タグ:滋賀県の山 ( 174 ) タグの人気記事


美しき樹氷林を後に下山開始 綿向山 (1,110M)


2019年01月25日

綿向山山頂付近を歩きいろいろな角度から山頂の樹氷林を楽しんだ。

山頂の天気は最後まであまり良くならなかったが、素晴らしい樹氷と

出会えて最高の気分であった。

予定の下山時間になった、下山を開始した。



山頂の樹氷

山頂の樹氷林を目に焼き付けて下山を開始した。

d0170615_19452936.jpg



竜王山分岐

標識から左側に下って行く。

現在12時少し過ぎ、樹氷は少しも落ちてなく

美しさを保っている。

d0170615_19385138.jpg




急な下り

七合目までは急な下りが続く、

アイゼンを装着している、

爪で引っかけて転倒しないよう注意して下る。

d0170615_19385773.jpg




海老の尻尾

いろいろの模様が出来ている。

よく見て歩くと面白く楽しい。

d0170615_19390437.jpg




メリヤス模様

なぜこんな模様が出来るかな、不思議。

d0170615_19391411.jpg




樹氷林のトンネル

急な下り、下から次から次へと登山者が登ってくる。

若い人が多かった。

d0170615_19392331.jpg




海老の尻尾

氷のように固いかと思ったが触って見ると、

柔らかく不思議な感じがする。

d0170615_19393295.jpg



行者コバ

七合目まで下ってきた、厳しい下りであった。

全員転倒もなく無事ここまで下る。

d0170615_19394004.jpg




五合目

夢咲の鐘、避難小屋まで下る。

ここで小屋の中で一休みする。

小屋の中は綺麗になっていた。

d0170615_19394983.jpg




標 識

山小屋の手前にある標識、

西明寺方面には誰も行っていない。

d0170615_19395677.jpg



下 山

駐車場まで無事下山してきた、

今下ってきた方面をアップで望む。

樹氷林無事下山する滋賀の山

d0170615_19400382.jpg




駐車場

すでに多くの登山者は帰ってがらんとしている。

恒例のお茶タイム甘いお菓子などを食べて休憩、

帰宅の途に就いた。

今日は素晴らしい樹氷に出会えて最高に良かった。

自然に感謝、感謝。

d0170615_19401065.jpg




173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2019-02-02 08:54 | Comments(0)

樹氷林に囲まれた 綿向山 (1,110M) 山頂 編


2019年01月25日

今日は綿向山山頂には今のところ登ってきている登山者は少ない。

昼食を取る前に山頂から良く見える竜王山方面に行く登山道を

少し歩いてみることにした。

少し進んだところで冬場進入禁止の看板があった、この場所で

残念ながら進むのを中止して、再び山頂に引き返すことにした。

山頂で冷たい風を避けて昼食を済ませた。



鎌ケ岳

綿向山山頂から鎌ケ岳方面を望む。

天気は相変わらず雲が多い。

d0170615_09071781.jpg




樹氷林

山頂周りの樹氷林、幻想的であった。

d0170615_09072548.jpg




樹 氷

太陽光があればもっときれいに見える。

d0170615_09073225.jpg




標 識

山頂から少し戻る、この標識から竜王山方面に進む。

少し進んだところに冬場進入禁止の標識があった。


d0170615_09113668.jpg




樹氷林

すこし太陽光が当たり樹氷が輝いた。

急いでシャッタを押す。パチリ。

d0170615_09074199.jpg




鎌 ケ 岳

樹間から鎌ケ岳方面を望む。

d0170615_09074862.jpg




今日の参加者

樹氷林に囲まれてパチリ。皆さん元気いっぱい。

d0170615_09075601.jpg




樹氷林

樹氷林のトンネルを進む、至福の時間である。

d0170615_09080323.jpg



引き返す

進入禁止の標識もありここまで引き返す。

ここから先は危険が待ち構えている。

d0170615_09081004.jpg




お気に入り写真

私の今日一番のお気に入り写真。

d0170615_09081769.jpg



再び山頂

山頂に引き返してきた、冷たい風を避けて昼食を済ませる。

今日の弁当はスーパーマーケットで購入してきた

寿司のサンドイッチであった、美味しかった。

d0170615_09082613.jpg



目の前の

昼食を取りながら目の前の樹氷を眺めている。

地元の男性が尻スキーを楽しんでいた、

チョットスピードが出過ぎて怖い感じだった。

d0170615_09083366.jpg




下山開始

昼食を済ませて、

山頂からの展望も十分楽しみ下山開始する。

d0170615_09084083.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2019-01-31 09:51 | Comments(0)

