615_06221822.jpg






三合目。

山頂付近から三合目方面を望む、

右上は琵琶湖方面、今日は霞んでいる。



d0170615_06223796.jpg






オドリコソウ。




d0170615_06224427.jpg






カンボク。

登山道わきに一本だけ見ることが出来た。




d0170615_06225172.jpg






13時ころ。

下山をする人、

登ってくる人、

多くの登山者がすれ違う。




d0170615_06225916.jpg






バイカウツギ。

大きな木に白い花、

下向きに咲く清楚である。




d0170615_06230760.jpg







ナナカマド。

秋には紅葉する。




d0170615_06231643.jpg






ミズキ。

一合目まで下山してきた、

目まぐるしく変わる天気、

山頂方面の今は黒い雲に覆われている。

今日一日楽しい登山が出来た。

また7月末頃、シモツケソウを見に登りたい。




d0170615_06232342.jpg




173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-06-19 07:20 | Comments(0)

*****日本百名山 伊吹山 (1,337.3M) 登頂 編*****

2018年06月17日

伊吹山登山口に車で向かう途中小雨が降り出した、今日の天気はあまり良くない。

登山口に着くも今日は日曜日どの駐車場も満杯状態。

狭い道を上り一番高いところにある駐車場まで行く、3台ほどの空きがった

車を止める、駐車場代金は400円、準備をして入山料を支払い登山を開始した。



自宅 6.30 ー 伊吹山登山口 7.40 ~ 7.55 ー 伊吹山山頂 11.05 ~ 12.00 ー

伊吹山登山口 14.45 ~ 15.00 ー 大垣市曽根城公園 16.10 ~ 16.30 ー自宅






伊吹山一合目。

一合目旅館前まで登ってきた、

多くの登山者がここで一休み。



d0170615_10484025.jpg





元スキー場ゲレンデ。

休憩を済ませて登山を開始する。

人気の山伊吹山、

多くの登山者が登って行く。





d0170615_10484921.jpg








二合目。

二合目辺りから振り返り

琵琶湖方面を望む。





d0170615_10490599.jpg






登山道脇に咲く花。

クサフジ、多く咲いていた。




d0170615_10491130.jpg






花の名前?。




d0170615_10492043.jpg






三合目。

三合目の花畑に咲くユウスゲ。





d0170615_10492704.jpg







ヒメフウロウ。

所々にポツポツと咲いていた。




d0170615_10493420.jpg






ササユリ。

三合目柵の中の花畑に咲いていた。






d0170615_10494296.jpg






ミヤマコアザミ。

蝶々が花の蜜を吸っている。






d0170615_10495084.jpg







イブキトラノオ。

三合目の休憩付近に咲く。




d0170615_10495790.jpg






タニウツギ。

ちょうど見ごろであった。



d0170615_10500498.jpg







五合目。

花を探しながら2時間ほどかけて登ってきた、

多くの登山者が休憩をしている、

山小屋は営業していない、

今日は雲の流れが右側から左側に流れている、

何時も来るときと反対方向である。





d0170615_10501276.jpg






7合目。

7合目辺りから振り返り望む、

琵琶湖方面はかすんでいる。





d0170615_10501995.jpg







イブキガラシ。

登山道の中に咲いている、

踏まれないように。




d0170615_10502622.jpg





8合目。

8合目辺りから望む、

琵琶湖方面を望むがはっきり見えない。





d0170615_10503380.jpg






登山者。

多きの登山者が山頂を目指す、

天気は今のところ晴れている。






d0170615_10504216.jpg







山頂方面。

山頂方面を見る、

ガスが東側から出てきた、





d0170615_10504903.jpg








振り返り見る。

登山道は段々と厳しくなってきた。





d0170615_10505764.jpg






登山者。

多くの登山者、

若いグループ、

子供を含むフアミリー、

ベテラングループ、

あらゆるグループが登山を楽しむ。






d0170615_10510484.jpg







クサタチバナ。

登山道脇に多く咲いていた。



d0170615_10511411.jpg






9合目。

山頂手前から琵琶湖方面を望む、

ガスが空を覆い隠してきた。





d0170615_10512119.jpg






伊吹山山頂。

山頂に着く、

ガスが山頂を覆っている、

どうも今日はガスが出たり入ったりしている。




d0170615_10512702.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-06-18 12:44 | Comments(0)

