タグ:熊本県の山 ( 1 ) タグの人気記事


***阿蘇山 草千里ケ浜杵島岳(1,270M)  登頂する***

 2018年06月04日

岐阜市を早朝に出発、常滑の駐車場に車を預ける。

駐車場の車で空港まで送ってもらう。

梅雨入りで今日は晴れているが明日からは雨模様予報、

飛行機などの予約が半年以上前からしてあり日程を変更できない。

名古屋(中部)から福岡空港まで行く、レンタカー借り入れ

阿蘇草千里ケ浜まで行く。杵島岳(きじまだけ)に登る。



名古屋(中部) 8.45 ー 福岡空港 10.10 ~ 12.00 ー 阿蘇草千里ケ浜登山口

15.00 ~ 15.30 ー 杵島岳山頂 16.00 ~ 16.15 ー 阿蘇草千里ケ浜登山口

16.35 ~ 16.50 ー 九重町スターダストビレッジ星生 18.50 宿泊する




名古屋(中部)

空港デッキから早朝の飛行場を見る

多くの飛行機が駐機している。

天気晴れ、風無し、爽やかである。





d0170615_09342597.jpg






海を見る。

飛行機の窓から綺麗な海を見る。

今日登る山は晴れているだろうか?、

そんなことを思いながら乗っている。





d0170615_09343793.jpg







阿蘇パノラマライン。

パノラマラインを走る、

展望の良い所で車を止める、

天気は良好、

青い空に浮かぶ阿蘇山方面をパチリ。






d0170615_09344609.jpg






杵島岳。

仙酔峡線、先の地震で道路崩壊して工事中通行止め、

仙酔峡から中岳登山予定を変更して杵島岳(きじまだけ)に登る、

草千里ケ浜の駐車場の中にある登山口より登山開始。





d0170615_09345530.jpg






阿蘇山火口。

登山道中腹より噴火口方面を望む、

噴煙は多くなかった。






d0170615_09350544.jpg






烏帽子岳。

杵島岳登頂を済ませてから

烏帽子岳に登る予定だった、

残念ながら時間切れ登頂を断念する。





d0170615_09351667.jpg






登山道。

杵島岳登山道は山頂した近くまで舗装してあった。

最初は緩い登りが続く、

山頂近くは階段になっていた。





d0170615_09352542.jpg





阿蘇山火口。

バスで火口まで行き、

それから火口右側を歩き中岳に登ることが出来る。

今日は時間の関係で断念した。






d0170615_09353535.jpg






登山口。

登山届を出して登る、

この辺りはまだ平坦である.






d0170615_09354521.jpg





舗装道から、

急な登り、頑張って登る、

烏帽子岳方面を見る。






d0170615_09360640.jpg






ミヤマキリシマ。

登山道から眼下を見る、

ミヤマキリシマの群生地、

まだ少し花が残っていた。







d0170615_09361694.jpg






今日の参加者。

杵島岳山頂、みんな元気に登って来た、

360度の大パノラマを楽しんだ。

怪しい雲が出て来た、

早めの下山が必要。

デジカメに小さな三脚を取り付ける、

ザックの上に置き、タイマーでパチリ。






d0170615_09362696.jpg






パノラマ。

阿蘇山方面を望む、

雄大な景観である。





d0170615_09363662.jpg






烏帽子岳。

杵島岳山頂より望む。





d0170615_09364571.jpg







ミヤマキリシマ。

アップでパチリ。







d0170615_09370314.jpg






放牧。

下山して、阿蘇パノラマラインを下る、

馬の放牧場に立ち寄る、

人懐こい馬、直ぐ近寄ってきた。




d0170615_09371284.jpg





虎ケ峰・鷲ケ峰。

スカイラインより荒々しい山並みを望む。





d0170615_09372134.jpg






スターダストビレッジ星生。

阿蘇草千里ケ浜から2時間少々で着く、

今夜宿泊先のスターダストビレッジ星生、

九重長者原ビジターセンターから5分ほどの所、

温泉あり、部屋は綺麗で広い、そして安かった。

明日の久住山登山口近く便利良い。






d0170615_09372921.jpg




173.png169.png171.png169.png179.png

ブログランキング参加中です 下の登山マークをポチンとクリックお願いします


にほんブログ村




by noboru131215m | 2018-06-09 11:22 | Comments(0)
line

誰でも登れる登山  心をいやす春 夏の高山植物 そして秋の紅葉 冬の雪山


by noboru131215m
line
カレンダー