樹氷林を登る 綿向山 (1,110M) 登頂 編 NO2


2019年01月25日

最近は明るいニュースが多い、テニスの大阪なおみ選手が全豪オープンで優勝した。

世界ランク 1位確定、おめでとう。今後ますますの活躍期待。

将棋の藤井聡太七段の大活躍、今年に入ってまだ負けなし、

今後大活躍が期待できる。

囲碁界は小さな女の子がプロになる、今後の活躍が期待できる。

スキージャンプでは若き小林選手が大活躍している。



樹 氷

登山道樹間から鈴鹿の山々方面を望む。

d0170615_22070534.jpg





急な登り

写真ではそれほど急に見えないが、

かなり急な登り頑張って登って行く。

d0170615_22071277.jpg




樹 氷

びっしりと樹氷の花が咲いている。

d0170615_22071975.jpg




山頂近し

山頂近くまで登ってきた、

樹氷に頭が当たると首筋から樹氷が背中に入ってくる、

冷たーい、取り除けない体温で溶かす。

d0170615_22074319.jpg




Vサイン

樹氷を咲かせた木がVサインを送っている。

d0170615_22075736.jpg



d0170615_22083682.jpg



海老の尻尾

猛烈に風が吹き付けたであろうか

大きな海老の尻尾が見られた。

d0170615_22082072.jpg



d0170615_22075029.jpg




綿向山山頂

山頂に到着した、山頂に他の登山者は少なかった。

d0170615_22084956.jpg




今日の参加者

登頂に成功した、全員元気いっぱい。

d0170615_22085664.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2019-01-28 08:49 | Comments(0)

樹氷林を登る 綿向山 (1,110M)  登頂編 NO1

2019年01月25日

七合目、行者コバを過ぎると積雪量がぐんと多くなる、そして登りも

非常にきつくなってくる。

周りの木々は樹氷に覆われて目をみはるばかりに輝いている、その中を

黙々と登って行く。。。

雪は踏み固められていてアイゼンで十分登って行くことが出来た。



七合目出発

七合目で少し休憩をして山頂を目指して登りだす。

d0170615_08560704.jpg




樹氷林

七合目から上が樹氷林見ごたえがある。

d0170615_08562419.jpg




アイゼン

雪の量はかなりあるが雪道は踏み固められていて

アイゼンで登ることが出来た。

d0170615_08563177.jpg




樹氷林

みんな思い思いのお気に入りの場所でスマホやらカメラで

パチリパチリと写しながら登って行く...