日本百名山 伊吹山 (1,377.3M) 山頂・下山 編

2018年05月20日

天気は晴れたり曇ったり安定しない空模様である。山頂の石垣の上で昼食をす、

風が冷たく少し寒い、ウインドブレーカーなどを着て寒さをしのいだ。

山頂には多くの登山者、バスで登ってきた多くの観光客が景観を楽しんでいた。

山頂の花はあまり多くは咲いていなかった。




琵琶湖。

石垣の所で琵琶湖方面を見ながら昼食を取った。





d0170615_19582306.jpg




ウマノアシガタ。






d0170615_19584339.jpg




スミレ。





d0170615_19584970.jpg




キンバイソウ。



d0170615_19585551.jpg




ハクサンハタザオ。






d0170615_19590308.jpg




山頂花畑。

山頂には花は余り咲いていなかった。




d0170615_19591181.jpg




一等三角点。

山頂に立派な標識があった。





d0170615_19591877.jpg




下山。

山頂で食事を済ませ、景観も十分楽しんで下山を開始した。






d0170615_19593215.jpg




沢山の登山者。

午後になっているが、多くの登山者が登ってくる。

遅く登る登山者は、帰り南側からバスで下山する人もある。






d0170615_19594001.jpg




ハルサキヤマガラシ。

山の斜面一面に咲く。綺麗ではあるが他の花が無くなってしまう?。






d0170615_19594709.jpg




三合目。

登山道途中から三合目方面を望む。







d0170615_19595305.jpg




琵琶湖。

登山道から琵琶湖方面を望む。






d0170615_19595926.jpg






二合目。

この辺りまで下山してくると日差しが強く暑い、一枚二枚と脱いでゆく。

最後はシャツ一枚になった。





d0170615_20001207.jpg




クサフジ。






d0170615_20001924.jpg




一合目。

一合目まで下山、暑かったり寒かったりして体温調整が大変であった。

今日は何時もはなかなか綺麗に見えない琵琶湖が良く見え、

最高の登山が出来た。






d0170615_20002708.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村








by noboru131215m | 2018-05-22 21:00 | Comments(0)

日本百名山 伊吹山 (1,377.3M)   登頂 編

2018年05月20日

朝から好天気に恵まれ車を走らせる。伊吹山の登山口近くの民家が庭先を利用

駐車場にしている。登山口に近い駐車場に車を止める。

駐車場料金が500円から400円に引き下がられている。引き下げの理由は

良くわからない。

登山口に新しく出来たインフオメーションセンターで入山料300円支払い

登山を開始した。




岐阜 6.00 ー 伊吹山登山口 7.30 ~ 7.45 ー 伊吹山山頂 11.15 ~ 12.45 ー

伊吹山登山口 15.00 ~ 15.15 ー 岐阜





一合目山小屋前。

登山口から一合目に登ってくる間に下山して来る多くの登山者と出会った。

名古屋の山岳クラブの男性登山者と四方山話をしていると、今日は伊吹山の

外来生物調査に夜中からきて今帰りだとの事。

黄色の花でハルサキヤマガラシと言う花だそうだ、いま山全体に咲いているから

よく見ておいてくれとの事だった。




d0170615_18480840.jpg




一合目。

二合目手前から一合目方面を望む、良く晴れていて風も爽やか。






d0170615_18481568.jpg





琵琶湖。

今日は琵琶湖が綺麗に見える。

伊吹山に何度も登っているが、こんなに綺麗に見えるのは初めてである。





d0170615_18482177.jpg




何の花?