d0170615_08563993.jpg


d0170615_08564600.jpg



d0170615_08565350.jpg




ト ゲ

花が咲いたようである。

触ると痛そう、柔らかく花弁のようであった。

d0170615_08570101.jpg




今日参加の皆さん

急登でパチリ。皆さん元気いっぱい。

d0170615_08571016.jpg




天 気

天気は曇り。

陽が差してくると一段と輝いて見えるが、

ちょっと残念。

d0170615_08571975.jpg



模 様

海老の尻尾はあまりなかったが、

木の幹にいろいろな模様が出来ていた。

d0170615_08572755.jpg




トンネル

樹氷のトンネルを進んでゆく、

風もなく寒さはそれほどでもない。 
     

d0170615_08573592.jpg



八合目標識

所々標識がある、感謝、感謝。

d0170615_08574276.jpg



d0170615_08575074.jpg




語らい、海老の親子

今日はお客さんが少ないね、

そうだな今日は平日だし、まだ時間が早いから、

明日からの土曜日、日曜日お客さんは、

それはもうたくさんな人出になると思うよ。

d0170615_08575824.jpg



樹 氷

樹氷をなめてみる、味はいかが。

美味しかったよ。

d0170615_08580648.jpg




樹氷林眺めて進む別世界

d0170615_08581274.jpg




山頂近し

樹氷林を楽しみながら登ってきた。

綿向山山頂はもうすぐである。

d0170615_08582047.jpg



幸 運

今日はこれほど見事な樹氷がみれて幸運であった。

d0170615_08582776.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2019-01-27 09:55 | Comments(0)

樹氷が素晴らしい 綿向山 (1,110M) 七合目行者コバ 編


2019年01月25日

名神高速道路の養老サーブしエリアで休憩をして、再び走り出す。

昔は雪情報と言えばこの関ケ原付近が一番の注目地点であった...

今日この頃はこの辺り雪は全くなく寂しい?限りである。

そんなことを思いながら車を走らせる、今日は平日であるがサービスエリア

には業務用のトラックがずらーと停車している、まだ道路はあまり走っていない。

綿向山登山口の広い駐車場は車は7~8台止められていた。

今日は今のところ登山者は少ないみたいである。



看 板

駐車場脇に綿向山のわかりやすい地図があった。

この山は何度も登っているが再確認して登山開始した。

d0170615_10205203.jpg




駐車場

広い駐車場、土曜日、日曜日になるとすぐ満杯になる。

少し登って行くと別の駐車場が3ヶ所ほどある。

d0170615_10210054.jpg




今日の参加者

林道には雪は全くありません、

この時期こんなことは初めて経験する。。。


d0170615_10210761.jpg




樹氷が見える

谷川に沿って少し登って行く、

前方の山が白く光っている、樹氷みたいである。

d0170615_10211503.jpg


山小屋


駐車場から20分ほど進むと山小屋に到着した。

上着を一枚脱ぐ。

ここから直進する、右は水無山コースである。

d0170615_10212342.jpg




一合目標識

この辺りもまだ雪はほとんどない、

登山道は凍りつている。

d0170615_10213089.jpg




三合目

林道に出る、雪は少し出てきた。

まだアイゼンは装着しない。

d0170615_10213818.jpg




二番目の小屋

林道から少し登ると小屋が出てきた、

この辺りでアイゼンを装着する人が多い。

d0170615_10214641.jpg




五合目避難小屋

ここまでくると雪が急に多くなった、

ここでアイゼンを装着して登りだす。

ここに夢咲の鐘がある。

鐘を鳴らして遭難者にこの場所を知らせ為にあると思う。

d0170615_10215422.jpg




避難小屋から

避難小屋から近くの山を見る、樹氷が有った。

d0170615_10220267.jpg




アイゼン

五合目でアイゼンを装着して雪の登山道を登って行く。

転倒して滑落にしないように注意する。

d0170615_10220981.jpg




樹 氷

登山道わきに樹氷が出てきた、

今日は素晴らしい樹氷を見ることが出来そうである。


d0170615_10223183.jpg




七合目

七合目、行者コバまで登ってきた、

ここからは急登が続くが、樹氷も期待でそう。

d0170615_10223883.jpg




天 気

今日の天気は曇り、陽はほとんど差さない。

七合目辺りの樹氷である。

d0170615_10224513.jpg




173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2019-01-26 11:17 | Comments(0)

樹氷が素晴らしかった 綿向山 (1,110M) ピクアップ編

2019年01月25日

今日は樹氷が美しいことで有名な綿向山に登った。

名神高速道路八日市インターを下り綿向山登山口を目指す。

この辺りにしては珍しく道路、畑、田などには雪は全くない

こんな状態で果たして綿向山の樹氷が見られるだろうか...

駐車場に到着して付近の山々の山頂方面を見ると白くなっている

ところところどに樹氷が見える、素晴らしい樹氷が見られるかも

知れない大きな期待が膨らんだ。



岐阜 6.00 ー 関IC ー 八日市IC ー 綿向山登山口駐車場 8.30 ~ 8.45 ー

綿向山山頂 11.20 ~ 12.15 ー 綿向山登山口駐車場 14.20 ~ 14.50 ー岐阜



行者コバ

一合目標識までは雪は無し。

五合目夢咲の鐘がある避難小屋辺りから積雪が多くなった。

行者コバが祀られている七合目からは雪の量も増え、

山の木々一面に樹氷が見られるようになった。

d0170615_19340886.jpg




急 登

行者コバが祀られている七合目から急な登りが続く。

樹氷を見ながら頑張って登って行く。

d0170615_19341581.jpg




樹 氷

登山道わきは白の世界、見事である。

d0170615_19342210.jpg




山 頂

綿向山山頂、すぐ前には樹氷が輝いていた。

d0170615_19343037.jpg




今日参加の皆さん

思いもかけない樹氷のオンパレード。

疲れも吹っ飛んでしまう。

d0170615_19343762.jpg




光 樹氷

太陽光が雲の間から少しこぼれてきた、

樹氷が白く輝きだした。

d0170615_19344385.jpg




樹 氷

山頂からすぐ目の前の樹氷を見る。

何時までも見ていたいような光景である。

d0170615_19345033.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2019-01-25 20:27 | Comments(0)

日本百名山 雪の伊吹山 (1,377.3M) 下山 編


2019年01月14日

山頂で昼食を済ませて下山を開始した。寒さが厳しくなってきた

持ってきた防寒着を着て寒さをしのぎ山頂広場を散策する。

山頂広場西側方面から琵琶湖方面を望むが、まだガスが出ていて

はっきり望むことが出来ない。

少し待てばガスは晴れそうであるが寒いので下山道に向かう。



山頂広場

広場の一番西側から琵琶湖方面を望む。

ガスが出ていてはっきりと見ることが出来ない。

d0170615_22250804.jpg




三合目方面

山頂から三合目方面を望む、

今はガスが無く良く見える

d0170615_22251730.jpg




晴れてきた

ガスがだんだん少なくなってきた、

琵琶湖も見えだした。

d0170615_22252418.jpg


山頂売店


ガスも晴れて山頂売店方面が綺麗に見えるようになった。

冬場は自動販売機が使用できない、

あてにしたお茶も買えない雪の山

d0170615_22253635.jpg



琵琶湖

避難小屋上あたりから琵琶湖を望む、

ガスも晴れてよく見えてきた。。。

もう一時間早く晴れてほしかった。

d0170615_22254230.jpg



山 頂

振り返り山頂方面を望む、良く晴れてきた。

d0170615_22254939.jpg



パノラマ

雪の量が少ない、もう少し積雪があった方が歩きやすい。

d0170615_22255652.jpg




五合目


山頂方面を望む、ガスも出なくなり快晴になってきた。

今日は祭日であるが、珍しく登山者は少なかった。

d0170615_22262140.jpg




青 空

何の木だろうか、実を付けている。

d0170615_22264298.jpg



二合目

二合目まで下山してきた。

山小屋が良く見える。

冬の間はパラグライダースクールは中止かな。

d0170615_22264969.jpg



駐車場

長い長い登山時間、全員無事下山してきた。

山頂が良く見える。

d0170615_22270189.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2019-01-19 08:00 | Comments(0)