d0170615_18482818.jpg




タニウツギ。

三合目手前に咲いていた。





d0170615_18483501.jpg




伊吹山山頂方面。

三合目から山頂方面を望む。まだ曇一つない良い天気である。






d0170615_18490342.jpg




ショウブ。

登山道わきに咲いていた。




d0170615_18491199.jpg



アサギマダラ?。

人の腕にとまって動かなかった。





d0170615_18491856.jpg




オドリコソウ。

三合目辺りに沢山咲いていた。






d0170615_18492500.jpg





五合目。

五合目あたりまで登ってきたころから、雲が少し出てき出した。





d0170615_18493136.jpg




パノラマ。

6合目あたりで沢山の登山者が琵琶湖方面を見て休憩をしている。




d0170615_18493736.jpg




ハルサキヤマガラシ。

外来生物法で、要注意外来生物に指定されている。

繫殖力があり日本全国に分布していると言われている。






d0170615_18494490.jpg



ハルサキヤマガラシ。

山の斜面一面に咲くハルサキヤマガラシ。






d0170615_18495039.jpg



避難小屋。

避難小屋方面を望む、伊吹山の広い斜面一面に咲くハルサキヤマガラシ。

他の花は全然咲いていない。





d0170615_18495666.jpg




ハルサキヤマガラシ。




d0170615_18500231.jpg




登山者。

今日は日曜日、天気よし、風爽やか、多くの登山者。





d0170615_18500908.jpg




8合目。

少し広場があり、ベンチもあり、休憩に最適。





d0170615_18501747.jpg




琵琶湖。

天気が少し悪くなってきた、先に東側頂上に登る。

琵琶湖竹生島方面を望む。琵琶湖全体が良く見えた。





d0170615_18502478.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-05-21 20:54 | Comments(0)

日本百名山 伊吹山 (1,377.3M)   登頂 編

2018年05月20日

朝から好天気に恵まれ車を走らせる。伊吹山の登山口近くの民家が庭先を利用

駐車場にしている。登山口に近い駐車場に車を止める。

駐車場料金が500円から400円に引き下がられている。引き下げの理由は

良くわからない。

登山口に新しく出来たインフオメーションセンターで入山料300円支払い

登山を開始した。




岐阜 6.00 ー 伊吹山登山口 7.30 ~ 7.45 ー 伊吹山山頂 11.15 ~ 12.45 ー

伊吹山登山口 15.00 ~ 15.15 ー 岐阜





一合目山小屋前。

登山口から一合目に登ってくる間に下山して来る多くの登山者と出会った。

名古屋の山岳クラブの男性登山者と四方山話をしていると、今日は伊吹山の

外来生物調査に夜中からきて今帰りだとの事。

黄色の花でハルサキヤマガラシと言う花だそうだ、いま山全体に咲いているから

よく見ておいてくれとの事だった。




d0170615_18480840.jpg




一合目。

二合目手前から一合目方面を望む、良く晴れていて風も爽やか。






d0170615_18481568.jpg





琵琶湖。

今日は琵琶湖が綺麗に見える。

伊吹山に何度も登っているが、こんなに綺麗に見えるのは初めてである。





d0170615_18482177.jpg




何の花?




d0170615_18482818.jpg




タニウツギ。

三合目手前に咲いていた。





d0170615_18483501.jpg




伊吹山山頂方面。

三合目から山頂方面を望む。まだ曇一つない良い天気である。






d0170615_18490342.jpg




ショウブ。

登山道わきに咲いていた。




d0170615_18491199.jpg



アサギマダラ?。

人の腕にとまって動かなかった。





d0170615_18491856.jpg




オドリコソウ。

三合目辺りに沢山咲いていた。






d0170615_18492500.jpg





五合目。

五合目あたりまで登ってきたころから、雲が少し出てき出した。





d0170615_18493136.jpg




パノラマ。

6合目あたりで沢山の登山者が琵琶湖方面を見て休憩をしている。




d0170615_18493736.jpg




ハルサキヤマガラシ。

外来生物法で、要注意外来生物に指定されている。

繫殖力があり日本全国に分布していると言われている。






d0170615_18494490.jpg



ハルサキヤマガラシ。

山の斜面一面に咲くハルサキヤマガラシ。






d0170615_18495039.jpg



避難小屋。

避難小屋方面を望む、伊吹山の広い斜面一面に咲くハルサキヤマガラシ。

他の花は全然咲いていない。





d0170615_18495666.jpg




ハルサキヤマガラシ。




d0170615_18500231.jpg




登山者。

今日は日曜日、天気よし、風爽やか、多くの登山者。





d0170615_18500908.jpg




8合目。

少し広場があり、ベンチもあり、休憩に最適。





d0170615_18501747.jpg




琵琶湖。

天気が少し悪くなってきた、先に東側頂上に登る。

琵琶湖竹生島方面を望む。琵琶湖全体が良く見えた。





d0170615_18502478.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-05-21 20:54 | Comments(0)

日本百名山 伊吹山 (1,377.3M)   登頂 編

2018年05月20日

朝から好天気に恵まれ車を走らせる。伊吹山の登山口近くの民家が庭先を利用

駐車場にしている。登山口に近い駐車場に車を止める。

駐車場料金が500円から400円に引き下がられている。引き下げの理由は

良くわからない。

登山口に新しく出来たインフオメーションセンターで入山料300円支払い

登山を開始した。




岐阜 6.00 ー 伊吹山登山口 7.30 ~ 7.45 ー 伊吹山山頂 11.15 ~ 12.45 ー

伊吹山登山口 15.00 ~ 15.15 ー 岐阜





一合目山小屋前。

登山口から一合目に登ってくる間に下山して来る多くの登山者と出会った。

名古屋の山岳クラブの男性登山者と四方山話をしていると、今日は伊吹山の

外来生物調査に夜中からきて今帰りだとの事。

黄色の花でハルサキヤマガラシと言う花だそうだ、いま山全体に咲いているから

よく見ておいてくれとの事だった。




d0170615_18480840.jpg




一合目。

二合目手前から一合目方面を望む、良く晴れていて風も爽やか。






d0170615_18481568.jpg





琵琶湖。

今日は琵琶湖が綺麗に見える。

伊吹山に何度も登っているが、こんなに綺麗に見えるのは初めてである。





d0170615_18482177.jpg




何の花?




d0170615_18482818.jpg




タニウツギ。

三合目手前に咲いていた。





d0170615_18483501.jpg




伊吹山山頂方面。

三合目から山頂方面を望む。まだ曇一つない良い天気である。






d0170615_18490342.jpg




ショウブ。

登山道わきに咲いていた。




d0170615_18491199.jpg



アサギマダラ?。

人の腕にとまって動かなかった。





d0170615_18491856.jpg




オドリコソウ。

三合目辺りに沢山咲いていた。






d0170615_18492500.jpg





五合目。

五合目あたりまで登ってきたころから、雲が少し出てき出した。





d0170615_18493136.jpg




パノラマ。

6合目あたりで沢山の登山者が琵琶湖方面を見て休憩をしている。




d0170615_18493736.jpg




ハルサキヤマガラシ。

外来生物法で、要注意外来生物に指定されている。

繫殖力があり日本全国に分布していると言われている。






d0170615_18494490.jpg



ハルサキヤマガラシ。

山の斜面一面に咲くハルサキヤマガラシ。






d0170615_18495039.jpg



避難小屋。

避難小屋方面を望む、伊吹山の広い斜面一面に咲くハルサキヤマガラシ。

他の花は全然咲いていない。





d0170615_18495666.jpg




ハルサキヤマガラシ。




d0170615_18500231.jpg




登山者。

今日は日曜日、天気よし、風爽やか、多くの登山者。





d0170615_18500908.jpg




8合目。

少し広場があり、ベンチもあり、休憩に最適。





d0170615_18501747.jpg




琵琶湖。

天気が少し悪くなってきた、先に東側頂上に登る。

琵琶湖竹生島方面を望む。琵琶湖全体が良く見えた。





d0170615_18502478.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-05-21 20:54 | Comments(0)