日本百名山  雪の伊吹山 (1,377.3M) 登頂 編


2019年01月14日

今日の伊吹山の天気は実に目まぐるしく変わった、ガスが出たり

晴れたり、急に寒くなったりして体温調節が大変であった。

雪の量は昨日の好天気でかなり解けてしまったのではないかな、

今日の雪の量は地肌が多くの場所で出ていた。




避難小屋

避難小屋を通過して振り返り見下ろすと、

凄い雲か、ガスか出てきた。

d0170615_21385334.jpg




登山道

雪山登山の時は登山道が隠れている、

伊吹山は斜面が広いので好きなところを進む。

ブッシュが出ていて歩きにくい所が多く有った。

d0170615_21390104.jpg




パノラマ

今はガスもなく山頂が良く見える。

d0170615_21390843.jpg




七合目

この辺りは雪がかなりあった、

登山者はあまり多くはないが

それぞれ好きなところを登っている。

d0170615_21391646.jpg




良く晴れている

青い空が広がっている、

雪がもう少し多いと歩きやすい。

d0170615_21392433.jpg




今日の参加者

中腹で元気いっぱいの参加者をパチリ。

d0170615_21393188.jpg




青い空

こんな青空が一日中続いてくれれば良いが。

d0170615_21393856.jpg




琵琶湖

琵琶湖方面を見るが、ガスでよく見えない。

d0170615_21394676.jpg




少ない雪

積雪が少ない、岩がゴロゴロ出ている。

d0170615_21395363.jpg




八合目

ここで少し休憩をする。

山頂まではもう少し頑張れ。

d0170615_21400125.jpg




琵琶湖

ガスが晴れて琵琶湖が少し見えてきた。

d0170615_21400879.jpg




凄い雲

分厚い雲が広がっている。

今日はいろいろな雲やガスが出てくる。

d0170615_21401655.jpg




山頂手前

山頂手前の急登が終わり、

ここまでまで登ってきた。

今はガスはかかっていない。

d0170615_21402425.jpg




山頂付近

山頂手前の広場まで登ってきた。

琵琶湖辺りで発生しているガスが追っかけてくる。

d0170615_21403326.jpg




伊吹山山頂

山頂に到着した。登山者は少ない。

山頂にある売店はどこも閉まっている。

自動販売機も全部閉鎖されている。

お茶を買いたいがダメ、持ってきたお湯で我慢する。

d0170615_21404042.jpg




今日の参加者

今日は三人で登った。無事に全員登頂に成功した。

ガスがかかり写真も霞んでいる。

もう一人、雪ダルマ君がいた。

d0170615_21404733.jpg




日本武尊

山頂に祀られている。

小屋の軒の温かい所で昼食を取る。

食事が終わったころ、急に猛烈な寒さが襲ってきた。

防寒着を着たり、ネックウオーマーなどを付けて

寒さをしのぐ。

d0170615_21405410.jpg



173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2019-01-17 08:49 | Comments(0)