日本百名山 伊吹山 (1,377.3M)   登頂 編

2018年05月20日

朝から好天気に恵まれ車を走らせる。伊吹山の登山口近くの民家が庭先を利用

駐車場にしている。登山口に近い駐車場に車を止める。

駐車場料金が500円から400円に引き下がられている。引き下げの理由は

良くわからない。

登山口に新しく出来たインフオメーションセンターで入山料300円支払い

登山を開始した。




岐阜 6.00 ー 伊吹山登山口 7.30 ~ 7.45 ー 伊吹山山頂 11.15 ~ 12.45 ー

伊吹山登山口 15.00 ~ 15.15 ー 岐阜





一合目山小屋前。

登山口から一合目に登ってくる間に下山して来る多くの登山者と出会った。

名古屋の山岳クラブの男性登山者と四方山話をしていると、今日は伊吹山の

外来生物調査に夜中からきて今帰りだとの事。

黄色の花でハルサキヤマガラシと言う花だそうだ、いま山全体に咲いているから

よく見ておいてくれとの事だった。




d0170615_18480840.jpg




一合目。

二合目手前から一合目方面を望む、良く晴れていて風も爽やか。






d0170615_18481568.jpg





琵琶湖。

今日は琵琶湖が綺麗に見える。

伊吹山に何度も登っているが、こんなに綺麗に見えるのは初めてである。





d0170615_18482177.jpg




何の花?




d0170615_18482818.jpg




タニウツギ。

三合目手前に咲いていた。





d0170615_18483501.jpg




伊吹山山頂方面。

三合目から山頂方面を望む。まだ曇一つない良い天気である。






d0170615_18490342.jpg




ショウブ。

登山道わきに咲いていた。




d0170615_18491199.jpg



アサギマダラ?。

人の腕にとまって動かなかった。





d0170615_18491856.jpg




オドリコソウ。

三合目辺りに沢山咲いていた。






d0170615_18492500.jpg





五合目。

五合目あたりまで登ってきたころから、雲が少し出てき出した。





d0170615_18493136.jpg




パノラマ。

6合目あたりで沢山の登山者が琵琶湖方面を見て休憩をしている。




d0170615_18493736.jpg




ハルサキヤマガラシ。

外来生物法で、要注意外来生物に指定されている。

繫殖力があり日本全国に分布していると言われている。






d0170615_18494490.jpg



ハルサキヤマガラシ。

山の斜面一面に咲くハルサキヤマガラシ。






d0170615_18495039.jpg



避難小屋。

避難小屋方面を望む、伊吹山の広い斜面一面に咲くハルサキヤマガラシ。

他の花は全然咲いていない。





d0170615_18495666.jpg




ハルサキヤマガラシ。




d0170615_18500231.jpg




登山者。

今日は日曜日、天気よし、風爽やか、多くの登山者。





d0170615_18500908.jpg




8合目。

少し広場があり、ベンチもあり、休憩に最適。





d0170615_18501747.jpg




琵琶湖。

天気が少し悪くなってきた、先に東側頂上に登る。

琵琶湖竹生島方面を望む。琵琶湖全体が良く見えた。





d0170615_18502478.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-05-21 20:53 | Comments(0)

日本百名山 伊吹山 (1,377.3M)   登頂 編

2018年05月20日

朝から好天気に恵まれ車を走らせる。伊吹山の登山口近くの民家が庭先を利用

駐車場にしている。登山口に近い駐車場に車を止める。

駐車場料金が500円から400円に引き下がられている。引き下げの理由は

良くわからない。

登山口に新しく出来たインフオメーションセンターで入山料300円支払い

登山を開始した。




岐阜 6.00 ー 伊吹山登山口 7.30 ~ 7.45 ー 伊吹山山頂 11.15 ~ 12.45 ー

伊吹山登山口 15.00 ~ 15.15 ー 岐阜





一合目山小屋前。

登山口から一合目に登ってくる間に下山して来る多くの登山者と出会った。

名古屋の山岳クラブの男性登山者と四方山話をしていると、今日は伊吹山の

外来生物調査に夜中からきて今帰りだとの事。

黄色の花でハルサキヤマガラシと言う花だそうだ、いま山全体に咲いているから

よく見ておいてくれとの事だった。




d0170615_18480840.jpg




一合目。

二合目手前から一合目方面を望む、良く晴れていて風も爽やか。






d0170615_18481568.jpg





琵琶湖。

今日は琵琶湖が綺麗に見える。

伊吹山に何度も登っているが、こんなに綺麗に見えるのは初めてである。





d0170615_18482177.jpg




何の花?




d0170615_18482818.jpg




タニウツギ。

三合目手前に咲いていた。





d0170615_18483501.jpg




伊吹山山頂方面。

三合目から山頂方面を望む。まだ曇一つない良い天気である。






d0170615_18490342.jpg




ショウブ。

登山道わきに咲いていた。




d0170615_18491199.jpg



アサギマダラ?。

人の腕にとまって動かなかった。





d0170615_18491856.jpg




オドリコソウ。

三合目辺りに沢山咲いていた。






d0170615_18492500.jpg





五合目。

五合目あたりまで登ってきたころから、雲が少し出てき出した。





d0170615_18493136.jpg




パノラマ。

6合目あたりで沢山の登山者が琵琶湖方面を見て休憩をしている。




d0170615_18493736.jpg




ハルサキヤマガラシ。

外来生物法で、要注意外来生物に指定されている。

繫殖力があり日本全国に分布していると言われている。






d0170615_18494490.jpg



ハルサキヤマガラシ。

山の斜面一面に咲くハルサキヤマガラシ。






d0170615_18495039.jpg



避難小屋。

避難小屋方面を望む、伊吹山の広い斜面一面に咲くハルサキヤマガラシ。

他の花は全然咲いていない。





d0170615_18495666.jpg




ハルサキヤマガラシ。




d0170615_18500231.jpg




登山者。

今日は日曜日、天気よし、風爽やか、多くの登山者。





d0170615_18500908.jpg




8合目。

少し広場があり、ベンチもあり、休憩に最適。





d0170615_18501747.jpg




琵琶湖。

天気が少し悪くなってきた、先に東側頂上に登る。

琵琶湖竹生島方面を望む。琵琶湖全体が良く見えた。





d0170615_18502478.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-05-21 20:53 | Comments(0)

比良山系の秀峰 白滝山 (1,022M) 下山 編

2018年04月22日

山頂で昼食を済ませ、近くにある音羽池などを見学して下山を開始した。

徒渉できず登りなをしたため下山予定時間は少し遅くなったが、

焦らなくても十分明るいうちに下山はできる。この山は滝が沢山あり

見ごたえがある山であるが、今日は徒渉できず全部見ることが出来なかった。

次回に期待しよう。




目印の赤布。

中腹から上の方は、まだ木が芽吹かず下草も生えていない、

登山道がはっきりしないところが多い。

帰りのために赤布を木に取り付けて目印とする。





d0170615_18434798.jpg




今日の木

登山道わきに大きな倒木の根っこが有った。

風に負けたのか、雪に負けたのか?