日本百名山 雪の伊吹山 (1,377.3M) 避難小屋編


2019年01月14日

今日は三人で日本百名山伊吹山登山に出かけた、天気予報は快晴の

筈であったがどうも天気はいまいちみたいである。

昨日は快晴で多くの登山者がこの伊吹山に登った事であろうと思う、

雪もかなり解けたのではないか、そんな思いで登山を開始した。



岐阜 6.00 ー 伊吹山登山口 7.25 ~ 7.45 ー 三合目 9.30 ~ 9.40 ー

避難小屋 10.30 ー 伊吹山山頂 11.50 ~ 13.00 ー 伊吹山登山口

16.10~ 16.30 ー 岐阜



登山口駐車場

登山口近くの駐車場に車を止める、駐車料金は400円。

駐車場から伊吹山山頂方面を望む。

駐車場の奥さんが昨日は天気は良かったが、

今日はあまり良くないと言っている。

長年この山の麓で暮らしていて良く分かっているみたいである。

d0170615_10221107.jpg




登山口

この建物の横から登山開始である。

一合目までは林の中のごてごてな登山道を登って行く。

d0170615_10221974.jpg




一合目

40分ほどかけ一合目まで登ってきた。

d0170615_10222806.jpg




一合目ゲレンデ

ゲレンデより望む、

空気が澄んでいて近郊の山々が綺麗に見えた。

d0170615_10223799.jpg




パノラマ

雲が多く出ているが、

朝日を受けて山麓の風景が綺麗である。

d0170615_10224442.jpg




雪が出てきた

二合目を過ぎると雪が出てきた。

アイゼンはまだ装着しない。

d0170615_10225120.jpg




今日の参加者

今日は三人での登山。

アイゼン・ワカン持参で登っている。

d0170615_10225839.jpg




ガ  ス

ガスが出て視界が悪くなってきた。

d0170615_10230729.jpg




三合目

三合目に到着、ここのトイレ冬場は閉鎖されていた。

d0170615_10231742.jpg




頂 上

ガスが琵琶湖方面から発生して流れ込んでくる。

山頂が見え隠れする。目まぐるしい天気である。

d0170615_10232527.jpg




一休み

展望の良い所で一休み、今は山頂が良く見える。

d0170615_10233434.jpg




マユミ

五合目手前の登山道わきにマユミの大きな木がたくさん有った。

登山道もくもく登るマユミの実

d0170615_10234299.jpg




たなびくガス

強い風に流されてガスが山の裾を覆い隠している。

五合目売店前でアイゼン装着した。

d0170615_10235081.jpg




雪は少ない

たぶん昨日の好天気でかなりの雪が解けたみたいである。

地肌が多くの場所で出ている、雪の残っているところを

選んで登って行く。

d0170615_10235950.jpg




く も

振り返り三合目辺りを見ると琵琶湖方面から流れてくる

くもが山を覆いかぶせるように流れてきた。

d0170615_10240710.jpg




避難小屋

避難小屋まで登ってきた、振り返り三合目方面を見ると

他の登山者もぼつぼつ登ってくる。

五合目の自販機冬場は寒さのため閉鎖されていた、

飲料水は購入できなかった。

d0170615_10241463.jpg




173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2019-01-15 11:39 | Comments(0)

*****日本百名山 伊吹山 (1,377.3M) 下山 編*****

2018年06月17日

広い山頂を散策、この時季花は余り咲いていない。

バスや車でドライブウエイを利用して登ってきた観光客、

麓から登った登山者、多くの人が山頂で楽しんでいる。

広い石畳の上で多くの人と一緒に昼食をとる、

天気晴れたり、ガスが出たりの目まぐるしく変わる天気。

一時間ほど山頂で楽しみ下山を開始した。





伊吹山山頂。

日本武尊の前で多くの人が順番に記念撮影する。



d0170615_06204808.jpg







ニッコウキスゲ。

山小屋の脇に一本咲いていた。




d0170615_06205659.jpg







青空。

素晴らしい青空長くは続かない、

すぐガスで覆われる。



d0170615_06210347.jpg







コバノミミナグサ。




d0170615_06210910.jpg







一等三角点。

日本百名山標識。




d0170615_06211680.jpg








オドリコソウ。



d0170615_06212548.jpg






ドライブウエイ駐車場。

ドライブウエイで山頂すぐ下まで

車で登ってこられる。

山頂まで歩いて40分くらいか。



d0170615_06213390.jpg






下山開始。

山頂には花は余り咲いていなかった、

それでも散策を楽しみ

下山を開始した。




d0170615_06214375.jpg






蝶々。

エゴノキの蜜をすう蝶々。




d0170615_06220362.jpg





d0170615_06221165.jpg







グンナイフウロ。



d0170615_06221822.jpg






三合目。

山頂付近から三合目方面を望む、

右上は琵琶湖方面、今日は霞んでいる。



d0170615_06223796.jpg






オドリコソウ。




d0170615_06224427.jpg






カンボク。

登山道わきに一本だけ見ることが出来た。




d0170615_06225172.jpg






13時ころ。

下山をする人、

登ってくる人、

多くの登山者がすれ違う。




d0170615_06225916.jpg






バイカウツギ。

大きな木に白い花、

下向きに咲く清楚である。




d0170615_06230760.jpg







ナナカマド。

秋には紅葉する。




d0170615_06231643.jpg






ミズキ。

一合目まで下山してきた、

目まぐるしく変わる天気、

山頂方面の今は黒い雲に覆われている。

今日一日楽しい登山が出来た。

また7月末頃、シモツケソウを見に登りたい。




d0170615_06232342.jpg




173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-06-19 07:20 | Comments(0)
line

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山


by noboru131215m
line
カレンダー