d0170615_18435491.jpg




小さな滝。

登山道わきには小さな滝がいくつもあった。





d0170615_18440293.jpg




ワサビ大滝。

滝の上の崩れかけた登山道を下りワサビ大滝まで来た。

水量が多く見ごたえがある。






d0170615_18440882.jpg



ワサビ大滝。

もう一本の滝が奥の方にある。水量は多くない。

ここで一休みして下山を続けた。





d0170615_18441465.jpg



徒渉。

狭い所であったが、足を滑らせて片足がドボンとはまってしまった。

登山靴を脱ぎ水を出す、靴下も脱ぎ絞って履きなおす。

とんだ失敗であった。





d0170615_18442289.jpg




平坦な登山道。

歩きにくい登山道も過ぎて、少しリラックスして下山を続ける。




d0170615_18443580.jpg




ホット一息。

登山道わきの花に癒される。





d0170615_18442928.jpg




三の滝。

林道を出て少し下ったところに三の滝があった。

疲れは少しあったが下って見に行くことにした。





d0170615_18445009.jpg




今日参加の皆さん。

大変な山であったが、皆さん元気いっぱいです。





d0170615_18450071.jpg



三の滝。

林道から5分ほど下ったところに滝があった。

見事な滝で見ごたえがあった。




d0170615_18451196.jpg




滝の上流。

水量が多く立派な滝だった。






d0170615_18451903.jpg



一日中快晴。

今日は一日中快晴であった。風もなく穏やかであった。

16時に下山した。

帰りに蕎麦屋により美味しい蕎麦を食べて帰宅した。






d0170615_18452560.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-04-24 18:51 | Comments(0)

比良山系の秀峰 白滝山 (1,022M)  登頂 編

2018年04月20日

今日の登山は、牛コバから山頂そして伊藤新道出会まで下山、周回登山の

予定であった。

登り途中徒渉場所で水量が多く渡ることが出来なかった。残念ながら引き返して

伊藤新道を登った。

見事なワサビ大滝を見てさらに登って行くが、山が少し崩れトラロープが張ってある

これを頼りに登って行く危険いっぱいであった。




伊藤新道。

牛コバ方面から引き返して来て、伊藤新道を登って行く。

新緑と苔むした岩々を眺めながら快調に登って行く。






d0170615_08381306.jpg





登山道の花。

この山は花が少ないな?こんな山の悪口を言いながら登っていると

花が、違うよちゃんと咲いているよと顔お出してきた。





d0170615_08381997.jpg




危険な登山道。

登山道は幅が狭く倒木など至る所にあり危険いっぱい、

慎重の進んでゆく。





d0170615_08382710.jpg



花が。

登山道わきに咲く花、名前は?




d0170615_08383480.jpg




ワサビ大滝。

大滝の前でしばし休憩をする。

滝のシャワーを浴びながら爽やかな風が吹き抜け気持ちが良い。





d0170615_08384053.jpg




ワサビ大滝アップ。

今日の大滝は水量も多く、大きな滝であった。





d0170615_08384832.jpg




滝の上の出る。

ワサビ大滝からの登りが大変であった。

急な登り、トラロープが張ってありそれに頼り掴んで登って行く。

さらに滝の上に出るため崩れた斜面をトラバースする、

今日一番の危険個所であった。写真を写す余裕が無かった。






d0170615_08385553.jpg



イワウチハ。

所々にイワウチハの花が咲いていた。

群生して咲いている場所は無かった。





d0170615_08390206.jpg




登山道から少し離れて所に咲いている。




d0170615_08391098.jpg




今日の参加者。

白滝山山頂。周りは木に囲まれているが

木の葉が落ちて周りの山々は見ることが出来た。





d0170615_08391942.jpg




今日参加の皆さん。

山頂から10分ほど下ったところにオトワ池があった。

水は非常に綺麗であった。






d0170615_08392631.jpg




標識。

立派な標識があった。





d0170615_08393369.jpg




オトワ池。

こんな標高の高い所に池がある、イモリ、ヤモリ?沢山泳いでいた。





d0170615_08394056.jpg




琵琶湖バレー。

白滝山山頂付近から琵琶湖バレーが良く見えた。

オトワ池から山頂に戻り、下山を開始した。





d0170615_08394656.jpg


173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-04-23 08:43 | Comments(0)
line

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山


by noboru131215m
line
カレンダー